お小遣いの値段の決め方〜親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ【第9話】〜

5817.jpg

親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ 第9話
【お小遣いの値段の決め方】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第8話 お小遣いを始める
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

【おこづかい、いくらにする?】

前回、学校でおこづかいの話題になったことをママに話したつづみくん。いよいよママから「おこづかいを始めよう」と言われて大喜び!そこで、おこづかいをいくらにするか、ママと話し合いを始めました。

つづみ:おこづかいっていくらもらえるの?

ママ:おこづかいをどう使うか考えてみようね。 つづみはおこづかいをもらったら、何を買いたいの?

つづみ:やっぱり妖怪ウォッチのメダルが欲しいな。

【おこづかいの値段を一緒に決めてみる】

ママ:そうしたらメダルの値段を参考にして決めましょう。1枚いくらすると思う?

つづみ:・・・・いつもママに買ってもらっていたから・・・わからない。

ママ: そう、人が買うといくらなのかわからないものなのよね。でもこれからは、つづみの大切なおこづかいからお金を出すんだから、いくらかわかっておかないと大変よ。ガチャガチャで買ったり、メダル付きお菓子を買ったりしていつも手に入れているよね。ガチャガチャは100円で、お菓子は108円。

つづみ:ふーん。108円か。なんだ、安い安い

【安い?高い?】

ママ:あ、安いって言ったわね(笑)。じゃあ10枚買ったらいくらになると思う?

つづみ:108円が10枚だから・・・・。

ママ:なんと、1080円よ。これでも安いと思う?

つづみ:うわー、1000円!?高いと思う・・・。

ママ:1枚1枚は安いって思っても、どんどん買えばあっという間に10枚以上買うことになるの。安い安いって思って買っていたら、気をつけないとあっという間におこづかいなくなっちゃうわよ。

つづみ:えー、それはいやだな・・・。

【おこづかいの使いみち】

ママ:それにね、おこづかいはメダル以外にも使って欲しいことがあるの。

つづみ:なーに?

ママ:それは、誰かがつづみに「ありがとう」って思うことに使って欲しいの。メダルはつづみが嬉しくなるためでしょ。ほんの少しでいいから、プレゼントとか誰かが嬉しくなることのために使って欲しいの。

つづみ:えー、なんかもったいないなあ・・・

【お金が喜ぶ使い方?】

ママ:つづみ、本当にもったいない使い方はね、つづみの大切なお金を使って、「こんなの買うんじゃなかった」って思うような使い方。でもプレゼントをあげて喜ばれる使い方は、一番お金が喜ぶ使い方よ。お金はグルグル世の中を回る旅をするって、まえにパパが言っていたでしょう?お金と一緒に「ありがとう」も世の中を回っているの。きっとつづみのところにも、別の形でいつか「ありがとう」が返ってくるから楽しみにしていてね。

つづみ:返ってくるかなあ・・・。

ママ:大丈夫。きっと返ってくるわよ。大事なおこづかい、つづみもみんなも喜ぶ使い方、できるといいね。応援するわよママ!

<おこづかいの金額の決め方~スタート時~>
(1)自分のお金で買うものの価格(例:月300円)
(2)家族の誕生日など感謝される使い方の価格(例:月100円)
(1)+(2)=1ヶ月のおこづかい(例:月400円)

おこづかいのあげ方や管理については次号紹介します。

<関連記事>

画像一覧

  • お小遣いの値段の決め方〜親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ【第9話】〜

執筆者

鈴木さや子 ファイナンシャル・プランナー/ キャリアカウンセラー

家族が笑顔になれるための生活に役立つお金の知識を、主に女性向けにセミナーや執筆活動、個人相談などを通じて発信している。専門は教育費・ライフプラン・保険・住宅ローン・マネー&キャリア教育。 講演の他、小・中学校や地域コミュニティなどでの講演やワークショップなど、保護者や親子向けイベントも行っている。

鈴木さや子

関連記事

特集

関連記事

お小遣いを始める〜親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ【第8話】〜

親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ 第8話
【お小遣いを始める】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

<登場人物>

つづみくん:小学2年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年中。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第7話 「消費税」って何?
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

【つづみ、おこづかいを始める】

第3話でお年玉を預けるために初めて自分専用の口座を作ったつづみくん。ある日、ママにこんな問いかけをしました。

つづみ:ママ、僕のお金はこのカードを使えば銀行さんからもらえるって言ってたよね。

ママ:そうね、もらえるというよりは・・・つづみのお金をひき出せるわね。

つづみ:今日ね、学校でおこづかいもらっているかって話になったんだ。僕、おこづかいはもらってないけれど銀行に自分のお金があるって話したら、笑われちゃって・・・。

ママ:つづみはお年玉を銀行に預けたんだもん。何も問題ないわよ。でも、たしかにおこづかいはあげていないね。

つづみ:僕はいつからもらえるの?

