本格的ワイングラスも!ふるさと納税で選ぶ「目上の方へ贈るギフト」

5960.jpg

このレシピを実行して

DREAM円貯まる!
<材料>

・ギフトのふるさと納税

<Point>

1ふるさと納税で豪華なギフトを

2ふるさと納税は食べ物だけじゃない

3地域によってはギフト対応している地域もある

お世話になった人に何かお礼をする機会は社会人になれば誰でもよくあること。普段では食べないような美味しそうなお菓子や嗜好品を送る人も少なくないのではないでしょうか。

お世話になった人にはできるだけ良いものを贈りたいと考えていても、やはり気になるのは財布事情ではないでしょうか。あまりにも安いものをプレゼントするのも申し訳ないし、かといって高いものでは懐が厳しいと思う人もいるのではないでしょうか。

そんな人は、ふるさと納税を利用してプレゼントを手に入れてはいかがでしょうか。ふるさと納税とは地方への寄付のことであり、お礼の品として特産品を手に入れることができます。

寄付した金額も税金から控除されるため、実質2000円の負担のみで済みます。ふるさと納税の税軽減については今さら聞けない!?ふるさと納税とは?〜【第34回】高橋先生の教えて経済ニュースで詳しく紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。

今回はふるさと納税でもらえるものの中から、お世話になった人に贈りたいプレゼント品を紹介します。

■長野県木曽郡木曽町:クリスタルワイングラス
最初に紹介するのが長野県木曽郡木曽町のふるさと納税です。この町からおすすめしたいのは『小坂康人作 クリスタルワイン桃山ペア』(20,000円)というペアワイングラスです。

これはクリスタルグラスに本漆100%を塗ったもので、おしゃれ度が満点。光をあてるとキラキラと光ることから、人気の高いふるさと納税のお礼の品です。お世話になった方がワイン好きだったり、おしゃれなモノをプレゼントしたいと考えたりしているのであれば、ワイングラスは最高の品になるでしょう。

■山梨県富士吉田市:バスソルト
次に紹介するのが山梨県富士吉田市のふるさと納税で、おすすめは『バスソルトセット』(30,000円)。男性であれば、バスソルトと聞くと敷居が高く感じてしまって、なかなか自分では買わないという人が多いようです。

しかし、普段のお風呂とは違うリッチな気分を味わうことができて、もらって使ってみたら「意外とよかった」と思われることでしょう。ジンジャー、パインなどのエッセンシャルオイルが配合され、男女問わずプレゼントするなら喜ばれそうですね。

この他にも様々なギフトとしておすすめしたい特産品はたくさんあります。また、地域によっては申込者とは違う宛先へ商品を贈る等のギフト対応をしている地域もありますから、ぜひともそちらもチェックしてみて下さい。

<関連記事>

画像一覧

  • 本格的ワイングラスも!ふるさと納税で選ぶ「目上の方へ贈るギフト」

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

これはやりすぎ!ふるさと納税でもらえる変わった特典

最近ふるさと納税という制度を知らない人はいないほど、誰もが知っている有名な制度です。消費者が実質2,000円の負担で地方の様々な特産品をもらえるとあって非常に注目を集めています。

まだ実行していない人はするべきという声が非常に大きいがゆえに注目を集めたふるさと納税ですが、一方でやりすぎではないか?という声もあります。というのも各地域が寄付金を集めようと必死になるため、特産品をどんどんと豪華にしようとしているのです。

そこで今回はすこしやりすぎともいえる、ちょっと変わったふるさと納税の特産品を紹介します。

世界最速のサイコロ
最初に紹介するのが埼玉県入間市のふるさと納税です。世界最速のサイコロってなんだ?と疑問に思われるかもしれませんが、重心が限りなく中心に近いためにすぐに目が出るとのことです。

普通のサイコロとは違い、目の深さによる空気抵抗まで計算し作られた完璧なサイコロだそうです。そこまでの精度がいるのかどうかは不思議なところですが、これをふるさと納税で手に入れるためには10万円の寄付が必要です。

りんご1年分
説明しなくてもどこの地域のふるさと納税か大体想像がつくかもしれませんが、青森県藤崎町のふるさと納税はなんとりんご1年分365個ものりんごがもらえます。

りんご365個ももらうとなるとおじいちゃん、おばあちゃん、お母さん、お父さん、それから親戚に配って隣人の人に配ってそれから・・・。まだまだあるかもしれませんが、書ききれないのでこの辺りにしておきます。

