在宅ワークで月に3万円稼ぎだすためにやるべきこと

このレシピを実行して

DREAM 円貯まる!
<材料>

・クラウドソーシングで稼ぐための意欲

<Point>

1適正な報酬の案件を見つける

2まずは応募してみる

5972.jpg

■クラウドソーシングは稼げない?
突然ですがクラウドソーシングという働き方を聞いたことはあるでしょうか。クラウドソーシングとはweb上のマッチングサイトで、企業また個人から直接仕事を受注するというシステムです。

多くの場合、在宅で仕事ができることから話題になりましたが、発注側が相場よりも低い賃金で人を雇うことが多くあるため、稼いでいる人は非常に少ないかもしれません。

では、このようなクラウドソーシングで安定して稼ぐことはできないのか?と聞かれれば、この答えは「ノー」と言えます。クラウドソーシングを利用して月に数万円を稼ぎだすこともできます。

■クラウドソーシングの現状
まず、クラウドソーシングの現状についてお話ししましょう。仕事を発注する側は「できるだけ安く仕事を頼みたい」と考え、受注側は「安くても仕事が欲しい」というパターンが多く、賃金が低くなっている傾向にあります。

その中で比較的高めの賃金設定をしている仕事があれば、そこには多数の応募者が存在しています。このような現状から、優れた技術を持っているようなワーカーはどんどんクラウドソーシングから離れていきがちです。

■クラウドソーシングで稼ぐための第一歩
このような中であなたができることは、まず適正な報酬を出している企業を探すことでしょう。そしてそのような企業を見つければ必ずしなければならないことがあります。それは、その企業の業務に応募するということです。

適正な報酬を提示している案件には応募人数が非常に多いかもしれませんが、そこで諦めずに自分も応募を出してみるのです。仕事によっては募集人数が1人ではなく複数人採用することも考えられます。

実績があまりなくても、クラウドソーシングという相手がわからないシステムを利用している状況なので、相手へのレスポンスの早さや対応次第によっては仕事を依頼してくる企業もあるかもしれません。

稼ぐためには仕事に応募することがまずは最初。諦めることなく、まずは興味を持った案件に応募してみることからはじめてみましょう。

画像一覧

  • 在宅ワークで月に3万円稼ぎだすためにやるべきこと

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

【初心者大歓迎】知識をお金に変える方法!初心者にライター仕事をおすすめ

なにかお金を稼ぐいい方法はないものだろうか。学生であれば今のアルバイトを辞めたいと感じる人もいるでしょうし、社会人であれば将来のために貯金や稼げるスキルを身につけたいと考える人もいるでしょう。

しかし、なかなか上手くはいかないもので時間や報酬を考えると自分の望んでいるほどの仕事には辿り着けない人が多いのではないでしょうか。そのような人には知識をお金に変える方法、つまり、自分の持っている知識を記事に書く仕事をおすすめします。

でも、記事を執筆した経験がないから難しいと考える人もいるでしょう。今回はそんなあなたのために、なぜライターという仕事をおすすめするのか、その理由についてお話したいと思います。

文章執筆経験は誰にでもある
生まれてからこれまで一度も文章を書いたことがないという人はいないでしょう。小学校のときの読書感想文、夏休みの日記など誰しも文章を作った経験があります。

ですから、文章を書くことが苦にならないという人にとっては、文章力が向上することもあり、報酬ももらえ、一石二鳥の仕事になりうるのです。でも、そんなライターとして仕事をもらえるほどではない!と不安に思う人は次の理由も合わせて読んでみて下さい。

文章の書き方は人それぞれ
今まで記事の執筆でお金を稼いだ経験のない人は、本当に記事の執筆でお金を稼げるのか?と不安に思われる人が多いです。しかし、記事の執筆ではスキルの高い専門的な文章を書くことよりも、読み手を引き込む文章を書ける人が重宝されます。

例えば、話し言葉で記事を書くことも一つの方法でしょう。自分の個性があふれ出す文章が書ければ、十分ライターとして活動することができます。そして、個性を出すことはそれほど難しいことではなく、記事を何度も書くことで自ずと現れてきます。難しく考えずに記事を書いてみるのも一つの手かもしれません。

時間対費用が高い
そしてこれは非常に重要な要素になります。やはり報酬が少ないとやる気も起きませんが、記事の執筆であれば人によっては時給3000円を超えることもあります。専門的な内容であれば、さらに報酬アップも望めますし、ライターとして勉強をしてみるのも一つの手ではないでしょうか。

クラウドソーシングで稼ぐ!高収入にたどり着くまでの報酬の道のりとは

クラウドソーシングでは様々な仕事があります。初心者から経験者までクラウドソーシングを利用して、月に数万円稼ぐことはそれほど難しいことではありません。

しかし、クラウドソーシングで副業をする中で、自分はどれほどの料金を要求するのが妥当なのだろうか?と悩まれる人もいるでしょう。特にクラウドソーシング初心者という人は相場もよくわからない上に、そもそも自分の頼りない仕事で本当にお金をもらっていいのかと疑問を持つ人は少なくないようです。

今回はそのような人のためにどんな仕事でも応用できる、クラウドソーシングの要求金額についてお話しします。

今回お話しすることは、仕事に関わらず応用できます。仕事の料金相場をいくら調べても、どれくらい請求したらいいかわからないと思う人は必見です。

あくまでも一つの目安にしかならないかもしれませんが、初心者のあなたでもある程度稼げて、且つ、もらいすぎない金額を上手に設定することができます。ですから、ぜひこの目安を参考にしてみてください。

それは、初心者は報酬の最低値と最高値の中間金額を狙うということです。

よくわからないと思うので簡単に説明したいと思います。例えば、記事の執筆の仕事で最低値が1文字0.2円、最高値が1文字1.4円だったとすると初心者は1文字0.8円程度の仕事を探してみるのです。

ちょっと待て!この場合、初心者は最低値の1文字0.2円の仕事を受けなければいけないんじゃないの?

