【子どもの遊びに関する意識調査」】外遊びの機会減少と乳幼児のおもな遊び相手は母親という現実

5823.jpg

 ほぼ100%の母親が子どもの「外遊びは重要」だと考えている一方で、子どもが屋外で遊ぶ機会について、母親が同じ年齢だった時期と比べると「自分の方が多い」と感じている母親が半数以上にのぼることが、ボーネルンドの調査より明らかになった。

 ボーネルンドは、5月5日の「こどもの日」を子どもの健全な成長について大人全員が考える日にし、社会全体が子どもの遊びの大切さや子育て環境を見直すきっかけにするよう提案している。2016年4月中旬に行われた「子どもの遊びに関する意識調査」は、全国の0歳(生後6か月以上)~4歳の子どもを長子に持つ20代から40代の母親を対象にインターネット調査を実施。1,030人から回答を得た。

 子どもの成長にとって、屋外で遊ぶことが重要だと思うかを聞いたところ、「とても重要だと思う」「まあまあ重要だと思う」と回答した人は98.5%と、ほとんどの母親が「外遊びは重要」だと認識していた。また、自宅以外で子どもと日常的に遊べる場所がどのくらいあるかを聞いた質問では、「2か所」「3か所」と回答した人が54%、「1か所」「ない」と回答した人は21%だった。一方で、「5か所以上」という回答も16%あり、子どもの日常的な遊び場所の数には格差があることがわかった。

 子どもの遊び場所を尋ねると、「近くの公園」や「自宅/室内」がそれぞれ全体の7割以上と多く、そこで遊ぶ時間は「近くの公園」で、「30分未満」「30分~1時間未満」が63.3%。「自宅/室内」では、「2時間~2時間半未満」「2時間半~3時間未満」「3時間以上」が合わせて56.6%にのぼり、多くの子どもが日常的に長時間、自宅の室内で遊んでいる状況が明らかになった。屋外での遊びの内容でもっとも多かったのは、「ブランコやすべり台など設置された遊具を使った遊び」で71.8%。ついで、「どろんこ遊びや砂遊び」46.3%、「ボールなど遊び道具を使った遊び」44.2%だった。

 現在、子どもが屋外で遊ぶ機会について、自身が子どもと同じくらいの年齢だった時期と比べて増減があるかを聞いたところ、52.6%が「自分の方が多い」「どちらかというと自分の方が多い」と回答した。その理由として、「屋外の治安や安全面に不安がなかった」64.9%、「近所に屋外で一緒に遊ぶ仲間がいた」61.3%、「近所に遊べる公園や場所があった」54.4%が全体的に多くあげられた。母親の年代別に見ると、20代は「近所に遊べる公園や場所があった」が6割以上、30代後半では「屋外の治安や安全面に不安がなかった」が7割以上と、ほかの年代に比べて高い割合だった。

 子どもの遊び相手を聞くと、平日・休日(父親の休みの日)ともに「母親」がおよそ9割。平日は2割程度の「父親」は、休日では9割に近かった。一方、平日の遊び相手に「同年齢の子ども」が32.4%、「異年齢の子ども」が15.7%と少なく、「1人で遊ぶ」という回答も平日で29.1%、休日で22.8%と、子ども同士で遊ぶ機会が少ない現状が明らかになった。

 子どもが生まれる前に「子どもの遊び」についての情報を得る機会について、「とても十分だった」「まあまあ十分だった」と回答した人は15.6%と非常に少なく、「あまり十分でなかった」「まったく十分でなかった」と回答した人は55.3%と半数以上にのぼった。

 また、子どもを遊ばせる際に困っていることを聞くと、「同年齢/異年齢と遊ばせる機会がない」が26.4%ともっとも多く、ついで「どんな遊びをさせてあげればいいかわからない」20.0%となった。子どもの年齢別では、子どもの行動範囲が広がる4歳児の母親は「安心して遊ばせる場所がない」が23.3%、他者との接点も増えてくる2歳児では「同年齢/異年齢と遊ばせる機会がない」が36.4%、子どもと接する経験が浅い0歳児の母親は「どんな遊びをさせてあげればいいかわからない」が31.3%とそれぞれ最多となり、子どもの年齢や発達段階によって、遊びに関する悩みが異なっていた。

 子育てが充実していると感じたり、喜びを感じたりする場面について尋ねると、「子どもの成長を感じたとき」や「子どもの笑顔や楽しそうにしているとき」が全体的に多かった。また、0歳児の母親は、初めての子育ての中で身近な家族や友人と子どもや子育てに関して共感できたときに喜びを感じ、子育てを数年経験した4歳児の母親は、子育てを通して人間関係が広がったときや自身の成長を実感したときに満足感を感じていることもわかった。

