月1万円を節約!料理下手でもOK「今すぐ始めたい食費節約テク」

このレシピを実行して

10,000貯まる!
<材料>

・食費の節約術

<Point>

1食費は誰もが節約できる

2料理下手でも実践できることも多い

3料理を始めるきっかけにもなる

※毎日かかる食費を平均500円に抑えることで達成できる節約金額

5950.jpg

■支出を減らすなら食費を見直す

一人暮らしをしている人にとって、支出の中で大きな割合を占めているものに食費が挙げられるのではないでしょうか。どうしても毎日食事を作るとなると準備や手間がかかるため、外食やスーパーの惣菜に頼ってしまうという人も少なくないでしょう。

また、そもそも最初から自分で料理を作ることを諦めている人もいます。「自分は料理が苦手だから」そんな言い訳をつけて、財布を持って外に出かけてしまうのです。

しかし、それではあなたは大きな損を抱えることになります。というのも食費は誰もが生活する上で欠かせない出費であるからです。

一人暮らしでかかる月の食費の平均額が2万5千円程度と言われていますが、基本的なポイントを抑えるだけで、食費を1万円以上節約することも可能でしょう。

今回は忙しくても食費を抑えたい!と考えるあなたのために、まずやるべき食費を抑えるポイントについてお話しします。

■食費節約ポイント1:米を炊く
まずは米を炊くことから始めましょう。米は水で洗って、釜に決められた量の水と米を入れて炊飯器のボタンを押すだけで簡単に炊くことができます。それを1食分ずつ冷凍で分けておいて、食べるときにレンジで温めれば炊きたてのようなふっくらしたご飯が食べられます。

会社にご飯だけ持って行き、お昼にはおかずだけ買うということもできますし節約効果は抜群です。

 ■食費節約ポイント2:卵や納豆などの簡単な食材を常備 
続いて家の冷蔵庫に、焼く・茹でるといった調理をしなくてもすぐに食べられる簡単な食材を常備しましょう。卵や納豆、チーズやハムといったものは冷蔵庫に置いて損はありません。それだけで立派な朝ご飯を作ることも可能ですし、気が向いたらフライパンで食材を焼いてみるところから始めましょう。

 ■食費節約ポイント3:飲み物を持参する
これからの季節に意外と多い出費が飲料に関する出費です。昼ご飯を買ったついでにお茶やコーヒーも買うという人が多いですが、それも、積もれば大きな出費になります。

お茶はパックと水を入れるだけで簡単にできるものもあるので、そのような便利なものを使って毎日の職場にお茶を持って行くようにしましょう。

ここで紹介した3つのポイントのいずれかを行うだけで、月に数千円程度は節約できるでしょうし、もし全部を実行すれば1万円の節約だって実現可能だと思いますよ。

画像一覧

  • 月1万円を節約!料理下手でもOK「今すぐ始めたい食費節約テク」

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】忙しい朝でもしっかり食べれる!食パンレシピ

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

ゴールデンウィーク、明日からは後半の連休になりますね。いかがお過ごしでしょうか?

5月のテーマは、とても身近なリーズナブルな食材【食パン】を使ったトーストレシピをご紹介します。

朝ごはんもしっかり食べたい、だけど、作る時間なんてなーい!!

今回のレシピは、そんなお悩み一発解決です♪

ト~ロトロ目玉焼きトースト

調理器具をあれこれ使うことも、食材を切ることもなし!
もちろん、後片付けの手間もなし!