テレビニュースキャスターになれる券
ニュースキャスターになりたい人は朗報です。なんと兵庫県多可町のふるさと納税では1年間を通じてニュースキャスターになれる特典があるのです。ふるさと納税とは可能性が無限大だと感じさせてくれる特典ですね。

兵庫県多可町では他にもご当地レンジャーになるといった普通では考えられない特典が充実しているのですこしチェックしてみるとおもしろいかもしれません。

サマリー

【おトク+節税+地域貢献】地域の特産品が入手できる、美味しいふるさと納税

全国各地の市町村に寄付をすることで、そのお礼としていろいろなモノやコトが手に入れられるふるさと納税。

自分の生活している地域以外の“日本”については、知っているようで知らないことばかり。中でも食べ物に関しては、まだまだ知らない “美味しい”食べ物が日本全国には眠っています。そこで今回は“地域ならではの食べ物”にこだわったふるさと納税プランを厳選してお届けします。

【オススメふるさと納税:まだまだ知らない“美味しい”編】
おすすめ●14 『宍道湖漁協直送ヤマトシジミ』
島根県松江市 1万円以上でもらえる
島根県といえばなんといっても宍道湖が有名です。松江市と出雲市にまたがる湖で、日本海と接しているため淡水湖ではなく海水が入り混じった汽水湖というのが特徴。そのため独自の生態系を持ち、昔からシジミ漁で全国的に知られてきました。そんな宍道湖で朝に採れたばかりのヤマトシジミを漁協からそのまま直送してくれるのがこのプラン。およそ3~4kgのヤマトシジミが自宅に届くのも、ふるさと納税ならではの魅力です。※鮮度を高いまま保つため砂抜き前のシジミを送ってくれるほか、砂抜き希望の方には冷凍したヤマトシジミも用意あり。

●どんな町なの?『国際・文化・観光のまち』
島根県の県庁所在地である松江市。宍道湖と中海にはさまれた出雲地方に位置する都市で、国宝である松江城をはじめ多くの神社仏閣を持ち、日本だけでなく世界的にも有名な都市にもなっています。また日本最古の美肌温泉である玉造温泉や、水運都市だった名残を残す堀川の遊覧船など観光スポットも点在。さらに日本三大そばのひとつである出雲そば、山陰の海の幸など、グルメの街としても知られています。

●アクセスガイド
東京から飛行機で約90分
大阪から電車で約240分
大阪から車で約210分

【オススメふるさと納税:まだまだ知らない“美味しい”編】
おすすめ●15 『朝採れ直送 2色のアスパラセット(グリーン・ムラサキ)』
北海道遠別町 10万円以上でもらえる
北海道の名産として知られるアスパラガスといえば、目に鮮やかなグリーン色が一般的ですが、実はムラサキ色のアスパラがあることを知っていましたか? 南ヨーロッパでは一般的なムラサキアスパラは、北海道でも幻とされているほど希少価値が高く、通常ものよりも甘く香りがあるのが特徴。そんなムラサキアスパラとグリーンアスパラをセットにして直送してくれるのがこちらのプラン。低農薬で育てた2色のアスパラ合計1kgを朝採りして鮮度の高い包装で発送してくれます。

●どんな町なの?『日本で一番北にある水稲の町』
北海道の留萌管内北部にある町で、日本最北の水稲北限の地でもある遠別町。町の産業は農業を中心とする第一次産業が主体で、良質なもち米が生産されるほか、味が良いと評判のメロンやホウレンソウ、アスパラガスなどの野菜も有名。日本海に沿ってひたすら真っすぐ伸びるオロロンラインは、日本でも屈指の絶景ドライブコースとして知られています。

●アクセスガイド
札幌市から車で約240分、旭川市から車で約180分、稚内市から車で約90分、留萌市から車で約100分

特産・名産を通して日本をもっと知ろう
ヤマトシジミやムラサキアスパラなど、日常生活を送っている中ではなかなか巡り合わない食材も、ふるさと納税を通すことで出逢うことができます。そんな自分の知らない美味しい食材を探しながら、それらを生産している地域に貢献できるのがこの制度の大きな魅力。ふるさと納税を利用して、私たちが住む日本の良さを再発見してみるのはいかがでしょうか。

