一人暮らし男子必見!「Yシャツをヨレヨレにしない」正しい洗濯法

6098.jpg

このレシピを実行して

4,000貯まる!
<材料>

・自宅の洗濯機

・洗濯ネット

<How to>

1洗濯マークをチェックして最適な洗濯方法を確認する

2洗濯ネットを使用する

3洗濯コースを正しく設定する

※200円×20日のクリーニング代を自宅での洗濯にした場合

だんだんと蒸し暑い季節が近づいてきています。どんなに汗をかいても見た目が暑苦しくならず、爽やかに見せるために必須なのが、ピシッとしたシャツです。

でも毎回アイロンがけをしたりクリーニングに出したりするのは手間ですし経済的にもよろしくありません。そこで見直したいのが、自宅での洗濯方法。今回はシャツを型崩れさせずに洗って、パリッと仕上げる方法をご紹介します。

■シャツの正しい洗濯方法
シャツを洗うとき、そのまま洗濯機に放り込む人もいるでしょう。でもちょっと待ってください! まずは初心に戻って、取り扱いの絵表示を見てみましょう。

一言でシャツといっても素材は様々。現在消費者庁が定める洗濯マークは41種類あり、それぞれの素材に即した取り扱い方法はこれを見るとばっちりわかります。以下の点を注意し洗濯しましょう。

1.洗い方
水洗いができるか確認。水洗いが可能でも「弱」「手洗い」などの場合は、洗濯時のコース設定を弱水モードや手洗いモードにする必要があります。

2.漂白剤の使用
洗濯時の洗剤や漂白剤など、何が使えて何が使えないのかを確認しましょう。生地に合った洗剤を使うことでダメージ、ヨレを防ぎます。

3.洗濯ネットに入れる
生地がヨレヨレになるのを防ぐため、洗濯ネットを使用しましょう。繊維がこすれてダメージを受けるのを防げます。なおネットに入れる際は汚れが良く落ちるように裏返して、しっかり畳んで入れましょう。

4.洗濯コースの設定
デリケートな生地には手洗いコースやドライコースを利用しましょう。

また気をつけたいのは脱水時間。脱水は生地にダメージが大きく、本来シャツであれば15秒〜30秒程度が適切と言われています。しかし全自動の洗濯機は、5分〜9分ほど脱水にかけているケースもあります。もし可能であれば脱水時間を短く設定してみましょう。

5.柔軟剤
柔軟剤を入れることでしわがつきにくくなるだけでなく、生地の絡まり防止を防げる場合もあります。洗濯後の手触りも変わってくるので好みのものを選びましょう。

■洗濯が終わったら
洗濯が終わったら、すぐに洗濯機から取り出して干しましょう。洗濯後はすぐに洗濯機から出さないと、シャツのしわがついてしまいます。また取り出した後には、両肩の部分を持って軽く数回さっと振ることでしわが少なくなるでしょう。

あとは太めのハンガーにかけて干すだけ。干す際の注意としては襟、袖口、ポケットはしっかり伸ばしておくこと。これだけで仕上がりがずいぶんと違います。

きちんとしたシャツを着ている人と仕事をすると気持ちのいいものです。そんなふうに、半袖シャツをパリッと着こなすためにも、洗濯方法を少しだけ工夫してみませんか。

<関連記事>

画像一覧

  • 梅雨入り前!一人暮らし男子必見の半袖シャツをヨレヨレにしない洗い方

執筆者

林誠二 (はやし せいじ)

大学卒業後、雑誌社、web関連会社勤務。 オシャレしてブラブラすることが大好きです。

林誠二

関連記事

特集

関連記事

洗濯表示ラベルは要チェック!クリーニング代を節約するワザ

衣替えの季節、洋服をまとめてクリーニングに出そうとしたら、「えっこんなに高いの?」とびっくりした経験、ありませんか。今回は、そんな意外と高いクリーニング代の節約ワザをお知らせします。

■クリーニングが必要な服は買わない

まず、クリーニング代の節約に有効なのはこれです。洋服を買う時、「かわいい!」と思っても一呼吸。服を購入する前に、服の裏側に付いている洗濯表示を確認しましょう。ドライクリーニングの表示が付いているものは、原則的に自宅で洗濯できず、ドライクリーニングが必要になります。自宅での手洗いができるものであれば、クリーニング代が節約できます。

