稼げないなら辞めるが正解?在宅ワークで稼ぐための方法

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・クラウドソーシングで稼ぐために

<Point>

1報酬をチェックする

2現状を変えることを恐れない

5973.jpg

「クラウドソーシングって稼げないんですか?」以前ある方からこのような質問をいただきました。ネットでの副業はさまざまなものが増えてきていますが、どのくらい稼げるものなのでしょうか?

■クラウドソーシングで稼ぐのは難しい!?
2月に発表された、クラウドソーシングの大手『クラウドワークス』の2016年9月期 第1四半期 決算説明資料によると、登録者約80万人のうち月に20万円以上稼いでいる人は111人でした。月収20万円を多いと考えるか少ないと思うかは人によるでしょうし、副業とみなすかどうかによっても、その捉え方はさまざまでしょう。

しかしクラウドソーシングは一般的に報酬額が低いと言えるかもしれません。その背景には、報酬を低く抑える発注企業が多数あることが関連しているでしょう。企業側からすると、同じ仕事でも高い報酬額よりも低い金額で仕事をしてくれる人材に依頼するというのは、理解できないことではありません。

初心者でも最も手っ取り早く稼げる仕事の1つに記事のライターという仕事があります。webサイトの記事などを書く仕事なのですが、クラウドソーシングで見かける報酬は、文字単価が約0.5円。

この文字単価では、1日3時間、月に30日働いても5万円未満。さらにクラウドワークスのサイトを使った場合は手数料が引かれます。

このような現状では「副業にならない!」と嘆く声が多くありそうですが、「全く稼ぐ方法がないのか?」と聞かれるとそのようなわけではありません。

■クラウドソーシングで稼ぐためには?
きちんと副業をするのであれば文字単価1円、2円の仕事を手に入れることもできるのです。その方法とは、取引先を変えるということです。数ある企業の中には、文字単価が0.5円以上の案件も数多く出している所もあるでしょう。

実績を積み上げるために多少安い単価でも記事を書くのは確かに1つの選択肢と言えるかもしれません。しかし少しでも報酬が増えることはモチベーションの維持にもつながります。副業において最も避けたいのは、稼げないからといって副業を辞めてしまうことです。

これから末永く副業で稼ぎ続けたい!と考えるのであれば、小さな報酬を積み上げるよりも、単価のよい案件で報酬を得られるように頑張ることが得策と言えます。

画像一覧

  • 稼げないなら辞めるが正解?在宅ワークで稼ぐための方法

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

連休明けの金欠はネットで副業!得意分野の文章書いて原稿料をゲット!

連休明けでお金がない!給料日はまだまだ先…。背に腹はかえられぬ、副業で乗り切りませんか?

「会社勤めじゃ副業なんて無理…。」と思ったそこのあなた、納期を守ればいつやってもどこでやってもOKな仕事なら、できちゃうかもしれませんよ?早朝でも夜中でも、月曜でも日曜でも、とにかく時間が自由な副業なら、金欠を脱却できる気がしませんか?

■いつでもどこでも出来ちゃう副業「WEBライター」って知ってる?
自宅でもカフェでも、朝でも昼でも夜でも、本当にいつどこで作業してもよい、在宅WEBライターというお仕事があります。あらかじめ伝えられた納期・記事内容・文字数等の条件をしっかり守って執筆し、メールで記事を納品するというものが多いです。1記事の単価は、契約先の規定やお仕事内容、文字数によって様々です。1記事〇円というものや、1文字〇円という依頼が多く、記事本数をこなせばこなす程総合的な報酬は高くなります。記事を早く仕上げるほど、時給換算額が高くなるということですね。

■WEBライターで副業をするには
在宅のWEBライター募集は、求人検索サイト(タウンワークやバイトルなど)に掲載されていることもありますが、クラウドワークスやランサーズといった、初めからアウトソーシングや業務委託を目的としたお仕事マッチングサイトで探す方法が一般的です。依頼内容や記事単価などをしっかり把握して、無理なくできそうか、きちんとお金になりそうかなどを考慮した上で始めましょう。

■特に資格や経験は必要なし!
ライターになる資格は特にありません。今までライター業をしたことがないという人も、文章が得意であれば可能です。お仕事の契約を結ぶ前に、トライアルというちょっとした文章テストがある場合が多いので、それをやってみて、相手側のOKが出たらWEBライターとしての副業がスタートできます。記事内容に合った記事を書くために、色々とインターネットで調べて知識をつけたり、文章を推敲したりするので、自然といろいろな知識がついて博識に。さらに文章力の向上も期待できて一石何鳥ですね。

空いた時間が有効的につかえて、普段の仕事の時間はしっかり確保できるのが、WEBライターの良いところ。1記事の単価は数百円~数千円と幅が広いですが、コツコツ書いていけばまとまったお金になります。少し頑張れば、きっと連休明けの金欠の助けになるはず!本当に困った…。という方は、WEBライターの副業を考えてみてはいかがですか?

