作業時間を短くして高報酬を手に入れる非常識的な副業の仕方

6039.jpg

このレシピを実行して

38,000貯まる!
<材料>

・クラウドソーシングの発注

<Point>

1クラウドソーシングは報酬が安い

2作業時間短く高収入

3ブログの運営も月に500円でできる

※広告収入で5万円稼ぎ、クラウドソーシングで800文字400円で30記事発注したときの差額

副業ということでクラウドソーシングの利用法や稼ぎ方、現状などをこれまで執筆してきました。過去の記事を読んでいただければクラウドソーシングを利用することのメリットやデメリットなど書いてあることがわかっていただけるでしょう。

これまでの記事を読んでいた人はわかるかもしれませんが、正直クラウドソーシングの現状は決していいものとは言えません。月に5万円稼ぐためにも非常に時間がかかると言えるでしょう。

もちろんクラウドソーシングでこのまま稼ぎ続けることも可能ですし、運良くいい企業と出会えれば副業として申し分ないほどに稼ぐことはできます。

■クラウドソーシングで効率的に稼ぐには?
しかし、クラウドソーシングを利用して、より効率的に稼ぐ方法があるとすれば知りたいと思いませんか。現状のクラウドソーシングを利用して稼ぐことは、あなたの作業時間を大幅に奪ってしまいます。しかし、この方法であれば作業時間を大幅に減らすことも可能です。

より短時間で大きな稼ぎを出したいと考えるのであれば、ぜひこの方法を試してみてください。
その方法とはクラウドソーシングで仕事を発注するという方法です。

なぜ、仕事を発注することでお金が手に入るのかと疑問に思うかもしれません。当然仕事を発注すれば報酬を支払わなければならず、一見稼ぐどころかマイナスになるように感じられます。

しかし、報酬の対価としてあなたの手元には成果物が手に入ります。もっといえば安価で記事を手に入れることもできます。

■記事を発注してブログサイトを運用
それらの記事を元に自分のブログサイトを持てばどうなるでしょうか。広告を貼っておけば、そこから収益を得ることも可能でしょう。始めは毎月1,000円とか2,000円しか収入がないかもしれません。

しかし、そのブログが育っていき毎月1万円、5万円と収入が増え、クラウドソーシングの発注金額を上回ることができれば差分はあなたの報酬として手に入れることができるのです。

もちろん質のいい記事を書いてもらうためには報酬を大きくしなければならないかもしれません。しかし、その分あなたのブログには人が集まり、より大きな収入を手に入れることも可能なのです。

今やブログも月に500円も払えば運用することができます。そのブログに毎日クラウドソーシングで手に入れた記事を載せれば十分に広告収入で稼ぐことができるのです。

最初は自分でブログを運営して収入の目処が立てばこのような方法も実践してみてください。

<関連記事>

画像一覧

  • 作業時間を短くして高報酬を手に入れる非常識的な副業の仕方イメージ

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

クラウドソーシングで稼げないあなたが十分な報酬を手に入れるために今やるべきこと

サラリーマンでも学生でも主婦でも、今や家にいながらお金を稼ぐことはそれほど難しいことではありません。様々なネットビジネスと呼ばれるものがありますし、企業から直接仕事をもらうクラウドソーシングという働き方もあります。

しかし、クラウドソーシングでもらった仕事には報酬が十分でないものが多い!と嘆きの声をあげている人も少なくありません。それもそのはず、クラウドソーシングでは報酬が買い叩かれている現状があるのです。

これではいくら副業とは言えど、自分が求めているだけの金額を稼ぎ出すことは難しいでしょう。現状では月に数万円という報酬ですら手に入れることは簡単ではありません。

しかし、現状にいくら悩んでいたとしても今後クラウドソーシングのサービスが改善されることはあまり期待できません。というのも企業側としてもクラウドソーシングは仕事を安く買い叩く場所というイメージがすっかり定着しています。その上クラウドソーシングを利用するとマッチング手数料も取られるので、さらにあなたの報酬は減っていきます。

つまり、あなたが高収入を手に入れるためにはクラウドソーシングに頼ってばかりではいけないのです。そんなことを言われてもじゃあどうすればいいのか?と悩まれるかもしれません。