【おこづかいを始めてみる?】

ママ:おこづかい、そろそろ始めてもいいかな。つづみはほしいモノはある?

つづみ:うーん。妖怪ウォッチのメダルとか新しいサッカーの服とか。

ママ:よくお菓子もねだるよね(笑)

つづみ:あ!おもちゃがついているお菓子大好き!

【おこづかいで買うものは?】

ママ:ほしいモノがあるみたいだから、おこづかいを始めてもいい頃ね。それじゃ、こうしない?サッカー用のウェアとか学校で使う文房具とかノート、洋服みたいに、生活するのにないと困るモノはパパとママが買ってあげる。で、妖怪ウォッチのメダルとかおもちゃ付きのお菓子みたいに、つづみが欲しいなって思ったモノは、つづみがおこづかいで買うの。

つづみ:うわー!自分のお金で買っていいんだね!嬉しい!いっぱい買うぞー。

ママ:ちょっと待った。いっぱい買ったらどうなるかな?

つづみ:うーん。お金がなくなっちゃう?

【お金が無くなっちゃう?】

ママ:そうよね。もしお金がなくなっても、ママはその月にはもうあげないよ。

つづみ:えー。くれないの?

ママ:そう。だからつづみがいっぱいお菓子を買っちゃって、お金がなくなったら、もうその月は買えないの。いくら欲しいって言われても絶対にあげない。どうしてかわかる?

つづみ:うーん。わからない。

【おこづかいも練習?】

ママ:つづみは幼稚園の時に自転車いっぱい練習して補助なしで乗れるようになったよね。今はもう立派に補助なしでビュンビュン走れるよね。

つづみ:うん。すごく練習したもん。

ママ:おこづかいも、練習なの。将来つづみが大きくなって、たくさんお金を持つようになったときに、上手に管理できるようになるように、今から練習をする方法の一つなのよ。大きくなった時に、もしお金を使い過ぎちゃって、絶対に必要なことに使うお金が足りなくなったら大変でしょう。だから、つづみもそんなことにならないように、失敗してもいいから、少しずつおこづかいで練習していこうね。

つづみ:うん。がんばるね。わーい。いくらもらえるかな。

<おこづかいを始める目安>
・欲しいモノがある
・日頃の買い物やおつかいなどで、ホンモノのお金と触れたことがある
買い物体験(お釣りをもらうなど)があればなお良い

「消費税」って何?〜親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ【第7話】〜

親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ 第7話
【消費税って何?】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

<登場人物>

つづみくん:小学1年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年少。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第6話 「旬」って何?
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

【値段が変わった!?】

スーパーでの買い物を終えたつづみくん、レシートをみて首をかしげています。

つづみ:うーん。おかしいなあ。

ママ:つづみ、どうしたの?

つづみ:さっき買ったいちごって、400円じゃなかったっけ?大きく看板に「安いよ!400円!」って書いてあったよね。

ママ:そうよ。今日はいつもより安かったし、デザートにと買ったのよね!

【消費税?】

つづみ:でもさママ、ここにはちがう金額が書いてあるよ。

ママ:え?いくらって書いてあるの?

つづみ:432円って。

ママ:あー、それはね、「ショーヒゼイ」よ。どんなモノでも買い物をするときには、ショーヒゼイ分が少しだけ足されるの。今は8%。つまり、そのモノの値段の100分の8の金額が、ショーヒゼイとして追加して払うのよ。

つづみ:えー。それじゃ、400円ってウソじゃないか。

ママ:たしかにウソに見えちゃうね。でもね、このショーヒゼイはお店のものにはならないのよ。いろんなお客さんからちょっとずつもらったショーヒゼイを合わせて、全部を日本っていう国やつづみが住んでいるこの東京都に払っているの。「税金」っていうお金よ。

つづみ:えー、なんでそんなことしなきゃいけないの? 安い方がいいのに・・・。

ママ:そうね、安い方がつづみやママたちにとっては嬉しいことよね。でも、税金っていうものがなくなったらもっと大変なことになっちゃうの。

つづみ:大変って!?

