円高もここにきて一服観~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

5919.jpg

毎週月曜に為替市場の動向や今後の見通しなどをお送りする【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】の第3回。

■5月第2週の見通し(2016/05/09)
「円高もここにきて一服観」
ゴールデンウイーク中にドル円は105円55銭まで下落しました。このレベルは以前にもこちらで書きましたが、2014年10月の黒田バズーカ2(市場の意表を突く大胆な量的質的緩和)発射前のレベルが105円台でした。市場はこのレベルに達したことで一先ず達成感もあり上昇に転じました。

バズーカ2からひと月余りでドル円は105円から122円手前まで買われました。一方、今年の1月末のドル円は122円手前から下落が始まり、3か月後の4月末には105円台に下落。まるで、2014年後半の巻き戻しが入ったような動きになりました。バズーカ2が第二のアベノミクスとすれば、その効果がこれで完全に掃けてしまったといえるかもしれません。

先週末に安倍首相は世界レベルでアベノミクスの三本の矢を展開させると発言しました。しかし、既に三本の矢の一つである金融政策は先日の日銀会合で失敗してしまいました。円安に戻すことは難しい状況にあるという事です。それでも、先週のドル円は105円50銭を付けた後は107円ミドル(中間)近辺まで押し戻されるなど、一先ず下落リスクは後退しました。

先週末には市場が最も注目する米国雇用統計発表を控え、その前のドル買戻しという見方もありました。その米雇用統計の結果は予想を大きく下回る冴えない結果となり、発表直後ドル円は107円から106円40銭付近に下落しました。しかし、106円には届かずに下落前の107円に押し戻されてNY市場を終えてきました。結果的にドル円の底値の堅さを確認したようなもので、今週はもう一段の上昇が見込めそうです。

ただ、これでドル円の下落が終わったわけではありません。現在のドル円は日銀会合で下落する直前のレベルから6円余り下落したその反動の買い戻しの過程にあるという事です。あくまで調整の買い戻しであり、これが一巡したところでは再びドル円の売りが強まりかねません。上値目標としては109円付近も想定しておきたいところです。もし、上値の重さが確認されれば再び売りを出していきたいところですね。一方、107円ミドルが上値を抑えられるようなら再び105円割れのリスクが高まりそうです。

ここにきてFX取引が拡大しているとの報道が新聞に載っていました。FXは売り買いどちらからも同じように始めることが出来る取引です。ドル円が大きく下落する時には売りから入ることで稼ぐことが出来るというのもFXの魅力です。しかし、儲けるにもこのような為替の記事を読んだりするなど、勉強は必要というわけです。

今週は円高が一服しそうで、、、ゆっくり見ていられそうです。

来週も「岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場」・・・よろしくお願いします。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

岡安 盛男 (おかやすもりお)

レグザム・フォレックスLLC (http://fx-okayasu.com/)代表、為替アナリスト                                                 外資系銀行に20年間在籍、1999年より為替デイトレーダーとして独立後は、 自身のトレードスタイルを確立、実践的な為替投資の啓蒙活動の他、FXスクール講師やFX会社向けの情報提供サービス、投資家向け情報レポートを展開(http://www.gladv.co.jp/members/fx_bible/)。ラジオ日経「岡安盛男のFXトレンド」、日経CNBCの「朝エクスプレス」など出演中。執筆多数。

岡安 盛男

関連記事

特集

関連記事

円高はどこまで進むのか~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

毎週月曜に為替市場の動向や今後の見通しなどをお送りする【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】の第2回。

■5月第1週の見通し(2016/05/02)
「円高はどこまで進むのか」
先週は市場で最も注目されるイベントであるFOMC(米国中央銀行の政策会合)と日銀政策会合が開かれ、結果的にドル円は一気に下落に転じました。

FOMC会合では次回の利上げに関するヒントは与えてくれず、これまでとほぼ同様のハト派的な内容となりました。この意味するところは「ドル金利が当面上がらない⇒ドルは当面上がらない」ということです。