コンビニで買える食材で、簡単にを作れますよ。

ではさっそく作ってみましょう♪

【ト~ロトロ目玉焼きトースト】

■材料(1人分)

食パン…1枚
千切りキャベツ…10g
たまご…1個
マヨネーズ…適量

■作り方

1.食パンの中央を、指で押してくぼませ、卵を割り入れる。

パンの中央を指で押してくぼませる

卵を割り入れる

2.卵の周りにキャベツをのせ、上からマヨネーズをかけ、オーブントースターで5分ほど焼く。

キャベツを乗せ手マヨネーズをかけオーブントースターへ

トロトロ卵の場合は5分程度、もう少し固めたい場合は10分ほど焼きます。
長く焼くと焦げそうになることがあるので、そのときは上からアルミ箔をかぶせて焦げを防いでください。

今回は、トロトロ目玉焼きに仕上げたので、割ってみるとこの通り♪

ト~ロトロ目玉焼きトースト完成

トロ~リたまごをキャベツや食パンに絡めながら食べると、美味しいですよ。

コンビニでも買える千切りキャベツ(パッケージにコールスローと表記されていることもあります)を使えば簡単にできますが、もし、家にキャベツがある場合は、1/5枚くらいを千切りにして使ってみましょう。

ブロッコリーやミニトマトなどを一緒に焼いてもOKです♪

いかがでしたか?
ぜひお試しくださいね。

=============================
●材料費リスト

1人分46円

千切りキャベツ…10g6円
食パン…1枚30円
たまご…1個10円

※調味料の金額は除いて計算を出しています。
=============================

【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】今が旬!の春キャベツをつかってみました~レシピ4~

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

いよいよ、今週はゴールデンウィークが始まりますね。
おでかけ・ご帰省の予定、わくわくしながら考えている方も多いのではないかなと思う4月4週目、スタートです!

さて!
今週も【春キャベツを使ったお弁当レシピ(4)】をお届けいたします。

春キャベツとウインナーのシンプル炒め

今週で、春キャベツを使ったお弁当おかずもラスト!
メインおかずには、春キャベツの旨みを余すことなく使いますよ。

今回のお弁当は、フライパンひとつで2品作ります。

調理器具をあれこれ使うと、作るときにもスペースをとりますが、それ以上に後片付けも大変ですよね。後片付けが面倒だと、作る気もうせてしまいますが、

フライパンひとつで作れば、後片付けもラクチン!

フライパン一つで作るときは、汚れの少ない順で作るのがコツです。

ではさっそく作ってみましょう♪

【春キャベツとウインナーのシンプル炒め】

■材料(2人分)

春キャベツ…3枚
ウインナー…3本
顆粒コンソメ…小さじ1/3

サラダ油…小さじ2

■作り方

1.キャベツは芯をとり、芯の部分は斜めに薄く切り、葉の部分は食べやすい大きさに切る。ウインナーは、3等分に斜めに切る。

春キャベツ

2.フライパンに油を熱し、キャベツ・ウインナーを加えて炒め、キャベツがしんなりしてきたら、コンソメで味をつける。

春キャベツとウインナー
春キャベツとウインナーにコンソメ

このおかずを作る前に、サブおかずのたまごやきを作ります。

フライパンに油を熱して、溶き卵を流しいれ、炒り卵を作ります。

炒り卵

皿に取り出したら、ほらこの通り!

フライパン

あいたフライパンで、「春キャベツとウインナーのシンプル炒め」を作ります。

炒り卵は、粗熱をとって、ラップで茶巾に絞って、丸く形作ります。

炒り卵をラップ茶巾

ごはんは、おかずを作り始める前にお弁当箱に詰めておきましょうね。
早めに詰めて、粗熱をとることを心がけましょう。

今回はミニトマトを添え野菜に使いました。

春キャベツとウインナーのシンプル炒め弁当

ウインナーの塩気・旨みを活かして、味付けはコンソメのみ!
コンソメは、ささっとふりかけて味付けに使いやすい「顆粒コンソメ」がオススメです。

ぜひ、ご参考にしていただけると嬉しいです。

=============================
●材料費リスト

2人分83円⇒1人分42円

春キャベツ…3枚15円
ウインナー…1本16円
たまご…1個10円

※調味料・米・添え野菜の金額は除いて計算を出しています。
=============================

業務用スーパーでまとめ買い&小分け・冷凍テクで食費を最大3割減!

