ワンチャン、ネコちゃんのトイレ問題。ペットシートの節約法!

このレシピを実行して

500貯まる!
<材料>

・赤ちゃん用おむつ

・塩ビシート

・重曹

<How to>

1ペットシーツは手作りで

2消臭剤も手作りで

3ドッグランは無料で利用

※年間6000円(ペットシーツ代+消臭剤代)で月500円

5764.jpg

人間に癒やしを与えてくれる犬やネコ。でも、意外とかかるのがその費用です。病気になった時の費用はカットできませんから、普段の支出をカットするしかありません。そんな時、どうしたらいいのでしょうか。犬やネコとの生活をキープしつつ、節約する方法をお知らせします。

ペットシーツは手作り
例えばペットシーツ。ペットシーツは、手作りできます。手作りして、洗って使えるようにすれば、経済的ですね。おトイレは毎日のことですから、毎日交換する分を作って、ペットシーツとして使いましょう。作る素材などは、人間の赤ちゃんの布おむつなどを使ってみるといいでしょう。3層構造にして、1層目はおむつ、2層目はポリエステルの吸水層、3層めは塩ビシートにして、ペットシーツを手作りしちゃいましょう。また、ペットシーツの手作り品を売っている人もいますので、それを購入して使うのも、節約になりますね。3,000円ぐらいで売っているようです。

消臭剤も手作りで
重曹を使って、ペット用の消臭剤も手作りできます。重曹を瓶に入れて、布などでフタをすると、置き型消臭剤の代わりになります。無水エタノールと、水と、エッセンシャルオイルと、重曹の小さじ1杯で可能です。エッセンシャルオイルは、猫ちゃんの場合は、匂いを嫌う場合がありますので、最初は注意しましょう。また、カーペットなどの消臭にも重曹が使えます。重曹を直接カーペットなどにかけて、ゴム手袋をはめて軽くすりこみます。1時間ぐらい放置して、掃除機で吸い取ると匂いがとれます。

ドッグランは無料で
できるだけ、無料のところに行ってみませんか。市町村が運営しているところや、道の駅に併設されているドッグランでしたら、無料で使えるところも数多くあるのです。

まとめ
医療費以外は節約でそうです。いろいろなペットグッズはついつい買ってしまいますが、まずは手作りなどで代用できないか考えてみませんか。細かな出費も多いペット費ですが、工夫次第でだいぶ節約になりますよ。

画像一覧

執筆者

渡邊よし子

IT系企業勤務後、フリーライターとして活動。 得意ジャンルは、ニュース、経済、ITのテクニカルライター。エンタメ系からまじめな国際情勢まで、幅広く対応。

渡邊よし子

関連記事

関連記事

ペットと始めるひとり暮らし! ゲージをDIYして、コストと時間をセーブしよう!

社会人となって、憧れのひとり暮らし。ペット好きにとっては、ひとり暮らしになっても、ペットといっしょに過ごしたいですよね?そこで今回は、ペットといっしょに快適に過ごす方法をお伝えします。

意外と高いゲージ! DIYすれは半額以下に
ひとり暮らしの小さな部屋であっても犬にとっては自分の部屋であるゲージが必要です。でもゲージって意外と高いんですよね。最も安いのであれば5,000円以下で購入することもできますが、折り畳みタイプのものだったり、ある程度の大きさなどを求めると1万円~3万円程度かかってしまいます。
そこで、コストを抑えたいなら、ゲージをDIYで挑戦するのはいかがでしょうか?それも100円ショップのアイテムを使うとかなりお安く、手軽にゲージをゲットできます。

100円ショップで購入する3つのマストアイテム
100円ショップでゲージをDIYするには、まず以下のものを購入します。
1.ワイヤーネット
2.結束バンド(ジョイント)
3.補助アイテム

●ワイヤーネット
「ワイヤーネット」ですが、数種類のサイズを使うので、例えば「62×29.5cm」、「54×19cm」程度のサイズのものを購入しましょう。また、実は色やデザインもいろいろありますので、シンプルなモノ、デザイン性のあるものなど趣味に合わせて購入しましょう。なお、ワイヤーネットはメーカーによっては表面がビニールで被服されているケースもあります。犬がかじった際、汚くなってしまうこともありますので、表面がステンレス製のモノがおすすめです。

●結束バンド(ジョイント)
結束バンドも、DIYには必須アイテムです。また、ワイヤーネット同様、長さ・太さ・色など様々ありますので購入の際にはぜひ検討ください。また、結束バンドのほか、ワイヤーネット専用のジョイントと呼ばれるものもあります。内側に溝があり、そこにワイヤーネットを挿入することで丈夫にワイヤーネットの接続をすることができます。

