夏に美味しい果実を食べたい!ふるさと納税でブランド果実を食べよう!

6041.jpg

このレシピを実行して

8,000貯まる!
<材料>

・ふるさと納税と果物

<Point>

1ふるさと納税は果物も人気

2旬を間違えると長期的に待つこともある

3今頼んで夏に届くものを厳選

※太陽のたまごが2玉1万円のため、ふるさと納税でもらったときとの差額

ふるさと納税によってもらえる地域の特産品と聞くと、豪華な肉や新鮮な魚を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、ふるさと納税でもらえる特産品には様々な種類があり、肉や魚と同じくらい高い人気を誇っているのが果物です。

■夏の果物はふるさと納税でゲット
果物は収穫時期が決まっているため、時期を外してしまえば長期的に待つことにもなりかねません。ですから、今ふるさと納税しておけば夏に美味しく食べることができる旬の果物をふるさと納税でゲットしてはいかがでしょうか。

今回は、今注文しておきたいふるさと納税でもらえるオススメ果実を3つ紹介してます。

・宮崎県綾町
ふるさと納税の人気ランキングで常に上位に入っている宮崎県綾町から紹介します。ここは豚肉も非常に人気が高いのですが、果物でおすすめしたいのはなんといっても「マンゴー」です。

「太陽のたまご」と呼ばれるブランドのマンゴーは、全「マンゴー」のうちわずか5%しか取れないという希少なマンゴーです。2万円の寄付で1kgのマンゴーがもらえるので、なくなる前に注文してみてはいかがでしょうか。

<関連記事>

画像一覧

  • 夏に美味しい果実を食べたい!ふるさと納税でブランド果実を食べよう!イメージ

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

ふるさと納税で被災地を応援!

被災地のためにできること。

被災地のためにできることとして、支援金や義援金を送りたいけれど、じぶんたちの家計を考えるとあまり多くのお金は工面できない…そんな風に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんなときは、「ふるさと納税」を利用して、毎年払う税金で被災地を応援するという方法があります。

「ふるさと納税」は、じぶんの選んだ自治体に寄付をしたとき、寄付額のうち2,000円を越える部分について所得税や住民税が控除される制度。つまり、被災地に寄付をすると金額に応じて支払う税金が安くなるのです。一般的には、寄付のお礼として特産品などが送られてくることでよく知られた制度ですが、被災地への寄付の場合は感謝の品の送付を辞退するのが親切かも知れません。

税金がいくら安くなるかは家庭ごとに異なりますが、例えば年収700万円の会社員と専業主婦の妻の世帯で3万円を寄付すると、税金が2万8,000円下がることになります。じぶんのケースを知りたい場合は、下記のWebサイトが役立ちます。

総務省:ふるさと納税のしくみ

総務省:全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安

総務省:寄附金控除額の計算シミュレーション

また、ふるさと納税制度では、自治体が寄付の証明書を発行するなど事務作業が生じて役所の仕事を増やしてしまう心配がありますが、茨城県境町や福井県などではその事務手続きを代行しています。

茨城県境町:「平成28年熊本地震」緊急支援事業

福井県:熊本県への災害支援寄付(ふるさと納税)の受付を行っています

なお、原則として「ふるさと納税」は確定申告を行う必要がありますが、本来確定申告の必要がない会社員などについては、あらかじめ申請することで確定申告をしなくてよい「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用できます。

総務省:ふるさと納税の流れ

本格的ワイングラスも!ふるさと納税で選ぶ「目上の方へ贈るギフト」

お世話になった人に何かお礼をする機会は社会人になれば誰でもよくあること。普段では食べないような美味しそうなお菓子や嗜好品を送る人も少なくないのではないでしょうか。

お世話になった人にはできるだけ良いものを贈りたいと考えていても、やはり気になるのは財布事情ではないでしょうか。あまりにも安いものをプレゼントするのも申し訳ないし、かといって高いものでは懐が厳しいと思う人もいるのではないでしょうか。

そんな人は、ふるさと納税を利用してプレゼントを手に入れてはいかがでしょうか。ふるさと納税とは地方への寄付のことであり、お礼の品として特産品を手に入れることができます。