節約のために自炊をしたい方も多いかもしれませんが、そもそも毎日の仕事やプライベートが忙しくて、自炊の時間がない!と嘆いている方も多いかもしれませんよね。

そんな方のために、忙しい中でもできる「週末まとめ料理法」をご紹介いたします。週末に食材をまとめ買いし、まとめて調理、それをタッパーやZIPロックなどで保存することで、意外なほど時間もお金も節約できますよ。

まとめ買いの時は「安くて量が買える」ということを重視
安売りしているスーパーなどもいいですが、業務用食品を売っている店で購入するのも一手です。業務用食品とは、飲食店などの小売業者による使用を目的に販売される食品で、通常のスーパーで売っているモノよりも包装が簡素で内容量が多いことが特徴です。節約のためには、包装が簡素であっても、廉価で量が多い方がいいですよね。ご自身の家の近くにそういったものが売っているお店があるか確認しましょう。ちなみに、業務用スーパーで売っているものと通常のスーパーの類似商品で味は変わりません。

おかずの保存は「小分けで冷凍」が基本
食材をまとめ買いして週末に調理したら、それを全て小分けにして冷凍保存しましょう。食べ物の形状に合わせて、タッパー、ZIPロック、サランラップなどを適宜利用します。ちなみに、だしやスープの素なども、製氷機などで小分けにすることができます。製氷機は意外と万能で、例えば、トマトソースを小分けに冷凍したり、タマネギやショウガなどを液状にし、小分けにしておいて、料理の時に解凍して使えば、本当に時間とお金の短縮になります。

週末にまとめて作ることで、平日は自分の時間がたっぷり
毎日の買い物は時間・体力・お金を使うものです。業務用スーパーを使えば、一般的に2~3割ほど安く購入することができるので、私も以前こちらを利用して食費の節約を実践してみましたところ、毎月の食費が3万円程かかっていたのに対し、6,000~9,000円ほど節約することができました。業務用スーパーと小分け・冷凍テクニックを使ってぜひとも時間・お金を節約しましょう。

資産管理系アプリで外食コストを管理。食費を賢く節約。

特に一人暮らしの方に多いようですが、外食での出費が非常に多いということが挙げられます。もちろん自炊をすれば済む話ですが、自炊での節約に固執しすぎると、生活が窮屈になってしまいますよね。

外食には、友人と話したりお酒を飲んでストレスを発散したりできるという効用があります。ストレスの発散ができず、病気になってしまったり、我慢の限界になってつい散財してしまったりしては何の意味もありません。毎日外食では節約できませんが、自炊とうまくバランスを取って外食をしていきましょう。

クレジットカードを作る
クレジットカードと節約はイメージが結びつかないかもしれませんが、現金よりも入出金が管理しやすいため、一枚は持っておいた方がいいのです。
また、新たにクレジットカードを作るときはキャンペーンを利用するようにしましょう。たとえば楽天カードなどは、新規加入、エントリー、利用で楽天ポイント8000ポイントプレゼントというキャンペーンを行っています。また、時期によって追加ポイントなどがあるときがあるので定期的にチェックしましょう。ただキャンペーンに応募する時は必ず「エントリー」を忘れないようにしましょう。エントリーしていないともらえるはずの楽天ポイントがもらえなくなります。
そして、新規に作ったクレジットカードを「外食専用」のカードにするのです。外食の決済は必ずそのカードで行うように徹底します。

資産管理アプリをダウンロード
いまやスマホの資産管理アプリは何十とあります。代表的なものでは、マネーフォワードやMoneytreeなどがありますが、多くのアプリで銀行預金のほかに、カード情報を管理することができます。そうすることで、外食専用カードで毎月いくら使ったのかが明確になるのです。多くの場合、節約できない理由は、自分がいくら使っているかわからない、現実を見ていないことにあります。自分の外食の記録を「見える化」すれば、節約することは意外と簡単なのです。私の経験では、少なくとも1ヶ月で2000円前後の節約ができると思います。

ランキング