100円でゴーカートものれる!無料で遊べる学べる都内の交通公園・交通遊園のススメ

このレシピを実行して

2万貯まる!
<材料>

・都内の交通公園・遊園

<Point>

1子どもの自転車の練習を無料でする

2交通ルールと交通マナーを学ぶ

3無料の足こぎゴーカートを楽しむ

4働く車に触れる・遊ぶ

5格安ゴーカートに乗る!

※一般的なテーマパークに家族4人で行ったときの差額(目安)。
※施設によって用意されている自転車や設備が異なりますので、事前にご確認ください。

5815.jpg

GWや週末のテーマパークはどこも人で溢れて大混雑。しかも家族で出掛けるとなると出費も馬鹿にならない…。そこでおすすめなのが自治体が運営している「交通公園・交通遊園」。今回は知られざるお得なレジャースポット「交通公園・交通遊園」をご紹介します!

●交通公園って、何?
この交通公園とは、交通マナーや交通ルールを子供たち教えるために造られた公園です。都内に20箇所もあるのです。

●遊びながら交通ルールが学べる!
交通公園の敷地内には実際の道路と同じように信号機や交通標識か設置されています。(一部、整備されていない公園もあります)赤だと止まれ、青は進めといった信号機の仕組みや右折禁止や横断歩道あり標識など、遊びながら交通ルールを学ぶことができるのです。

●子供の自転車の練習に最適な交通公園!
交通ルールを学べるだけではない交通公園の魅力のひとつが、自転車の無料貸し出し。最近流行りの地面を蹴って進むキッズバイクから補助輪付きの自転車にステップアップをする時や、補助輪付きから補助輪なしの自転車に乗れるようになるための練習場所に最適なんです。

その訳は、豊富なサイズの無料のレンタル自転車が用意されていること。子供が初めて自転車に乗るときは、当然新たに自転車を購入しないとなりません。しかし、子供に最適のサイズが分からなかったり、何度も転ぶのですぐに傷がついてしまうからなど、購入を躊躇することもあります。しかし交通公園のレンタル自転車なら、何度でも気軽に転ぶことができますし、実際に乗ってみてサイズを確認することもできるのです。
大泉交通公園
また、公道での自転車の練習は車も往来し危険でやりにくく、公園だと他のお子さんとの事故も心配。しかし交通公園によってはしっかりと指導員の方が信号機の付近にいるので、信号無視をする子供にも優しく指導をしてくれます。(公園によっては指導員の方がいない場合があります)あくまでも園内での子どもの怪我や事故は自己管理ですが、安全への配慮は一般の道路や公園に比べれば高いのが交通公園だと思います。

●格安でゴーカートものれる!
交通公園の隠れた魅力はレンタル自転車以外の乗り物にあります。無料の足こぎゴーカートをはじめ、園内には引退したバスや消防車などの働く車に触れることができるので子どもは大喜び!
府中市交通遊園のゴーカート
そして都内の交通公園の中でも特におすすめなのが、府中市交通遊園。ここにはなんとエンジンタイプと電気自動車のゴーカートがあります。しかもテーマパークでは1回数百円の乗り物代も1周100円の格安乗れてしまうのです。

のんびりとピクニック気分で子供の自転車の練習なる交通公園。このGWはもちろん、週末に訪れてみてはいかがですか?

●都内の交通公園・交通遊園(あいうえお順)
荒川自然公園交通園:荒川区荒川8-25
足立区子ども家庭支援センター交通広場:足立区東綾瀬1-5
今井児童交通公園:江戸川区江戸川4-10
入新井西公園:大田区大森北4-27-3
板橋交通公園:板橋区大山西町21-1
上千葉砂原公園:葛飾区西亀有1-27
大森西交通公園:大田区大森西3-4-19
大泉交通公園:練馬区南大泉6-16
大谷田南公園:足立区中川4-42-1
北鹿浜交通公園:足立区鹿浜3-26-1
北沼交通公園:葛飾区奥戸8-17-1
新宿交通公園:葛飾区新宿3-23-19
城北交通公園:板橋区坂下2-19-1
杉並児童交通公園:杉並区成田西1-22(善福寺川緑地)
堤通公園:墨田区堤通1-8
萩中公園:大田区萩中3-26-46
東調布公園:大田区南雪谷5-12
衾町公園児童交通施設:目黒区八雲5-2-10
府中市交通遊園:府中市矢崎町5丁目5番地
森ヶ崎交通公園:大田区大森南4-9-3
※交通公園には駐車場が用意されていないこと、ご家庭の自転車を持ち込んでの練習ができないことが多いので、事前に必ずご確認を!

