【2016夏休み】参加費無料!講師はノーベル賞学者…科学五輪を目指す塾生を募集

6521.jpg

 「創造性の育成塾」は、科学オリンピックを目指す中学2年生を対象とした夏合宿に参加する塾生を5月31日まで募集している。ノーベル賞受賞者をはじめ、科学者や先生による授業を7月28日から8月4日の7泊8日の日程で行う。参加費や実施期間中にかかる交通費は無料。

 創造性の育成塾は、「日本の未来を開き、世界に貢献できる創造性豊かな中学生の育成」を目的として、2006年7月に発足。元東大総長・文部大臣の有馬朗人塾長の呼びかけで、毎年夏に全国から選抜された理科好きの中学2年生40人から50人が富士の裾野に集結し、ノーベル賞受賞の先生や一流の学者、気鋭の先生たちによる講義を受講しているという。物理・生物・化学・数学・情報・地学・地理の7部門で行われる「科学オリンピック」に挑戦する人材を育てる。

 第11回となる今回は、ノーベル物理学賞受賞の梶田隆章先生、国立天文台副台長の渡部潤一先生、東京大学の五神真総長、自治医科大学の永井良三学長など一流の科学者や著名人が講師を務める。夏合宿は、静岡県三島市の東レ総合研修センターにて、7月28日から8月4日まで、7泊8日の日程で行う。

 応募資格は、2016年度に中学2年生であり、心身ともに健康で、夏合宿全日程に参加できること。合宿終了後も、インターネット上での塾活動に参加できることなど。応募は、Webフォームより事前登録を行い、事務局から自動返信されるメールに記載のURLより応募用紙をダウンロードし、応募した理由や選考問題の解答など必要事項を記入のうえ、事務局宛に郵送する。応募期間は消印有効で5月31日まで。

 選考委員が約40名を選抜し、選考結果は6月下旬までに合格者へ通知する。その後、創造性の育成塾ホームページで合格者を発表する。

画像一覧

  • 第11回夏合宿の塾生募集
  • 募集要項

提供元

関連記事

関連記事

国家公務員にさせたい、なりたい!中央省庁の見学会が夏休みに開催

 文部科学省をはじめとした中央省庁が毎年行っている、夏休みの子ども向けイベント「子ども霞が関見学デー」が、7月27日と28日の2日間開催される。期間中は府省庁内の見学をはじめ、多数の体験プログラムに参加できる。対象は小・中学生や幼児。

 「子ども霞が関見学デー」は、文部科学省をはじめとした府省庁などが連携して毎年夏休みに開催しているイベントで、平成28年度は26の府省庁が参加予定。参加により親子のふれあいを深め、子どもたちが広く社会を知る体験活動の機会にするととともに、各府省庁などの施策に対する理解を深めることを目的に実施されている。

 期間中は各府省庁の職場見学をはじめ、仕事の内容がわかる展示や、親子で参加できるさまざまなプログラムが実施される。参加者には、各府省庁などのプログラムと地図が入った「日本国霞が関子ども旅券」(パスポート)を配付。子どもたちが興味にあわせて自由に霞が関を歩くことができる。

 平成27年度の見学デーでは、直接大臣に話やインタビューができる「大臣室へようこそ」やさかなくんによるトークショー、実験教室、工作教室など、各府省庁の特色を生かした多数のプログラムが実施された。平成28年度のプログラムの詳細については、6月下旬頃に文部科学省や参加府省庁のWebサイトで公表される予定。プログラムによっては事前に予約が必要なものや、抽選のものもある。参加対象は小・中学生、幼児などで、原則として保護者の同伴が必要。