その方法とはブログで自分を発信するという方法です。

例えば記事執筆の仕事が欲しいのであれば、それについてのブログを発信するのです。確かに最初はブログだけなので報酬は0かもしれません。

しかし、3ヶ月も経てばアフィリエイト報酬や記事執筆の依頼が来ることも十分に考えられます。そして、そのような仕事は報酬もクラウドソーシングのものと比較すると十分に大きい場合が多いです。

今やこのような自分のブログを作ることは難しいことではありません。その上、ブログというコンテンツを作ることは、実績を作ることにもなるのです。

目先のわずかな報酬を追うか将来の大きな報酬に向けて、しばらく目をつぶるか、どちらが大きなメリットを受けられるか?ということを考えてもらえたらと思います。

あなたはなぜ仕事がもらえないのか!クラウドソーシングで高収入を得るためにするべきこととは?

現在5人に1人のサラリーマンは副業をしているといわれています。

消費税が10%に上がることも避けられないでしょうし、少しでも自分の収入を増やしておくことは必須でしょう。もし自分の力でお金を稼ぐことができれば、突然の出費、固定費の増加、最悪の場合会社から解雇されたとしても、しばらくの間は生活を送ることができます。

副業で稼ぐ方法の一つとしてクラウドソーシングで稼ぐという方法があります。クラウドソーシングとは、インターネット上のマッチングサービスを利用することで仕事をもらい、報酬をもらう方法です。クラウドソーシングであればネットビジネスのような初期投資もいりませんし、何の知識がなくても最短15分でお金を稼ぐことができます。

そのような魅力的なクラウドソーシングですが、現実として思ったように稼げていないという人も多いです。スキルが十分であり、会社での経験も豊富であるにも関わらず、仕事がなぜか思うようにもらえないという人もいるのです。

このようにクラウドソーシングで十分に稼ぐだけの能力があるにも関わらず、企業からオファーもなく、仕事に応募したとしても受からない。結局自分のスキルを安売りして副業としては全く稼げないということになるのです。

そのような人がクラウドソーシングで稼げていないのは、ほぼ確実に理由がはっきりしています。1 + 1 = ?と聞かれて2とすぐさま答えられるくらい、理由がはっきりしているのです。

その理由とは、自分のプロフィールを充実させていないという点です。

というのも、そのようなスキルに溢れる人がきちんと自己紹介をしていれば、クラウドソーシングの企業からは引っ張りだこです。しかし、多くの人はめんどくさいといった理由で自己紹介をきちんと書いていません。

自身のプロフィールには、「これまでの経験」「自身が作成した作品」「その他資格」「仕事をする熱意」くらいは書いておいた方がベターです。

企業は仕事を発注するときに、ほとんどプロフィールからしか情報を得ることができません。ですからプロフィールを充実させて、しっかり自分を売り込んでもらえたらと思います。

好きな時間に好きな場所でお金を稼ぐクラウドソーシングの魅力とは?

年齢や住んでいる地域に関わらず、誰もが同じようにお金を稼ぐためにはインターネットを利用するしかないでしょう。

最近ではアフィリエイトやせどりといったネットビジネスも働き方の一つとして大きく注目されていますが、現実として稼げている人と稼げていない人の差が激しいです。

やはりノーリスクでお金を稼ぐためにはインターネットを使って、個人や企業からお金をもらうという方法が最もおすすめできます。

そんなことできるのか?と思われるかもしれませんが、最近、クラウドソーシングという仕事のマッチングサービスを利用して仕事をもらうことができるのです。

今回はそのようなクラウドソーシングの魅力についてお話しします。

・仕事の種類が豊富
クラウドソーシングは非常に仕事の種類が多いため、今までネットビジネスをしたことがない!という人でも気軽に仕事ができます。

仕事の種類を挙げればアンケートやweb記事の執筆、サービスの名前応募やアプリ開発などがあります。インターネットの仕事と聞くと専門的な知識がいるように感じますが、クラウドソーシングでは中学生でもできるような仕事があるのです。

・ノーリスク
クラウドソーシングは働いてお金を稼いでいるので、投資やネットビジネスのように自分の資金からお金を出す必要はありません。

一般的にインターネットを利用した初心者でもノーリスクで稼げる方法はそれほど多くありませんが、クラウドソーシングはその点を満たしています。

誰でも始めやすいのは大きなメリットと言えるでしょう。

・稼げる
副業をしていて稼げるかどうか?というのは一つの大きな基準になります。やはり副業といっても毎月1万円にも満たない金額であれば、あまり副業の意味はありません。