寄付した金額も税金から控除されるため、実質2000円の負担のみで済みます。ふるさと納税の税軽減については今さら聞けない!?ふるさと納税とは?〜【第34回】高橋先生の教えて経済ニュースで詳しく紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。

今回はふるさと納税でもらえるものの中から、お世話になった人に贈りたいプレゼント品を紹介します。

■長野県木曽郡木曽町:クリスタルワイングラス
最初に紹介するのが長野県木曽郡木曽町のふるさと納税です。この町からおすすめしたいのは『小坂康人作 クリスタルワイン桃山ペア』(20,000円)というペアワイングラスです。

これはクリスタルグラスに本漆100%を塗ったもので、おしゃれ度が満点。光をあてるとキラキラと光ることから、人気の高いふるさと納税のお礼の品です。お世話になった方がワイン好きだったり、おしゃれなモノをプレゼントしたいと考えたりしているのであれば、ワイングラスは最高の品になるでしょう。

■山梨県富士吉田市:バスソルト
次に紹介するのが山梨県富士吉田市のふるさと納税で、おすすめは『バスソルトセット』(30,000円)。男性であれば、バスソルトと聞くと敷居が高く感じてしまって、なかなか自分では買わないという人が多いようです。

しかし、普段のお風呂とは違うリッチな気分を味わうことができて、もらって使ってみたら「意外とよかった」と思われることでしょう。ジンジャー、パインなどのエッセンシャルオイルが配合され、男女問わずプレゼントするなら喜ばれそうですね。

この他にも様々なギフトとしておすすめしたい特産品はたくさんあります。また、地域によっては申込者とは違う宛先へ商品を贈る等のギフト対応をしている地域もありますから、ぜひともそちらもチェックしてみて下さい。

ビールも温泉水も!夏に飲みたい「ふるさと納税」のおすすめドリンク

今年の夏はラニーニャ現象の影響もあって暑くなるのではないかという予想がされていますね。暑い夏は苦手だから涼しくなってほしいと思っていても気候には逆らえません。

そこで気をつけたいのが夏の暑さからくる熱中症や脱水症状といった体調不良。それらの体調不良を防ぐためには、やはりこまめな水分補給が欠かせないのではないでしょうか。

歩いているだけで汗が飛び散るような暑い夏に、キンキンに冷えたお茶やジュースをごくごくと飲むことは、これ以上にない快感であると言えるでしょう。今回は、今申し込めば夏に間に合うふるさと納税でもらえる飲料を紹介します。

■鹿児島県霧島市:温泉水
まずは鹿児島県霧島市のふるさと納税です。様々なふるさと納税が並んでいますが、ここでおすすめしたいのが飲める温泉水がお礼の品としてもらえる『福寿鉱泉水』。

1万円の寄付で、霧島連山の天然ミネラルが豊富な温泉水が2Lペットボトルで10本もらえます。水であれば汎用性も高いですし、暑い夏に美味しい水を飲むというのも一つの楽しみになるかもしれません。

この温泉水のほかにも様々な種類があるので、ぜひお試しください。

■島根県益田市:ゆず飲料
続いて紹介するのが島根県益田市です。ここのふるさと納税で人気なのが『ゆずっこ』と呼ばれるゆず飲料です。県内有数の産地である美都町産のゆずを使用したゆずっこは、ゆずのほのかな酸味とハチミツの甘さによって、まろやかながらもほんのり酸っぱい人気の飲み物になりました。

ぜひお風呂上がりの一杯として飲んでみてはいかがでしょうか。

■愛媛県西条市:ビール
最後に紹介するのが愛媛県西条市のふるさと納税です。ここで紹介するのはなんといっても『アサヒスーパードライ』。西条市にある工場によって製造されたスーパードライはまさにできたてで、そのままあなたの元に届けられます。

1万円のふるさと納税で350ml缶8本が受け取れるので十分お得なのですが、2万円なら24本になり、最大4万円で72本(24本入を3ケース)までもらうことができます。ただし鮮度缶と表記されたもののみ、本当のできたてが味わえるので、ぜひ鮮度缶を申請してもらえればと思います。

今年はふるさと納税で飲み物をゲットして、夏を乗り切ってはどうでしょう?