 子育てがしやすい環境が整うために必要なことを尋ねると、「家族のサポート」78.5%、「地域や自治体のサポート」63.9%、「親子が安心して集える場所(親子で一息つける空間や遊べる場所など)」58.7がどの年齢でも高かった。年齢別では、0歳児の母親で「地域や自治体のサポート」「勤め先の職場環境改善や子育てに関する理解」「子育てでの相談や情報は得られる場所」「幼稚園/保育園の増設」が、4歳児の母親では「防犯対策など安全・安心なまちづくり」がほかの年齢に比べて高かった。

 ボーネルンドでは「三間(時間・空間・仲間)」を保障することが、遊びを通した自己表現の達成や他者への配慮といった経験を生み出し、子どもたちの健やかな成長につながると考えているという。今後も、遊びが生活の中でさらに身近な存在となり、社会のインフラの1つになるよう、遊び環境づくりに取り組んでいきたいとしている。

画像一覧

  • 自宅以外で、子どもと日常的に遊べる場所はどのくらいあるか
  • 子どもの成長にとって、屋外で遊ぶことは重要だと思うか
  • 子どもといつもどこで遊んでいるか/そこで遊ぶ時間が1日に占める時間はどのくらいか
  • 屋外で子どもが遊ぶ際、どんな遊びをすることが多いか
  • 現在、子どもが屋外で遊ぶ機会について、自身が今の子どもと同じくらいの歳だった時期と比べて増減があるか
  • 子どもが屋外で遊ぶ機会について、自身が今の子どもと同じくらいの年齢だったとき、「自分の方が多い」「どちらかというと自分の方が多い」と感じた理由で、考えられるもの
  • 子どもは、いつも誰と遊んでいるか(平日/休日)
  • 子どもが生まれる前に、「子どもの遊び」についての情報を得る機会は十分だったか
  • 子どもを遊ばせる際、1番に困っていること
  • どのような場面で、子育てが充実していると感じたり、喜びを感じたりするか
  • 子育てがしやすい環境が整うには何が必要だと思うか

提供元

関連記事

関連記事

子育てのしやすい街ランキング決定、23区トップは?

 東京23区の「子育てのしやすい街ランキング」は、練馬区が1位となったことが、不動産・住宅情報サイト「HOME'S」を運営するネクストが4月13日に発表した調査結果よりわかった。公園の数が多い点や、保育園の定員数の前年比増などが評価された。

 子育てのしやすい街ランキングは、保育園数や保育所定員数、待機児童数、待機児童数の対前年増減、今後の増加見通し、小児科の数、都市公園の数、犯罪の少なさの8項目をそれぞれ偏差値化し、その平均で得点を算出した結果によるもの。

 1位の「練馬区」は、待機児童数は23区中14位であるが、公園の数が多い点や、保育園の定員数の前年比増などが高得点につながった。僅差で2位となった「大田区」は、平成26年から平成27年の待機児童数の大幅な減少が高く評価された。3位の「江東区」は、小児科や保育園の数は平均的だが、保育園の今後の増加見通しが期待できるため上位にランクインした。

 得点が平均(50点)を上回ったのは23区のうち上位9区で、一部の区に評価が集中する結果となった。

◆東京23区「子育てのしやすい街ランキング」
1位:練馬区 65点
2位:大田区 63.8点
3位:江東区 56.5点
4位:杉並区 55.7点
5位:足立区 55.3点
6位:世田谷区 55.0点
7位:板橋区 54.7点
8位:江戸川区 51.7点
9位:葛飾区 50.7点
10位:品川区 49.8点

子育てママ必見!1日1時間の在宅ワークで月に5万円稼ぐ方法とは

突然ですが、あなたは毎日家計簿をつけていますか?
毎日忙しくて家計簿はつけていないという人も多いかもしれません。しかし、光熱費を少しでも減らそうとこまめに電気を消すことや冷暖房をできるだけ使わないという主婦は意外といるでしょう。

特に子育ての時期となると、夫の収入だけが頼りになります。以前より節約していてもお金が足りないという場面に遭遇することも多くなり、ストレスを抱えることも増えるかもしれません。そんな環境に不満を感じて家にいながら稼ぐ方法はないか?といろいろ探してみた主婦もいるのではないでしょうか。
しかし、家で稼ぐ方法というと株やアフィリエイトのようなリスクや時間のかかる不安定な投資、ビジネスばかりが見つかります。リスクがなく、稼ぐ方法を探しているのに選択肢がなかなか広がらないのです。