また、シルクやカシミヤなど高級素材を用いたもの、ワンポイントに毛皮やビーズの飾りなどがついたものは、クリーニング代に別途料金が加算されることがあるので注意です。

■コツをつかんで自宅洗いしよう

ドライクリーニングの表示がついていても、実は自宅で洗えるものもあります。失敗しても惜しくない程度の服であれば、自宅洗いをしてみましょう。
使用するのはホームクリーニング用の洗剤。洋服はネットに入れて、手洗いモードでやさしく洗いましょう。ビーズの飾りなどがついた服は、アルミ箔で保護するか、ネットを2重、3重にしておきましょう。

干し方も、工夫が必要です。セーターなどの型崩れしやすい洋服なら、直射日光の当たらない場所で平干ししましょう。また、ダウンジャケットなど厚手の服は、表面が乾いても中がしめっている可能性があるので、じっくりと。乾燥機があれば、仕上がりもふっくらとしてベストです。

■あまり汚れていないものはクリーニングに出さない

家族全員分のコートをシーズンごとにクリーニングに出していると、それだけで費用がかさんでしまいます。そこで、それほど汚れていないものは自宅でケアし、汚れがひどいものだけクリーニングに出しましょう。

全てのコートに行うのは、表面のほこり落としです。つるしたあと、軽く表面をたたいてほこりを落とし、ブラシをかけます。
その後、袖口や襟などが汚れていれば、ベンジンや汚れ落とし洗剤でケアし、手洗いします。

スーツのクリーニング、どれくらいで出すべき?

汗ジミや匂いが気になるスーツ、クリーニングに出すのもなかなか費用がかさみますよね。一体どれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのでしょうか?

1. スーツのクリーニングは少ないほどよい
スーツはたいてい、ウールでできています。このウールに含まれる羊毛の油分は、クリーニングを頻繁にすると抜け落ちてしまいます。その結果、布地が貧弱になってしまうのです。

クリーニングに出すのは1シーズンに1回で十分。シーズン終わりには、しまう前にクリーニングは必須です。汗や皮脂がついたままにしてしまっておくと、虫に食われる原因になります。また、汚してしまったときは速やかにクリーニングに出しましょう。

スーツを着るときは「2勤1休」と言われるように、2日着たら1日休ませます。そうなると、夏物と冬物で3着ずつは着回し用のスーツが必要になります。安い物でも構わないので、着回しできるように複数のスーツをそろえておきましょう。

2. クリーニングなしでスーツを長持ちさせるために

1日の終わりにスーツを脱いだら、必ずブラッシングをしてホコリを落とします。そして、霧吹きをして、日の当たらないところに干します。タバコや食べ物、汗の匂いが気になったり、しわになったりしているときも、消臭スプレーやしわ取りスプレーはかけないでください。霧吹きでキレイになります。
汗がついたままにするとシミになるので、汗をかいた場所を霧吹きでしめらせるか、蒸しタオルでふいて、きれいにしておきましょう。

簡単にできるお手入れとしては、入浴後の浴室に15分ほど吊るしておき、湿気を吸わせたら、エアコンのきいた部屋で乾かします。
こうしてこまめなお手入れをしておくことで、クリーニング代もかからずにスーツを長持ちさせることができるのです。

服好きにはもはや当たり前!購入も処分もリサイクルでダブル節約

気に入って着ていた服も、年月が流れるとともに趣味が変わったりサイズが変わったりして着なくなってしまうことは多いと思います。

この時期だと、福袋の中身で着ない服があったりしてどうしようかと悩むこともありますよね。着られるし、捨てるのはなんだかもったいない。そんな時は、リサイクルしてお金やクーポンをお得にゲットしましょう!

