日用品は送料無料なクーポンサイトで!ポイントも貯めて一石二鳥!

5762.jpg

このレシピを実行して

1,200貯まる!
<材料>

・クーポンサイト

・インターネット

<How to>

1クーポンサイトで日用品の割引クーポンを探す

2クーポン購入で次の商品購入時に使えるポイントもゲット!

※日用品・冷凍食品2000円分が半額で最大200円引きになるクーポンで対象商品を購入した場合の割引金額

毎日使う日用品。必要なものだからこそ、買わざるを得ないけれど、やっぱり安く済ませたいものですよね。

近所のスーパーの安売りの日に買えればいいけれど、チラシを見逃してタイミングを逃しちゃったなんてこともけっこうあると思います。そんな方にも救いの手が。今回は、日用品を格安ゲットできる方法をご紹介いたします。

1.クーポンが使えるのはお店だけじゃない!日用品までもお得なクーポンサイトを利用
クーポンサイトというと、外食とか旅行とかをイメージされる方が多いと思いますが、今では日用品まで幅広い商品が取り扱われているんです。シャンプーや洗剤、冷凍食品、歯磨き粉など、大手スーパーのイオンの対象店舗で使える最大200円OFFのクーポンが配布されています。また、多くのクーポンサイトでクーポン購入額に応じて送料無料の場合が多いです。一度に複数のクーポンのまとめ買いをして、送料も無料で商品をゲットすると、さらにオトクになります。

2.クーポン購入でポイントまでもらえるからまさに一石二鳥!
クーポンサイトのいいところは、割安クーポンでお安く商品を買って終わりではなく、次の商品購入にも使えるポイントがたまるというところがあります。ポイントをうまく使えば、会社の近くのランチを割引で食べたり、クーポンサイトが提携している旅行サイトで割引で旅行できたりと、いろんな生活シーンでポイントを使いまわすこともできちゃいます。

3. まとめ
クーポンには利用期限が設けられていることがほとんどなので、必ず利用期限もチェックしましょう。せっかく割引になるとはいえ、使い切らなければ損してしまいますから。また、クーポンサイトといってもいろんなサイトがあります。複数のサイトを同時にチェックするのはとっても大変。色んなサイトから一番お得なクーポンを見つけたいという人は、クーポンサイトのまとめサイトをチェックしましょう。ただし、クーポンには先着順で○○名、○○点までと制限がある場合もあります。日用品の場合は、なくなってからクーポンを探すのではなく、なくなる数週間前くらいからオトクなクーポンを探しておくといいと思います。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

篠田和也 (しのだ かずや)

雑誌社勤務後、フリーライター転身。主に、カルチャー、音楽系のWEB媒体、雑誌など中心に活動する。

篠田和也

関連記事

特集

関連記事

まさかの異動、食事場所の新規開拓にクーポン共同購入サイトを利用するという選択肢

春は出会いと別れの季節であり、環境が大きく変わることも多いです。

人事異動で新しい土地に行くことも然り。住み慣れた街を離れ、新しい土地に行くというのは期待とともに不安も多いはずです。外食の時も行きつけのお店などはもちろんなく、困ってしまいますね。そんな時は、クーポンを使って、新規開拓にチャレンジしてみましょう。

1. クーポン共同購入サイトとは
クーポン共同購入という言葉が日本で流行り始めたのは2010年、アメリカのグルーポンが日本でサービスを開始した年です。そもそもクーポン共同購入とは、大量かつ事前にクーポンを購入することでお店も見込み客を得ることができ、大幅な割引をすることができる仕組みです。また、一部のお店は一度来てくれたお客さんがリピートしてくれることを目的とした宣伝の一環として、赤字覚悟の大幅値引きを行っている場合もあります。なので、我々ユーザーにとっては非常にお得なサービスなのです。ただし、共同購入の枚数が既定の枚数に達しなかった場合には不成立になったり、クーポンの購入期限が短かったりといった制約がある場合もありますのでご注意ください。
日本では有名なところだと前述のグルーポンやリクルートのポンパレ、楽天グループの楽天買うクーポン、くまポンやLUXAなどがあり、大小さまざまなクーポン共同購入サービスがあり、飲食店だけでなく日用品やエステにホテルなどのクーポンも取り扱うなど、ジャンルも多岐にわたっています。