そのようなリスクを取らずに稼ごうと思うと、やはり在宅ワークという選択肢になるでしょう。しかし、在宅ワークは一般的にあまり稼げないといわれます。おそらく月に安定して数万円稼いでいる人は、ごく少数ではないでしょうか。
今回はそんなあなたのために、月に数万円を在宅ワークで稼ぐ方法についてお話しします。

まず、月に数万円稼ぎたいのであればどのような職種があるでしょうか。経験者であればアプリ開発やwebデザインなど、仕事の種類は多岐にわたります。しかし、全くの未経験者と考えると、月に数万円稼ぐためには記事の執筆が最も良い仕事だと思われます。
なぜなら、記事の執筆は特別なスキルを必要としません。文章が書ければ、記事の執筆ができるのでハードルは低いでしょう。もちろん文章が上手い、下手はありますが、勉強しながら書いていくうちに読みやすい記事を書くことができます。

記事を執筆する仕事はインターネットのマッチングサイトでいくらでも見つかります。例を挙げると Craudia(クラウディア), CrowdWorks(クラウドワークス),
@SOHO などが有名です。このようなマッチングサイトで記事の執筆依頼の仕事がたくさん見つかるので、一度探してみてはいかがでしょうか。

どうしたらお金ってもらえるの?〜親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ【第1話】〜

親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ 第1話
【どうしたらお金ってもらえるの?】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

<登場人物>

つづみくん:小学1年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年少。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

【どうしたらお金ってもらえるの?】

パパ:よーし、今日はみんなでおいしいものを食べに行くぞー。

かのん:わーい!パパ、私焼肉がいい!

つづみ:えー、お寿司がいいなー

パパ:いいぞ!パパはボーナスが入ったから二人ともなんでも好きなもの食べていいぞ!

▪️ボーナスってなに?

つづみ:え?ボーナスってなーに?

パパ:ボーナスっていうのは、そうだな、会社からのごほうびみたいなものだ。いつも頑張って働いてくれて有難う。というごほうびだな。

つづみ:へーそっか。パパは会社からお金をもらうんだね。

パパ:毎月「お給料」というお金ももらっているんだけど、他に年に2回、特別にボーナスももらえる会社もあるんだ。

▪️お金って働かないともらえない?

かのん:働かないとお金ってもらえないの?

パパ:そりゃそうだよ。だから頑張って働くんだ。かのんだってもう働けるんだぞ。おうちの掃除とか料理とか、ママのことをお手伝いするとママは「手伝ってくれて助かった!有難う」って思うだろう?それが働くってことになるんだよ。

つづみ:どうしてパパががんばって働くと、会社からごほうびがもらえるんだろう?

パパ:パパや会社のみんなが働くと、会社のモノがたくさん売れるよね。そうすると、会社にはたくさんお金が入ってくる。で、パパたちに「ありがとう」とごほうびを払うわけだ。もちろん、そのモノを買った人たちだって、パパの会社に「素敵なモノを作ってくれてありがとう」とお金を払うわけさ。

つづみ:そっか!「ありがとう」って大事なんだねー。僕ももっとお手伝いしようっと。でもさパパ、ママのお財布にはいつもお金が入っているけど、お給料とかボーナスっていうのを、パパの会社にママが取りに行っているのかな?

▪️お金はどこにあるの?

パパ:つづみはママと一緒に駅前の銀行に行ったことないのか?

つづみ:銀行?あ、あるよ!機械にカードを入れるとお金がもらえるところでしょ。

パパ:もらっているんじゃないんだ。銀行っていうところにパパとママの見えないお財布があって、そこに会社がお給料やボーナスを入れてくれるんだよ。だから、ママは機械でそのお金を出して、見えるお金に変えて買い物をするのに使っているんだ。不思議だろう(笑)

▪️お金は機械の中?

つづみ:あの機械の中にたくさんお金が入っているの?

ママ:そうよ。カードを入れると、パパの見えないお財布を探し当ててそこからお金を出すことができるのよ。「今月はどれくらいお金使うかな?」と考えて、その分だけ機械からお金を出しているの。

つづみ:へー!すごい機械だね!!かっこいい!

ママ:銀行のお財布に入っている分しか使えないから、毎日焼肉だお寿司だと高いものばっかり食べていたら、うちのお金がなくなっちゃうのよ(笑)でも、パパがいっぱい働いたごほうびのボーナスなんだから、パパの好きなものを食べにいきましょう。

つづみ:えーー、パパ太っているからめちゃくちゃ食べちゃうよ・・お金なくならないように気をつけてね、パパ。

その“すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピがあります!

