ポイント価値や還元率を学び、自分に最適なクレジットカードを選ぶ!~初めてのクレジットカード編~

このレシピを実行して

400貯まる!
<材料>

・ポイントカード

・お得なキャンペーン期間

<How to>

11ポイントの価値を学ぶ

2ポイントを賢く稼ぎたいなら、ポイント○○倍や○○%オフは見逃せない!

※1年間でポイント還元率1%と、0.5%のカードで100万円分のお買い物をした場合のポイント還元率と計算

5786.jpg

春から新社会人。今までは日ごろの支払いも現金払いだった方も多いはず。

社会人になってはじめてのお給料で、両親に少し高いものをプレゼントしたいな。なんて方も多いのでは。そこで今回は、お支払いにとっても便利なクレジットカードについて、オトクで有効な選び方をご紹介したいと思います、

1.カードの還元率、1ポイントの価値とは? 
還元率とは簡単な話、100円をカードで支払って、1円分のポイントがもらえる場合、ポイント還元率は1%ということになります。これは、カード会社や使うお店に応じて変動するもので、必ずしも1ポイント=1円ということではありません。中には、特定のデパートや商業施設で利用した場合だけ還元率2倍、そのほかの場合は通常というカードもあります。たかが1ポイントと考えるのは浅はか。いかにポイントを有効にゲットするかで、クレジットカードの価値は決まってくるので、カードを作る際には、必ずポイント還元率を詳しく学ぶべし!

2.ポイント○○倍キャンペーンや○○円オフなどの割引キャンペーンを見逃すな!
カードでポイントを賢く貯めたいと思うなら、ポイント○○倍のキャンペーン期間にお買い物をすることで、いつものお支払いよりもより多くのポイントを貯めることができます。また、カードで支払うと○○円OFFといったキャンペーンも行っているところもあります。その期間までお買い物を我慢して、ポイントUPや割引価格でお買い物をすればオトクにお買い物ができるので、キャンペーンは見逃せません!

3.まとめ
いつもお買い物をするお店が決まっているという人であれば、そのお店で一番還元率が高いカードを選ぶことが大事です。しかし、実際は提携しているお店、つまり、そのお店以外でも色んなお店でお支払いできるところがあったりするものです。カード会社を選ぶ場合、よく使うお店での還元率が高いところで選ぶのはとっても大切。社会人生活が進むと、それまで使っていたお店から新しいお店に行くようになるものですから、その際には次のオトクなカードを調べて、ポイントをさらに有効に貯めて賢く節約することも重要です。とはいえ、まずはあなたにとって最初のクレジットカード。今のあなたにとって、1番のカードを選んでくださいね。

画像一覧

執筆者

篠田和也 (しのだ かずや)

雑誌社勤務後、フリーライター転身。主に、カルチャー、音楽系のWEB媒体、雑誌など中心に活動する。

篠田和也

関連記事

関連記事

入会キャンペーンやポイントを比較、クレジットカードを見直すのは今!

新年度。生活圏やライフスタイルが変化するこの時期は、クレジットカードやポイントカードの検討や見直しに最適です。

今の生活だと、どのカードが便利でお得なのか。4月のこの時期なら、入会キャンペーンなどでお得な特典がついてくることも。いくつかカードを検討・見直すことで、特典もお得にゲットしちゃいましょう。

クレジットカードを比較する
よく使う商業施設や公共交通機関に合わせるもよし、サービスに合わせるもよしです。年会費がかからないものであるなら、使用してみて比較するのもありなので、もしかしてお得かも?と思うようなカードがあれば、前向きに検討してよいでしょう。

●最寄りのスーパーがイオンなら、「イオンカード」
イオンカードのクレジットカードつきタイプなら、クレジット利用200円につき1ポイントが貯まります。貯まったポイントは、WAONに交換してイオン系列のお店で使用することもできますし、Suicaと一体型になっている「イオンSuicaカード」なら、Suicaの電子マネーとしても利用できるというお得さです。今なら入会キャンペーンで2,000ポイント貰えるチャンスも。

●JR東日本ユーザーなら、「ビュースイカカード」
Suica、Suica定期券、クレジットカードが一体化となっているカード。クレジット利用でビューサンクスポイントが1,000円につき2ポイント(5円相当)貯まります。定期購入時はポイントが3倍、Suicaへのチャージをクレジット払いにしてもポイント3倍です。ポイントはSuicaの電子マネーに交換できます。今なら最大6,000円相当のポイントゲットのチャンスが!