2. 新しい土地でお得なクーポンを購入する
今回は新しい土地でお店を新規開拓するというケースです。インターネットで“クーポン共同購入”など検索してみればたくさんのサイトがヒットするかと思います。たとえばグルーポンであれば、まずはメールアドレスのみ登録が必要ですが、エリアとジャンルを絞り込むことで、該当のクーポンが出てきます。あとは購入するだけ。簡単ですね。
今回、エリアを大阪、ジャンルをグルメで調べてみたところ、ふぐづくしのコース料理が半額となるクーポンがあり、およそ5,000円お得になっています。なかなかのものですね。他にも肉やお酒、ランチやディナーなど様々なクーポンを発見できました。新しい土地でお店を探しつつお得なクーポンも使えるということで、利用しない手はありません。
昨今は比較サイトなど飲食店を探す際に参考となる情報が増えていますが、やはり最終的に判断するのは自分の舌。味だけでなく雰囲気や接客など、一度試してみないと分からないことも多いです。そんなときこそクーポンでお得に新規開拓。お店もリピーター獲得に必死なのでクーポンだろうと本気の接客をしてくれるはずです。新しい土地で新たな出会いを楽しみましょう。

おしゃれは指先から!共同購入を利用して安く本格ネイルを体験しちゃおう!

指先が綺麗だと全体の印象も良くなるものです。今年は指先のケアや、サロンで本格的なネイルに挑戦してみませんか?

「でも、ネイルってよくわからないし高いから簡単には始められない…。」そんなあなたにオススメなのが、共同購入サイト。破格のお値段で本格ネイルを体験できます!

1ネイルサロンの相場
ネイルサロンで行う工程はざっくり以下のとおりです。
カウンセリング→爪の下処理(ネイルオフ込)→デザインの決定
→ネイルの施術→アフターケア
爪の状態をみながらどういったデザインにするかなどを聞いてくれますので、そこでデザインのイメージや希望することを伝えていき、実際に施術してもらうのですね。上記の工程をすべて含むネイル施術の相場は、通常のカラーなどで約6000円~7000円、ジェルネイルともなると10000円以上するプランも多いです。初めて挑戦するにはちょっと高い印象ですよね。

2共同購入サイトで格安プランを探そう
ポンパレ、ルクサ、グルーポンなどの共同購入サイトには、グルメや通販品のお得チケット以外にも「ビューティー」ジャンルが豊富なことをご存知ですか?最近ではジェルネイルなどの流行から、ネイルサロンもたくさん格安チケットを出しています。注目すべきはその割引額です!
<例1>
通常価格12900円のプラン→69%OFFの4000円に
こちらはルクサでみつけたプラン。ネイルオフ、ジェルフレンチネイルと40種から選べるアート4本、さらにハンドマッサージつきという贅沢なプランでした。
<例2>
通常価格8640円のプラン→65%OFFの2980円に
ドライケア(甘皮処理・ファイリング)、デザイン・アート、ジェルコーティングのプラン。こちらはネイルオフがオプション(別料金)で選べます。ネイルをしていな自爪の方はこちらのプランでも良さそうですね。

いかがですか?今回ご紹介した2つの例では5000円以下で本格ネイル体験ができちゃいます。これなら飲み会や豪華ランチを1回我慢すれば捻出できる金額。指先が綺麗だと、普段の仕事も気合が入って良い方向に進むかもしれませんよ。

こんなに安くなるの?!共同購入でお得に外食へ出かけよう!

家庭料理もいいけど、たまには外食もいいものですよね。

どうせなら、おいしいと評判のお店にいって思いっきり楽しみたいものです。とはいえ、節約家の人にとってはお金のことが気になってお店一番の人気メニューにはちょっと手が出ないかなぁなんて、考えてしまうものです。できることなら、お金のことは気にせず、お店のおいしいお料理を楽しみたいですよね。そこで、今回は、お得な価格で外食を思いっきり楽しめる方法をご紹介したいと思います。

1. 共同購入クーポンサイトを利用する
SNSやニュースなどでも話題になった共同購入クーポン。一定の人数以上でクーポンを共同購入することで、お店のサービスが大幅割引されるお得さがウリです。半額以下は当たり前で、なかには90%OFFというクーポンもあるほどです。「事前購入クーポン」とも呼ばれていて、サービスを利用する事前に料金を支払うというのが特徴です。また、万が一そのクーポンの利用者が定員に満たなかった場合はクーポン料金の支払いは発生しないので、ユーザーのデメリットが少ないというのがポイントです。また、飲食店の場合、特定の料理メニューやコースが限定されているクーポンもあるので、予定外の出費も防ぐことができます。では、おススメのクーポンをうまく見つけて利用するにはどうしたらいいでしょうか。

