米国雇用統計に注目集まる~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

6109.jpg

毎週月曜に為替市場の動向や今後の見通しなどをお届けする【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】。

■6月第1週の見通し(2016/05/30)
米国雇用統計に注目集まる
先週は日本でサミットが開かれましたが、為替市場への影響はあまり見られませんでした。今回のサミットでは新たな危機回避へ各国が財政政策や構造改革を進めることで合意しました。懸念された日本への円高阻止に対するけん制的な文言は含まれませんでした。今後、ドル円が大きく下落するような時には日本がドル円の買い介入をしても、クレームが出ないと解釈することもできます。米国は貿易取引を有利にするために自国の通貨を介入で安くしてはいけないと発言しましたが、宣言文には記述されませんでした。

一先ず円高リスクが後退したことで、マーケット参加者は米国早期利上げに注目し始めています。

先週末のNY時間にはFRBのトップであるイエレン議長が「今後数か月での利上げが適切となる可能性がある」と発言しました。これまで議長は利上げに慎重な発言を繰り返していただけに、市場は米国の利上げ時期が近いという見方に傾き始めています。

利上げをするという事は資金がその通貨に集まるので、ドルが今後上昇することになります。しかし、マーケットはまだドル買いに慎重です。それは、米国長期金利がそれ程上昇していないことからも伺えます。

一方、利上げするという事は株式市場にとってはネガティブ材料となり、株価下落に繋がります。ところが、先週のNY株式市場は寧ろ上昇して引けてきました。利上げをするにはその景気が回復しないとできません。市場はこの利上げを米国景気回復のサインとみた可能性もあります。

株式市場が下落すればリスクが高まるという見方から、安全な通貨である円が買われるというメカニズムがあります。しかし、株価が下がらないという事になれば円は買われず、ドル高の流れが出来ることになります。先週のドル円は110円台に乗せて引けるなど、利上げ期待のドル買いが先行して終わりました。

今週末には市場が最も注目する米国雇用統計が発表され、その結果が予想を上回るものならいよいよ6月か7月の利上げが現実味を帯びてきます。

ドル円は110円台の後半からは実需(輸出など)の売りが並んでくるとみられますが、ドル高の勢いが強まれば111円台乗せも視野に入ります。原油価格は当面の目標1バレル50ドルを付けたことや、英国のEU残留支持がリードしギリシャへの追加融資も決まったことで、FRBの利上げ準備は着実に整い始めているようにみえます。内外での利上げムードを引き寄せている様相です。

来週も【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】、宜しくお願い致します。

画像一覧

執筆者

岡安 盛男 (おかやすもりお)

レグザム・フォレックスLLC (http://fx-okayasu.com/)代表、為替アナリスト                                                 外資系銀行に20年間在籍、1999年より為替デイトレーダーとして独立後は、 自身のトレードスタイルを確立、実践的な為替投資の啓蒙活動の他、FXスクール講師やFX会社向けの情報提供サービス、投資家向け情報レポートを展開(http://www.gladv.co.jp/members/fx_bible/)。ラジオ日経「岡安盛男のFXトレンド」、日経CNBCの「朝エクスプレス」など出演中。執筆多数。

岡安 盛男

関連記事

関連記事

米利上げ期待とG7サミット ~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

毎週月曜に為替市場の動向や今後の見通しなどをお送りする【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】。

■5月第4週の見通し(2016/05/23)
米利上げ期待とG7サミット
先週は米国の利上げ期待が高まりドルは全面高となりました。また、今週末に開かれる伊勢志摩サミットに向けた政策期待が円売りを促しました。結果的に先週のドル円は110円台に乗せ、そのまま底堅い動きが継続して引けてきました。

ドル円が急に買われたのは先週公開されたFOMC(連邦公開市場委員会)議事要旨(前回のFOMCで話し合われた内容)で「大半のメンバーは経済が正当化されるならば6月利上げは正当化される」との判断が示された為です。予想以上にタカ派的(利上げに積極派)な内容であったため、市場は米国の早期利上げ期待が高まりました。G7財務相会合やサミットを控え、既に政策期待からドル円は底堅い動きを見せていたところでのことでした。

これを受け、ドル円は大台替わりの110円台に乗せるなど、一頃の円高懸念はどこかに消えてしまったようです

今週はそのドル高・円安の流れを更に加速することが出来るか試される週になりそうです。市場は既に26~27日のG7サミットに向けて、政策期待による円売りを大分織り込んできています。サミットというビッグイベントが終了すれば、一時的に巻き戻しが入りドル円が売られる可能性もあるので要注意です。

