【2016GW】まだ間に合う!GW中の子連れの穴場スポット関東近郊編

5843.jpg

このレシピを実行して

40,000貯まる!
<材料>

・ゴールデンウィーク・関東近郊観光スポット

<How to>

1GWの予定を立てる

2穴場スポットを検索

※最大40,000円(ディズニーランドの代わり×4人家族)

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

ゴールデンウィーク直前!関東近郊で無料または格安で行くところ
まだ間に合う!ゴールデンウィーク中に、子連れで行ける関東近郊の穴場スポットに行ってみませんか?ゴールデンウィークに行くところがない!と嘆いているご家庭もひょっとしたらいるのではないでしょうか。そんなファミリーに向けて、関東近郊で、今からでも間に合う無料もしくは格安のスポットをご紹介いたします。ディズニーランドなどは混んでいて行きたくなけれど、ゴールデンウィークは満喫したい、そんなあなたはぜひ読んでみてください。

ふなばしアンデルセン公園
ふなばしアンデルセン公園は、子供さんがいるファミリーには最適の公園です。アスレチックやタワー、大すべり台など子供が全力で遊べるところがいっぱいです。なお広い公園なので普段はそれほど混み合いませんが、ゴールデンウィークは多少の混雑が予想されますので早い時間に行かれるといいでしょう。子ども向けの美術館もあり、芸術にも触れられる絶好の機会です。ぜひこれを機に、ふなばしアンデルセン公園をご贔屓にしてみてください。
ちなみに、近くには古い病院があり、車だと大変混雑してしまうので、私はいつも電車で行っています。

谷津バラ園
東洋随一のバラを誇るバラ園なんていかがですか?世界中のバラを見ることができるのに、入場料も大人370円と格安で、小中学生に至っては100円です。バラは育てるのがとても大変な植物。そのバラがここに一堂に介している姿は圧巻です。さまざまなバラを見て心から綺麗になりましょう。私は嫌なことがあると、いつもここで癒やされています。外国人のカップルが多く、ロマンチックなデートと異国情緒を同時に楽しむことができます。いつも結構空いているので、ゴールデンウィークも穴場スポットとしておすすめできます。

清水公園 フィールドアスレチック
清水公園フィールドアスレチックは、お天気がいい日にはもってこいの場所です。体力の有り余ったお子さんを遊ばせるのには最適な場所です。平成28年3月にリフレッシュオープンしたばかりで、キャンプ場もありますし、夜間キャンプもできます。また、噴水や立体迷路などのアトラクションや、ポニーに乗れる牧場もあって、最高の1日を過ごすことができるでしょう。私はいつも、木陰で休んでお弁当を食べています。ピクニックにも最高です。

ゴールデンウィーク、わざわざ混んでるところに行く必要はないと思われます。どれも千葉在住の私が選んだ、オススメのポイントばかりです。ぜひ行ってみてくださいね。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

渡邊よし子

IT系企業勤務後、フリーライターとして活動。 得意ジャンルは、ニュース、経済、ITのテクニカルライター。エンタメ系からまじめな国際情勢まで、幅広く対応。

渡邊よし子

関連記事

特集

関連記事

ゴールデンウィークだからこそできる、他人とは違う3つの過ごし方!

いよいよゴールデンウィークも間近!予定がすでにあるという人はそちらの準備で忙しいかと思いますが、そうでない人もたくさんいらっしゃると思います。

予定の見えない仕事だったり、スケジュール的に休みが取れなかったり、そもそもお金もかかるし、人ごみがいやだ!という人もいるかもしれません。

そんな人にお勧めするのが、ゴールデンウィークというまとまった時間が取れるからできることをするということ。
その間につけた力がひょっとしたら、数ヵ月後、数年後の自分にとってとても役立つものになるかもしれません。ウサギとカメのカメのように虎視眈々と目標に向けて時間をつぎ込む、そんなゴールデンなお休みと考えてみてはいかがでしょう?

