【2016GW】まだ間に合う!渋滞知らずで楽しめる関東近郊の無料イベント

5846.jpg

このレシピを実行して

1,400貯まる!
<材料>

・ゴールデンウィーク、無料イベント、イベント情報サイト

<How to>

1予約不要の無料イベントを探す

2近郊のイベントをえらんで移動にかかる時間とお金を節約

※多摩動物園に大人2人、子ども1人(中学生)で行った場合
通常:大人600円×2=1,200円 + 子ども(中学生)200円=1,400円
無料開園日に行くと、1,400円節約になる。

いよいよゴールデンウィークも後半に突入です。

予定もなく、どこにも行っていない人もいますか?そんなこともあろうかと、しっかり情報を押さえておきました。関東近郊で行われるゴールデンウィークのイベント、しかも、参加料などが無料の超お得イベントを!これを読んで、早速計画を立てましょう。

■関東近郊の無料イベントに出かけよう
ゴールデンウィーク直前で予定が決まっていない人のために!お金を使いたくないから出かける予定がなかった人のために!ご紹介しましょう、関東近郊ではこんな無料イベントが開催予定です。

・4日と5日は無料公開日!「多摩動物園」
5月4日のみどりの日と5日の開園記念日は、通常一般で600円、中学生200円など入園料が無料になります。他にも、国営昭和記念公園や上野動物園も、ゴールデンウィーク期間中に無料で入場できる日があるので、お近くの動物園や公営施設で無料開放日がないかチェックしてみてください。

・水戸のらーめんまつり2~炎のラーメンウィーク~
茨城県水戸市で5月3日~8日まで開催される、ラーメンイベント。全国各地の有名ラーメンが集結。1杯750円のラーメンチケットを購入して好きなラーメンと引換可能。ラーメン以外にも、歌やダンス、パフォーマンスショーなどが随時公演されるので、一日楽しめるイベントです。このようなグルメイベントも、近場で開催されていないか要チェックですよ。

・ミニ四駆ジュニア大会
5月5日にビッグカメラ宇都宮本店で開催される、ミニ四駆のジュニア大会第2回目。参加無料で、参加者全員にお菓子とイベント時に撮影した写真がもらえるとのこと。男の子だけでなくお父さんも楽しめるイベントですね!他にも、サッカー教室やひまわりの種まき体験など、体験型のイベントでも参加無料のイベントがあるので探してみてください。

■遠出はしないであえて近郊にする理由
遠出となると、飛行機や新幹線はもう満席。高速道路は大渋滞で、楽しいおでかけがどんよりしちゃいがちです。その点、近郊へのおでかけなら高速道路を使わずでも行くことができますし、たとえ高速道路を利用したとしても、短区間で渋滞も避けられる可能性があり、さらに高速代もあまりかからずに済むというメリットが。移動時間が短ければ短いほど、運転や移動の疲れが減って、イベントそのものをより楽しめます!

さて、関東にお住まいの皆さん、近郊の無料イベント情報はゲットできましたか?WEBサイトなら、「ウォーカープラス」や「いこーよ」で検索すると、今回ご紹介した様な結果がでてきますよ。ゴールデンウィーク直前でもまだ間に合う!お得に楽しいお休みを。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

特集

関連記事

一級夜景鑑賞士がおすすめ!GWの東京穴場夜景攻略1【夜景空間〜夜景の全てを活用するコラム〜第十五回】

東京では桜が散ったかと思えば、すぐにGWで本当に時の早さを実感する日々ですね。
GWはお出かけする方が多いと思いますが、今回は「もうありきたりな夜景は大体行った。今度はみんなが行ったことがない夜景がみたい!という夜景スポット」を厳選してご紹介します。

1.サンシャイン60展望台
今年のGW大本命だとおもいます。約1年間のお休みを経て今年の4月に帰ってきた、池袋にあるサンシャイン60展望台。

この展望台は360°東京を見渡せる夜景はもちろん、ガラス張りの出窓に立って夜景を見ることが出来るので、まるで空中に浮いているような感覚を味わうことが出来る素晴らしい展望台です。実際にそこに立って両手を広げると、一瞬だけまるで世界を制した気分になります。(すぐに現実に戻ります。)本当にお帰りなさいと言いたいです。

さらに今回リニューアルのコンセプトは「見るだけの展望台」から「体験する展望台」ということで、バーチャルグラスと動く装置が連動してジェットコースターのように東京の景色を堪能できると言う、「TOKYO弾丸フライト」なるアトラクション等が新たに設置されたそうです。

立場的にこれだけは言いたくありませんでしたが、もはや夜景関係無しで楽しめる場所になっていると思います。

公式サイト

2.プリンスパークタワー東京 ステラガーデン
「東京タワーが一番綺麗に見ることが出来る場所」として有名な浜松町駅直結の展望台「シーサイドトップ」という場所があります。しかし実はもっと間近で東京タワーをゆっくりと鑑賞出来るBarがあります。

それは芝公園にある「プリンスパークタワー東京」というホテル内にあるスカイランジ・ステラガーデンというBarです。とにかく立地が最高で、そこには見切れんばかりの東京タワーが目の前に。周りに高い建物も少なく、Barの雰囲気も最高なのですが、そこまで有名じゃないのが嬉しく、誰にも紹介したくなくて今まで黙っていました。。。

今年のGWが長いことが嬉しい記念でこっそりと教えておきます。(笑)定番スポットではないはずなので、是非利用してみて下さい。

公式サイト

文字数がいっぱいになってきたので、残りは後半戦で。

もちろんGWなので、混雑することは予想されます。各自でご確認した上で、よろしくお願いします。

GWはビールで楽しむ!麦好きのあなたに進める3つのビールフェス

GWはみんなで乾杯!ビールイベント3選!

