今、自己投資するならプログラミング!勉強する価値はどれほど大きい?

このレシピを実行して

800,000貯まる!
<材料>

・プログラミングの勉強

<Point>

1プログラミングは最高の自己投資になる

2優秀なプログラマーの需要は常に大きい

3自分のアイデアを形にできる

※http://pgtop.net/category/5106270-1.htmlを参照したプログラマーの市場価値

5873.jpg

将来のために自己投資という言葉は聞くけれど、実際のところ自己投資ってなにをすればいいの?と考える人もいるでしょう。

勉強する重要性はわかるけれど何を勉強すればいいのかわからない。また、勉強するものは決まったとしても、それを勉強する価値がわからないと感じることも多々あるのではないでしょうか。

仮に将来のための副業や投資の重要性を理解していたとしても、ネットのうさんくさい情報を見るとあまり気が進みません。さらに、リスクもあるとなると正しい情報を手に入れてから行動したいのに、どれが正しい情報かもわからなくなります。

そのような100%信用のおけない勉強をするくらいであれば、プログラミングを勉強してみてはいかがでしょうか。プログラミングと聞くとなんだか難しいと一重に拒否反応を起こしてしまう人もいるかもしれません。しかし、プログラミングにも様々な種類のものがあり、初心者でも触れていれば身に付くというレベルのものもあります。

今回は、今、あなたがプログラミングの勉強をするべき理由についてお話します。

これからますます需要が大きくなる
SEと聞くと年収は多くても拘束時間が非常に長くブラック企業というイメージを持つかもしれません。確かにそのような側面もあるかもしれませんが、全ての企業がそのようなわけではありません。

むしろ、これからは優秀なプログラマーはどこでも引っ張りだこになるため、ブラック企業に就職し、辞めたとしても仕事がなくなることはないと言われています。かの有名なFacebookの元役員ですらプログラミングの重要性を語っており、手に職つけるという意味でも非常に有効な手段になるでしょう。

自分のアイデアを形にできる
もう一つプログラミングをする理由として、自分がこんなサービスがあったらいいなと感じたものをそのままサービスとして世に送り出すこともできます。現状の代わり映えしない社会人生活を送るのもいいかもしれませんが、将来独立したい!と考えている人はこのような一歩を踏み出すのも一つの手段でしょう。

そのためにも今プログラミングを学んでおくことで、自分が想像したものをぱっと作り出す力が必要になります。最初の一歩がなかなか踏み出せないかもしれませんが、初心者であればhtmlやcssといったところから始めてみればいかがでしょうか。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

クラウドソーシングで稼ぐ!高収入にたどり着くまでの報酬の道のりとは

クラウドソーシングでは様々な仕事があります。初心者から経験者までクラウドソーシングを利用して、月に数万円稼ぐことはそれほど難しいことではありません。

しかし、クラウドソーシングで副業をする中で、自分はどれほどの料金を要求するのが妥当なのだろうか?と悩まれる人もいるでしょう。特にクラウドソーシング初心者という人は相場もよくわからない上に、そもそも自分の頼りない仕事で本当にお金をもらっていいのかと疑問を持つ人は少なくないようです。

今回はそのような人のためにどんな仕事でも応用できる、クラウドソーシングの要求金額についてお話しします。

今回お話しすることは、仕事に関わらず応用できます。仕事の料金相場をいくら調べても、どれくらい請求したらいいかわからないと思う人は必見です。

あくまでも一つの目安にしかならないかもしれませんが、初心者のあなたでもある程度稼げて、且つ、もらいすぎない金額を上手に設定することができます。ですから、ぜひこの目安を参考にしてみてください。

それは、初心者は報酬の最低値と最高値の中間金額を狙うということです。

よくわからないと思うので簡単に説明したいと思います。例えば、記事の執筆の仕事で最低値が1文字0.2円、最高値が1文字1.4円だったとすると初心者は1文字0.8円程度の仕事を探してみるのです。

ちょっと待て!この場合、初心者は最低値の1文字0.2円の仕事を受けなければいけないんじゃないの?

そのように思われるかもしれません。しかし、クラウドソーシングで仕事を提供している企業の中には価格破壊とも言われる、驚くほど安い金額で仕事をさせる企業がいることも事実です。

例え未経験であったとしても、そのような仕事を受けてしまうと、クラウドソーシング全体の相場が下がり、適切な報酬を出す企業が減ることにもつながります。

ですから、あまりにも最高値が極端でない限りは報酬が中間程度の仕事を引き受けると良いと言えるでしょう。ぜひ一つの目安として実践してみてください。

【マネーゴーランド意識調査】早めに対処するほどおトクになる !引越しのマネープラン

進学や就職など、新しい自分の人生が始まる季節。それが4月です。出逢いや別れを経験してこそ、大人に一歩近づくというものです。それにともなって、新しい生活環境へ引越しされるという方も多いのではないでしょうか。