しかし、今の市場の注目は何といっても米国金融政策です。

先週は複数のFRBメンバーが6月利上げの可能性を示す発言が相次ぎました。そのFRBイエレン議長が今週末に講演を行います。イエレン議長はこれまで原油安や新興国問題を理由にハト派的(利上げには慎重派)な発言を繰り返してきました。

しかし、ここにきて原油価格は1バレル50ドル近くまで上昇し、年末にかけてもこの原油高が続くと予想されます。また、中国や新興国市場は今のところ落ち着いた動きを見せるなど、昨年末からの動揺は見られません。

いきなり利上げを実施すれば市場は混乱してしまいます。それを抑えるには、早期利上げの動きを市場が織り込むようにすることが必要です。イエレン議長がタカ派発言に変わり始めるようなら、本格的に利上げムードが高まりそうです。

それらを合せて考えると、今週もドル円の底堅い動きは続くとみることができます

G7サミットが日本で開かれるというのは、8年前の洞爺湖サミット以来となります。米、英、独、伊、仏、加、そして日本の7か国首脳が集まり、世界の問題解決に向けた話し合いがされるビッグイベントで、我々一人一人の生活にも結びつくものです。為替の話は別にしても、みなさん注目してみましょう。

来週も「岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場」・・・よろしくお願いします。

▼30秒でわかる、今週のポイントはこちら!

「110円?105円?」~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

毎週月曜に為替市場の動向や今後の見通しなどをお送りする【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】。

■5月第3週の見通し(2016/05/16)
「110円?105円?」
先週は麻生財務相が「当然介入の用意がある」と発言したこともあり、ドル円に買い安心感が広がりました。

先週のドル円は107円付近から上昇が始まり109円台に乗せるなど、底堅く推移。ゴールデンウイーク中に105円55銭の安値からみると4円近く上昇したことになります。この上昇の背景には極端にドル円を売り過ぎた反動もありますが、それと同時にドル自体の上昇という動きも加わりました。それは複数のFRBメンバーが相次ぎタカ派的(利上げに前向き)な発言が相次いだためでした。

市場は米国の金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)への早期利上げ期待が高まり始めたことがドル買いを促す要因となったと思われます。また、先週末に発表された米国4月小売売上高が予想を大きく上回ったこともドルを押し上げました。

今週は米国の4月消費者物価指数が発表されますが、この数字も前月から改善されると予想されます。もし、予想以上の数字となれば米国の早期利上げへの期待からドルを更に押し上げる展開も予想されます

ただ、利上げ期待が高まればNYや中国などの新興国の株式市場に混乱を与えることになり、リスク回避による円高が進むことになるもろ刃の剣でもあります。もし、混乱が回避されるようなら円安ドル高が進むことになり、先週の高値109円ミドルを上抜き110円を試す展開が予想されます

反対に、中国や新興国金融市場の混乱を招くようなことがあれば、円高が再燃し、今年最安値となる105円を試す展開も予想されます。

また、今週末にはG7財務相会合が日本の仙台で開かれます。この会議では介入の決定権を持つ麻生財務相が出席します。少なからず市場は円高を抑える何らかの内容が盛り込まれるのではといった期待がありました。

ところがルー米国財務長官が、今回のG7では競争的な通貨の切り下げ回避をあらためて確認すると先週末に発表。介入に対しけん制する姿勢が示されました。これにより、G7への円高阻止への期が消え去ったと言ってよいかもしれません。

ドル買い介入や日銀のマイナス金利も円高を食い止められないとなれば、唯一残る手段としては米国利上げ期待だけになります。日本全体から考えると円安が好ましいのですが、相場というのはなかなか思った方向に行ってくれません。寧ろ、嫌な方向に向かう事の方が多いように思われます。

今週は105円の円高に向かうのか、或は110円の大台を試すような円安方向に向かってくれるのか注目してみましょう。

来週も「岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場」・・・よろしくお願いします。

円高もここにきて一服観~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

毎週月曜に為替市場の動向や今後の見通しなどをお送りする【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】の第3回。

■5月第2週の見通し(2016/05/09)
「円高もここにきて一服観」
ゴールデンウイーク中にドル円は105円55銭まで下落しました。このレベルは以前にもこちらで書きましたが、2014年10月の黒田バズーカ2(市場の意表を突く大胆な量的質的緩和)発射前のレベルが105円台でした。市場はこのレベルに達したことで一先ず達成感もあり上昇に転じました。

バズーカ2からひと月余りでドル円は105円から122円手前まで買われました。一方、今年の1月末のドル円は122円手前から下落が始まり、3か月後の4月末には105円台に下落。まるで、2014年後半の巻き戻しが入ったような動きになりました。バズーカ2が第二のアベノミクスとすれば、その効果がこれで完全に掃けてしまったといえるかもしれません。

