情報の氾濫・無料セミナーでFXを学ぶ!【上村和弘のFX基本講座】

6100.jpg

FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる、知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

FXで儲けたい等と検索すると様々な情報が出てきます。「勝ち組になる」「数万円を1億円にした」「ヘッジファンドや銀行で何十年と儲けてきた秘訣を特別公開」…。もちろん正しく情報発信しているものもありますが、問題は中身のないペラペラの内容を高値で売りつける詐欺まがいの商品が多いこと。

私も、ほとんどの商品がFXの知識・経験がある方が書いている内容、実績が出ており金額相応の内容であるものと信じたいところ。しかし、中身の薄い内容や陳腐化している古い内容であったり、現在の相場地合いに向かないものがあることも確かです。投資家の方から相談を受ける内容の多くは、この手の話です。如何に問題があるかが分かります。

読者のみなさんが、そのような商品に踊らされて大切なお金を無くされては大変だと思いますので、転ばぬ先の杖として、詐欺?に引っかからないように記載しておきます。

■気を付けよう販売先のセールストーク
問題先の手法・手口は数限りなくあっても、基本は同じようなもの。「権威や肩書で人を信用させる」「今だけ・期間限定で考える時間をなくさせて希少性を打ち出す」「恐怖と欲望で人の心を突き動かす」「過去の実績を見せて信用させる」等など。最終的に今しかないと購入を焦らせますが、世界最大のブルーダイヤがオークションに出るなんて案件でない限り今回限りというセールストークを信じないでください。

FXは通貨が世界共通になる・変動相場制終了の二つが起きない限り、ずーっと続くことでしょう。為替相場が続く限り、FXで利益を得るチャンスは必ずあります。本連載を続けて読んでいただければ、しっかりとFXの知識やトレード手法が身に付くようにお伝えしていきます。

今回は、FX会社が開催している無料セミナーをご紹介します。第2回FXって何?で記載しました基本的な内容を学ぶ事が出来るかと思います。参考までに掲載しておきます。

■外為どっとコムのオンラインセミナー
FX業界大手の外為どっとコムが開催している無料セミナー。ウェブで見ることが出来るオンラインセミナーと会場で直接受講する会場セミナーとがあります。初心者向けの基本的なセミナーが開催されています。
外為どっとコムのオンラインセミナー

■外為オンライン
外為オンラインは、元ディーラーの佐藤正和氏によるセミナーが開催されています。為替取引の経験が長い上、雑誌でのFXトレード入門記事の連載を長く続けており、分かり易くFXの基本を教えてくれる先生。
外為オンライン

以上となりますが、興味のある方はサイトの方からチェックして見てください。各FX会社の情報を確認すると、いろいろと見えてきますよ。次回も【上村和弘のFX基本講座】、宜しくお願い致します。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

●第3回 FX投資家の実状

●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?

●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい

●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!

●第7回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編

●第8回 平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!

●第9回 FXのスワップポイントで一石二鳥を狙う:長期投資に効果大

●第10回 数十%の利回りも可能!外貨預金より有利なFXのスワップポイント!

●第11回 ボーナス時期目前!お得なFX新規口座開設キャンペーンをチェック!

画像一覧

執筆者

上村 和弘 (かみむらかずひろ)

アセットクラス&WEBコンサルティングLLC 代表CEO・ファウンダー 日本ファイナンシャルプランナーズ協会CFP会員、1級FP技能士 1990年 現三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社を皮切りに、証券リテール業務や企画調査、ファンド事業等に従事。1999年より、FX事業の新規立ち上げ後、複数社での金融ネット事業の立ち上げ、事業再構築・運営等の統括マネージメントを経て2011年独立。現在、金融情報サービス事業をコアに、投資教育系、システムツールのサポート業務を行う他、シンクタンク系企業、金融システムベンダー等の顧問等を兼務する。1968年生、宮崎県出身。

上村 和弘

関連記事

関連記事

ボーナス時期目前!お得なFX新規口座開設キャンペーンをチェック!【上村和弘のFX基本講座】

FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる、知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

ボーナスの時期が間近となってきましたね。ここ10年、ボーナスと縁の無い私にとって、羨ましく思うこの時期ですが…それはさておき、まとまった資金の一部を投資に振り向けようと考えの方もいらっしゃるでしょう。証券会社やFX会社、銀行など、様々なキャンペーンを行っていますが、なかでもFX会社のキャンペーンは魅力的、これからの時期は少しチェックして見ると良いでしょう!