しかし、その後に控えた日銀会合では追加緩和による円安が進むのではといった期待がありました。何故なら、日銀は今回の会合でマイナス金利を更に拡大し、金融機関へのマイナス金利適用の可能性もあるとの一部報道が前週に流れた為です。その報道に対し日銀は否定も肯定もコメントを出しませんでした。

また、今回の熊本地震もあり何らかの追加緩和を実施すると思われ、それを見込んで既にドル円は112円近くまで上昇していました。しかし、日銀は現状の金融政策維持を決定しました。この結果は予想外であり、市場はネガティブサプライズ(悪い方のびっくり)となり、ドル円は3円近く下落。ちょうど次の日が日本のゴールデンウイークが始まったことで更に円高が進みました(先週ここに記述した通りです)。

ドル円は111円80銭付近から下落が始まり、ほとんど戻りのないまま先週のNY市場では106円30銭近くまで下落。何と、二日間で5円50銭下落したことになります。

ここまでドル円が下落したのは、円高を止める手段が殆どなくなってしまったためです。

ドル円を押し上げるには

1.FRBが利上げを決定しドル高を促す
2.日銀が追加緩和を実施する
3.日本の財務省がドル買い円売り介入を実施する

の三つが大きな手段になります。その1と2の期待は今回消え去りました。
残るのは3のドル買い介入しか、今のところドル円の下落を抑えることが出来ないという事になります。

しかし、このドル買い介入もそう簡単には出来る状況ではありません。前回開かれたG20後に米国から日本の円安誘導をけん制する発言が出た為です。介入を実施するには他のG7各国などに許可を取る必要があり、それが難しいという事です。

ただし、急激に相場がどちらかに降らされた時には介入を独自で実施することが出来ます(スムージングオペ)が、今回のドル円の下落速度はそれ程無秩序な動とは言えません。特に、ゴールデンウイークは前回にも述べましたが、介入が入りにくい状況となり、海外勢が特にドル円の売りを仕掛けやすくなります。

ドル円の次の下値目途は2014年10月の黒田バズーカ2が実施された105円付近になります。このレベルを下抜けると心理的な壁となる100円が視野に入ります。

みなさん、為替がここまで大きな動きになるのは年に何度もありません。いい経験になりますので、注目してくださいね。

来週も「岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場」・・・よろしくお願いします。

ゴールデンウイークを挟んだドル円相場の行方~【岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場】

始めまして。これから毎週、為替市場の動向や今後の見通しなどをお送りします。このコラムのコメンテーター岡安盛男と申します。第1回目となる今回は、GW突入目前の特別編をお届けします。

外国為替取引という世界は、他の市場とは比較にならないくらい最も大きな市場で、毎日平均で5.3兆ドルの取引が行われています。ちょっとした宇宙のようなものです。そのため、誰かが大きな資金を使って動かそうとしてもびくともしません。砂漠に水をまくようなものです。そのため、株式市場などのようなインサイダー情報というのはまず通用しない、公平な世界です。

さて、そのような市場ではファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカル分析(過去の動きから予想する方法)が大きな武器になります。それらの情報を週一のペースで今後私が皆様にお届けすることになりますので、よろしくお願いします。

■5月第1週の見通し(2016/04/27)
「ゴールデンウイークを挟んだドル円相場の行方」
為替相場の動向はファンダメンタルズが長期的な方向性を示すことになります。ファンダメンタルズといってもピンときませんよね。簡単に言えば金融政策だと思ってください。

例えば、米国の中央銀行FRBが「経済が好調で物価が上がり始めたので、そろそろ金利を引き上げる環境が整った」といったような発言をしたとします。金利が上がれば投資家はその通貨を買っておこうとします。この場合はドルですね。ドルがこれから上がるだろうとみんなが考えれば、上昇が始まります。長期的に上昇が続くことを長期上昇トレンドといいます。