 申込み開始日や実施詳細は6月下旬頃に公表される予定。なお、平成27年度は6月23日に詳細が公開された。

◆平成28年度子ども霞が関見学デー
日時:7月27日(水)・28日(木)
対象:小・中学生、幼児
※原則として保護者同伴
参加府省庁(予定):内閣官房、人事院、内閣府、宮内庁、公正取引委員会、警察庁、個人情報保護委員会、金融庁、消費者庁、復興庁、総務省、法務省、外務省、財務省、国税庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、特許庁、国土交通省、気象庁、環境省、防衛省、会計検査院、国立国会図書館
※実施プログラムなどの詳細は6月下旬頃公表予定

【5/24締切】文科省各部署で夏休みのインターンシップ受入れ

 文部科学省は、同省の業務を体験する平成28年度夏期インターンシップの学生・生徒を募集する。実施期間は7月~9月で、部署によって異なるが受入れ期間は約2週間。申込みは所属校ごとに取りまとめ、5月24日までに応募する。

 文部科学省は、文教・科学行政事務に実際に接する機会を提供し、職業意識の向上や学習意欲の喚起などを目的に、平成11年度からインターンシップを受け入れている。対象は大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校、高等専修学校、高等学校、中学校に在学する日本国籍を有する学生・生徒。中学生は職場体験として受け入れる。平成27年度の夏期インターンシップの応募は377人あり、受入れは118人だった。

 受入れは、大臣官房総務課、科学技術・学術政策局政策課、スポーツ庁オリンピック・パラリンピック課など約60の部署となっている。Webサイトでは、各課の受入人数、募集学種等、受入時期、受入期間、業務内容などが記載されている。最大15人を受入れる高等教育局専門教育課の受入期間は7月11日~9月16日までの1~4週間。実習内容は、高等専門学校、大学、専門職大学院に関する各種データの集計や分析などを行う。

 実施期間は原則として月曜から金曜までの連日で、7月と8月は午前8時30分~午後5時15分まで、9月は午前9時30分~午後6時15分まで。そのうち休憩時間が午後0時~午後1時まで。中学生は午前9時30分~午後5時まで。

 応募は、各所属校で推薦書や調査票など必要書類を取りまとめて担当窓口にメールで送る。必要書類はWebサイトからダウンロードできる。応募締切は5月24日午後0時。同省で実習生を選考し、6月16日以降に所属校あてに受入可否を連絡する。実習にかかる交通費や食事代は原則として実習生本人が負担すること。

◆文部科学省 平成28年度夏期文部科学省インターンシップ
実施期間:7月11日(月)~9月16日(金)※受入部署により異なる
時間:7~8月8:30~17:15、9月9:30~18:15(中学生は9:30~17:00)
対象:大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校、高等専修学校、高等学校、中学校の学生・生徒
場所:文部科学省各局課室
申込方法:各所属学校を通じてメールで申し込む
申込締切:5月24日(水)12:00必着

教育費を考えてみよう!やっぱり公立?公立私立の学費事情

子供の養育費の中でも、教育費は相当な負担のかかる項目です。

幼稚園から大学までの教育費を考えた場合、ほぼ公立の場合、約900万円、大学が私立の場合、1000万円強、高校と大学が私立の場合、約1200万円、小学校以外が全て私立の場合、1600万円弱、全て私立の場合、2000万円強ほどかかります。公立と私立で、相当の差が出てきますよね。節約の観点からみれば当然、公立に通わせたいものです。今回は、幼稚園と小学校の教育費の節約ポイントをお伝えします。

1. 私立の幼稚園に入れなければいけない場合は「私立幼稚園就園奨励費補助金」
私立幼稚園は公立幼稚園の2倍以上の教育費がかかることもあり、一般的にとても高いです。ただ、入園させるつもりがなくても、最近では公立幼稚園の抽選に外れてしまう場合もあることから、私立に入園させなければいけない状況になってしまうこともあります。
そんな時は、「私立幼稚園就園奨励費補助金」を利用しましょう。この制度は一般的なものですが、それぞれの自治体の財政状況や幼児教育の方針、力の入れ具合によって支給される金額が大きくことなるので、まずは各自治体のホームページなどで確認することをお勧めします。
ちなみに、公立幼稚園の保育料が非常に安いのは、公的資金が投入されているからです。また、通常2年保育ですが、3年保育の公立幼稚園もあり、人気があつまっています。入園する際には抽選になることが多いですので、自分が住む地域の状況を把握して、最も良い選択をしましょう。