先週末に安倍首相は世界レベルでアベノミクスの三本の矢を展開させると発言しました。しかし、既に三本の矢の一つである金融政策は先日の日銀会合で失敗してしまいました。円安に戻すことは難しい状況にあるという事です。それでも、先週のドル円は105円50銭を付けた後は107円ミドル(中間)近辺まで押し戻されるなど、一先ず下落リスクは後退しました。

先週末には市場が最も注目する米国雇用統計発表を控え、その前のドル買戻しという見方もありました。その米雇用統計の結果は予想を大きく下回る冴えない結果となり、発表直後ドル円は107円から106円40銭付近に下落しました。しかし、106円には届かずに下落前の107円に押し戻されてNY市場を終えてきました。結果的にドル円の底値の堅さを確認したようなもので、今週はもう一段の上昇が見込めそうです。

ただ、これでドル円の下落が終わったわけではありません。現在のドル円は日銀会合で下落する直前のレベルから6円余り下落したその反動の買い戻しの過程にあるという事です。あくまで調整の買い戻しであり、これが一巡したところでは再びドル円の売りが強まりかねません。上値目標としては109円付近も想定しておきたいところです。もし、上値の重さが確認されれば再び売りを出していきたいところですね。一方、107円ミドルが上値を抑えられるようなら再び105円割れのリスクが高まりそうです。

ここにきてFX取引が拡大しているとの報道が新聞に載っていました。FXは売り買いどちらからも同じように始めることが出来る取引です。ドル円が大きく下落する時には売りから入ることで稼ぐことが出来るというのもFXの魅力です。しかし、儲けるにもこのような為替の記事を読んだりするなど、勉強は必要というわけです。

今週は円高が一服しそうで、、、ゆっくり見ていられそうです。

来週も「岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場」・・・よろしくお願いします。

円高はどこまで進むのか~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

毎週月曜に為替市場の動向や今後の見通しなどをお送りする【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】の第2回。

■5月第1週の見通し(2016/05/02)
「円高はどこまで進むのか」
先週は市場で最も注目されるイベントであるFOMC(米国中央銀行の政策会合)と日銀政策会合が開かれ、結果的にドル円は一気に下落に転じました。

FOMC会合では次回の利上げに関するヒントは与えてくれず、これまでとほぼ同様のハト派的な内容となりました。この意味するところは「ドル金利が当面上がらない⇒ドルは当面上がらない」ということです。

しかし、その後に控えた日銀会合では追加緩和による円安が進むのではといった期待がありました。何故なら、日銀は今回の会合でマイナス金利を更に拡大し、金融機関へのマイナス金利適用の可能性もあるとの一部報道が前週に流れた為です。その報道に対し日銀は否定も肯定もコメントを出しませんでした。

また、今回の熊本地震もあり何らかの追加緩和を実施すると思われ、それを見込んで既にドル円は112円近くまで上昇していました。しかし、日銀は現状の金融政策維持を決定しました。この結果は予想外であり、市場はネガティブサプライズ(悪い方のびっくり)となり、ドル円は3円近く下落。ちょうど次の日が日本のゴールデンウイークが始まったことで更に円高が進みました(先週ここに記述した通りです)。

ドル円は111円80銭付近から下落が始まり、ほとんど戻りのないまま先週のNY市場では106円30銭近くまで下落。何と、二日間で5円50銭下落したことになります。

ここまでドル円が下落したのは、円高を止める手段が殆どなくなってしまったためです。

ドル円を押し上げるには

1.FRBが利上げを決定しドル高を促す
2.日銀が追加緩和を実施する
3.日本の財務省がドル買い円売り介入を実施する

の三つが大きな手段になります。その1と2の期待は今回消え去りました。
残るのは3のドル買い介入しか、今のところドル円の下落を抑えることが出来ないという事になります。

しかし、このドル買い介入もそう簡単には出来る状況ではありません。前回開かれたG20後に米国から日本の円安誘導をけん制する発言が出た為です。介入を実施するには他のG7各国などに許可を取る必要があり、それが難しいという事です。

ただし、急激に相場がどちらかに降らされた時には介入を独自で実施することが出来ます(スムージングオペ)が、今回のドル円の下落速度はそれ程無秩序な動とは言えません。特に、ゴールデンウイークは前回にも述べましたが、介入が入りにくい状況となり、海外勢が特にドル円の売りを仕掛けやすくなります。