一方、為替というのは必ず相手の通貨が必要です。相手が日本であればドル円という通貨ペアであり、その通貨との綱引きが為替レートになります。日本の中央銀行である日銀は、今年の1月下旬にマイナス金利を導入しました。しかし、マイナス金利の効果がどの程度あるか未定であったことから寧ろ円高に反応してしまいました。

さて、今週は日米の金融政策が発表されます。まず、28日の午前3時にFOMC(米国の金融政策を決定する最高意思決定機関)会合の結果が発表されます。前回3月のFOMCでは年内の利上げペースを引き下げたことで、今月4月は利上げを見送るとの見方が広がりました。利上げペースを引き下げたのは世界経済の減速懸念や、原油価格の下落などが要因とされました。それが、ここ直近の動きをみると原油価格は上昇し、新興国などの株や通貨は上昇、海外金融市場は安定に向かっています。これを受け、FRBが利上げに前向きな姿勢を示すようなら早期利上げ期待が高まりドル高に動くと予想されます。反対に、これまでの内容に変化がない場合でもドル売りの反応は限定的と見られます。こう考えると、FOMCではドル高に向かう可能性の方が高いと見ることが出来ます。

また、その日の東京市場では日銀会合が開かれます。既に、市場は日銀がマイナス金利の金融機関拡大とともに、金融機関のマイナス金利適用を実施するとの見方で既に円が売りこまれました。織り込み済みという事です。予想通り実施したとしても、円売りが更に進む可能性は低いと考えます。ただし、更なる量的緩和といった追加緩和が加われば一段の円安をもたらす可能性があります。こちらも、円高よりも円安に振れる可能性が高いと言う事になります。

総合的に考えると、米ドルが上昇し円が安くなるという事からドル円は上昇すると予想されます。

ところで、そのシナリオが正しいかどうかは終わってみなければわかりません。ただ、次の日から日本がゴールデンウイークに入ります。日本の投資参加者が長期休暇に入る前には、売買ポジションを出来るだけ持たないように対応します。という事は、どちらか上下に動きがあっても元のレベル(水準)に戻りやすくなります。

そのゴールデンウイークですが、毎年円高に振れることが多いと言われます。通常期、急速に円高に向かう時には日銀当局が阻止しようと対応策を講じる事があるのですが、日本のゴールデンウイーク中にドル円が急落しても、邦銀が休みのためにドル買い円売り介入などの対応策が出来にくく、海外投資家がそれを狙ってドル円を売るのでは、といった見方が広がるためと考えられます。

また、ドル円が売られる時には、ゴールデンウイーク前に上昇している場合が多くみられます。実際ドル円は上昇傾向にあり、そのアノマリー(経験則)の視点から判断しても売られる可能性が高いという事になります・・・・結果は??

今後も「岡安盛男の初心者でもわかる今週の為替市場」・・・よろしくお願いします。

FXの基本【上村和弘のFX基本講座】

はじめまして、アセットクラス&WEBコンサルティングの上村です。

この連載では、FXに掛かる全体的な事柄について、FXとは何?から、これからFXを始める方、経験のある方まで含めて知っておくと大変便利な事、知識として大切な事、お得な事まで述べて行きます。FXのテクニックやFXツールの生かし方等にも触れて行きますので、楽しみに購読ください。宜しくお願い致します。

私は長くFX業務に携わっていたこともあり、一定の造詣を持ち合わせています。ユーザーからの視点と運営側から見た視点の両面から、FX業界の疑問や裏側を含めてレポートしていきたいと思います。FXの経験の無い方も、FXビギナーの方も本連載を読んでいけば、一定のFXトレーダー?になれる筈です。これからの「FX基本を学ぶ」にご期待ください。

FXは、1998年4月の外為法改正をきっかけにして始まった金融商品。改正前は、外国為替を扱えるのは一部の銀行に限られていました。そのため、普通の個人が外貨に投資する場合、外貨預金など限られた商品しか選べませんでした。

しかし、日本の金融市場を自由化し競争力を高めるための一つとして、改正された外為法が外貨投資の世界に【FX】という大きな革新を起こしました。いわゆる規制緩和=金融ビッグバンで登場した新しいビジネスです。私がFX事業を立ち上げた時は1999年、日本国内で4社目でした。