いつの間にか汗ばむ陽気で気温も上昇!ビアガーデンにはまだ早いかもしれませんが、せっかくの連休!今日はビールを飲むぞ!そんな一日があってもいいじゃないですか。

今回はマネーゴーランド編集部が独断で選んだ、関東のGW期間中のビールイベントをご紹介いたします。

1.お台場オクトーバーフェスト
近年のビールイベントの代名詞といえばオクトーバーフェストでしょう!もちろんGW中も開催されています。期間は4月28日(木)~5月8日(日)、お台場のシンボルプロムナード公園(セントラル広場)にて開催されます。もちろん入場は無料です。(会場内飲食は有料です。)http://www.oktober-fest.jp/odaiba_spring/

2.大江戸ビール祭り
昨年は旧東京電機大学跡地で開催されていた大江戸ビール祭りですが、今回はベルサール高田馬場にて開催されます。期間は4月29日(金・祝)〜5月8日(日) までのGWフル活用です。こちらも入場は無料です。(会場内飲食は有料です。)http://oedo-beer-festival.jp/

3.横浜フリューリングフェスト
こちらは横浜赤レンガ倉庫にて開催されます。ビールはもちろんですが、ジャンプゾーンやバブルボールといったアトラクションやお子様向けのワークショップも催されているのでお子様連れでも楽しめると思います。期間は4月29日(金・祝)〜5月8日(日)となっております。http://www.yokohama-akarenga.jp/yff2016/

全国各地で開催されているビールフェス。この機会にアクセスの便利なところでいろいろなビールを飲み比べてしまうのも楽しいと思います。

【2016GW】こどもの日は美術・音楽・寄席も揃う、横浜でアート鑑賞

 5月5日のこどもの日、横浜では子ども向けのアートイベントが数多く開催される。横浜美術館は観覧料が無料となるほか、子どものためのオーケストラコンサートや、寄席など、さまざまなイベントが横浜市内各地で予定されている。

 横浜美術館では、5月5日に無料開館を実施し、すべての来館者の観覧料を無料にする。現在、企画展「複製技術と美術家たち-ピカソからウォーホールまで」と、女性アーティストに焦点を当てた「コレクション展」を開催しており、子どもでも十分に楽しめるマティスやクレー、ピカソ、デュシャンなどの作品が展示されている。横浜美術館前の広場「美術の広場」では、「海」をテーマにしたリニューアル工事が完成し、大水面では噴水やミストを楽しめるほか、ベンチや芝生も整備されている。

 横浜みなとみらいホールでは、毎年こどもの日に子どものためのコンサートを開催している。2016年は「オーケストラ」をテーマに、横浜出身の俳優である谷原章介がプログラムをナビゲートする。1日2回公演となっており、1回目の公演は0歳から入場可。2回目の公演には、楽器を持ってきた子どもがステージ上でオーケストラと演奏できるコーナーも用意されている。

 横浜にぎわい座では、これまでの均一料金を改め、子どもやシニア料金を新たに設定。幅広い年齢の人たちが気軽に楽しめるようになった。寄席のネタはその日の客層を見て決めるため、子どもの来場が多い日には、子どもにも面白い落語が上演されるという。ほかにも、曲芸や漫才、マジックなどの演目もあり、家族で楽しめる。

 4月1日より小・中学生の入館が無料となった大佛次郎記念館では、「昭和のあそび」をテーマにした企画展を開催。メンコやすごろく、福笑いなどを実際に体験できる。また、横浜市民ギャラリーあざみ野では、ワークショップ「帽子をつくろう」が開催される。誰でも参加できるが、未就学児は保護者同伴。参加費は無料。

 イベントやワークショップ、コンサート、展覧会など、横浜のアートな子ども向けイベントは、横浜市芸術文化振興財団が運営するサイト「ヨコハマ・コドモ・アートナビ」で検索できる。

◆企画展「複製技術と美術家たち-ピカソからウォーホールまで」
会期:4月23日(土)~6月5日(日)
場所:横浜美術館
開館時間:10:00~18:00
入場料:一般1,300円、大学・高校生700円、中学生400円、小学生以下無料、65歳以上1,200円(要証明書) ※5月5日(木・祝)は無料開館

◆こどもの日コンサート2016 ドキドキ、ワクワク、オーケストラってすごい!
日程:5月5日(木・祝)
場所:横浜みなとみらいホール 大ホール
開演:1回目13:00、2回目15:30
料金:
1回目/0歳~小学生1,000円、中学生以上2,500円 ※0歳から要チケット
2回目/小学生1,000円、中学生以上2,500円 ※未就学児の入場は不可