マネーゴーランド編集部ではこの期間だからこそでき、かつ他人とはちょっと違うようなものをピックアップしてみました、何か興味のあること始めてみると想定していなかった新しい出会いもあるかもしれませんね。

■ボランティア活動への参加
(日数:自由に設定可能)
ここ数年で空いた時間や連休を活用してボランティアに参加する方が増えています。ネットやFacebook・twitterなど様々な場所で募集をしています。人の役に立つというやりがいや充実感が得られると評判です。
ボランティアというと少しまじめな作業みたいなイメージもあるかと思いますが、筆者である私も実際に「まちづくり」という分野でボランティア活動をしていたり、そのような仲間をたくさん見てたりしましたが、そのような堅苦しいイメージではなく、サークル活動に近いです。さまざまな知見がつくことはもちろん、まったく違う分野で活動する仲間に出会えるということはなかなか素敵なことですよ!

■プチ断食
(日数:自由に設定可能だが最大でも3日)
ダイエット・体調管理・療養・便秘予防など様々な分野でプチ断食がブームになっています。断食と言っても週に数回1食抜いてるなどの簡単にできるもので、整腸作用や体調の改善が期待できるそうです。GWにプチ断食をすることで5月病予防にもなりそうです。
ただ勝手にやって体調を壊してしまっては意味が無いので、ちゃんと指導者のもとすることをお勧めします!

■短期修行
(日数:3~4日、最短日帰り)
京都や鎌倉などでは短期の坐禅会や写経などができるお寺があります。3泊4日の泊まり込みでのプチ修行なども人気があるようです。坐禅は数ある仏教の宗派の中でも禅宗のみの修行方法です。

最近は世界的に「禅」がブームになりつつあります。スティーブジョブスが曹洞宗の禅に影響を受けたというのも有名な話ですし、駒澤大学の関係者のお坊さんがアメリカで開いた禅センターに通っていたそうです。世代に関係なく密かに禅が注目されています。
瞑想は健康に大きな影響を与えたり精神面の強化になるなど話題から人気を集めつつあります。

筆者も「呼吸」にすごく興味をもっており、さまざまな局面で自信を持った選択ができそうだなとひそかに勉強をしようと思っております。「修行してきた!」なんて孫悟空のように言うことができれば、それだけで強くなれる気がしそうですね。

ゴールデンウィーク、習い事などに時間を割いたりするのももちろん素敵なことかとは思いますが、ちょっと変わったことをしてみると世界が開けるかもしれませんね!素敵なゴールデンウィークをお過ごしください!

【GWのお得な楽しみ方】高校生を対象としたものづくり体験

 最新のデジタルツールを活用したものづくりを学べる専門塾「Qremo(クレモ)」は、4月30日から5月5日の期間、ゴールデンウィーク特別講習「ゴールデンウィークイベント2016」を開催する。ロボットプログラミングを学ぶ講座や3Dプリンターで将棋の駒をデザインする講座など、さまざまなものづくり体験を用意している。

 「Qremo」は幼児から高校生を対象に、最新のデジタルツールを活用しながら「ものづくり」を学習・体験・発表することで、子どもの創造性を引き出すことを目的とした専門塾。2014年の渋谷校を皮切りに、現在は5校を開校しており、合わせて1,000名以上の子どもが定期コースに通っている。

 「ゴールデンウィークイベント2016」では、ロボットプログラミングや3Dプリンタを使いながらチームワークも学べる講座や、英語でコーディングを行い自分のオリジナルゲームを作る講座のほか、電子回路マーカーで光るペーパークラフト作りといった制作に没頭する講座などが用意される。遠方から参加したり、忙しい子ども向けの「1日集中する講座」も含め、全部で7つの講座・コースを開講予定。

 開催場所は、Qremo渋谷校、川崎校、横浜校、秋葉原校の4か所。講座により対象年齢は年長~高校生まで異なる。また、校舎ごとに開催講座・開催日時・定員が異なるため、詳細はQremoのWebサイトで確認が必要。各講座の申込受付もすでに開始しており、希望者はWebサイトから参加を申し込む。なお、各回ごとの定員設定が少ないケースもあるため、希望する講座には早めの申込みをお勧めする。