ふるさと納税で利用できる控除額を確実に忘れないための方法とは

ふるさと納税を利用して得をしたと感じている人は少なくないでしょう。わずか実質2,000円の負担で、地方の特産品がもらえるとあって利用者もどんどんと増えています。

しかし、ふるさと納税で利用者がどんどんと増えるのもあり、人気の自治体ではますます品切れが加速しているようにも感じられます。

「このふるさと納税の特産品が欲しいけれど、今寄付しても手に入れられないからまた今度にしよう」

そのように考えて寄付を見送ったにも関わらず、月日は流れ、いつの間にか今年の控除額が残った状態で年を越してしまったということにもなりかねません。ふるさと納税のお礼の品が品切れ状態であるからという理由で、控除の期限が伸びるわけではないのです。

そんなこと言われても実際に品切れ状態だから、今寄付をしたとしても意味がないのではないか?と考える人もいるかもしれません。今回はそんなあなたのために、品切れ状態の特産品を狙うときに覚えておきたい、ふるさと納税のマル秘テクニックをお話しします。

この方法であれば、あなたが控除期限を忘れて寄付をしなかったという状況は起こりえないでしょう。例え、ふるさと納税でもらえる特産品が品切れ状態で寄付を見送ろうかと悩んでいたとしても、全く問題ありません。あなたはこの方法に従って寄付を行えばいいのです。

その方法とはふるさと納税のポイント制サイトを利用するという方法です。

ポイント制サイトとは「ふるぽ」や「ふるさとチョイス」といったようなふるさと納税サイトのことで、このようなサイトでは事前に寄付を行い、寄付金額に応じたポイントをもらえます。もらったポイントは様々な特産品と交換することができるのです。

このポイントサイトを利用する最大のメリットはポイントの期限がその年だけでなく、2年間ポイントを有効としている点です。つまり、今年に寄付を行ったとしても来年にふるさと納税の特産品をもらうことが可能なのです。

ぜひこのようなポイントサイトを利用することでお得にふるさと納税を楽しみましょう。

家族が多くて食費が大変!そんなあなたにふるさと納税

家族が多いとなにをするにしても出費が大きくなりますよね。ちょっとした旅行に出かけようものなら例え日帰りでも1万円札が紙切れのように飛んでいきますし、子どもが成長するにつれて教育費もバカになりません。

そして、数多い出費の中でも最も大きな出費の一つとして食費が挙げられるのではないでしょうか。特に育ち盛りの男の子となると、ご飯おかわりは当たり前。主婦の1.5倍以上ものおかずを食べ、なおかつ間食まで欲しがるので家計が悲鳴をあげる寸前という家庭も多いのではないでしょうか。

今回はそのような食費を抑えたいと考えるあなたのために、とにかくボリュームのあるふるさと納税を紹介します。

そもそもふるさと納税とは本来は地方創世ということで、地方に寄付をするための制度でした。寄付と聞くと庶民の私たちにはなじみがあまりないかもしれません。しかし、今は地方からの豪華なお礼がもらえることもあって、非常に人気を集めているのです。しかも寄付金額の大半は税金から控除されるため、実質2,000円でそのような豪華なお礼の品がもらえるのです。

ふるさと納税はメディアから非常に注目を集めたこともあって、人気も急上昇しています。それだけお得な制度であれば、もしかしたら食費の負担を少し軽くすることもできるかもしれません。

それでは紹介していきます。

A3綾ぶどう豚食べ尽くしセット
まずは大人気宮城県綾町のふるさと納税です。1万円の寄付でトンカツ用の豚肉や、焼き肉用の豚肉、ハンバーグなどを含めた合計2.25kgもの豚肉のセットがもらえます。節約したいと考えると高級肉を買うことにも抵抗があるかもしれませんが、ふるさと納税ではそんなことを気にしなくても大量のお肉がもらえるので嬉しいですね。

特別栽培米あきたこまち25kg
もう一つ紹介するのが茨城県稲敷市のふるさと納税です。こちらも人気のため、品切れ必至ですが、随時追加されているのでチェックしておけば問題ないでしょう。

1万円の寄付で25kgものお米がもらえるのは稲敷市だけです。ぜひとも日頃からチェックして大量のお米をゲットしてもらえたらと思います。

ランキング