【消費税の使い道?】

ママ:たとえば小学校でもらう教科書にお金がかかったり、ゴミを持って行ってもらえなかったり、おまわりさんや救急隊員さん、消防士さんが少なくなって街の安全が減っちゃったり・・・

つづみ:それは大変だ!

ママ:税金はこの国や東京都で暮らしているパパやママたちが払う手数料みたいなものね。このお金を払うので、安全を守ってくださいみたいな。ほかにも、病院に行っても税金があるおかげで、ママたちが払うのは病院代の一部で済んでいるの。

つづみ:へえ、すごい大事なものなんだね。ぼく、思い出した。この間ヒャッキン(100円均一ストアのこと)に行った時、100円じゃ買えなかったのはなんでだろうって思っていたんだ。あの時もショーヒゼイが入ってもう少し高かったのかな?おこづかいで買ったのに・・・。

ママ:そうね、100円の8%は8円だから、108円だったんじゃないかな?

つづみ:そうだったかも!

【税金があがるかも!?】

ママ:税金にはいっぱい種類があって、ショーヒゼイのほかにも、稼いだら払う所得税とか自動車を持っていたら払う自動車税とか、お酒にかかる酒税なんていうのもあるの。でもその中でつづみが一番最初に払うのはやっぱりショーヒゼイね。もうおこづかいからショーヒゼイを払っているんだもの、つづみくん、えらい!!

つづみ:わ、褒められた。でもなんか大人になった気分で嬉しい!

ママ:でもね・・・今度ショーヒゼイがあがるかも知れないのよ。8%じゃなくて10%に。ということは、100円のモノを買うと、これまでは108円だったのが、110円かかるようになるの。

つづみ:えーー!そんなに変わっちゃうの?

ママ:そうよ、もしそうなったらますますお金が出て行ってしまうから、ムダな買い物とかしないように気をつけなくちゃ!

つづみ:ぼくも気をつけるよ。あ、でも欲しいおもちゃがあるんだ。ショーヒゼイがあがる前にママにお願いしなくちゃ!

ママ:ムダな買い物じゃないならいいわよ(笑)

「旬」って何?〜親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ【第6話】〜

親子で話そう!おかねのこと 子どもに伝えたい!おかねの大切さ 第6話
【「旬」って何?】

子どもにお金の大切さを伝えるためには、親子の日頃のコミュニケーションが欠かせません。つづみくん一家の日常の一部を切り取って、どんな風にお金の話をしているか覗いてみましょう。

<登場人物>

つづみくん:小学1年生。都内で両親と妹と住んでいる。どんなことにも興味を持つ好奇心旺盛な元気な男の子

パパ:会社員。大好きな家族のために毎日仕事をがんばるパパ。つづみくんと一緒にサッカーをするのが大好き

ママ:専業主婦。つづみくんの「どうして?」攻撃にどう答えれば良いか悩むママ。下の子が小学校に入ったらパートに出たいと思っている。

かのんちゃん:幼稚園年少。お兄ちゃん大好きの明るい女の子。

<これまでの話>
第5話 欲しいモノと必要なモノ
第4話 利子ってなに?
第3話 ぼく専用の口座を作る
第2話 お年玉って何に使えば良いの?
第1話 どうしたらお金ってもらえるの?

【どうして冬のイチゴは安いの?】

前号から引き続き、夕食の材料のお買い物に来たママとつづみくんとかのんちゃん。3人は果物売り場にやってきました。

つづみ:わー!イチゴだー。大きくて美味しそう!食べたいなー。

ママ:本当に美味しそうね。しかも「旬」だからお手頃価格だし。よーし、二人ともお菓子を我慢したし、今日のカレーのあとのデザートに、イチゴ買っちゃおうかな。

つづみ:わーい!有難うー

かのん:ママ、「しゅん」ってなーに?

【「旬」って何?】

ママ:「旬」というのは、1年の中で、一番たくさんその果物や野菜がとれる時期のことよ。イチゴの旬はだいたい1月から3月くらいなの。

つづみ:あー!そういえば去年イチゴがりに行ったのも1月くらいだったよね!

かのん:行った行った!!かのん、いーっぱい取ったよ!