まだ、FX会社に口座を持っていないあなたはラッキーかも?!新規口座開設するとFX会社が用意している特典を利用できます。

■キャンペーン商品は多彩、女性が活躍?!
キャンペーンは新規の口座開設や入金、取引といった決められた条件を満たす事で、食料品やキャッシュバックなどのプレゼントが貰えます。最近では、そばめし&釜めしプレゼントやギフト券、日本酒、レトルトカレー、パスタ、栄養ドリンクなど多彩。但し、キャンぺーンもたくさんあって、中には、取引を満たすのが難しいものも見られます。キャッシュバックのキャンペーンでは500万通貨単位での取引が条件だったりする場合もあり、初心者にはハードルが高い条件となります。私の場合、ほしい商品があると、頑張って取引します。後で商品が送られてくると、何となく得した気分にもなり、それに家族サービスにも繋がりますので。

投資家の方との懇談会等でも、キャンペーン商品がほしい為に取引を一杯している、なんて話をよく聞きます。女性投資家の方は、この辺り細かくチェックしている方も見られます。第3回FX投資家の実状で、近年女性投資家が増えている内容を記載しましたが、この辺り一つの要因かも知れません。

■条件が達成しやすい内容のものをピックアップ
ほとんどのFX会社が採用しているキャッシュバックは、お客様の取引口座に証拠金として決められた金額が入金されるという仕組み。そのお金は、FXトレードに利用できます。

とは言え、キャッシュバックの金額は500円~2,000円程がほとんど。米ドル/円を1万通貨取引して10銭動けば、1,000円の損益ということを考えると、キャンペーンばかりに一喜一憂しても仕方ないですね。キャッシュバック目的にトレードして損を出しては意味がありません。身の丈に合った条件、余裕を持った対応が望まれます。

さて、それでは新規口座開設キャンペーンを数社ご紹介します。あくまでも参考として掲載しておりますが、特定企業の推奨は行っておりませんのでご了承ください。

・FXプライムbyGMO
・入金額:新規入金
・特典1:入金+ログインで500円キャッシュバック
・特典2:選べる外貨1回以上取引でプラス1,000円キャッシュバック
・特典3:選べる外貨新規50万通貨以上でプラス2,000円キャッシュバック
・他にも条件を満たせば特典あり
(時期:2016年5月末まで)

・ヒロセ通商:新規口座開設キャンペーン
・入金額:1万円以上
・特典1:LIONFXで英ポンド/円を片道10万通貨以上取引でキャッシュバック1万円
(時期:2016年5月末まで)

・ヒロセ通商:のりかえキャンペーン
・入金額:1万円以上
・特典1:米ドル円・ユーロ米ドル・ユーロ円・豪ドル円・ポンド円を片道1万通貨以上取引でキャッシュバック2,000円
(時期:2016年5月末まで)

・マネースクウェアジャパン
・入金額:新規入金
・特典1:FXの書籍プレゼント【実践 FX トラリピの教科書】
・特典2:トラリピ/らくトラ新規成立1万通貨達成で500円キャッシュバック
・特典3:トラリピ/らくトラ新規成立10万通貨達成で5,000円キャッシュバック
・他にも条件を満たせば特典あり
(時期:2016年6月30日まで)

・SBIFXトレード
・入金額:特になし
・特典:500円キャッシュバック
(時期:2016年5月末まで)

・FXブロードネット
・入金額:20万円以上(口座開設完了後は残金20万円以上を維持しておくこと)
・特典:2,000円キャッシュバック
・友人紹介で:3,000円キャッシュバック

詳細な条件等につきましては、口座開設前に各社のウェブサイトでご確認ください。キャンペーン内容や条件は変更される可能性もあります。また期間限定のキャンペーンも有りますので、始めるタイミングと相談しながら事前検討されると良いでしょう。
次回も宜しくお願い致します。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

●第3回 FX投資家の実状

●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?

●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい

●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!