◆Qremo「ゴールデンウィークイベント2016」講座内容
申込方法:Webサイトの応募フォームから申し込む
※開催校舎、定員などはWebサイトで確認が必要
開講講座一覧:
【チームワークを学べる講座】
・チームでロボットをつくって、ちりばめられた財宝をあつめよう!
 対象年齢:小学1~4年生
 授業料:9,000円(税別)
 開催場所:渋谷校
・親子で作ろう!3Dプリンタで自分だけのかんたんしょうぎ
 対象年齢:小学1年生~高校生 ※親子で参加すること
 授業料:15,000円(税別) 
 開催場所:渋谷校

【制作に没頭する講座】
・全世界に公開!自分だけのオリジナルゲームを作ろう!
 対象年齢:小学5年生~高校生
 授業料:5,000円(税別)
 開催場所:横浜校
・電子回路マーカーで光るペーパークラフトをつくろう!
 対象年齢:小学3年生~中学3年生
 授業料:7,000円(税別)
 開催場所:横浜校
・ビスケットではじめてのプログラミングとアニメーションづくり
 対象年齢:年長~小学3年生
 授業料:5,000円(税別)
 開催場所:渋谷校、川崎校

【1日集中する講座】
・ゲームプログラミング1日集中!
 対象年齢:小学2年生~高校生
 授業料:12,000円(税別)
 開催場所:川崎校、横浜校
・はじめてのロボットプログラミング1日集中!
 対象年齢:小学4年生~高校生
 授業料:12,000円(税別)
 開催場所:川崎校、横浜校

【GWのお得な楽しみ方】日産ギャラリーでミニカーなどが当たるクイズラリーに参加する

日産自動車は、4月23日から5月8日まで、日産グローバル本社ギャラリーにて「ゴールデンウィーク・ファミリーイベント」を開催する。

ゴールデンウィーク・ファミリーイベントでは、ギャラリー内をめぐって答えを探すクイズラリーを実施。参加者には、抽選で日産のミニカーやオリジナルクリアファイルなどの賞品をプレゼントする。

また4月23日・24日には、新しい環境技術の体験教室「わくわくエコスクール」を開催。親子で楽しく地球環境と電気自動車について学ぶことができる。4月29日・30日には、日産のクルマに搭載されている先進技術を体験してポイントをもらう体験型スタンプラリーを実施。集めたスタンプで豪華賞品が当たる抽選会に参加できる。

子鉄も大興奮!楽チン渋滞知らずの電車で楽しむゴールデンウィークのススメ

みなさん、ゴールデンウィークのご予定はもうお決まりですか?今年は土日休みの方にとって最大10連休になりますので、今からワクワクしちゃいますね。

しかし、毎年思うのはどこへ行っても大混雑で逆に疲れちゃう事。特に車での移動は渋滞に巻き込まれて家に帰ってきたら深夜という事もしばしば。せっかくのお休みなのに大変だった思い出だけ残すのは嫌ですよね。そこで電車で楽に移動してゴールデンウィークを満喫するのはいかかでしょうか。

移動に時間を掛けず、目的地を堪能しよう!

電車移動のメリットは何と言っても定時運行。遅延も少なくて到着時刻が分刻みで分かるので予定も立てやすく、移動時間も決まっているからトイレの心配もありません。
さらに私のようにお酒大好き人間にとって、車とは違いお酒が入っても移動できる事はこの上ない喜び。
やっぱり牧場などに遊びに行ったら高原ビール飲みたいですもんね!

電車に変えるだけでご飯代が浮いちゃう!