そのように思われるかもしれません。しかし、クラウドソーシングで仕事を提供している企業の中には価格破壊とも言われる、驚くほど安い金額で仕事をさせる企業がいることも事実です。

例え未経験であったとしても、そのような仕事を受けてしまうと、クラウドソーシング全体の相場が下がり、適切な報酬を出す企業が減ることにもつながります。

ですから、あまりにも最高値が極端でない限りは報酬が中間程度の仕事を引き受けると良いと言えるでしょう。ぜひ一つの目安として実践してみてください。

報酬はスキルに依存しない!?クラウドソーシングで高収入を得る方法とは

ネットビジネスに比べるとクラウドソーシングは初心者が最も簡単かつノーリスクで月に数万円の報酬を狙える副業でしょう。
しかし、ほとんどのクラウドソーシングで得られる仕事は報酬が少ないと言われています。

毎日オフィスでパソコンと向かいながら作業を進め、上司にペコペコと頭を下げて疲れ切った状態で仕事を進めているのに、月の報酬が微々たるものだと救われないでしょう。
逆に報酬が高いものはアプリ開発やwebデザインなど、全くの初心者がやるには少しハードルが高いです。
ですから初心者でもできる仕事となると、受注者過多になり、報酬が安くなる傾向にあるのです。企業側としても初心者が相手だからと仕事を相場よりもずいぶんと安く発注しているように感じます。
そのような企業が増えれば、その安い報酬が相場になります。相場は簡単には変わらないので、あなたが目にする8割は本来の相場よりも安い価格であるといっても過言ではありません。
そのような中でもあなたが本来の報酬、つまり、安い価格で仕事をしないための方法についてお話しします。
この方法はスキルに100%依存するわけではありません。例え少しスキルが低くても、企業はあなたを重宝するでしょう。企業に重宝されれば報酬も上がりますし、継続的に仕事をもらうことができます。
将来のために、貯蓄を作りたい!そのような願いを叶えてくれる方法と言えます。ですから、しっかりこの方法を実践してみてください。
それは、礼儀を守るということです。

当たり前のことだと思われましたか?しかし、クラウドソーシングでは、この当たり前を守れていない人が非常に多いのです。
というのも基本的に仕事の受注者は一般のサラリーマンや学生が多いです。交渉なんてもちろん慣れていませんし、企業からのメールを返さない、返事が遅いなんてことはザラにあります。
そのような中で、言葉遣いが丁寧であり、企業への連絡をきちんと行い、きちんと仕事の期限を守る人が企業に重宝されるのです。
当たり前のことを当たり前にこなし、仕事を共にするパートナーとして信頼を構築していきましょう。

意識を変えて毎月5万円?副業で安定収入を得るための心構えとは

普通のサラリーマンでも副業で月に5万円稼ぐことができます。

このような話を聞くと、自分にはそんな副業をする時間はない、また、今の収入でも生活するのに困らない程度には稼いでいるという人もいるかもしれません。しかし、今の30代はもらえる年金が月に13万円前後と言われており、老後への貯蓄は必須条件です。

仮に、現在順調に貯蓄していたとしても、子どもが大きくなってくるにつれ、学費の負担も大きくなります。このように将来には予想以上に出費が増えるため、今ほど十分な貯蓄ができないことも十分考えられるのです。現状生活することに十分な収入があったとしても、老後にはお金がないから外にも出かけず、1日1食しか食事ができない、人付き合いもなくなり孤独に暮らすような生活が待っているかもしれません。

ですから、そのような生活を送らないためには副業で収入を増やす必要があるのです。今回はクラウドソーシングで月に5万円稼ぐための心構えについてお話しします。

この心構えを知っていると心の余裕につながります。生活に無理がない程度の仕事をこなしながら、貯蓄による将来の安定、毎月のお小遣い増加など少しリッチな生活を送ることができます。逆にこの心構えを知っておかないと、あなたは膨大な仕事量を雀の涙程度の金額で受けなければなりません。毎日睡眠時間を削って仕事をしているのに、もらえる報酬では飲み会代にもならないということすら考えられます。

ですから、この心構えをしっかり知っていてください。

それは、企業と自分の関係は対等関係であるということです。

どういうことだ?と思われるかもしれないので説明します。一般的にクラウドソーシングという枠組みにおいて、企業の中には、お金を払っている自分たちが偉いという認識を持っている企業も数多く見受けられます。そのような企業は膨大な仕事を少ない賃金で要求し、さらには仕事を終えても追加賃金なしで仕事を増やしてくることもあります。このような無理を言う企業は、仕事を断る必要も出てきます。副業で無理なく安定して稼ぐためにも、企業と自分との関係性を意識してもらえればと思います。

ランキング