●補助アイテム
また、ワイヤーネットの補助アイテムも売っています。ワイヤーネットをいくつか繋ぎ合わせるとまっすぐにならず、くねくねと曲がってしまうこともありますので、補助アイテムで補強しましょう。ケージの上には毛布などを置くこともあります。そんな時にも補助があれば強度的に安心ですね。

床には、こちらも100円ショップで売っているクッション性のシートなどを置くようにしましょう。また、サイズにもよりますが、カバーを上からかけてあげることで、ペットが安心して眠れる空間を作ることができます。

愛犬のためのゲージは手づくりするれば、デコレーションなどもお好みのスタイルにでき、よりペットとの一体感も強まります。そして浮いたコストは、いっしょにお出かけするときのための貯めておく。それは、ペットと有意義な時間とお金の使い方と言えます。

ペットのお世話に大活躍!コスパに優れた「赤ちゃん用おしり拭き」

新生活を機にペットを飼いだした方、新しいパートナーができて毎日が楽しくなりますね!仕事終わりに家に帰るとペットが待っていてくれるなんて、とっても癒されそうです。

ペットを飼い出して色々とペット用品を準備されているかと思いますが、正直、結構お金がかかります。特に、これからも買い続けるペットの日用品のことを考えると…。少しばかりですが、節約する方法をご紹介します!

ペットを飼うために必要な日用品
今後買っていかなければいけないペットの日用品といえば、トイレシートやウェットシート、洗剤など色々あります。どれもこれも、人用のものより若干高めのお値段なのが痛いところです。でも、可愛い相棒のため。使う量や頻度をケチるわけにはいきません。ただ、節約できるならしたいところですよね。

ペット用じゃなくてもOK!?代用品で節約できる!
ペット用のものがお高めなら、人用のもので代用できるものを探しましょう!ただ、パートナーのペットに何かあっては大変ですから、むやみに代用品を使うことは避けたほうが良いでしょう。そこで今回ご紹介したいのが、手足やおしり、汚れなどを拭き取るペット用ウェットティッシュの代用品。散歩に行ったあと、ちょっと汚してしまったあとなど使用頻度が高いものなので、結構節約になるはず。その代用品とはなんと、「赤ちゃん用のおしり拭き」!これがまた使えるんです。

どうして赤ちゃん用のおしり拭きなの?
赤ちゃんのおしり拭きをオススメする理由、それは、水以外のものは入っていないというところにあります。普通のウェットティッシュだと、アルコールなど水以外のものが含まれていたりするので、ペットの体に使用するには心配です。また、おしり拭きとあってサイズも大きく材質も丈夫。破れにくく、本当に使い勝手が良いんです。さらに注目すべきはそのお値段。ペット用のおしり拭きだと、80~90枚入り3パックで500円前後ですが、赤ちゃんのおしり拭きなら80~90枚入り3パックで300円前後。200円の違いは消耗品だと大きいですよね!これから、ペットに汚れふきはこの「赤ちゃんのおしり拭き」で決まりです!

新しい家族の一員!節約しながらペットを迎え入れる方法

犬や猫などのペットは、家族の一員という方も多いのでは。言葉が直接通じない分、人間同士とはまたちがったコミュニケーションをとれることもあります。ただ、血統書付の純血種は高い!数十万円することもざらです。

今回は、おうちにペットを迎え入れる際の節約ワザを紹介します。

■ちょっと大きくなった子を狙う

ペットショップでは、やはりかわいい盛りの赤ちゃん猫や赤ちゃん犬のほうが高く売れるようで、少し育った子は同じ種類でも値引きされていることがあります。小さすぎる子は病気のリスクも高いので、こういう子を狙うのも手でしょう。また、売れ残って育ちすぎた子は殺処分されるという話もあるようです。

ただし、生後半年の犬や猫というと、人間では幼稚園児くらい。ある程度しつけや性格も形成されているので、人になつきにくかったり、トイレなどを覚えさせるのに手がかかったりすることもあるようです。

■欠点は愛嬌と割り切る

純血種の犬や猫には、柄の出方や顔つきなどに一定の決まり事があり、それを外れると少し安くなることがあります。ちょっと鼻がつぶれている、目が離れている、柄がきれいじゃない……など、理想通りの姿じゃなくても、かわいい子猫や子犬であることに変わりはありません。繁殖用に購入するのでなく、単に家庭内の一員としてかわいがるのであれば、ちょっとブサイクでも、欠点は愛嬌だと割り切れれば、そういう子を手に入れるのも一つの方法です。

ただ、あまりに安すぎたり、悪質なペットショップから購入したりすると、ワクチン接種がされてなかったり、遺伝性の病気や手足に障害をもっていることもあるようです。気を付けましょう。

■愛護センターや保健所から引き取る

血統にこだわらないのであれば、この方法が一番安くペットを引き取る方法です。人間の都合で殺処分されるかわいそうな子を減らすためにも、ぜひおすすめしますが、団体によっては飼い主に独自の基準を設けており、一人暮らしやマンション住まいでは譲り受けられないこともあるようです。

ペットのストレス発散は「節約」「手作り」がキーワード!