ママ:美味しかったわよね。そうなの、イチゴは寒い時期に、たくさん出回るのよ。

つづみ:どうしてその「旬」だと、その、おてがる価格なの?

【どうして「旬」だとお手頃価格?】

ママ:どうしてだと思う?

つづみ:うーん。美味しいから、ぼくは、高いと思うんだけど・・・。

ママ:そうね、美味しいものは高くて、まずいものは安いって普通は思うよね。でもね、こう考えてみて。たくさんとれたイチゴは、どんなにイチゴが欲しい人がたくさんいても、余ってしまうかもしれないの。

つづみ:えー、僕はいくらでも食べられるけどなー。

ママ:つづみはイチゴ大好きだからね。でもね、金額が高すぎたら、いくら好きでもたくさんは買えないよね。イチゴがどんなに大好きでも、みんながたくさんのお金を出せるわけではないから、みんなが買う量の合計はだいたい決まっているのよ。お店の人にとっては、売れ残ってしまうのは困るから、少しでも買ってもらえるように安くするのよ。

つづみ:そっか!安ければ、いつも以上に買うかもしれないし、いつも買わない人も買うかもしれないよね。

▪需要と供給?

ママ:イチゴを買いたいって思う人の数のことを、むずかしい言葉で「ジュヨウ」って言うのよ。この「ジュヨウ」と、イチゴがどれくらいとれるか表す「キョウキュウ」のバランスによって、値段が決まるの。
たとえば、10月頃は、それまであまりお店に並んでいなかったイチゴがお店に並び始める時期なの。でもその頃はまだとれるイチゴの数が少ないから、「キョウキュウ」が少ないの。でもイチゴの数は少なくても「欲しい!」と思う人は、どんなに高くても買いたいでしょ。だから「キョウキュウ」が少ない時は値段が高いのよ。

つづみ:だったら、おいしくて安い今の時期に買うのがいいんだね!イチゴがたくさん食べられるなんてシアワセー!ママ、早く帰ってイチゴ食べよう!

もうすぐ子どもが小学生!節約のコツは総額の予算を決めること!

もう少しで3月も終わり、4月に入ると入学シーズンですね。我が子が小学校に入学するのは本当にうれしいし、ワクワクするものです。

かくいう私(編集部35歳、男子)も昨年、子どもが小学校に入学しました。それまで送り迎えをしていた我が子が一人で学校に行って、帰って来る。あれまで小さかった弱々しい子どもがとても立派に見えるものです。「行ってきま〜す!」という姿は本当に元気をもらいます。

期待に胸を躍らせ迎える入学式の日、ピカピカのランドセルにピカピカの帽子、そしてビシッと決まったスーツで校門をくぐる姿を見て誇らしげに感じたあの日、今でも胸に焼き付いております。

さて話は戻してたとえ、公立に進学しても、入学準備には意外とお金がかかります。中でも高額なのがランドセルと学習机、そして入学式で着るスーツといったところでしょう。

たとえばランドセルは、下は1万円以下から、有名百貨店のオリジナルやオーダーメイドなどの場合、6万円を超えることもざら。年々、ランドセル商戦も早まっており、今年はゴールデンウィークから店頭に並び始めたので、見に行った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、人気の高いオーダーものなど、欲しい色が売り切れるのが不安で、早めに手に入れようと、夏には申し込みを済ませる人も少なくありません。しかし中には、友達から得た「早く買わないとなくなる」という情報に惑わされ、予定よりも高いランドセルを買ってしまったという方もいるのも事実です。

お金の使い方には、満足して使う「良い使い方」と、後悔してしまう「良くない使い方」がありますが、ランドセルなど子どもにかかるお金は、もちろん「良い使い方」になるはず。しかし次の場合は、「良くない使い方」になってしまうので注意が必要です。

・まわりの情報に惑わされ、流されて買ったもの
・親の見栄やプライドなどだけで買ったもの
・見た目だけで判断し、長い目でみて本人が使いやすいかどうかという視点に欠けたもの
・今後の生活が苦しくなるほど、一時にお金をかけてしまう使い方

「良い使い方」になるよう、絶対に必要なもの、なくても良いもの、お金をかけたいものを親子で洗い出し、予算の中で優先順位をたてながら、しっかり吟味していきましょう。

百貨店やスーパー、オーダー専門店などに選びに行く際にはご注意くださいね。
なお、お下がり品を活用したり、型落ちのものをオークションサイトやネット通販で探すなど、子ども本人が喜ぶ品を、安く手に入れる方法は色々あるので、活用してみてください