2. 小学校以上は、銀行や国の教育ローンを使おう
小学校以上はさらに公立と私立で金額的に大きな差が出てきます。入学金、授業料などなど…。こういったタイプの支出はなかなか節約できないものです。
どうしても私立に通わせたい時は、銀行の教育ローンを使いましょう。ただ、ある程度年収が高い場合、公的な機関では借りられない場合があります。そんな時は、「日本政策金融公庫の教育一般貸付」などを使いましょう。固定金利で教育ローンが借りられるので、多くの方が使っています。

ただ、生活を切り詰めてまで教育費を出すのは健全ではありません。世帯収入を鑑みたときに公立に通わせるのが適切と判断した場合は、私立の選択よりも、最もいい公立の学校はどこか、という風に考えましょう。

まだ間に合う!40代から始める自分の人生設計

なかなか人生の計画は上手くいかないもので、40歳になった今、子どもや身の回りの出費の大きさに四苦八苦している家庭は少なくないのではないでしょうか。

子どもが成長するにつれて教育費は増えていきますし、老後のために貯金もしたい。でも現状家のローンも返済しないといけないなど、様々な問題を抱えている人も多いでしょう。

そのような人は今一度人生のプランを見直す必要があるのではないでしょうか。昔に一度、ライフプランを組んだから大丈夫だと思う人もいるかもしれませんが、このような大変な状況だからこそチェックしておきたいことも多いのです。

今回は40代のあなたが見直すべきライフプランについてお話しします。

過去と現在の収入と支出
まず、最初に見直すべきなのは過去と現在の収入と支出です。あなたの収入は現在上がっていますか?それとも維持されているのでしょうか。このようなポイントを確認する理由として、昔組まれたライフプランの多くは収入が上がると想定されていることが多々あります。

しかし、実際のところ昔組まれたライフプランのようには上手く進んでいないことも十分に考えられます。もしくは収入が上がっていたとしても支出が想定よりも大きいということも考えられます。

現在の収入と支出のバランスを見直すことで、貯金や投資に回せるお金がどれほどあるのかを見直してみましょう。

子どもにどれくらいお金がかかる?
今後どれほど子どもにお金がかかるのかということも考えるべきでしょう。大学に入るとなると塾代や大学の受験料、また入学金や授業料など非常に多くのお金が必要になります。

今後、どれくらいのお金が必要になるのか基準をある程度設定しておくことで、お金をどんどんと流出させるということだけはないように気をつけましょう。

老後までに貯めておきたい金額は?
最後に老後までにどれほどの貯蓄が欲しいと考えるかということも必須事項です。そしてその貯蓄額を達成するためには貯蓄だけで行くのか、保険や投資を利用するのか様々な方法が考えられるでしょう。

どれほどのお金が必要なのかファイナンシャルプランナーなどに相談するのも一つの選択肢かもしれませんね。

その“すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピがあります!

毎日の通勤通学などの移動時間、ランチタイム、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

多くのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見ているのだと思います。そのちょっとした“すき間時間”をお小遣いに換えることができる!と聞いたらいかがですか?そんな魅力的な“サービスがアンケートアプリ『サーチーズ』です!

この『サーチーズ』とは、配信されるアンケートに回答することでポイントが貯まるサービス。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもできるのです。マネーゴーランドでは、みなさんが興味・関心を持っているお金にまつモノ・コトをもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。

今回はサーチーズのアンケートに答えて手に入れたポイントをAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年5月末までの限定コードとなります。

3.好きなアンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.手に入れたポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

ランキング