生まれ育った町を離れ、見知らぬ都会で一念発起と意気込んでいる方を対象にして、マネーゴーランドではアンケートを実施。引越しについての意識調査を行なってみることにしました。そこで判明したさまざまなインフォメーションを解析して、独自のおトクなキーワードを発見してみたのでぜひご参考にしてみてください。

●(アンケート分析1)未婚者は準備が遅くなる傾向あり
最初のアンケートは『引越しの準備期間』。具体的には、「引越し業者を選び始めるまでどれくらいかかったのか?」について既婚(配偶者・子供有)/未婚(単身者)それぞれにアンケートをしてみました。どちらも1ヶ月以上~2ヶ月未満と答えた方が最も多かったのですが、注目したいのが1週間以上~2週間未満と答えた方の割合。既婚者は16.2%と3番目に多かった答えに対し、未婚者の場合は25.4%で2番目に多かったというもの。奥さんや子供がいなくて自分の都合で動ける未婚者は、引越しに対して腰が重いようです。

▼既婚(配偶者・子供有)アンケート結果

▼未婚(単身者)

●(アンケート分析2)やっぱり女性は現実的
次に未婚者に限定して、男女別でアンケートを集計してみました。設問はアンケート1と同様に「引越しの準備期間」についてというもの。すると男性と女性では、引越しに対する意識がだいぶ違っていることが分かります。男性の一番多かった回答が1週間以上~2週間未満だったのに対し、女性で一番多かったのが1ヶ月以上~2ヶ月未満という回答。つまり女性の方が早い段階から、引越しという面倒な現実をきちんと見つめて、冷静に対処していることが分かります。それに比べると男性は、つい面倒だからと後回しにしている傾向があるようです。

▼男性の「引越しの準備期間」

▼女性の「引越しの準備期間」

●(結論)早く準備するほどトクをする
つい面倒で後まわしになりがちな引越しの準備。しかし早めに引越し業者を選べば、早割で料金が安くなったり繁忙期でもきちんと対応してくれたりと、いろいろなメリットが用意されています。さらに日程に余裕があれば、各業者の見積を比較検討することもできます。日にちをほんの少しずらすだけで料金が大きく変わることもあるので、やはり時間に余裕があるほどおトクになるケースが多いのも事実。その点、しっかり者の奥様がいるご家庭や、物事に現実的な女性の方が上手に引越しをされているようです。男性のみなさん、引越しはどうせいつかはやらなければならないもの。そんな現実に早くから向き合うことが、おトクへの近道と言えそうです。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の10代~60代の男女、回答数2,500名)

資金が足りない!誰でも5分で実践できる商品の売り上げを増やす方法とは

せどり初心者のうちにはどうしても資金が少ないという悩みに直面することになると思います。

利益の取れる商品が見つかるようになってきたのになかなか商品が購入されないから資金が苦しい、気づけば1週間後にはクレジットの決済日が来る、せどりを始めてみたはいいものの、商品が思うように売れずに資金繰りに悩む人は意外と多いです。

そのような人のために商品の回転率を上げるための3つの対策についてお話していきます。

・FBAを利用する
FBAってなんだ?と思われるかもしれませんが、簡単に言うとAmazonが梱包、発送、購入者連絡を全て代わりに行ってくれるサービスです。

手数料が少しかかりますが、このサービスを利用して出品した商品はAmazonプライム対象商品になります。Amazonプライム対象商品はAmazon会員であれば
送料無料、お急ぎ便無料、先行タイムセールなど様々な特典があり、Amazon会員から購入されやすいのです。

ただし取り扱う商品が大きい、重い、回転率が低いなどの商品は手数料が高くなりやすいので注意が必要です。

・自分の利益を下げる
最も手っ取り早い方法ですが、価格を安くすれば一般的に買い手がつきやすくなります。しかし回転率が速い人気商品であればあるほど
出品者が多いのもまた現状です。その中でも人気商品を早く売ろうと思えば自分の利益より回転率を重視した価格設定を行う方法もあります。

自分の利益を20%で仕入れ基準にしていたものを15%,10%とすることで売れる商品を見つけ出すこともできやすくなるので一つの方法として覚えておくのもいいかもしれません。

・限定商品を扱う
利益率も下げたくない!という方は限定商品を扱ってみてはいかがでしょうか。CDやDVDには定価を超えるような限定版の商品がたくさんあります。そのような希少価値の高い商品に狙いを定めることで、しっかり利益の確保をしながらも回転率の高い商品を販売するようにしていきましょう。

この他にも様々な方法があると思いますが、初心者にも気軽に始めやすい回転率を上げる方法をお話しました。せどりを始める資金が足りないと思っている人はぜひ実践してみてください。

1ヶ月コーヒー一杯分の保険料で公的年金を増やす!付加年金は絶対にお得

自営業者やフリーで働いている人は、会社員や公務員と異なり、20歳から60歳まで欠かさず国民年金保険料を支払っても、65歳からもらえる公的年金は毎月6.5万円程度。「これだけで生活をしていけるの?」と不安なあなたに、今どき超おトクな「付加年金」についてご紹介します。