電車移動だと場所によっては車移動より安く済んじゃう所もあります。
モデルケースとして、小学生の子供ひとりを含む3人家族が東京から千葉のマザー牧場へ遊びに行った場合。
車移動では高速道路料金往復10,720円にマザー牧場駐車料金900円、プラスガソリン代が掛かるのに対し、電車移動では東京駅から最寄り駅の君津駅まで、大人一人1,490円、こども一人740円、しかも駅から牧場までは無料送迎バスが運行しているので往復の合計金額7,440円。
なんと移動手段を変えるだけで4,180円以上も節約できてしまいます!
これなら牧場でのお昼ご飯とビール代くらい浮いちゃいますね!
しかも車で渋滞が無い場合と、電車とでは移動時間に差が無くゴールデンウィークの時期を考えれば、どちらが早いのかは一目瞭然。電車がおすすめです。

子鉄大興奮!穴場スポット

子どもが小さく長時間の電車移動がつらい、混んでる観光地は嫌だ・・・
そんな方に穴場スポットをご紹介します。それは新宿サザンテラス。
新宿駅は乗降者数世界一の巨大駅なので当然いろんな電車や特急がひっきりなしにやってくる。
これは電車が大好きなお子様、子鉄にとって夢の空間。大騒ぎ必至です。
そして休憩やお食事はサザンテラスからすぐの新宿高島屋がおすすめ。
9階には玩具・ベビー用品の他、屋上庭園があるので安全に走りまわれます。
なによりこれらの施設を使っても無料なのが良いですよね!

どこへ行くにも大混雑のゴールデンウィーク。移動手段や目的地を少し変えて節約しながら快適にストレスなく遊びに出掛けたいですね!

【2016GW】人気のドライブ先は日帰り温泉!では、平均予算は?

日本自動車タイヤ協会(JATMA)は、4月8日のタイヤの日を前に、20代~50代のドライバー男女400名を対象に「ゴールデンウィーク(GW)のドライブに関する意識調査」を実施した。

GWのドライブで最も行きたいところについては、「温泉、岩盤浴等」(20.5%)が最も多く、以下、「ショッピングモール、アウトレットモール」(19.8%)、「テーマパーク、遊園地等」(14.8%)が続いた。「温泉、岩盤浴等」は昨年の調査では2位(18.3%)だったが、2016年ではトップとなった。

行き先は、「市内(区内)」(53.0%)や「県内(都内、道内、府内)」(51.3%)など近場が人気で、滞在する期間は「日帰り」と回答した人が63.8%と最も多かった。ドライブの行き先の決め手は、「お金があまりかからないこと(節約できる)」が最も多い48.8%で、平均予算は「1万3949円」だった。また、60.0%の人が予算は「去年と変わらない」と答えた。

また、18歳以下の子どもと同居している女性に限定すると、ドライブの平均予算は「7746円」と下がり、行き先も「市内(区内)」(67.2%)や「日帰り」(68.9%)が全体結果より高い数値となり、「安・近・短」の傾向にあることがわかった。行き先は「テーマパーク、遊園地等」(27.9%)がトップとなり、子どもが喜ぶ行き先が人気を集めた。

GWのドライブで気をつけていることは、「安全運転」が最も多く69.8%。ドライブ前の事前メンテナンスについては、「タイヤの空気圧点検」が41.8%と最も多く、普段の運転前のメンテナンスと比較したところ、GWのドライブ前の方が「タイヤの空気圧点検」への意識が10%以上高いということがわかった。

タイヤの空気圧を日頃から運転する際に意識しているかを尋ねたところ、約7割の人が「意識している」と回答。しかし、タイヤの空気圧点検の適切な頻度である「月に一度以上」点検している人は38.8%に留まった。

タイヤの空気圧が低下した状態では、自動車燃費の悪化や偏摩耗、バーストなどのタイヤ損傷につながる。JATMAでは、適切なタイヤの空気圧管理等の重要性を伝えるため、「4月8日タイヤの日」をはじめ、年間を通したタイヤ点検の実施や、タイヤ使用管理リーフレット配布等の安全啓発活動を引き続き展開していく予定だ。

ランキング