1、リサイクルに出す
要らない服をリサイクルに出す方法は、主に2つあります。
・リサイクルショップに持ち込む
買取を行っているリサイクルショップに持っていきましょう。衣服の状態や、ブランド品かどうかなど、査定条件が各ショップで決められており、それに基づいて査定されます。中には持ち込んだ衣服の重さで金額を決めるところもある様です。残念ながら価格がつかないものから、10円、100円、ブランドもので質が良ければ1000円以上になることもあるので要チェックです。
・ショップのリサイクルキャンペーンを利用する
最近では、古着回収サービスを行っているショップが増えてきました。
H&Mの場合…
自社製品問わず、どこの服でも、どんな状態のものでも持ち込みOK。3,000円購入ごとに500円引きになるクーポンがもらえます。
オンワード樫山の場合…
実施店舗に同社の衣料品を持って行くと、1点ごとに1枚、「オンワードグリーンチケット」という百貨店内のオンワード樫山商品で利用できるクーポン券1080円分がもらえます。さらに、インターネットでのリサイクルも可能。指定場所に衣料品を送ると、1点ごとに公式Webショップで利用できる300円分のお買い物ポイントがもらえます。

2、リサイクルで買う
リサイクルに出して得た収入やお得なクーポンを利用して新たに衣服を購入するのも良いですが、折角なのでリサイクルショップを有効利用してみましょう。
・オンワード・リユースパーク
“オンワードのリユース商品をチャリティー価格でご提供する環境コンセプトショップ”です。私も利用したことがありますが、ポールスミスのスカートを2000円で購入できたことがあります。元値はおそらく20000円は下らないでしょう。質の良いものが破格の値段で購入できるので、洋服好きの方におすすめです。
・総合リユースショップ セカンドストリート
総合リサイクルショップです。リユース品の洋服やバッグ、小物類、シューズまで販売されています。調べていた際には、Marc by Marc Jacobsのジャケットが5292円で販売されていました。

ご紹介したのはほんの一例です。この機会に、お近くにどのようなリサイクルショップがあるのか探してみてはいかがでしょうか。お得に賢く素敵な衣服をゲットしましょう。

シーズンとセールのタイミングを知り、賢く服を買おう!

女性であれば、いくつになってもオシャレでいたいもの。でも、子どもの教育費や住宅ローン、車のローンなど、日々の生活に追われていると、どうしても切り詰めざるを得ないのが、被服費でしょう。

ただ、年を重ねていくごとに、身だしなみに気をつかわないと、どんどん老けて見えるようになってしまいます。

今回は、オシャレ感は維持しつつ洋服代を節約する、そんなワザを紹介します。

1) アウトレットを活用する
服を安く買えるタイミングといえばバーゲンですが、どうしても季節の終わりになってしまい、シーズン中に着れる服を手に入れるのは難しくなります。特に、通常、春・夏が始まる3月~6月と、秋・冬が始まる9月~11月は、どこの店も値引きをしません。

そこで、そうしたバーゲンのはざまで、上手に利用したいのがアウトレット。最近のアウトレットでは、従来の売れ残り商品やB級品に加えて、旬のデザインで少しだけ素材を落とした「アウトレット専用品」が販売されているブランドも多くあります。うまく活用して、掘り出し物を探しましょう。
また、最近のアウトレットモールは、レジャー施設としても優秀。週末に家族で行けば、お安くレジャーも楽しめて一石二鳥です。

2) ママ友ネットワークを活用する
着なくなった洋服は、ネットオークションやフリマに出してお小遣いかせぎをしているという方も多いかもしれません。しかし、フリマやオークションは準備や出品、発送の手間などが煩雑な上、一度そでを通してしまった洋服はなかなか買い手がつかなかったりします。

そこで活用したいのが、ママ友ネットワークの輪。着なくなった洋服を処分しつつ、お小遣いを稼ぎたい、新しいワードローブを増やしたいという仲間がいたら、洋服の交換会を開催しましょう。今まで思いもよらなかったデザインの洋服に出会えるかも?

3) 一度買ったら長く着る
洋服代を節約する上で、一番効果的なのが実はこれです。最近は、ファストファッションが流行り、安くてかわいい洋服がたくさん出ています。しかし、限りある予算で買うのなら、安いものをたくさん、ではなく、ある程度高くてもベーシックな質のよいものを選んで買うようにしましょう。その方が、飽きもせず長く着られ、結果的に節約につながります。

ランキング