また、学校に持っていく文房具やグッズについてもあまり早く買いすぎるのはおすすめしません。子どもも嬉しいので、早い時期から準備をしたがることが多いですが、入学準備会で持って行くモノの詳細をきいてから準備した方が良いでしょう。たとえばわが家では、好きなキャラクターものの文房具を準備したら、説明会でキャラクターものは禁止と聞きガッカリしました。防犯ブザーもかわいいものを買っておいたら、自治体から配られた・・・なんていう話もよく聞きます。

入学後も、しばらくは習字道具、絵の具、ピアニカ、水着・・・と出費が続きますので、「おめでたいから」と気が大きくなり使いすぎると家計が厳しくなってしまいます。入学準備でかけるお金のすべての合計予算をたて、親子で優先順位を考えながら楽しく選んでいきたいですね。

子どもの将来の為に、やっておくべき4つのこと

気づけばもうすぐ4月。入学式シーズンですね。

新生活を待ち望む子どもたちがいる一方で、親御さんたちは「教育費」に頭を悩ませているのではないでしょうか。
一般的に子どもを大学まで育てるとなると、1人あたり1000万円から2000万円かかると言われており、「うちの家計で本当に足りるのかな」と不安になる方が出てくるのは当然だとも言えます。

そんな教育費に対する不安を少しでも減らすために、今回は子どもが生まれたらやっておくべき4つのことをご紹介します。

1.生活費口座と別の教育費用口座を作る
教育費のために必要なお金をとっておける方は、目的別に口座を分ける必要はありませんが、貯まったお金をすべてマイホームの頭金などに使ってしまう方も少なくありません。そういう方は、生活費口座とは別に教育費用口座を作っておくと安心です。作ったら、まずは出産お祝い金や赤ちゃんの頃にいただいたお年玉はすべて入れてしまいましょう。

2.児童手当の振込先に1の口座を指定する
今の制度では、0歳から3歳までは月15,000円、3歳以降は月10,000円(3人目以降は月15,000円)児童手当が振り込まれます(所得制限にかかる場合は、年齢問わず月5,000円)。振込先を生活費口座にすると、生活費としていつのまにかなくなってしまいます。そこで、日頃使わない教育費用口座を振込先に指定しましょう。15歳まで貯め続けると約200万円になります(所得制限にかかる場合は約90万円)。

3.高校3年秋に最低でも200万円入る仕組みを準備する
教育費のピークは、一般的に大学入学にお金がかかる高校3年。もし私立文系に進む場合、受験費用と1年間の在学費用を合わせて約180万円。入学から1年間乗り切れる200万円を、入学金などが必要になるかもしれない高校3年の秋に準備しておきましょう。
もし、遠方の大学に通い下宿した場合は学費に加えて仕送り代(年平均約140万円)がかかるので、想定できる場合は多めに準備しましょう。手段は、学資保険や終身保険、積立定期預金、積立投資信託など、強制的に口座から引き落とされるタイプのものが活用しやすいでしょう。

もし大学入学時にお金が足りず教育ローンを借りた場合は、金利分損する上に、老後資金の準備に影響が及びます。また、奨学金も子どもの借金になるため、安易な利用はさけたいものです。

4.家計から月1万円貯金する
児童手当で200万円、高校3年秋に200万円貯められればまずは一安心ですが、教育費の不安をなくす一番のポイントは「突発的な出費にどう対応するか考える」こと。短期留学や浪人、予定していなかった私立進学などだけでなく、家族の病気などもこうした出費です。そこで可能な限り、突発的出費に対応できるフレキシブルな資産を持っておくと安心です。たとえば月1万円積立てると、10歳時には120万円。もし中学受験となった場合塾代(3年間で約200万円)の一部に充てられます。もし15歳まで使わなければ、180万円。児童手当と合わせて380万円あれば、留学や浪人での出費に対応可能です。

大切なのは、月5000円などご家庭の家計に合わせてできる範囲で始めることです。まずはできる範囲で始めてみる。結果として使わなかった場合は、そのまま老後資金として活用すれば良いのです。
昨今、奨学金の延滞や、返済で貯蓄ができず結婚ができないなど、奨学金に悩む若者が増えています。
自分の子どもの将来の為にも、まずは出来る範囲でもいいので積立を始めていきましょう。

ランキング