ドル円の次の下値目途は2014年10月の黒田バズーカ2が実施された105円付近になります。このレベルを下抜けると心理的な壁となる100円が視野に入ります。

みなさん、為替がここまで大きな動きになるのは年に何度もありません。いい経験になりますので、注目してくださいね。

来週も「岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場」・・・よろしくお願いします。

ゴールデンウイークを挟んだドル円相場の行方~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

始めまして。これから毎週、為替市場の動向や今後の見通しなどをお送りします。このコラムのコメンテーター岡安盛男と申します。第1回目となる今回は、GW突入目前の特別編をお届けします。

外国為替取引という世界は、他の市場とは比較にならないくらい最も大きな市場で、毎日平均で5.3兆ドルの取引が行われています。ちょっとした宇宙のようなものです。そのため、誰かが大きな資金を使って動かそうとしてもびくともしません。砂漠に水をまくようなものです。そのため、株式市場などのようなインサイダー情報というのはまず通用しない、公平な世界です。

さて、そのような市場ではファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカル分析(過去の動きから予想する方法)が大きな武器になります。それらの情報を週一のペースで今後私が皆様にお届けすることになりますので、よろしくお願いします。

■5月第1週の見通し(2016/04/27)
「ゴールデンウイークを挟んだドル円相場の行方」
為替相場の動向はファンダメンタルズが長期的な方向性を示すことになります。ファンダメンタルズといってもピンときませんよね。簡単に言えば金融政策だと思ってください。

例えば、米国の中央銀行FRBが「経済が好調で物価が上がり始めたので、そろそろ金利を引き上げる環境が整った」といったような発言をしたとします。金利が上がれば投資家はその通貨を買っておこうとします。この場合はドルですね。ドルがこれから上がるだろうとみんなが考えれば、上昇が始まります。長期的に上昇が続くことを長期上昇トレンドといいます。

一方、為替というのは必ず相手の通貨が必要です。相手が日本であればドル円という通貨ペアであり、その通貨との綱引きが為替レートになります。日本の中央銀行である日銀は、今年の1月下旬にマイナス金利を導入しました。しかし、マイナス金利の効果がどの程度あるか未定であったことから寧ろ円高に反応してしまいました。

さて、今週は日米の金融政策が発表されます。まず、28日の午前3時にFOMC(米国の金融政策を決定する最高意思決定機関)会合の結果が発表されます。前回3月のFOMCでは年内の利上げペースを引き下げたことで、今月4月は利上げを見送るとの見方が広がりました。利上げペースを引き下げたのは世界経済の減速懸念や、原油価格の下落などが要因とされました。それが、ここ直近の動きをみると原油価格は上昇し、新興国などの株や通貨は上昇、海外金融市場は安定に向かっています。これを受け、FRBが利上げに前向きな姿勢を示すようなら早期利上げ期待が高まりドル高に動くと予想されます。反対に、これまでの内容に変化がない場合でもドル売りの反応は限定的と見られます。こう考えると、FOMCではドル高に向かう可能性の方が高いと見ることが出来ます。

また、その日の東京市場では日銀会合が開かれます。既に、市場は日銀がマイナス金利の金融機関拡大とともに、金融機関のマイナス金利適用を実施するとの見方で既に円が売りこまれました。織り込み済みという事です。予想通り実施したとしても、円売りが更に進む可能性は低いと考えます。ただし、更なる量的緩和といった追加緩和が加われば一段の円安をもたらす可能性があります。こちらも、円高よりも円安に振れる可能性が高いと言う事になります。

総合的に考えると、米ドルが上昇し円が安くなるという事からドル円は上昇すると予想されます。

ところで、そのシナリオが正しいかどうかは終わってみなければわかりません。ただ、次の日から日本がゴールデンウイークに入ります。日本の投資参加者が長期休暇に入る前には、売買ポジションを出来るだけ持たないように対応します。という事は、どちらか上下に動きがあっても元のレベル(水準)に戻りやすくなります。

そのゴールデンウイークですが、毎年円高に振れることが多いと言われます。通常期、急速に円高に向かう時には日銀当局が阻止しようと対応策を講じる事があるのですが、日本のゴールデンウイーク中にドル円が急落しても、邦銀が休みのためにドル買い円売り介入などの対応策が出来にくく、海外投資家がそれを狙ってドル円を売るのでは、といった見方が広がるためと考えられます。

また、ドル円が売られる時には、ゴールデンウイーク前に上昇している場合が多くみられます。実際ドル円は上昇傾向にあり、そのアノマリー(経験則)の視点から判断しても売られる可能性が高いという事になります・・・・結果は??

今後も「岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場」・・・よろしくお願いします。

ランキング