◆「横浜にぎわい寄席」新料金
一般2,800円、シニア(65歳以上)2,700円、学生(高校生以上)1,500円、子ども(中学生以下)1,000円、障がい者手帳を持っている人(同伴者1名まで同料金)1,500円
※当日、仲入り後(15:15頃)から、2,000円で入場可能

◆大佛次郎記念館
入場料:高校生以上200円、小・中学生無料 ※20名以上の団体は高校生以上150円
※第2・第4土曜日、毎月23日「市民読書の日」は高校生無料
※横浜市内在住の65歳以上の人は無料(要証明書)
※障がい者手帳を持っている人と、同伴者1名までは無料(受付で手帳を提示)

◆ワークショップ「帽子をつくろう」
日時:5月5日(木・祝)11:00~15:00
場所:横浜市民ギャラリーあざみ野
対象:誰でも可(未就学児は保護者同伴)
料金:無料

【代官山春花祭2016】 GWは代官山エリアでマルシェやアート、ライブを堪能!

代官山全体でアートやマルシェなどの出展が行われる「代官山春花祭」が、5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)に開催される。

代官山エリアの一体感を象徴する代表的な催しである同イベント。代官山を愛する人々同士のより良い付き合いを育くむことによって、代官山の「代官山らしさ」「都市の洗練された生活」をより一層向上させてゆくことを目指し、今年で10回目を迎える。

イベントでは、代官山エリアの居住者やショップ、ライブハウスなど、代官山にゆかりのある人々が集まり、マルシェやアート展示、ライブパフォーマンスや各ショップの企画販売などが行われる。

10回目の今回は、「観よう 聴こう 愉しもう」をテーマに、代官山坂で行われる「春花祭マルシェ」や「ひまわりガーデン代官山坂タネ植え」、「代官山時間旅行ーPART2ー」と題し実施される映像上映、そしてエリア内各ステージで実施される音楽やダンスのパフォーマンスなど、様々な催しが展開される。代官山への愛に溢れた本イベント、GWのお出かけ先としてぜひチェックしてみて。

「代官山春花祭2016」は、5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)開催。

発表!お金レシピ番付(2016年4月10位~6位)

電力自由化、新社会人、エイプリルフール、ふるさと納税、など、4月もお金に関するニュースに事欠きませんでした。

その4月にみなさんが注目したマネーゴーランドのお金レシピを編集部がランキング!効率よく節約し、お金をしっかり稼ぎ、正しい知識で賢く増やす。シンプルだけどいちばん確実な、お金持ちへの道標の厳選した人気記事をピックアップしました。まずは、ランキング10位から6位の発表です。

●10位 「失業した時の国民年金保険料は、特例免除を申請 」
10位にランクインしたのは、社会保険労務士でファイナンシャルプランナーの菅田芳恵氏の記事。会社を辞めて厚生年金から国民年金に換わるとそれまで給料から天引きされたいたのが、自分で支払うことになります。保険料の免除申請をすることで支払いを免除できます。4月の新年度は、新社会人が入社したり、退職や人事異動など、人の出入りが激しい時期です。それに伴う社会保障や制度への関心が高まりました。

●9位「みんなの財布の中身は10,000円前後!?〜みんなのお金に関する境界線 Vol.3 
9位はマネーゴーランド編集部のアンケート「みんなのお金に関する境界線」の第3弾「あなたの財布」が入りました。他人の財布の中身とても気になりますよね?1万円前後が一番多いという結果になりました。この結果、どう思いますか?

●8位【ペットのおかね】初めてのワンコ!最低でも必要なもの 
8位は、ファイナンシャルプランナー中村薫氏による好評シリーズ【ペットとお金】の記事がランクイン。ペットを飼うのははじめてという初心者向けに、いったいどれくらいかかるの?といったお金のことから、実際に必要な飼い方のコツまでていねいに教えてくれます。かわいいペットと暮らすには、1ヶ月約1万円前後、1年間で12万円ほどかかることも家計に盛り込むこともお忘れなく。

●7位 業務用スーパーでまとめ買い&小分け・冷凍テクで食費を最大3割減! 
7位は吾郎さんの節約記事が入りました。引越しして新生活を始めると何かとお金がかかります。そこでいちばんの節約テクは自炊で食費を減らすこと。週末に業務用用スーパーでまとめ買いして、小分けで保存。まとめて作って冷凍という、ひとり暮らしの王道テクニックが注目されました。

●6位 元・引っ越し屋が教える「ここだけの引っ越しテク4選」
年度末、新生活で多いのが「引越し」。多彩な前職を持つ編集部の中になんと引越し業界出身者がいました。業界出身だからわかる引越しのテクニックを伝授しています。引越しはむしろ、ゴールデンウィーク後が狙い目です。

いかがでしたか?新年度、春らしい記事がランクインしていましたね。気になる上位5位のお金レシピ番付もぜひご覧ください!。

★お金レシピ番付(2016年4月5位~1位)はこちら

ランキング