●第7回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編

●第8回 平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!

●第9回 FXのスワップポイントで一石二鳥を狙う:長期投資に効果大

●第10回 数十%の利回りも可能!外貨預金より有利なFXのスワップポイント!

数十%の利回りも可能!外貨預金より有利なFXのスワップポイント!【上村和弘のFX基本講座】

FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる、知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説するシリーズ【上村和弘のFX基本講座】。

前回のFX基本講座で述べたように、ニュージーランド(以下、NZ)の政策金利は2.25%。それにひきかえ日本国内で資産運用すると、なかなか約2%の金利を得られる金融商品はありません。銀行・ゆうちょ銀行の定期預金は金利の高いネットバンクでも0.1~0.2%あればいい方。資産の振り分け先といった考え方が必要になりますね(=アセットアロケーション)。

しかし、世界には日本より金利の高い国の方が多く、その金利を得るための手段としてFXを利用すればいいのです。資産配分の中での高リターン狙い、余裕資金の運用先としての一つです。FXで得られるスワップポイントは、外貨預金で得られる利息収入よりも期待値が高い、これも。前回の内容通り

論より証拠。下記の図表1を見て貰いましょう。前回ご紹介した1日辺りのスワップポイントを1年間保有した場合の計算結果です。

FXの基本的な取引単位は1万通貨(米ドルだと1万米ドル)なので、その場合に得られる年間のスワップポイント、そして外貨預金と比較できるように取引金額及び証拠金に対して何%の金利収入にあたるか利回り計算を行いました。

▼図表1:利回り計算
利回り計算表の画像

その計算結果を表した図表1をご覧いただくとスワップポイントを基本に取引金額で年間利回りを計算した結果はNZドル/円で2.52%、豪ドル/円で1.80%になります(図表1:表の中段と下段)。

そこで、同じ外貨に投資する金融商品、外貨預金にご登場願いましょう。外貨預金の1年物金利は、米ドルで0.50%程、豪ドルで0.80%程、NZドルで0.96%程、FXに比べて差が有りますね!これをグラフにして比較すると、もっと分かり易くなります。それが下の図表2にになります。外貨預金的な使い方(=レバレッジ1倍)としても、有効性が確認出来ます。

▼図表2:FXと外貨預金の金利比較グラフ
FXと外貨預金の金利比較グラフ

さらに資産運用や金利に鋭い方は、最初の図表1で気づいたことがあると思います。それは、一番右の証拠金に対する利回りって何だろうと?

米ドル/円で15.07%、NZドル/円だと62.89%の利回り!

この利回り(図表1の右端)とは、レバレッジを効かせた場合です。レバレッジとはFXのメリットの一つで少ないお金で大きな取引を行う資金効率を良くする方法。最大25倍での計算値です。

FX会社の標準としている通貨単位は1万通貨。米ド/円で考えてみましょう。1ドル=109円の時に1万ドルを取引するには109万円が必要になります。これは相応の金額になりますね。そこで…レバレッジを利用(=FX)すればいいのです。

レバレッジはFX会社に担保として証拠金を預けて、証拠金以上の取引ができること。最大レバレッジは法律で25倍までと決まっており、25倍までなら自由にレバレッジをかけた取引ができます

レバレッジ1倍なら109万円、レバレッジ10倍だと10.9万円、最大レバレッジの25倍なら4万3600円の証拠金で1万米ドルの取引が可能になるという仕組み。つまり、このレバレッジを活用することで、総代金の109万円を用意しなくても約4万円強の証拠金を用意すれば1万米ドルを買うことができるというわけですね。元金が少ない分、期待利回りが高くなる訳です。この資金効率の良さがFX人気を盛り上げた理由の一つです。

これに手数料の安さや機動性等が加わり、FXの参加者が増え続けています(第1回FXの基本参照)。

いかがでしたか?凄い利回り表示にビックリですね。ただ、価格変動リスクが付きまといますので、スワップポイントを狙うに際しても、リスクとのバランスを考えて余裕資金を多く入れるなどの対応が望まれます。次回も宜しくお願い致します。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

●第3回 FX投資家の実状

●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?

●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい

●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!

●第7回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編

●第8回 平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!

