夏は家族で楽しく旅行! お得に旅行資金を貯める方法

このレシピを実行して

DREAM 円貯まる!
<材料>

・夏休みのレジャーをお得に楽しむ知恵

<Point>

1レジャー費用の捻出法は?旅行積立&500円玉貯金をチェック

2レジャーの予約は?早期予約&訳あり商品を狙う

5941.jpg

そろそろ計画を立て始めたいのが夏休みのこと。せっかくの夏休みですから、やっぱり家族で旅行に出かけ、楽しい思い出を作ったり日頃のストレスから解放されたり、息抜きの時間を作りたいものです。

とは言え、家族揃って旅行となると、心配なのはその費用。宿泊費に交通費、食費、現地で遊ぶお金とトータルで考えるとかなりの金額になるものです。

気軽にお財布から出せる金額ではないからこそ、あらかじめしっかりと準備しておきたいですね。また、限られた予算の中でもできるだけ工夫し、旅行の内容を充実させることも大切です。

今回は、家族旅行のお金についてのポイントをご紹介しましょう。

■レジャー費用の貯め方:旅行積立&500円玉貯金

意識しないと貯まらない、レジャーや旅行の費用。少しでもお得に、そして負担なく用意するためにはどうすればいいのでしょうか。

まず、定期的に旅行をするという人におすすめなのが、大手旅行会社や航空会社が提供している「旅行積立」というサービス。これは、毎月お金を積み立てていき、満期になるとサービス額(金融商品で言う利息)が上乗せされる商品のことです。

積み立てたお金は旅行券や航空券にしか利用できませんが、強制的に費用を用意できますし、サービス額の利率は銀行の利息を大きく上回るものが多くあるのです。たとえば、年利換算で2.0%の商品の場合、毎月1万円ずつ貯めれば1年後に2,400円がプラスされる計算になります。もしくは、毎月の給料から天引きさせて、強制的に生活費と分けるという方法もあります。

一方、楽しみながらお金を用意したいなら、おすすめは500円玉貯金です。買い物のおつりで500円ができたら貯金箱に入れるという単純なものですが、「家族旅行」という目的ができると、意識して500円玉を作りたくなるので、意外と早く目標額をクリアできますよ。

■お得に旅行を楽しむ方法:早期予約&訳あり商品

旅行費用の貯め方がわかったら、次は予約です。なるべく安い費用でいい宿やいい条件のツアーを取っている人は、やはりできるだけ早い時期に予約をしているものです。航空券も早い時期ほど安く購入することができます。旅行積立と早い時期の予約を組み合わせれば、かなりお得に旅行を楽しむことができますね。

また最近では、多くの旅行会社で「訳あり」の格安宿泊プランが用意されています。低層階の部屋、チェックイン時間が遅いなど、自分が許容できる範囲であれば、かなりお得に宿泊ができますので、ぜひ利用してみましょう。その分、旅先でのレジャーにお金を使うようにすれば、充実した内容の旅行が楽しめますね。

その他、列車の旅をするなら、列車と宿泊を自由に組み合わせできる「JR東日本ダイナミックレールパック」などもおすすめ。自分で好みのツアーが作れる上、価格もお得なのが嬉しいです。

費用が高くなりがちな家族旅行も、情報を集めればお得に楽しむ方法は色々あります。この夏は、工夫をして満足度の高い家族旅行をしてみましょう。

画像一覧

  • 夏は家族で楽しく旅行! お得に旅行資金を貯める方法

執筆者

武藤貴子 (むとうたかこ) ファイナンシャル・プランナー(AFP)、ネット起業コンサルタント

会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーや執筆を行う。独立後はネット起業のコンサルとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中。著書に『いちばん稼ぎやすい簡単ブログ副業』。FP Cafe登録FP。

武藤貴子

関連記事

関連記事

燃油サーチャージが無料!マイルをうまく使えば無料で海外旅行も!?

こんにちは。マネーゴーランド編集部です。突然ですが、2月に発表された燃油サーチャージが無料になっていることはご存知ですか!?

