年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは

6077.jpg

「1分でも長く寝ていたい。」もしも毎朝そう思っているのなら、あなたには年収アップの可能性が低いかもしれません。それは、年収1,000万円以上をもらっている人の多くが朝型の生活を送っており、年収400万円未満の人の生活とは大きな違いがあると判明したからです。

では、社会で成功を収めている人のライフスタイルとは一体どんなものなのでしょうか?

■年収1,000万円以上で朝型は6割越え
ソニー生命保険株式会社が20歳以上の経営者・会社役員、会社員の合計1,000名に行った『経営者と社員の意識比較調査』から、興味深い結果をご紹介しましょう。

日頃の行動について「朝型」と「夜型」のどちらに近いか聞き、その結果を年収別に分析してみると、年収が高い人は朝型の割合がとても多いことが判明したのです。

経営者のうち年収が1,000万円以上の人は「朝型」と「どちらかというと朝型に近い」は合計で65.4%にもなり、会社員で年収1,000万円以上では「朝型」「どちらかというと朝型に近い」の合計は65.9%にものぼっているのです。

ちなみに会社員で年収400万円未満の人で「朝型」または「どちらかというと朝型」と答えた人は、43.3%しかいませんでした。

■企業経営者の平均睡眠時間は?
では、次に睡眠時間について見てみましょう。

同調査によると、経営者500名の平均睡眠時間は6.1時間で、会社員500名は5.8時間となり、経営者と会社員の間で睡眠時間に大きな差はないことがわかりました。

つまり、年収1,000万円以上の人や企業経営者は、起床してから仕事をこなし就寝するまでのあらゆることを、すべて一般の人よりも早朝から前倒しで行っているということでしょう。

■成功者はなぜ朝型を好む?
世界的な大企業の経営者も、多くが朝型で4時や5時といった早朝に起床していることが知られています。朝早くなら、オフィスに出かけるのにも通勤電車の混雑とも無縁だし、取引先からの電話などに追われることなく、集中して仕事に取り組めるというメリットがあります。

さらに、誰にも邪魔されることなく趣味の時間を確保したり運動したりと、日々のストレスを上手に発散することも可能で、仕事に限らず生活のさまざまなことの効率がアップすると言えるでしょう。

とは言っても、毎日残業に追われている方は大抵夜型の生活にどっぷりハマっているはず。でも年収アップや起業を考えているのなら、思い切ってライフスタイルを朝型に切り替えてみるとよいかもしれません。

あなたが年収アップの可能性があるか知りたいなら、3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断 でセルフチェックしてみてはどうでしょう?

<関連記事>

画像一覧

  • 年収1,000万以上の65.9%が朝型!成功者に共通するライフスタイルとは

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

年収1,000万円を超える人の共通点!「引きずらない思考」が良いワケ

年収が1,000万円もあったら、旅行やお出かけなど、今自分が我慢していることも全部できるだろうなと考える人は多いでしょう。

しかし、実際に年収1,000万円以上を達成している人は、給与取得者のうちわずか 4.1%(国税庁 平成26年民間給与実態統計調査より)と、非常に少ない割合であることがわかります。

なぜ彼らは年収1,000万円越えという、いわゆる“勝ち組”になれたのでしょうか。その理由の一つに辛いことを引きずらない思考を持っているということが言えます。

※ここで一息!:3つの質問ですぐジャッジ!「年収1,000万円になれるか⁉」自己診断

 ■引きずらない思考がなぜ良いか? 
彼らを真似てそんな思考を持つようにしても、なかなか実践できないという人も多いでしょうし、そもそもなぜ引きずらない思考が年収に関係するのか?と疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、この引きずらない思考というのは確実にあなたの人生に大きな影響を与えるでしょう。引きずらない思考を持つことによって生まれるメリットは数知れません。

たとえば、大好きな彼女や彼氏と別れてもいつも通りバリバリ仕事をすることも可能ですし、仕事で何か大きなミスをしたとしてもすぐに切り替えることもできるでしょう。有名なバスケットボールの選手が大事な決勝シュートを外しても、次の試合ではウィニングシュートを決めるように、切り替えの早さはあなたの仕事に大きな影響を与えるのです。

辛いことを引きずったままで、重要なクライアントの案件を失敗させてしまっては、会社に大きな損失を出し出世コースから外れることも十分に考えられます。ですから、引きずらない思考を持つことが、そのような場面を避けることにもつながるのです。

 ■引きずらない思考の第一歩は過去に感謝すること 
しかし頭では理解しても、引きずらない思考を持つことは簡単なことではないと思われるでしょう。そんな人は過去の出来事に対して感謝の気持ちを持つことが重要だと思われます。

一度失敗してしまった過去は取り戻すことができません。それにいつまでも悔やむのではなく、冷静になぜ上手く行かなかったのか?を考えて次に活かす方が、未来に目を向けたよりよい方法だと言えるでしょう。

「こんな大きな失敗を経験したのは、この会社で自分くらいだろう」
「前の彼氏にはここが受け入れられなかったけど、自分の行動は本当にこれでいいのか?」

そのように冷静に自分を見つめ直すと自然と切り替えも速くすることができます。そして過去の経験から学んだことを次に生かせばいいのです。

引きずらない思考を持つためには時間がかかりますが、いつまでも悲観的になるのではなく、未来に視点を持ってもらえればと思います。

年収1000万円の人よりも年収300万円の人が幸せである理由とは

最近、収入格差が問題となっていますが今後も収入格差は広がるというように予想されています。男性と女性の賃金格差だけでなく、これからは非正規雇用が増えるとも考えられ、早急に対策する必要があると言えるでしょう。