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

GW到来!ひと味違ったBBQを格安で楽しむ方法

GWに突入!陽気もよくなりこの連休にアウトドア、特にバーベキューを計画している人も多いと思いますが、アウトドアも気を抜くとお金がかかってしまうのが悩みどころ。何かと出費の多い大型連休のために、バーベキューも格安で楽しんでしまいましょう。

■調理道具は自分で持参
調理の道具は自分で持参すると良いです。キャンプ場でレンタルすると何かとお金がかかります。結局、野外でも調理することには変わりないので、使い慣れたキッチングッズを持って行くといいでしょう。調味料なども小さく小分けにして持参するといいでしょう。足りないものがあると、現地で買い足すハメになってしまいますので、できるだけ事前にみっちりとシミュレーションして、追加購入がないようにしっかりと準備しましょう。

■保冷剤の代わりに、冷凍した肉を
肉を味噌漬けにして冷凍しておきましょう。肉を痛めないためにはクーラーボックスが必要です。そしてクーラーボックスには保冷剤が必要となりまたお金がかかります。それをそのままクーラーボックスに入れておけば、保冷剤の代わりになって保冷剤の追加購入費用がかかりません。また、野菜なども事前に切って持って行くといいでしょう。自宅から持っていけるものは、できるだけ持ち込みで持って行くとお金がかかりません。

■そもそもキャンプで宿泊自体が節約
そもそも、GWに旅行に行かずに、バンガローやキャンプにいくこと自体が、宿泊費の節約になります。キャンプ道具を持参すれば、数千円程度で泊まれるところもあり、お子さんがいらっしゃる場合はそれでも一生の思い出になりますね。それに大人数で行くほうが楽しいだけでなく、滞在費用を抑えることができます。できるだけ周囲で誘い合ってみんなで行くようにしましょう。滞在費もバーベキュー費用も、大勢のほうが割り勘になる分だけ安くなります。

いかがでしたでしょうか。そもそもバーベキュー自体が、格安で楽しめるレジャーなのですが、それでもさらに節約できるところはできます。不要な支出をカットして、ぜひ安価にバーベキューを楽しんでください。交通費、滞在費、食材、器具、飲食代など、大勢で行けば行くほど節約になりますよ。

【2016GW】こどもの日は美術・音楽・寄席も揃う、横浜でアート鑑賞

 5月5日のこどもの日、横浜では子ども向けのアートイベントが数多く開催される。横浜美術館は観覧料が無料となるほか、子どものためのオーケストラコンサートや、寄席など、さまざまなイベントが横浜市内各地で予定されている。

 横浜美術館では、5月5日に無料開館を実施し、すべての来館者の観覧料を無料にする。現在、企画展「複製技術と美術家たち-ピカソからウォーホールまで」と、女性アーティストに焦点を当てた「コレクション展」を開催しており、子どもでも十分に楽しめるマティスやクレー、ピカソ、デュシャンなどの作品が展示されている。横浜美術館前の広場「美術の広場」では、「海」をテーマにしたリニューアル工事が完成し、大水面では噴水やミストを楽しめるほか、ベンチや芝生も整備されている。

 横浜みなとみらいホールでは、毎年こどもの日に子どものためのコンサートを開催している。2016年は「オーケストラ」をテーマに、横浜出身の俳優である谷原章介がプログラムをナビゲートする。1日2回公演となっており、1回目の公演は0歳から入場可。2回目の公演には、楽器を持ってきた子どもがステージ上でオーケストラと演奏できるコーナーも用意されている。