海外旅行につきものな燃油サーチャージ。航空券代金は安いのに、サーチャージで1万円以上も…。という理由で海外旅行を断念していたかたも多いのではないでしょうか?
当初は4〜5月のみでしたが、引き続き6〜7月も無料である事が4月に発表されています。

JAL(全日本航空)とANA(全日空)は、航空券購入時に支払う燃油サーチャージについて、4月1日から5月31日発券分は廃止する事を発表しています。もちろん、通常通り運賃を払っても燃油サーチャージはかかりません。

しかし!マイルで発券することが可能であれば無料(全額マイルでの支払い)での海外旅行が可能になるのです。

また、海外渡航者が減少傾向にあったため旅行代理店などでも格安ツアーが多く組まれています。4/1のJAL、ANAの発表によりますと、引き続き6、7月も継続して0円になるようです。この機会を逃す手はありません。燃油サーチャージが無料になったのは実に6年振りです。次はいつ訪れるかはわかりません。

この燃油サーチャージ無料は原油安でジェット燃料の価格が下がっているために起こっています。つまり、今後原油が高騰し始めてしまうと再び燃油サーチャージが発生することは多いにあり得るでしょう。

大型連休を含んでいる4〜5月いっぱいまでの間に海外旅行でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

旅行時の交通費を安くする3つのテクニック

・飛行機利用(1)LCCを利用する

LCCを利用すると航空券を格安で入手することが可能です。2015年6月30日時点の運賃をJALとジェットスター航空で比較してみましょう。
東京(成田空港)から大阪(JAL:伊丹、ジェットスター:関西)までの運賃を見てみると、以下のようになります。

JAL:2万5,640円(普通運賃・普通席)
ジェットスター航空:3,290円

価格差は2万2,350円です。

・飛行機利用(2)学生なら「スカイメイト」がお得

学生ならJALの「スカイメイト」を使うと最大58%の割引を受けることが可能です。利用条件は満12歳以上22歳未満。注意点は、出発当日に空席がある場合のみ利用できるということ。
利用シーンとしては大学生の夏休み・春休みの帰省や旅行などが想定されます。

・ホテル付きプランがお得

宿泊先の手配も必要な場合は、新幹線や飛行機のホテル付きプランが良いでしょう。楽天トラベル、るるぶトラベル、じゃらんパックなどさまざまなサイトで提供されています。

・東京→関西方面の新幹線利用は「ぷらっとこだま」がお得

東京から関西方面に行く場合はJR東海ツアーズが提供している「ぷらっとこだま」を利用するのがおすすめです。関西方面に向かう新幹線は到着が早い順に「のぞみ」「ひかり」「こだま」の3種類がありますが、最も時間のかかる「こだま」を利用するプランです。

東京から名古屋が8,100円(通常11090円)、東京から新大阪が10300円(通常13810円)で利用できます。

・夜行バスを快適にするグッズ3選

移動手段として最も格安なのが夜行バス。しかし、長距離の移動はつらいものです。そこで、夜行バスを快適にするグッズを3つご紹介します。

1つ目は「エアクッション」です。首にしっかりフィットするタイプの空気枕。

2つ目は「めぐりズム」。蒸気が出るタイプのホットアイマスクです。香り付きのものもありますが、周囲に苦手な方がいると困るので無香料がおすすめ。

3つ目は「スリッパ」です。靴を脱ぐだけでもずいぶんリラックスできるもの。「めぐりズム」以外は100円ショップでも購入できます。

値段が割安な分、身体には負担がかかる方法です。しっかり準備をして移動しましょう。

飛行機運賃比較は各航空会社HPで6/30に指定し検索

2015.6.15更新

飛行機を安く利用するための3つのテクニック

1.LCCを利用すると運賃は大手の3~7割安くなる

格安航空会社を利用すると、大手航空会社と比較して3~7割安い程度の運賃で飛行機を利用することができます。東京~大阪間の利用では、大手航空会社と比べて約2万円の節約となります。

LCC(ローコストキャリア)呼ばれるもので、ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパンなどの航空会社がそうです。

LCCでは、機内食や荷物の預かりなど従来無料で提供されていたサービスを有料化したり、客室乗務員が接客サービス以外の業務もこなして人件費を節約するなど、コストを切り詰めることで運賃を安く提供しています。

そのため、利用時には「これまで利用してきた飛行機とは違う」という認識を持っておくことも大切です。

2.早めの予約で節約(JAL編)

JALでは、さまざまな「先得割引」を用意しています。出発日の何日前に予約するかによって異なります。

ウルトラ先得は75日前までの予約で最も安くなります。東京~大阪間の片道運賃が8,900円~1万3,100円程度。

以下、55日前までの「スーパー先得」、45日前までの「先得割引タイプB」と続き、もっとも直近の先得割引には「先得割引タイプA」があります。こちらは同区間が9,500円~1万5,000円となります。

なお、通常の片道運賃は約2万5,000円程度。ウルトラ先得で最大1万6,000円程度、先得割引タイプAでも最大1万5,500円程度の節約が可能となります。

3.早めの予約で節約(ANA編)

