パパの懐事情は厳しい?小遣い減は副業でカバー

このレシピを実行して

10,000貯まる!
<材料>

・アフィリエイト

・ライター募集サイト

<How to>

1アフィリエイト会社を探す

2ライターを募集しているサイトを探す

※1記事1,000円の案件で月に10本書く場合

6038.jpg

昨今、ネット上では副業に関する情報があふれています。

世の中は景気回復に向かっているはずなのに、なぜか給料がなかなか増えない。お小遣いは減らされる一方。お昼はコンビニのおにぎりや安い牛丼で済ませる毎日。そんなパパは多いのではないでしょうか。

そこで、そんなパパ達を救うべく、スキマ時間でお小遣い稼ぎができる方法をご紹介します。

■アフィリエイトで高額報酬を狙え!
アフィリエイトといえば、Amazonや楽天を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、アフィリエイトセンターは他にもたくさんあります。

たとえば『A8.net』というサイトは、生鮮食品から求人サイトまで、様々な広告主が登録しているので、いろいろな商品で稼ぐことができます。報酬も、1件あたり数百円〜数万円になるものまであります。

ブログやホームページを運営されている方であれば、5分ほどの申し込み手続きですぐに始めることができるのでオススメです。

■在宅ライターのお仕事でプチ収入
近年のWebの進化に伴い、ライターのお仕事がどんどん増えています。クラウドソーシングサイトでは常時1,000件以上の案件が表示されていますし、筆者の所属しているあるSNS上のグループでは、頻繁にライター募集の情報が掲載されています。また、異業種交流会などに出ると、「ホームページの文章を書ける人を探している」というお話もあるくらいです。

クラウドソーシングサイトだと、手数料がとられることもありますが、人から紹介された案件だと、手数料はかからないでしょう。その上、クラウドソーシングサイトより割のいい案件も多く、土日などのちょっとしたスキマ時間で報酬を手に入れることができます。ひと月10時間ほどパソコンに向かう時間を確保できれば、1〜2万円くらいは稼ぐことが可能です。

ひと月にあと数万円でもあれば、好きな服が買えたり、飲みに行く回数を1〜2回は増やせたりしますよね。仕事に日々追われる中で、ちょっとした楽しみを見つけるためにも、副業で「プチ稼ぎ」してみませんか?

画像一覧

執筆者

あさきみえ (あさきみえ) ライター

「法律分野に強いライター」を看板に掲げ、執筆活動中。IT 系エージェントのフリーランス向けコラム、求人サイトの事業主向けコラムをはじめライフスタイル系や国際法や国際関係学などにも強く国際情勢を扱う内容のもまで対応可能なライター。社会人のマンドリンオーケストラでギターを弾く日々。

あさきみえ

関連記事

関連記事

連休明けの金欠はネットで副業!得意分野の文章書いて原稿料をゲット!

連休明けでお金がない!給料日はまだまだ先…。背に腹はかえられぬ、副業で乗り切りませんか?

「会社勤めじゃ副業なんて無理…。」と思ったそこのあなた、納期を守ればいつやってもどこでやってもOKな仕事なら、できちゃうかもしれませんよ?早朝でも夜中でも、月曜でも日曜でも、とにかく時間が自由な副業なら、金欠を脱却できる気がしませんか?

■いつでもどこでも出来ちゃう副業「WEBライター」って知ってる?
自宅でもカフェでも、朝でも昼でも夜でも、本当にいつどこで作業してもよい、在宅WEBライターというお仕事があります。あらかじめ伝えられた納期・記事内容・文字数等の条件をしっかり守って執筆し、メールで記事を納品するというものが多いです。1記事の単価は、契約先の規定やお仕事内容、文字数によって様々です。1記事〇円というものや、1文字〇円という依頼が多く、記事本数をこなせばこなす程総合的な報酬は高くなります。記事を早く仕上げるほど、時給換算額が高くなるということですね。

■WEBライターで副業をするには
在宅のWEBライター募集は、求人検索サイト(タウンワークやバイトルなど)に掲載されていることもありますが、クラウドワークスやランサーズといった、初めからアウトソーシングや業務委託を目的としたお仕事マッチングサイトで探す方法が一般的です。依頼内容や記事単価などをしっかり把握して、無理なくできそうか、きちんとお金になりそうかなどを考慮した上で始めましょう。

■特に資格や経験は必要なし!
ライターになる資格は特にありません。今までライター業をしたことがないという人も、文章が得意であれば可能です。お仕事の契約を結ぶ前に、トライアルというちょっとした文章テストがある場合が多いので、それをやってみて、相手側のOKが出たらWEBライターとしての副業がスタートできます。記事内容に合った記事を書くために、色々とインターネットで調べて知識をつけたり、文章を推敲したりするので、自然といろいろな知識がついて博識に。さらに文章力の向上も期待できて一石何鳥ですね。

空いた時間が有効的につかえて、普段の仕事の時間はしっかり確保できるのが、WEBライターの良いところ。1記事の単価は数百円~数千円と幅が広いですが、コツコツ書いていけばまとまったお金になります。少し頑張れば、きっと連休明けの金欠の助けになるはず!本当に困った…。という方は、WEBライターの副業を考えてみてはいかがですか?