●第9回 FXのスワップポイントで一石二鳥を狙う:長期投資に効果大

FXのスワップポイントで一石二鳥を狙う:長期投資に効果大!【上村和弘のFX基本講座】

アセットクラス&WEBコンサルティングの上村です。

この連載では、FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる、知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説するシリーズ。

FXは、いわゆる短期投資家・トレーダーと呼ばれる一部の人だけの特別な金融商品ではありません。数か月や1年に一回しか売買せずに長期保有を目的とする人達も利用しています。外貨預金よりも、少しだけレバレッジを上げて運用するのです。この10年、長期投資の方法で資産を大幅に増やした方も多く見られています。

資産運用には、大きく分けて二つの利益を得る方法があります。キャピタルゲイン(=値上がりや値下がりなどの価格変動から利益を得る)と、インカムゲイン(=株の配当や預金の利息など配当・金利から利益を得る)です。

この二つを利用することが、お金に働いてもらうこと。キャピタルゲインとインカムゲインどちらか一方だけを狙うのではなく、両方を狙う事も一考です。

スワップポイントは、通貨の金利差を受け払いすることで発生しますが、通貨の金利差が大きい程、金額が多くなります。しかも、このスワップポイントは毎日付与されます。
レバレッジを掛けているだけに、少額の投資金ながら大きなスワップポイントが期待出来ますので魅力的です。
スワップポイント解説画像
各国通貨の政策金利一覧:2016年5月18日
・日本:0.10%
・米国:0.50%
・豪州(オーストラリア):1.75%
・NZ(ニュージーランド):2.25%

通貨の金利差が大きい国を例に金利差を見てみましょう。
★通貨間の金利差=NZ(2.25%)-日本(0.10%)=2.15%

※厳密には通貨間の金利差=スワップポイントではありません。スワップポイントは、ポジションを持ち越す際に通貨間の金利差分を調整しているもので、同じにはなりません。

日本とニュージーランドの金利差は2.15%、ということは…FXでニュージーランドの通貨であるNZドルを保有すれば、この2.15%相当のスワップポイントを貰えるということ。しかもレバレッジを掛けている為、大きなインカムゲインとなります。

例えば、東京金融取引所のホームページに掲載されているスワップポイントの金額を見てみましょう。1万通貨を保有時のスワップポイントは下記の通り。
 ※各国の金利は変動するため、受取・支払のスワップポイントも毎日変化します。

スワップポイントレート画像

例えば、資金1口当たり33,000円で豪ドル円の買い取引を始めたとしましょう。1日39円のスワップポイントが付与、6ヶ月後には7,020円のスワップポイントが付与される計算です。計算の簡素化の為に1日39円のスワップポイントを固定して計算してありますが、大きなインカムゲインだと言えます。期間収益に掛かる利回りとしては21.2%程、レバレッジの恩恵を受けている格好です。

また、7,020円分の収益を考えると、約70銭分の値下がりに対応できる値幅となります。(インカムゲイン分で値下がり分を相殺する意)

余裕資金を確保した上で、このような取引を行うと価格変動リスクを和らげる効果が有ります。タイミングにもよりますが、大きく円高が進行した後のFX長期投資は検討の一つになります。キャピタルゲインで儲けて、インカムゲインで儲けて、そんな投資家が2012年~14年には多く見られました。また、そういう時代が来るかも知れません。

■長期投資の注意点
FXは大きな利益が出る半面、それ以上に損失を被る恐れもあります。長期間保有する目的でも、途中で決済し終了という事も起こり得ますので、余裕資金を持った対応が必須となります。スワップポイントの利益以上に、為替相場の変動で損失が出る可能性も有りますので注意が必要です。リスク管理対策で回避できる部分も有りますが、その辺の内容は今後紹介したいと思います。

今回は、スワップポイントに関する一回目の記事でした。そのため簡単な概要をお伝えしておきました。イメージの良いスワップポイントですが、高金利通貨を買い・低金利通貨を売るとスワップポイントを受取れますが、逆に高金利通貨を売り・低金利通貨を買うとスワップポイントを支払う必要が出てきます。また長期間での運用メリットも、相応のリスクが有りますので、初心者のうちは少額から余裕を持った取引が推奨されます。

FXの長期投資のイメージが掴めましたか?
次回は、スワップポイントを掘り下げて、期待利回りとの関係について触れて行きます。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

●第3回 FX投資家の実状

●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?