しかし、クラウドソーシングの中にはコンペ方式という多数の人から意見を取り寄せ、発注者が最も優れていると感じたものに報酬を支払う形式もあります。このようなコンペ方式は報酬が高い傾向にあります。

また、コンペ方式でなくても記事の執筆などで月に1万円稼ぐのはそれほど難しくありません。このように魅力の多いクラウドソーシングで副業を始めてみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングで稼ぐ!高収入にたどり着くまでの報酬の道のりとは

クラウドソーシングでは様々な仕事があります。初心者から経験者までクラウドソーシングを利用して、月に数万円稼ぐことはそれほど難しいことではありません。

しかし、クラウドソーシングで副業をする中で、自分はどれほどの料金を要求するのが妥当なのだろうか?と悩まれる人もいるでしょう。特にクラウドソーシング初心者という人は相場もよくわからない上に、そもそも自分の頼りない仕事で本当にお金をもらっていいのかと疑問を持つ人は少なくないようです。

今回はそのような人のためにどんな仕事でも応用できる、クラウドソーシングの要求金額についてお話しします。

今回お話しすることは、仕事に関わらず応用できます。仕事の料金相場をいくら調べても、どれくらい請求したらいいかわからないと思う人は必見です。

あくまでも一つの目安にしかならないかもしれませんが、初心者のあなたでもある程度稼げて、且つ、もらいすぎない金額を上手に設定することができます。ですから、ぜひこの目安を参考にしてみてください。

それは、初心者は報酬の最低値と最高値の中間金額を狙うということです。

よくわからないと思うので簡単に説明したいと思います。例えば、記事の執筆の仕事で最低値が1文字0.2円、最高値が1文字1.4円だったとすると初心者は1文字0.8円程度の仕事を探してみるのです。

ちょっと待て!この場合、初心者は最低値の1文字0.2円の仕事を受けなければいけないんじゃないの?

そのように思われるかもしれません。しかし、クラウドソーシングで仕事を提供している企業の中には価格破壊とも言われる、驚くほど安い金額で仕事をさせる企業がいることも事実です。

例え未経験であったとしても、そのような仕事を受けてしまうと、クラウドソーシング全体の相場が下がり、適切な報酬を出す企業が減ることにもつながります。

ですから、あまりにも最高値が極端でない限りは報酬が中間程度の仕事を引き受けると良いと言えるでしょう。ぜひ一つの目安として実践してみてください。

クラウドソーシングはフリーランスへの架け橋となれるのか?

最近ではインターネットを通して仕事をもらうクラウドソーシングで働く人が増えています。

クラウドソーシングはまさしく自由な時間と場所で働くにはもってこいであり、フリーランスになるにも一つの架け橋になる。そんな理想を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。
では、実際のところフリーランスで働くことを考えたときに、クラウドソーシングは有効であるのか?と疑問に思う人は少なくないでしょう。
そこで今回はそのような疑問を解決するために、データを見ながらクラウドソーシングとフリーランスの関係についてお話ししていきます。

クラウドソーシングで最も有名なサイトの一つとしてクラウドワークスというサイトがあります。クラウドソーシングを利用している人にはかなり有名なサイトで、アンケートやライターといった案件からアプリ開発などのプログラミング業務まで幅広い案件が存在します。
果たしてクラウドワークスのみで、どれほどの人が生活できるくらい稼いでいるのでしょうか。
クラウドワークスが2月に公開した資料によると月収20万円に到達している人は111人とのことです。
これを多いと捉えるか少ないと捉えるかは意見が分かれるところでしょう。わずかな賃金で1日8時間を超える勤務をしている人から見れば羨ましいと感じますし、世間でホワイトと言われている企業の社員から見ればひどいと感じるかもしれません。
しかし、クラウドワークスの登録者は80万人ということを考えると、クラウドワークスだけで生活できる人がごくごくわずかであることは否定できません。
もちろん登録者の中にはクラウドワークスだけで生活しようと考える人が少数派であることは間違いないでしょう。学生や主婦といった、少しの小遣いが稼げればいいと考える人も少なくありません。
しかし、それらを踏まえた上でもクラウドソーシングだけで生活することはまだまだ難しいと考えるのが一般的な考えではないでしょうか。
フリーランスで働くのであれば、自分で仕事を獲得することも必要なスキルと言えそうです。

ランキング