毎日の通勤通学などの移動時間、ランチタイム、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

多くのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見ているのだと思います。そのちょっとした“すき間時間”をお小遣いに換えることができる!と聞いたらいかがですか?そんな魅力的な“サービスがアンケートアプリ『サーチーズ』です!

この『サーチーズ』とは、配信されるアンケートに回答することでポイントが貯まるサービス。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもできるのです。マネーゴーランドでは、みなさんが興味・関心を持っているお金にまつモノ・コトをもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。

今回はサーチーズのアンケートに答えて手に入れたポイントをAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年5月末までの限定コードとなります。

3.好きなアンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.手に入れたポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

100円でゴーカートものれる!無料で遊べる学べる都内の交通公園・交通遊園のススメ

GWや週末のテーマパークはどこも人で溢れて大混雑。しかも家族で出掛けるとなると出費も馬鹿にならない…。そこでおすすめなのが自治体が運営している「交通公園・交通遊園」。今回は知られざるお得なレジャースポット「交通公園・交通遊園」をご紹介します!

●交通公園って、何?
この交通公園とは、交通マナーや交通ルールを子供たち教えるために造られた公園です。都内に20箇所もあるのです。

●遊びながら交通ルールが学べる!
交通公園の敷地内には実際の道路と同じように信号機や交通標識か設置されています。(一部、整備されていない公園もあります)赤だと止まれ、青は進めといった信号機の仕組みや右折禁止や横断歩道あり標識など、遊びながら交通ルールを学ぶことができるのです。

●子供の自転車の練習に最適な交通公園!
交通ルールを学べるだけではない交通公園の魅力のひとつが、自転車の無料貸し出し。最近流行りの地面を蹴って進むキッズバイクから補助輪付きの自転車にステップアップをする時や、補助輪付きから補助輪なしの自転車に乗れるようになるための練習場所に最適なんです。

その訳は、豊富なサイズの無料のレンタル自転車が用意されていること。子供が初めて自転車に乗るときは、当然新たに自転車を購入しないとなりません。しかし、子供に最適のサイズが分からなかったり、何度も転ぶのですぐに傷がついてしまうからなど、購入を躊躇することもあります。しかし交通公園のレンタル自転車なら、何度でも気軽に転ぶことができますし、実際に乗ってみてサイズを確認することもできるのです。
大泉交通公園
また、公道での自転車の練習は車も往来し危険でやりにくく、公園だと他のお子さんとの事故も心配。しかし交通公園によってはしっかりと指導員の方が信号機の付近にいるので、信号無視をする子供にも優しく指導をしてくれます。(公園によっては指導員の方がいない場合があります)あくまでも園内での子どもの怪我や事故は自己管理ですが、安全への配慮は一般の道路や公園に比べれば高いのが交通公園だと思います。

●格安でゴーカートものれる!
交通公園の隠れた魅力はレンタル自転車以外の乗り物にあります。無料の足こぎゴーカートをはじめ、園内には引退したバスや消防車などの働く車に触れることができるので子どもは大喜び!
府中市交通遊園のゴーカート
そして都内の交通公園の中でも特におすすめなのが、府中市交通遊園。ここにはなんとエンジンタイプと電気自動車のゴーカートがあります。しかもテーマパークでは1回数百円の乗り物代も1周100円の格安乗れてしまうのです。

のんびりとピクニック気分で子供の自転車の練習なる交通公園。このGWはもちろん、週末に訪れてみてはいかがですか?

●都内の交通公園・交通遊園(あいうえお順)
荒川自然公園交通園:荒川区荒川8-25
足立区子ども家庭支援センター交通広場:足立区東綾瀬1-5
今井児童交通公園:江戸川区江戸川4-10
入新井西公園:大田区大森北4-27-3
板橋交通公園:板橋区大山西町21-1
上千葉砂原公園:葛飾区西亀有1-27
大森西交通公園:大田区大森西3-4-19
大泉交通公園:練馬区南大泉6-16
大谷田南公園:足立区中川4-42-1
北鹿浜交通公園:足立区鹿浜3-26-1
北沼交通公園:葛飾区奥戸8-17-1
新宿交通公園:葛飾区新宿3-23-19
城北交通公園:板橋区坂下2-19-1
杉並児童交通公園:杉並区成田西1-22(善福寺川緑地)
堤通公園:墨田区堤通1-8
萩中公園:大田区萩中3-26-46
東調布公園:大田区南雪谷5-12
衾町公園児童交通施設:目黒区八雲5-2-10
府中市交通遊園:府中市矢崎町5丁目5番地
森ヶ崎交通公園:大田区大森南4-9-3
※交通公園には駐車場が用意されていないこと、ご家庭の自転車を持ち込んでの練習ができないことが多いので、事前に必ずご確認を!

ランキング