アベノミクスの三本の矢の一つ、成長戦略で規制緩和による経済成長があげられているのは、規制緩和で新たな産業が生まれる可能性があるから。FXのように成功するビジネスが生まれるかどうかにアベノミクスの将来はかかっていますね。

さて、FXの話に戻ると、1998年にスタートしたFXは、他の外貨投資に比べてメリットが大きく、投資家の支持を受けながら成長していきます。

●FXの口座数や預り証拠金は毎年のように増加
■2004年~2015年のFX口座数(データ:矢野経済研究所)
2004年~2015年のFX口座数のグラフ
FXの市場規模を調査している矢野経済研究所のデータによると、2015年3月末の口座数は約531万。預り証拠金額は1兆3,176億円。

■2004年~2015年のFX預り証拠金額(データ:矢野経済研究所)
2004年~2015年のFX預り証拠金額のグラフ
リーマンショックの影響を受けた2009年3月期のみ、預り証拠金は前年度から減少。それ以降は、毎年増加しています。

ちなみに、野村証券の調査によると、2015年3月末で個人が保有している外貨資産(外貨預金、外貨建債券・信託)の総合計は43.7兆円。外貨資産を個人金融資産全体から見ると2.6%とまだ少ない金額で、これからの成長も期待できます。

FXの預り資産は、外貨建て資産全体から見るとわずか3%。なのに、外貨預金をはるかに超えるスピードで口座数や預り証拠金が増えているのは、何といってもその優れた商品設計に秘密があります。

今まで、外貨預金や外貨MMFで、米ドルやユーロに投資していたユーザーが、FXを始めた場合、その便利さや取引手数料の安さにびっくり。時には、何かの間違いじゃないか?別に手数料を取られるのじゃないか?としばしば疑いの眼で質問されることもある位、その商品設計・サービスに目が引きます。次回以降で、商品設計・サービスをじっくりとご紹介していきます。

FXって何?【上村和弘のFX基本講座】

アセットクラス&WEBコンサルティングの上村です。

この連載では、FXに関わる知っておくと便利な事、知識として大切な事、お得な事まで解説していきます。FXの経験の無い方も、FXビギナーの方もこの連載を読んでいけば、一定のFXトレーダーになれる筈です。そしてFXのテクニックやFXツールの生かし方等にも触れていきますので、すでにFXをされている方にとっても役に立つはずです。では、今回の「FX基本を学ぶ」をはじめます。

●FXって何?
FXは、米ドルやユーロなどの外貨を売買する取引、いわゆる外国為替取引の一つ。他に、私達にとって身近な外国為替取引は、海外旅行時に行う外貨の両替・外貨預金などがありますね。外国為替取引の中でもFXは、売買差益を狙う目的や米ドル・ユーロ・豪ドルなど外貨で資産を保有したい方などが利用できる金融商品。個人向けの外国為替取引の中で、FXは利便性の高さが魅力です。

●ここが魅力!FX5つの特徴
■レバレッジ効果:少額の資金で大きな取引
少ない資金で大きな取引をすることを【レバレッジ】と呼びます。預けた証拠金を担保に、FXは最大25倍までのレバレッジを効かせることができ、ビギナー・若くて投資資金が少ない方も投資の醍醐味を味わえます。
※少額の資金で大きなリターンを狙える反面、大きな損失となる可能性があります。

■リアルタイム:24時間取引できる
外国為替相場は、土日を除き、24時間動いているためリアルタイム感を味わえます。普通の会社員や自営業の方ですと、株式市場が開いている時間帯は、仕事中で参加できない方がほとんどでしょう。その点、FXは朝・昼・夜と自分の都合の良い時間に参加出来る他、値動きと損益が変化していく感覚を存分に体験できます。