会社員や公務員等、厚生年金や共済年金に加入している人は、将来年金として厚生年金と国民年金の両方から受け取ることができます。しかし国民年金保険料を支払っている人は、国民年金しかもらえないため、少しでも多くなるようにとの国の配慮から、付加年金の制度が作られました。この付加年金は65歳からの公的年金に毎年プラスされます。ただし、強制ではなく、自分のすきな時に加入したり、やめたりすることができます。この付加年金をもらうためには、国民年金保険料に付加保険料を上乗せして支払うことが必要です。

付加保険料は、毎月400円と一定で、国民年金保険料にプラスして支払うことにより、65歳からの公的年金に付加年金として上乗せされます。この付加年金の額は、付加保険料を納めた月数×200円。

図のように10年間保険料を支払った場合の総額は、48,000円。そして65歳からの公的年金に毎年24,000円が上乗せされて、生きている限り受け取ることができます。つまり65歳、66歳と2年間長生きすれば支払った保険料の元が取れるというわけ。100歳まで生きれば、なんと総額84万円(支払った保険料の約18倍)も上乗せされるのです。

おトクな付加保険料を支払うことができる人は、会社員では厚生年金、公務員では共済年金に加入していない人です。また、会社員や公務員の配偶者でもありません。具体的には、20歳以上60歳未満の自営業者や農業者およびその配偶者、フリーター、無職の人など毎月15,590円(平成27年度保険料)の国民年金保険料を支払っている人。ただし、過去に保険料が払えなかった人や保険料の払い忘れがある人、保険料の免除申請を行っている人は、付加保険料を支払うことができません。

付加年金をもらうためには、市区町村役場の保険年金課の窓口で、付加保険料を支払うことを届け出るだけでOK。このようにとても優遇された制度で、たった1ヶ月でもおトクですので、今すぐ始めましょう!

2015.5.27更新

マイナス金利も発想の転換!「住宅ローン」でお金を増やす

マイナス金利導入で、いったい預金はどうなるのだろう?と心配している人も多いことと思います。

現状では、日銀と各銀行との取引で、日銀に預けた銀行の預金にマイナス金利(預け料)が発生することで、個人の預金の金利がマイナスになることはありません。

というのは連日の報道で理解をしているものの、普通預金の金利が一斉に下がり、これまで異常(もとい以上ですが、ホントに異常な状態なわけで)に下がり普通預金にいたっては、「0.001%」になりました。100万円預けて1年で10円です!ほんとに笑ってしまいます。ATM1回108円の手数料がかかるのにどういうこと?

預金にダイレクトに影響しないといっても、そんなまやかしに惑わされない!影響以外のナニモノでもないと思ってしまうのは私だけではないはずです。今後ATMの手数料も引き上げが検討、などという報道を耳にすると、これは影響どころではありません!もろ直下型爆弾が落とされたような破壊力があります。タンス預金が増えるだろうというのもわかります。金庫が売り切れ続出!というのも納得です。

今が借りどき!「住宅ローン」
ところが、マイナス金利で一気に注目を浴びてるのが「住宅ローン」。ここ数年は住宅ローンの金利が1%台で「底」と言われていましたが、マイナス金利導入でさらに下がりました。ネット銀行では、1%をきっていた中で、さらに下がり、じぶん銀行やイオン銀行のように、0.5%を切るような銀行も登場しています。

もちろん、住宅ローンには、借りる際の手数料や保証料もそれなりにかかり、単純な金利だけの問題ではないのですが、それでもいちばんインパクトが大きいのが長期にわたって借りるローン本体の金利であることは間違いありません。そう。住宅購入を検討している人、現在ローンを払っている人も借り換えを検討するには、まさに千載一遇のチャンス!これぞ、われら消費者にとってのいちばんのメリットではないでしょうか?

住むだけじゃない!「住宅」で資産運用
住宅といってもさまざま。自宅用として家族で住む家を購入というのがメインであることはモチロン。しかし、この低金利でローンを借りれるのなら、いっそアパート一棟購入して、賃貸物件として貸し出すという方法もあるかもしれません。実家をリフォームしてシェアハウスにし、その家賃収入でローン返済しながら、少しずつお金を増やしていく。少なくともゼロ金利の銀行に寝かしておくよりは、利回りがよく、しかも生きたお金の使い方と資産運用ができるでしょう。

個人的に、オーバー50歳は年齢的にもはや住宅ローンは借りられないとあきらめていたのですが、発想の転換です。そういう借り方もあるかもしれません。今後、個人的に追及していくつもりです。

住宅ローンの詳細はこちら
金利だけを見ない住宅ローンの選び方
見た目の金利にだまされるな!住宅ローンのクセをしろう!
借りたら終わりじゃない、住宅ローンの「繰上げ返済」でビッグな節約

ランキング