次回はみなさん大好きなお酒にまつわるふるさと納税プランをお届けします。日本酒だけではなく、地ビールやワインなど、驚くほど豊富なメイド・イン・ジャパンのお酒が用意されていますので、ぜひお楽しみに。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ

『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税

『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税

『おすすめ10~11』 忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税

『おすすめ12~13』 貴重な体験&権利がもらえるふるさと納税

これでふるさと納税は完璧!お得な理由から手続きの仕方までまとめました

今やメディアでも毎日のように取り上げられているふるさと納税という制度があります。あまりの加熱ぶりに様々な問題も生み出しているようですが、納税者にとって大きなメリットが受けられることは間違いありません。

今回はふるさと納税が人気の理由から手続きの仕方まで、お話したいと思います。

まず、本当にふるさと納税がお得と言えるのでしょうか。確かにふるさと納税には様々なマイナスの理由が存在します。ふるさと納税の上限を守らなければ、税金の控除がされませんし、メリットを受けるためにはある程度ふるさと納税について理解しておく必要があります。

しかし、多少ややこしい話はあるものの、メディアで放送されているような最低2,000円で地方の豪華な特産品がもらえるという事実は紛れもなく本当の話です。地方によってはA5ランクのステーキや高級食材のあわびが2,000円でもらえるというのですから、十分すぎるくらいのメリットがあると言えるでしょう。

では、そのようなメリットを受けるためにはどのような手続きをすればいいのでしょうか。

最近は非常に手続きも簡単になっており、「ふるさとチョイス」や「ふるぽ」といったような、ふるさと納税に特化したサイトも充実してきました。ですから、特に難しいことを考えず寄付先を決め、空欄になっている項目を記入すれば、あとは特産品が待つだけです。(必ずワンストップ特例の申請書項目にはチェックを入れて下さい)

手続きも非常に簡単になってきたので、寄付金の上限さえ守れば、いよいよふるさと納税の大きなデメリットと言われる部分は全て解消されるように感じます。

ふるさと納税が注目を集めているため、人気の特産品は品切れ状態が続くことも十分に考えられます。人気の品を待つことも一つの選択肢ですが、まずは自分の気に入ったふるさと納税先に寄付を行ってみると早く特産品が届くかもしれません。

ますます便利でお得なふるさと納税をぜひ実践してもらえたらと思います。

思わぬ落とし穴?ふるさと納税でがっかりしないために必ず読んでおきたいポイントとは

サラリーマンでもできる節税方法と聞くとどのような方法を思い浮かべるでしょうか。扶養家族の節税は思いつくかもしれませんが、それ以外の方法で、サラリーマンはあまり節税できないと考えている人が多いようです。

その中で、最近節税できると話題のふるさと納税という制度があります。ふるさと納税は地方の自治体に寄付をする制度ですが、最近寄付をした自治体からのお礼の品としてもらえる特産品に注目が集まっています。
あまりにも豪華な特産品が並ぶために、ふるさと納税をぜひ実践したいという人は急増し、今や家計に敏感な主婦であれば知らない人はいなくなりました。それだけお得なふるさと納税にも気をつけるべきポイントがあることをご存知でしょうか。
このポイントを知っておかないと、おそらくあなたはがっかりするでしょう。お得だと騒がれているふるさと納税に実践しようと考えても、思うほどのお得感を感じられず、こんなはずじゃなかったと後悔することになりかねません。
まして、ふるさと納税の商品数が増えれば増えるほど、このポイントは重要になります。ですから、しっかりこのポイントを押さえてもらえたらと思います。

そのポイントとは人気の特産品はすぐに受付終了になるということです。

つまり、ふるさと納税のお礼の品と言えど、株主優待のように人数が無制限でもいいというわけではありません。
むしろ、ふるさと納税をする人が増えたことで人気の特産品はより早く無くなるようになりました。数年前であれば、人気の優待は申し込み受付が始まると同時にwebページにアクセスできなくなったというほどの人気ぶりです。
このような人気の優待では申し込みが殺到します。申し込みをしたいと考えるのであれば、受付開始と同時に申し込み手続きをする他に方法はないでしょう。
このように人気の特産品はすぐになくなってしまうので、似たような特産品を出している自治体にふるさと納税を行ったほうが賢い選択かもしれません。。

しっかりと申し込みが受け付けているかどうかの確認をしてから、手続きを行っていただければと思います。

ランキング