 横浜にぎわい座では、これまでの均一料金を改め、子どもやシニア料金を新たに設定。幅広い年齢の人たちが気軽に楽しめるようになった。寄席のネタはその日の客層を見て決めるため、子どもの来場が多い日には、子どもにも面白い落語が上演されるという。ほかにも、曲芸や漫才、マジックなどの演目もあり、家族で楽しめる。

 4月1日より小・中学生の入館が無料となった大佛次郎記念館では、「昭和のあそび」をテーマにした企画展を開催。メンコやすごろく、福笑いなどを実際に体験できる。また、横浜市民ギャラリーあざみ野では、ワークショップ「帽子をつくろう」が開催される。誰でも参加できるが、未就学児は保護者同伴。参加費は無料。

 イベントやワークショップ、コンサート、展覧会など、横浜のアートな子ども向けイベントは、横浜市芸術文化振興財団が運営するサイト「ヨコハマ・コドモ・アートナビ」で検索できる。

◆企画展「複製技術と美術家たち-ピカソからウォーホールまで」
会期:4月23日(土)~6月5日(日)
場所:横浜美術館
開館時間:10:00~18:00
入場料:一般1,300円、大学・高校生700円、中学生400円、小学生以下無料、65歳以上1,200円(要証明書) ※5月5日(木・祝)は無料開館

◆こどもの日コンサート2016 ドキドキ、ワクワク、オーケストラってすごい!
日程:5月5日(木・祝)
場所:横浜みなとみらいホール 大ホール
開演:1回目13:00、2回目15:30
料金:
1回目/0歳~小学生1,000円、中学生以上2,500円 ※0歳から要チケット
2回目/小学生1,000円、中学生以上2,500円 ※未就学児の入場は不可

◆「横浜にぎわい寄席」新料金
一般2,800円、シニア(65歳以上)2,700円、学生(高校生以上)1,500円、子ども(中学生以下)1,000円、障がい者手帳を持っている人(同伴者1名まで同料金)1,500円
※当日、仲入り後(15:15頃)から、2,000円で入場可能

◆大佛次郎記念館
入場料:高校生以上200円、小・中学生無料 ※20名以上の団体は高校生以上150円
※第2・第4土曜日、毎月23日「市民読書の日」は高校生無料
※横浜市内在住の65歳以上の人は無料(要証明書)
※障がい者手帳を持っている人と、同伴者1名までは無料(受付で手帳を提示)

◆ワークショップ「帽子をつくろう」
日時:5月5日(木・祝)11:00~15:00
場所:横浜市民ギャラリーあざみ野
対象:誰でも可(未就学児は保護者同伴)
料金:無料

【天王寺動物園の2016GW】ピューマの名付けや羊の毛刈りなどの体験も!

 大阪市の天王寺動物園には4月23日、上海動物園から贈られたピューマが新しく仲間に加わった。来園者は、ピューマの名前を候補からひとつ選び、投票できる。ゴールデンウィーク期間中はさらに、ヒツジの毛刈りなど春のスペシャルイベントを実施予定。

 天王寺動物園では、上海動物園から第20次動物交流として贈られたオスのピューマ(2歳)のお披露目式を4月23日に行った。体長は約1メートル、体重は約50キログラム。成獣では、体長1.5メートル、体重70から100キログラム程度になるという。ヒョウやライオンなどのヒョウ亜科ではなく、イエネコと同じネコ亜科に属する。当面は、火・木・土・日曜日に展示される。

 ピューマの名前の候補は現在3つ。来園者は4月23日から5月8日にかけて、候補に挙げられた中から気に入った名前を投票することができる。投票用QRコードは園内ポスターに掲載されている。決定した名前の発表は5月14日午後2時。大型ネコ(ピューマ)舎前で行われる。

 また、毎年の恒例の「ヒツジの毛刈り」を4月29日に実施。ヒツジが快適に夏を過ごせるように、職員が大きなハサミと電気バリカンで園内6頭の羊の毛を刈り上げる。

 「春のスペシャル動物イベント(春のフェスティバル)」では、5月3日から5日にかけて、ボランティアサークル「ZOO人(ずーっと)」による絵本の読み語りや、飼育員による動物のお話が行われ、来園者を楽しませる予定だ。