■金利差を貰える:スワップポイント
通貨間の金利差を貰えるスワップポイントは、ポジション(持っている状況)を保有していれば毎日差し引きされます。外貨預金の金利に相当し、貰える金額は外貨預金よりFXのスワップポイントの方が上。例えば、豪ドル/円の買いポジションを持つと、豪ドルの金利から日本円の金利を差し引いた金額を受け取れます。

■円高・円安どちらでも利益を狙える:外貨売り(ショート)からの取引
外貨預金は、米ドルやユーロなど外貨を買うことしかできません。円安局面だと外貨預金でもいいのですが、何年も円高トレンド(流れ)が続くと外貨預金は損失が出るばかり。FXは、米ドルやユーロを売る(ショート)からの取引もできるため、円安だけでなく円高の場面でも利益を狙うことができる他、保険つなぎ的にも活用できます。

■低い取引コスト:外貨預金の数十分の一から数百分の一
FXの取引コストは、往復で1銭程度(米ドル/円)。つまり、為替相場が1銭以上動けば、利益が生じるっていうことです。大手銀行の外貨預金だと往復2円(200銭)コストが発生する為、最低でも2円は動かないと利益が出ません。1対200も取引コストに差があれば、外貨預金からFXへとコスト意識に敏感な投資家達が流れるのも当たり前ですね。。。
※銀行・FX会社により取引コストは異なります。

次回は、FX投資の実状について紹介していきます。

【上村和弘のFX基本講座】バックナンバーもご覧ください!
●第1回 FXの基本

きっかけは未知の世界への好奇心【森川あきこの気長にゆったりFX】

はじめまして、森川あきこです。普段はお勤めしながら好きな事に没頭する毎日ですが、始めたFXの事をみなさんに紹介出来れば、と思っています。

FXは奥が深いですが、最近学んだ事や、こうやると良いなぁ、といった事を書いて行きますので役立つかと。「気長にゆったりFX」ヨロシクお願いします。

●FXだけは絶対にやってはいけない。
就職活動中に、ふと本屋で手にした池上彰先生の「経済のことよくわからないまま社会人になった人へ」という本の冒頭部分にはFXだけは絶対にやっていけない、そんな風に書いてありました。FXは株とか他の投資商品と比べるとリスクが高くて危ないやつらしい。

●周囲でFXが流行り始めた
それから会社に勤めるようになって、数ヶ月経つとなんとあのFXが流行り出して、いつのまにかみんなが始めるように。だんだん、おもしろいからやってみたら?と毎日勧められるようになりました。社員たちによれば、そんなに大きく損しないようにできる方法もあるのだとか。・・・うーん。ちょっとまだ不安で踏み出せない・・。

予想が当たって天才かもしれない!って喜んだり、そうかと思えばもうやるのやめようかなって落ち込んだり、、。トータルで考えると、実際には儲かったり、損したりの繰り返しでそんなに儲かるものでもないらしい。でも、結局次の日も懲りずに次の日も続ける人たち。え、、なんで?!

●FXってなんなの?!
自分とはとても縁のないように思えるものが気になってしまうことがある。怖いもの見たさみたいなものでしょうか。金融機関に勤めているわけではないので、仕事柄やらなきゃいけないわけでもない。なんか怪しいFX。だけど気になるFX。百聞は一見にしかず。自分で確かめてみないことにはなにもわからない。とりあえず、FX始めてみることに!

この記事では、投資初心者のOLが学んだ知識、やってみてわかったことなどを週1回にゆるく楽しく書いて行けたらいいな、と思っています。

FXではもちろん、チャートの読み方や分析方法を知ることも必要ですが、世界や日本のニュースを要チェックすることが重要もなります。すると自然と経済や政治のニュースにも詳しくなり、仕事にも役立って一石二鳥だったりします。
勉強やスポーツでもそうですが、投資でもある程度の知識と経験を積むことが必要です。最初はなかなか上手くいなくてもいつか上手くいくイメージを大事にして、試行錯誤を繰り返して、少しずつスキルアップしていきたいですね。ぜひ楽しみながら学んでいただければと思います。

次回はFXについて、掘り下げて書いてみますね。

ランキング