最短で月に5万円!最強の稼げる副業は一体どれなのか

サラリーマンでも副業!
今の大企業でも安定しているとは言い難い今の状況に対して、副業を始める人が増えています。

会社からの収入に加え、新たな収入源を手に入れることは、あなたの収入を大きくするだけではありません。自分で稼ぐ力を身につけることは明日会社から解雇されたとしても、自分の力で生きていける力があることを表しているのです。

つまり、少し乱暴な言い方をすれば自分で稼げるスキル=明日生きていくための力なのです。

しかし、副業の重要性を理解しつつも、どの副業がいいのか?と一歩踏み出せない人もいると思われます。そこで、今回はそんなあなたのために実際にやってから見えた、最短で5万円稼げる副業についてお話しします。

・アフィリエイト
アフィリエイトとは、自分のブログに広告を貼っておき、訪問者がその広告をクリックすることで報酬がもらえます。

報酬は広告の種類にもよりますが、多くても1クリック30-40円程度です。月に5万円稼ぐためにはおおよそ1,500回ほどクリックしてもらう必要があり、1日あたり50クリックされれば達成されます。

およそ訪問者の1%クリックすると言われるので1日に5,000人の訪問者を呼ぶ必要があります。記事の質にもよりますが、これだけの人を呼び込むには2-3ヶ月はかかるでしょう。

・せどり
続いてせどりです。せどりは一言で言うと安く買って高く売るビジネスです。せどりで大きく稼ぐ方法はずばり元手を大きくするということです。

5万円稼ぐためには、おおよそ25万円の資金が必要です。それだけの資金が用意できるのであれば最も簡単に月収5万円を達成できるでしょう。

・クラウドソーシング
最後にクラウドソーシングですが、これはインターネットを通して企業から仕事を受け、報酬をもらいます。

企業から安く買い叩かれることもあるので月に5万円を達成するのは難しいと言えるかもしれません。しかし、スキルが上がればおのずと報酬も上がるので、およそ半年程度あれば稼げるのではないでしょうか。

結論としてはアフィリエイトが月に5万円稼ぐためには最も早いかもしれませんが、継続的に仕事を頑張れないと達成は難しいことも覚えておきましょう。

今日から副業を始めよう!会社と心中しない生き方とは

シャープがついに買収されました。誰もが知っている大企業が買収されたというニュースは多くの人を混乱させました。また、かつて名を馳せた東芝の最も利益を稼ぎだすメディカル部門がキャノンに買収されました。

これらの企業は誰もが知っている大企業にも関わらず、現在は苦難を強いられています。このような大企業でさえも、現在の社会を生き抜くのは難しいのです。

そのような大企業でさえも今日明日がわからない状態であり、どの会社がいつ倒産、または買収されてもなんら不思議ではありません。

会社が倒産すると収入がなくなり困る!子どもや家族を養えない!と思われたかもしれません。しかし、あなたがどのように考えたとしても、現実を見てみると、明日あなたの会社が倒産する可能性もゼロではないのです。

あなたはそのような流れの激しい社会の中にいます。上手く適応できれば問題ありませんが、いつまでも会社がなんとかしてくれる、国がなんとかしてくれる。そのような甘い考えでは明日の生活がないかもしれません。

では、どうすればいいのでしょうか。
今回、私がおすすめする方法は副業を始めるという方法です。

副業だって企業に依存するのも多いです。しかし、副業であなたが学ぶべきことは月に本業以外の収入を得ることではありません。むしろ副業により、自分の力でお金を稼ぎだすことの方がこれからの社会を生きるためには必要な能力といえます。

そんなことを言われても何から始めたらいいのかわからない!と思われるでしょう。自分は仕事一筋で副業禁止だからできないという人もいるかもしれません。

しかし、株などの投資でしたら副業禁止でもできる企業は少なくありませんし、副業が禁止でない企業であればクラウドソーシングという方法があります。クラウドソーシングとは、企業と個人事業主とのマッチングであり、最近ではクラウドワークスや@SOHO、ランサーズといったサイトが上げられます。

報酬は少ないですが、まずはそこでアンケートなどの仕事をしてみてはいかがでしょうか。稼ぎ方を学べば1つの副業としても十分に稼げるレベルまではいけるでしょう。

ぜひ、自分の力でお金を稼ぐことを実践してもらえたらと思います。

自由な働き方を目指して!クラウドソーシングで副業する3つのメリットとは

今やサラリーマンの5人に1人が、自分の本業以外の仕事である副業をしていると言われています。

副業の種類は週末だけのアルバイトからネットビジネスまで、幅広い副業をしているようです。その中で、最近では仕事のマッチングサイトの増加に伴って、クラウドソーシングという副業の選択肢も見えてきました。

クラウドソーシングとは簡単に言うと、ネットのマッチングサイトなどでアンケートや記事作成の仕事を引き受けて稼ぐ方法です。
以前はこのような働き方はあまり一般的ではありませんでした。しかし、その仕事の豊富さもあり、クラウドソーシングに参戦する人が徐々に増えているようです。

そこで、今回はサラリーマンがクラウドソーシングで仕事を受注する3つの理由についてお話しします。

自由な時間にできる
まず、この理由が最も大きな原因の一つとも言えるのではないでしょうか。毎日出勤するサラリーマンにとって、時間を問わずに仕事ができるということは非常に魅力的です。
仕事に行くまでの電車の中でスマホを使って仕事をする、そんな働き方も可能なのです。

どこでも仕事ができる
上記の理由と少し被るところはあるのですが、クラウドソーシングの仕事は時間だけでなく、場所も問いません。
家事の合間にやることも、通勤の途中でやることもできます。仕事内容にもよりますが、必要なのはスマホやPCなどのデバイスが一台あれば十分なのです。
そのような自由な働き方に憧れてクラウドソーシングで副業をするという人も少なくないようです。

独立のきっかけになる
今の時代、終身雇用が当たり前というわけではありません。いつ会社をクビになるかわからない、そんな思いから独立を目指す人も少なくないようです。
そのような人はいきなり独立というわけではなく、まずはクラウドソーシングなどを使って、実際に自分1人で仕事を受けてみるという人が多いのです。

将来、自分の力でお金を稼ぎたいと考える人はクラウドソーシングから始めてみてはいかがでしょうか。

ランキング