クラウドソーシングで稼ぐ!高収入にたどり着くまでの報酬の道のりとは

クラウドソーシングでは様々な仕事があります。初心者から経験者までクラウドソーシングを利用して、月に数万円稼ぐことはそれほど難しいことではありません。

しかし、クラウドソーシングで副業をする中で、自分はどれほどの料金を要求するのが妥当なのだろうか?と悩まれる人もいるでしょう。特にクラウドソーシング初心者という人は相場もよくわからない上に、そもそも自分の頼りない仕事で本当にお金をもらっていいのかと疑問を持つ人は少なくないようです。

今回はそのような人のためにどんな仕事でも応用できる、クラウドソーシングの要求金額についてお話しします。

今回お話しすることは、仕事に関わらず応用できます。仕事の料金相場をいくら調べても、どれくらい請求したらいいかわからないと思う人は必見です。

あくまでも一つの目安にしかならないかもしれませんが、初心者のあなたでもある程度稼げて、且つ、もらいすぎない金額を上手に設定することができます。ですから、ぜひこの目安を参考にしてみてください。

それは、初心者は報酬の最低値と最高値の中間金額を狙うということです。

よくわからないと思うので簡単に説明したいと思います。例えば、記事の執筆の仕事で最低値が1文字0.2円、最高値が1文字1.4円だったとすると初心者は1文字0.8円程度の仕事を探してみるのです。

ちょっと待て!この場合、初心者は最低値の1文字0.2円の仕事を受けなければいけないんじゃないの?

そのように思われるかもしれません。しかし、クラウドソーシングで仕事を提供している企業の中には価格破壊とも言われる、驚くほど安い金額で仕事をさせる企業がいることも事実です。

例え未経験であったとしても、そのような仕事を受けてしまうと、クラウドソーシング全体の相場が下がり、適切な報酬を出す企業が減ることにもつながります。

ですから、あまりにも最高値が極端でない限りは報酬が中間程度の仕事を引き受けると良いと言えるでしょう。ぜひ一つの目安として実践してみてください。

クラウドソーシングで稼ぐ、良質な記事を書くポイント

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

一度やってみたいと思っていたという人から、全く聞いたことがないという人まで、知っている人も知らない人も多いのではないでしょうか。クラウドソーシングとは簡単に言うと、インターネットなどの媒体を利用することで、不特定多数の人に対して仕事をもらうことを指します。
クラウドソーシングの中には在宅ワークだけでも様々な種類の仕事があります。アプリ開発やwebデザイン、記事の執筆からアンケートまで、スキルの高い人から初心者の人まで、誰でも取り組めるのが特徴です。今回はその中でもクラウドソーシングの記事の執筆という仕事についてお話します。

クラウドソーシングの記事には金融や生活の知恵、他にもいろいろと種類がありますが、全ての記事の執筆において押さえるポイントがあるのです。このポイントが押さえられていれば、あなたには記事の執筆依頼がどんどんと舞い込むでしょう。
あなたにぜひ執筆してほしいと相手から高単価のオファーがあり、あなたは数多ある案件の中から自分の気に入った案件のみを引き受けることができます。在宅ワークという、稼げている人が少ない中でも短時間、高収入を実現することができるのです。

ですから必ず記事の執筆にあたってこのポイントを意識して書いてください。
それは、1記事に1つだけ読み手に伝えたい内容を盛り込むということです。
つまり、1記事に2つも3つも伝えたい内容を盛り込んでは行けません。読み手に伝える内容が多ければ記事として厚みが増すのではないか?と思われるかもしれませんが実は違うのです。以下の例を見てみましょう。

1. 記事の執筆は1時間以内で終わらせるべきだ。なぜならそれ以上時間をかけると自分が何を伝えたいのかわからなくなり、結果的に記事の質も下げてしまう。記事の執筆は時間をかけすぎない方がいい記事が書ける。

2. 記事の執筆は1時間以内で終わらせるべきだ。しかし、記事のスキルアップをするなら2時間書くべきだ。場合によっては3回見直すのがいいだろう。

1と2の文章はどちらがわかりやすいですか?
おそらく多くの人は1がわかりやすいのではないでしょうか。1には記事の執筆が1時間で終わらせるべきという項目しかありませんが、2には記事の執筆は1時間以内、スキルアップには2時間、見直しは3回という3つの項目が入っていて、読み手はどの情報が一番重要なのかわかりません。

1つの記事には1つだけ、その1つの内容以外については話さないようにしましょう。

「週2日」「短期」「在宅」が検索ビッグ3、ママの仕事探し!

 主婦・ママ向けの仕事まとめサイト「女の求人マート」を運営するエン・ジャパンが、同サイトでユーザーが入力した検索キーワードを調査。主婦層が仕事探しの際に希望する勤務条件を分析している。

 「女の求人マート」は今年3月にオープンした女性向け求人情報サイト。特に家事や育児と仕事の両立を目指す女性をターゲットにしている。

 今回の調査はサイト開設以降、同サイトのユーザーが仕事探しの際に入力した「勤務条件」に関するキーワードを調査したもの。これによると、検索でもっと使われたキーワードは「週2日」、2位以下には「短期」「単発」「在宅」といったフレーズが続いた。

 これらの結果はフルタイムではなく、時間が空いたとき、週の何日かだけ働くといったスタイルにニーズが集まる傾向を明らかにしている。国内は今年9月の有効求人倍率が1.24倍と、バブル期以来の人手不足にあり、労働要件を緩和してフルタイム以外での求人が増えていることも追い風になっているといえる。

 また、6位には「託児所」というキーワードも入っており、「在宅」含め、子育てと両立できる環境も重視されているのがわかる。主婦など女性の登用を希望する企業は、求人の際にこうした条件を参考にしてみてもいいだろう。

ランキング