同じように、ANAにも「旅割」があります。こちらも出発日の何日前に予約するかで異なります。

「旅割75」「旅割60」「旅割45」「旅割28」「旅割21」の5種類。JALと比較するともう少し直近の「旅割21」があるため、予約時期を見て航空会社を選ぶというのも1つの方法ではないでしょうか。

なお、こちらは料金の記載がなかったため、詳細は省略しています。

2015.6.15更新

和泉昭子の「お金持ちになるための教科書s」第1回横山光昭著「年収200万円からの貯金生活宣言」

2016年1月。今月より新しい企画、和泉昭子の「お金持ちのなるための教科書s」がスタートします。

これは、生活経済ジャーナリストの和泉昭子さんが、お金や経済の仕組みがよくわからない、マネー超ビギナーに向けて、お金持ちになるための「知恵」と「行動力」を身につけるために、お金のことがよくわかる本を毎回1冊づつ「教科書」として紹介します。
ロングセラーの名著から、最近話題の本まで、「初心者にわかりやすいこと」をモットーにセレクトします。(決して本の宣伝ではありません)
これらの「教科書s」で学び、いつしかみなさんが「お金持ち体質」に体質改善し、日々の生活の中でお金が増えていければこれほどハッピーなことはありません。さあ、いっしょに学びましょう。

第1回は、横山光昭著作の「年収200万円からの貯金生活宣言」です。

■著者のコメント
「貯金力」さえ身につければ、もう一生お金に困ることはありません。
現在9千人を超える、貯金ゼロ家計の再生に取り組んできた家計再生コンサルタント・横山光昭の貯金力をつけるための一冊です。
食べ物によって体ができあがっていくように、お金の使い方によっても自分自身が作りあげられます。よりよくなるためには、お金との付き合い方や使い方が大切です。ムリの重なる節約をしなさいとか、積極的な投資で資産を増やしましょうというのではなく、無理なくムダ支出をカットして、収入を生かし、賢く貯金を作りましょうとお伝えしたいのです。

お金は本来「使うもの」。いざ使うべきときや使いたいときに、ぞんぶんに使ってこそ意味があります。
そのためには、お金の使い方にメリハリをつけなくては、うまくいきません。それを容易に実践できるようにしたのが、「消費・浪費・投資」の3つに分類する家計管理法です。
そして、貯金を作れるように変われる「90日貯金プログラム」。これをリスト化し、取り組みやすく紹介しました。実践しやすく、簡単かつ具体的な解説で、お読みくださった皆様が効果を感じられるように配慮して構成しています。
この実践しながら身に付ける家計管理方法は、そのプロセスが貯金力を形成する訓練となり、次第に一生お金に困らない、貯金力が身に付くでしょう。お金に悩む方には一度お試しいただきたい、おすすめの一冊です!

横山光昭(よこやま・みつあき)
家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー、株式会社マイエフピー代表取締役社長。お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、これまで9,000人以上の赤字家計を再生。書籍・雑誌への執筆、講演も多数。著書は累計60万部を超える『年収200万円からの貯金生活宣言』シリーズを代表作とし、著作は累計116万部となる。

●和泉昭子のココがオススメ!
NHK「あさイチ」など、テレビや雑誌でおなじみの横山さん。
FP業界に彗星のごとく現れ、今や最も人気のあるマネーアドバイザーの1人といえるでしょう。横山さんがすごいのは、それまであまりお金に縁がなかった方たちを、家計管理の達人に変身させてしまうところ。マネーゴーランド読者さん(編集部スタッフも!)の中には、「お金の管理は難しい」と思っている人も多いようですが、この本を読んでプログラムを実行すれば、お金に困らない家計に体質改善できるでしょう。
貯金ができないという方に話を聞くと、収入が少ないことを言い訳にする人が少なくありません。でも、この本は「年収200万円から」を対象にしていますから、若い世代でも、非正規社員でも実践できるはずです。どこかのトレーニングジムの謳い文句ではありませんが、“結果にコミットする”1冊!3か月後、貯金体質に変わった皆さんの声が楽しみです。


和泉昭子(いずみあきこ)
大学卒業後、出版社・放送局を経て、フリーのキャスターに転身。NHKを中心に、ニュース・情報番組を担当。95年CFP®(ファイナンシャル・プランナー上級資格)取得後、現職へ。NHK「日曜討論」、TBS「朝ズバッ!」、日経新聞「家計のギモン」等、メディア出演や講演活動、個人相談などを通じて、マネー情報を発信。(株)プラチナ・コンシェルジュ代表取締役 http://pt-con.jp/

ランキング