ペットのストレス発散といえばお散歩。

でも、毎日お散歩に連れて行けないという方も多くいらっしゃいます。もちろん、お散歩でストレス発散してもらいたいけれど、どうしても無理な分、ペット用のおもちゃで少しストレスを紛らわせたり。最近はペット用のおもちゃもペットショップでたくさんの種類がありますし、購入して愛用させている方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、購入するにはお金がかかるものです。そこで今回は、お金をかけずにペット一緒に遊べるおもちゃを自作してちゃっかり節約する方法をご紹介したいと思います。

1. 気になるペットのストレスをチェックしよう
ペットのストレスって、一緒に住んでいれば、意外にわかったりするもの。でもついつい、放置しちゃったりしているなんてことありませんか。ワンちゃんの場合だと、無駄吠えのように分かりやすい症状意外にも、同じ場所をうろうろ歩き続けたり、しっぽをずーっと見続けたり、同じ場所をずーっとなめ続けているなんてこともストレスサインの特徴といわれています。万が一こんな症状が見受けられたときは、ストレスを解消してあげましょう。

2. 捨てればゴミだけどちょっとの工夫でお金をかけずに一緒に遊べる手作りおもちゃに
手作りおもちゃと聞くとなんだか難しそうだなって思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外にカンタンにできちゃうものです。

たとえば、空になったペットボトルだって、ワンちゃんにとってはおもちゃになっちゃいます。ペットボトルは柔らかいから噛ませても心配ないし、(飲み込まないように注意してあげてください)噛んだり触っただけでも音が出るので、ワンちゃんは興味を示します。さらに、ビー玉を入れて音を大きく出したり、ビー玉の代わりに、ペットボトルの中におやつを忍ばせておくと、おやつ欲しさにさらに熱中して遊んでくれたり。

あとは牛乳パックに折り紙を貼ってお絵かきして、お友達を作ってあげるなんてこともできちゃいます。どんな家庭でも出てしまうゴミでも、工夫次第でペットのおもちゃに変えられるので、ぜひトライしてみてください。

気になるペットのにおい…お金をかけずにきれいさっぱりにおいを消す方法!

日ごろの疲れを癒してくれたり、安らぎを与えてくれるペット。

一人暮らしの寂しさもペットがいることで紛れたりしますね。でも、ペットを買うのにもお金はかかるもの。お食事やお風呂。一緒に生活する家族と思えば気にならないかもしれないけれど、ペットの臭いも実は気になるもの。ペットの臭いを消すために、消臭剤を定期的に購入している方も多いのでは。今回はそんなペットの気になる臭いを、お金をかけずに消す方法をご紹介したいと思います。

1. お部屋の換気を小まめにして、空気の流れを作る
お部屋の中で一緒にペットと暮らしている方で、ペットのおトイレやカーペットやカーテンに染み込んだ臭いが気になるという方も多いと思います。ペット専用の消臭グッズも多いので、購入されている方は多いと思いますが、やっぱり臭いのもとから抑えておきたいものです。

ペットの臭いのもとは、体の表面で雑菌が繁殖することが原因です。そのため、日ごろのシャンプーで雑菌の繁殖を防ぐことは欠かせませんが、お部屋に充満した雑菌を換気して外に出すことも大切です。そのため、なるべくお部屋を換気して空気を入れ替えることで、雑菌を外に出しておくことをおススメします。

2. 重曹を使ってお金をかけずにお部屋の臭いをとる
ペットの臭いがしみこんでしまったカーペットやカーテンの消臭は、家にある重曹を使うことで安く済ませることができます。直接重曹を振りかけてこすって、1時間くらいたったら掃除機で吸い取ると、消臭剤と同じように消臭効果があります。また、空き瓶などに重曹を入れておくことで、お部屋に充満した臭いをとる効果もあるので、お出かけなどで家を留守にするときなど、換気ができないときなどは、重曹を消臭剤代わりに使って節約することをおススメします。加えて、ペットのおトイレの臭いにも重曹は効果を発揮します。ペットシーツに重曹を振りかけておいたり、猫用の猫砂に重曹を混ぜておくだけで効果があるので、ペットトイレの消臭にもおススメです。

ランキング