しかし、一方でそのような流れに逆らうことなく、年収300万円で幸せな生活を送っている人がいることも事実です。そのような人たちは周りから見れば、低所得者であることは間違いありません。仕事は求人情報を探せばいくらでも見つかるような仕事をしていますし、労働時間が極端に短いというわけでもないようです。

そのような中でも毎日の生活が充実し、時間やお金に追われる生活から無縁の世界に住んでいるのです。なぜ彼らは少ない年収の中でも幸せな生活を送っているのでしょうか。

最も大きな理由と考えられるのが、年収300万円の人は自分の収入と幸せの定義を心得ている人が多いということです。

何を言っているのかよくわからないと思うので、説明して行きます。まずそもそも収入が増えることで、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。買えるものが増える、贅沢ができる、旅行に行けるといったことでしょうか。しかし、これらのことは日常生活を送る上では、ある意味不要なものと考えることができます。

一方で年収が高いことによるデメリットはなんでしょうか。それは、多くの場合、毎日くたくたになるまで働いて、休みの日も仕事のために思いっきり休憩するだけの生活を送ること、また、より高い年収を求めて必死に稼ごうと頑張るあまり、例のように休みを求めるだけの生活を送ることが考えられます。

このように、収入に縛られている人は幸せの定義が自分ではなく、他者との比較になってしまっているケースが多いのです。例え年収がいくらであっても、自分の枠内で求められるだけの生活を送るほうが幸せという考え方もあるのです。

もちろんこれらの考え方が全ての人に当てはまっているわけではありません。競争が好きな人も多いでしょうし、毎年海外旅行に行きたいと考えている人もいるでしょう。しかし、このような年収が低い人でも幸せを感じる生活を送ることは十分に可能です。ぜひ、自分の中で幸せな自分の理想像を作っていただけたらと思います。

ビジネスの達人から学べ!給料アップに繋げる2016年の新習慣

年末年始の休暇で英気を養った後は、ビジネスのための新習慣を始めてみましょう。

参考にしたのは、トップクラスのビジネスマンたち。明日からすぐに始められることばかりですので、ぜひチャレンジしてみてください。

■デキる人はみんな“声”がいい

 最近ビジネス本のコーナーでよく見かけるのが“声”を扱った本です。オバマ大統領に代表されるスピーチやボイストレーニングといった分野は、アメリカのビジネスシーンでは進んでいますが、日本ではまだ発展途上。しかし、最近は社員教育にボイストレーニングを取り入れている日本の企業もあるようです。いい声とは、持って生まれた声のことではなく、「相手に伝えるための声が出せる」ということ。伝えることが苦手だと感じている人は、もしかしたら“声”に原因があるかもしれません。腹式呼吸を整えるなど、ネットで確認できる簡単なボイストレーニングもありますので、チェックしてみましょう。

■非生産的な時間を取り除くための“瞑想”

 スティーブ・ジョブズが行っていたことでも知られている瞑想。集中できない状態で仕事をして、結局良いアイデアが浮かばなかった…という経験は誰にでもあるのでは?瞑想をすると、集中力を向上させ、精神力を鍛えることができます。実際に、瞑想を続けた人が非生産的な仕事をしなくなったという科学的なデータも存在します。瞑想の方法は、5分〜15分程度、目を薄く開けて一点を見つめ(目を閉じても良い)、頭の中に浮かぶ雑念やプレッシャーを俯瞰で観察するだけ。今すぐにでも始めてみたい習慣です。

■“雑談力”で自分の存在感をアピールする

 次々と企画を実現する人たちを見ていると、いつの間にか交渉相手の懐に入り込んでいることに気づきませんか? 彼らに共通するのは、雑談ができることです。だからといって、彼らが根っからの“話し上手”とは限らず、コミュニケーションをとるために相手のことを下調べするなど、努力を欠かさない人が多いようです。ほんの少しの努力によって、自分のことを「この人は信頼できる」「また会ってみたい」と印象づけているのです。大切なミーティングの前には、企画内容だけでなく、本題に入る前にどんな雑談ができるのかを考えていくことが大事だと言えそうです。

起業に目覚めたら考える。プロパティガード

独立起業を考えたとき、コストあるいはリスクヘッジとして一緒に考えて欲しいのがプロパティガード(企業財産保険)です。プロパティガードは火災事故によるリスクを効率的に補償してくれます。

1. どんな保険・何を補償してくれる?

起業の際に考えなければいけないことの1つに、ビジネスを存続させるということがあります。存続をストップさせるリスクとして、火災事故がありますが、企業の場合、財物の損害のみならず、財物を失うことでビジネスができなくなる間接リスクも考えなければいけません。

火災事故による財物損害の他、本来稼げるはずであった逸失利益、事務所を復帰させるための費用、復帰させるまでの休業損害まで包括的に補償してくれるのが、プロパティガードです。

2. メリット
では、ばらばらに火災保険や利益保険に入る場合と比べて、どんなメリットがあるのでしょうか。まずは、ばらばらにかけるよりまとめた方が管理が楽なので、更改落ちというリスクがなくなります。さらに、オフィスが数箇所にある場合それぞれで付保するより一括の方が管理が楽ですが、プロパティガードはこれにも対応してくれます。

そして、プロパティガードは補償内容を選択したり、事故の種類ごとに支払い限度額を設定することができるので、事業内容にあった補償内容にするとともに、保険料を節約することができます。

例えば、事故の種類を「火災・落雷・破裂・爆発」といった必要最小限にすることもできますし、マンションの1室の場合には漏水補償も付保したり、あるいは一人で仕事をしている場合には盗難補償も付保することができます。業種や事務所の場所によっては建物の電気的・機械的事故も付保することができます。

ランキング