2. まとめサイトを利用する
共同購入クーポンサイトは数多くのサイトがあります。利用する際にはそれぞれのサイトにユーザー登録し、使いたいと思うクーポンを探しますが、たくさんのサイトにクーポンがあるのですから、欲しいクーポンをつい見逃してしまったり、発見したときにはすでに完売していた、なんてことも多くあります。そんな時に便利なのが、共同購入クーポンサイトのまとめサイトです。エリアやジャンル別に一覧でクーポンを比較検討できるので、どれが一番お得なのかも一発でわかってしまいます。また、ユーザーの口コミなども掲載されているので、サイトの使い勝手や評価も気になるという方は、ぜひクーポンサイト利用の前に、まとめサイトの情報もチェックしてから利用しましょう。

日用品費用を節約するための3つの考え方

日用品は、他の費用と比べても特に削りにくいお金なのではないでしょうか。必ず使うものですから「ムダ買い」を防ぐことくらいしかできないのでは、とお思いの方も多いかもしれません。ここではそんな日用品の節約方法をご紹介します。

1.1個当たりの値段を計算してみる

まずは、基本的な方法ですが、トイレットペーパー、ティッシュなど複数入っているような消耗品の場合は「1個当たりの値段」を計算して購入する癖をつけましょう。

合計金額で「こっちの方がなんとなくお得」と感じるから買うのではなく、1個当たりの金額で調べると、実際の感覚をつかみやすいです。

また、量にも注意が必要。たとえば、8ロール入りのトイレットペーパーと12ロール入りのトイレットペーパーが同じだった場合。当然12ロールを購入すると思いますが、実は8ロールで12ロールのトイレットペーパーと同じ量がある…というケースも。

量と値段を分解して計算するのがポイントです。

2.消耗品は詰め替えを利用する

こちらも基本的な方法ですが、シャンプー、リンス、ボディソープなどの消耗品は基本的に詰め替えを利用しましょう。

たとえば、イトーヨーカドーネットスーパーで「花王セグレタシャンプー」を本体と詰め替え用で比較してみます。

本体が10mlあたり22.5円であるのに対して、詰替え用は20.8円と1.7円の節約になります。

仮に1,000ml(本体約3回分)使った場合で比較してみるとその差額は170円。小さい金額に思えるかもしれませんが、この小さな節約をシャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープ…とさまざまな日用品で試すと、結構な金額になるはずです。

3.ベースのポイントカードを決める

日用品は毎月必ず購入することが多いですよね。ですから、「買う場所」を選ぶのも一つの方法です。

使う現金を抑えるのであれば、とにかく安い店を探すのが良いでしょう。しかし、買った金額は通常通りであっても、ポイントがつく買い方をすれば付加価値がつきます。

よく行く商業施設やスーパーなどを「ベースの買い物場所」とします。たとえばイトーヨーカドーやセブン-イレブンをよく利用する場合、nanacoカードのポイントを溜めることが出来ます。

普段の買い物に加えて、日用品もそちらで買ってみます。1ヵ月に1万円分の日用品を購入すればポイントは100円分。1年で見ると1,200円となり、トイレットペーパー4パック程度の節約になるのです。

2015.6.15更新

ふるさと納税で被災地を応援!

被災地のためにできること。

被災地のためにできることとして、支援金や義援金を送りたいけれど、じぶんたちの家計を考えるとあまり多くのお金は工面できない…そんな風に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんなときは、「ふるさと納税」を利用して、毎年払う税金で被災地を応援するという方法があります。

「ふるさと納税」は、じぶんの選んだ自治体に寄付をしたとき、寄付額のうち2,000円を越える部分について所得税や住民税が控除される制度。つまり、被災地に寄付をすると金額に応じて支払う税金が安くなるのです。一般的には、寄付のお礼として特産品などが送られてくることでよく知られた制度ですが、被災地への寄付の場合は感謝の品の送付を辞退するのが親切かも知れません。

税金がいくら安くなるかは家庭ごとに異なりますが、例えば年収700万円の会社員と専業主婦の妻の世帯で3万円を寄付すると、税金が2万8,000円下がることになります。じぶんのケースを知りたい場合は、下記のWebサイトが役立ちます。

総務省:ふるさと納税のしくみ

総務省:全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安

総務省:寄附金控除額の計算シミュレーション

また、ふるさと納税制度では、自治体が寄付の証明書を発行するなど事務作業が生じて役所の仕事を増やしてしまう心配がありますが、茨城県境町や福井県などではその事務手続きを代行しています。

茨城県境町:「平成28年熊本地震」緊急支援事業

福井県:熊本県への災害支援寄付(ふるさと納税)の受付を行っています

なお、原則として「ふるさと納税」は確定申告を行う必要がありますが、本来確定申告の必要がない会社員などについては、あらかじめ申請することで確定申告をしなくてよい「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用できます。

総務省:ふるさと納税の流れ

ランキング