●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい

●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!

●第7回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編

●第8回 平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!

平均足チャートで、これからの為替の動きを予想しよう!【上村和弘のFX基本講座】

アセットクラス&WEBコンサルティングの上村です。

この連載では、FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる、知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説するシリーズ。

自分の予想が当たることの面白さを知らないと、続けようにも熱が入りません。はじめての方が値動きのチャートを眺めても、分かるのは過去の動きだけ。これからどう動くのか分かりませんよね。

そこで、簡単な予想ができるように平均足チャートをおススメします!。平均足チャートを見ると、大まかな流れや方向性が分かりますので、初心者でもイメージが付きます。何となく上がりそうだ…、下がりそうだ…、停滞しそうだ等。

まずは、100%当てようと思って予想するのではなく、どちらかというと上昇の確率が高いのではないか、という曖昧な予想でOKですのでご覧ください。例えば、野球の試合で明日はエースが先発し、打撃陣も好調な巨人が勝つ確率が高い、と予想するイメージが近いかも。

■チャートタイプを平均足に
さて、前回、「FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編」でDMMFXでのチャートをお伝えしましたね。スマフォのアプリでチャートを開いてみましょう。(※今回はアンドロイド版でご説明します。iPhone版もございます。)

DMMFXアンドロイドアプリのチャート画像
※引用:DMMFX(米ドル/円の1分足チャート)

まず、一番下の設定メニューから、平均足に切り替えれます。

平均足に変更すると、上昇と下落が鮮明に表示されます。上の画像を見ていただくと分かりますが、赤=上昇、青=下落がローソク足より連続して続くために、相場がどちらの方向を向いているかが簡単に分かります。初心者の方でも、ビジュアル的に、これなら流れが分かりますよね。これが平均足の特徴、細かい動きを排除して、方向性を確認出来るチャートタイプです。投資の成功率が上がる武器となります。

FXを勉強する場合、ローソク足を学んでから平均足というのがセオリー。しかし、本連載は、あえて平均足からチャートを紹介します。その方が楽しく学べるはず。※ローソク足とは、日本独自のチャートで、4本の値段(始値・高値・安値・終値)を表現したもの。一定期間の節目が把握できるチャートです。

■平均足で未来を予想するためのセオリー
難しいことは抜きにして、3つのセオリーと一つの注意点だけ覚えてください。

☆陽線(赤線)が出ている間は引き続き上昇しやすい=買い狙いの時期(上記画像の左側四角部分)
☆陰線(青線)が出ている間は引き続き下落しやすい=売り狙いの時期(上記画像の右側四角部分)
☆四角い棒の長さが短い場合は方向転換や迷いの時期=流れが変わったり、勢いが出る時期(上記画像の丸部分)
※注意点:平均足は通常のローソク足と違い現在値を表示しません。

計算式上、平均した値段から算出する為ですが、最新の価格を見る場合は、価格レート画面や別にローソク足チャートを表示すると良いでしょう。

平均足の見方として、赤線が出ていれば、そのまま上昇し続ける可能性が高くなります。これでタイミングを見て行くと良いですね。とはいえ、いつまでも上昇は続きません。どこかで下落しますので、そういった動きや変化をイメージして下さい。

ほら、上のチャート画像から15分経ちました。すでに価格が動いているのが分かりますね、3つのセオリー通りになっているのが確認されます。

DMMFXアンドロイドアプリ米ドル/円の1分足チャート画面
※引用:DMMFX(米ドル/円の1分足チャート)

実際のチャートで3つのセオリーを試してみましょう。あなた自身のFXトレードシステムで、米ドル/円の短期(1分足or5分足)チャートをしばらく眺めてください。そして、上がるか・下がるか・横ばいかを予想してドキドキワクワク感を体験してください。

1分足や5分足といった時間軸が短いチャートを利用すると結果がすぐに出るので楽しめますよ。考え方としては、短時間でも長期の予想もチャート分析の原理原則は変わりません。先々利益を上げる投資家を目指して、平均足を使った予想を行ってみましょう。

次回は、取引ツールについて触れてみたいと思います。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

●第3回 FX投資家の実状

●第4回 FX会社はどうやって儲けるのか?