 天王寺動物園は、5月2日は臨時開園し、4月29日から5月8日までのゴールデンウィーク期間中は休まずに営業する。

【天王寺動物園ゴールデンウィークイベント】
◆ピューマ名前投票
期間:4月23日(土)~5月8日(日)
応募方法:QRコードでの投票
※QRコードを掲載したポスターを園内に掲示
名前発表:5月14日(土)14:00
発表場所:大型ネコ(ピューマ)舎前

◆ヒツジの毛刈り
日時:4月29日(金・祝)10:00~11:00
場所:ふれあい広場

◆春のスペシャル動物ガイドイベント(春のフェスティバル)
日時:5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)13:00~14:00
場所:多目的広場
内容:13:00~13:30 絵本の読み語り(ボランティアサークル「ZOO人(ずーっと)」)
 13:30~14:00 こんにちは、どうぶつくん!(飼育員による動物のお話)

GWは外に出かけよう!子どもも大人もカップルも行きたいおすすめアウトドア3選

あと1週間でGWですね。家族で旅行という人も多いでしょうし、彼女、彼氏とデートに出かけるという人もいるでしょう。

今年のGWは平日2日を休めば最大10連休と非常に長いので、どこかに出かけようと考える人も多いのではないでしょうか。せっかくの長期休みですから家でごろごろというのは少しもったいない気もします。

ならば、まだ計画を立てていないという人は思い切って外に出かけてみてはいかがでしょうか。アウトドアでしたら全員で楽しめますしコストも比較的抑えることができます。今回はGWに出かけたいアウトドア3選ということで紹介して行きます。

●釣り
まずはアウトドアの定番である釣りです。長期休暇は予定がなければついつい遅くまで寝てしまうもの。お昼過ぎに起きて後悔したという経験がある人も少なくないでしょう。

そんな人はカップルで釣りに出かけてみてはいかがでしょうか。釣りなんて暇だ!と思われるかもしれませんが、逆にカップルでゆったりとした時間を過ごすというのも悪くないでしょう。ずいぶんと暖かくなってきましたしオススメのアウトドアです。

●バーベキュー/BBQ
仲間で集まるのでしたらBBQという選択肢もいいのではないでしょうか。BBQでしたら食材を持ちよることもできますし、飲みに出かけるよりも安く抑えることができます。仲間内でワイワイ飲んで楽しむことは非日常の生活を体験させてくれるのではないでしょうか。

準備には少々時間がかかりますが、仲間で集まるという行事があまりない!と思われる人は長期休暇の内にBBQを計画してみましょう。

●フィールドアスレチック
最後に紹介するのがフィールドアスレチックです。意外と知らないだけでフィールドアスレチックというのは全国的に数が多いです。家族で行くのもよし、カップルで行くのもよしと誰でも行けるという点でもおすすめのアウトドアと言えます。

デスクに座って作業ばかりの社会人の方も、たまには外で思い切って体を動かすというのも必要ではないでしょうか。ぜひ今年の長いGWを利用してアウトドアに出かけてみて下さい。

【GWのお得な楽しみ方】日産ギャラリーでミニカーなどが当たるクイズラリーに参加する

日産自動車は、4月23日から5月8日まで、日産グローバル本社ギャラリーにて「ゴールデンウィーク・ファミリーイベント」を開催する。

ゴールデンウィーク・ファミリーイベントでは、ギャラリー内をめぐって答えを探すクイズラリーを実施。参加者には、抽選で日産のミニカーやオリジナルクリアファイルなどの賞品をプレゼントする。

また4月23日・24日には、新しい環境技術の体験教室「わくわくエコスクール」を開催。親子で楽しく地球環境と電気自動車について学ぶことができる。4月29日・30日には、日産のクルマに搭載されている先進技術を体験してポイントをもらう体験型スタンプラリーを実施。集めたスタンプで豪華賞品が当たる抽選会に参加できる。

ランキング