●第5回 FXはぶっつけ本番で始めると損しやすい

●第6回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!

●第7回 FXを極める第一歩:相場予測はまずチャートから!スマホ編

FX投資家の実状【上村和弘のFX基本講座】

アセットクラス&WEBコンサルティングの上村です。

この連載では、FXに関わる知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説していきます。FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる筈です。そしてFXのテクニックやFXツールの生かし方等にも触れていきますので、すでにFXをされている方にとっても役に立つはずです。では、今回の「FX投資家の実状」をはじめます。

●FXって、どんな人たちが取引しているの?
FX投資家ってどんな人達が取引しているのか、気になりますよね。まったく怖がる必要はありません。FXはごく普通の人たちが取引しているんです。読者の方も、電車やスターバックスで隣に座った人が、為替相場の値動きを示したチャート(値動きのグラフ)を睨んでいる姿を見たことあるのではないでしょうか。

昔からFX会社の顧客層で多かったのが20代・30代・40代の勤め人。男女比は8対2というものでした。この辺りのデータは今もあまり変わっていないようですが、近年女性の比率が上昇中だという事を聞いています。

大手FX会社マネーパートナーズのデータによるとイメージはこんな感じ
●男女比は80:20で男性が多い
●取引時間帯は21時~24時
●取引通貨は米ドル/円が約50%
●取引スタイルは短期~中長期
●情報源:FX会社のHP
●FX経験年数は3年未満が約55%
(引用:株式会社マネーパートナーズ http://www.moneypartners.co.jp/stepupnavi/data.html)

前回の第2回『 FXって何?』の記事で、FXの特徴に24時間トレードを上げていますが、これは会社員の方で夜間に取引したいニーズが大きいからです。幾らオンライントレードやスマートフォンが普及したといえども、勤務中にFXや株を取引していたら…まずいですよね。職務専念義務違反ってやつですね。でも、実際はどうでしょう??

大事な会議の最中、実務作業中に、為替相場が気になってスマフォを開いて仕事に集中できないでは、上司の怒りを浴びてしまいます。FX投資家の多くを占める会社員の方は、家に帰り自宅でトレードしていることが上記データからも分かりました。

今からFXを始めようとしているあなたも怖がる必要はありません。FXの基本とノウハウ等をこの連載でしっかりと学べば、ベテラントレーダーに負けない取引スタイルを確立できるに違いありません。

●FXって、儲かるの??
さて、それでは、FXって儲かるのでしょうか。とっても気になる利益と損失のデータについても見ておきましょう。FXで本当に儲かるの? 気になるところですね。

本当に気になるのはFXって儲かるのというこちらのデータではないでしょうか。
ネットでも雑誌でも儲からない、いや儲かる…・と議論が繰り広げられていますね。大手FX会社の『外為どっとコム社』による2014年12月に取ったデータによると、外為どっとコムのお客様でアンケートに回答した方の55%が儲かったと答えています。半数以上の方が利益ですから、なかなか良い数字ではないでしょうか。

ただし、私の経験から言うと、米ドル/円が円安トレンド(流れ)を描くと多くの投資家が儲かり、円高トレンド(流れ)だと損しやすいというのが、FX儲かる儲からない論に直結しますね。マネーパートナーズのデータでも取引通貨の半分はドル/円でした。

FXで数万円を1億円に増やすなんて夢物語は語りません。しかし、頭から投資を否定しなくてもいいのでは、と思うデータですね。私の知人に、FXで資金を140倍にした方がいますが、コツコツ勉強しながらリスクと向き合い取引しています。重要なのは、やり方ですね。

資源の無い日本は、昔から努力と工夫で世界の国々と肩を並べてきました。世界最初の先物取引所を作ったのも日本人、農耕民族の日本は狩猟民族の欧米に勝てないと自虐的になる必要はありません。海外では、日本のFXトレーダーをキモノトレーダーとして恐れているんですよ。※キモノトレーダー:外国為替市場に影響を与える主婦トレーダー。

次回もお楽しみに!

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

●第2回 FXって何?

ランキング