ポイント重視で検討する
ポイント還元率や、ポイントゲットの機会が多いもの、ポイント使用の幅が広いもので検討するのも良いでしょう。

●リクルート系サービスを利用するなら「リクルートカード」
ホットペッパービューティーでサロンを予約したり、飲み会でホットペッパーグルメを使用する、ポンパレモールでショッピングする方はこちらがおすすめ。年会費無料のものなら、還元率は1.2%と、他と比べて大きく、ポンパレモールで購入するとさらに3%ふんのポイントが付与されるので、二重取りで、合計4.2%の還元率になることもあります。今なら最大6,000円分のポイントゲットのチャンス。

●楽天ユーザーの方は「楽天カード」
100円のクレジット利用につき1ポイントが貯まる他、楽天市場での利用だといつでもポイントが4倍に。さらに、楽天ポイント10,000ポイントはANA10,000マイルと交換が可能です。大丸など提携店では、会計時にカードを見せるだけで100円につき1ポイント貯まります。今なら最大5,000ポイント獲得のチャンス。

ポイントが貯まるものがこんなにたくさん。使えば使うほどポイントが貯まるとうれしくなりますね!もちろん、使いすぎにはご注意を!

あなたにとって一番お得なクレジットカードは?引っ越しで生活圏が変わったら見直してみよう

引越しをして、利用する鉄道会社や路線が変わった方、変更するのは住民票だけではありませんよ。意外や意外、お手持ちのクレジットカードを見直すことで、ちょっとお得になるかもしれないんです。

■電車通勤ならではの選び方
クレジットカードを選ぶ際、通勤通学の路線を意識したことはありますか?おそらく、ほとんどの方がないのではないかと思います。実は、各鉄道会社の路線で使用することでそれぞれポイントが貯まりやすいなどの特徴があるクレジットカードが色々と存在するのです。JRに、都内であれば東急や小田急などの私鉄まで、普段どの路線を使用するかで、持つべきカードは違ってきます。引越しをしてこれまでとは別の路線を利用することになった方、この際にクレジットカードもお得なものに変えちゃいませんか?

■各クレジットカードの特徴
1.JRの路線を利用する場合
・ビュー・スイカ・カード
Suicaにチャージするだけで、その金額の1.5%のポイントが還元されます。さらに駅ナカのお店や構内の自動販売機の利用でもポイントが貯まります。
・JALカードSuica
チャージする度にポイントが貯まるのは同じですが、こちらはマイルを貯められるのが特徴です。
2.私鉄を利用する場合
・小田急OPクレジットカード
小田急の列車に11回以上乗車すると最大7%の還元率でポイントが貯まります。また、小田急百貨店での買い物で利用すると5~10%のポイント還元など、還元率で他を圧倒しています。
・東急TOP&Club JMB PASMO
東急沿線にお住まいならこのカード。東急ポイントを、JAL・Suica・PASMOにチャージできます。また、東急百貨店での買い物時に利用すると、10%のポイントが貯まるというとてもお得なカードです。

ざっと例を挙げてみましたが、どれも魅力的な還元率だと思いませんか?お引越しで利用路線が変わった方、また、これまで路線なんて気にしたことがなかった方は、この際にお得なクレジットカードに乗り換えを検討されてみてはいかがでしょうか。

クレジット会社のキャンペーンをチェックして、有効にポイントゲット。

金融機関は新生活の区切りで大規模キャンペーンを打つ傾向がある!

金融機関は、年末年始や新生活が始まる4月などに大規模なキャンペーンを打つ傾向があります。なぜなら消費者が新しい生活に向けて、銀行口座やクレジットカードなど新しいマネーツールを開設するタイミングと考えるからです。特にクレジットカード会社のキャンペーンは、何千円(ポイント)キャッシュバックなど、金額的に非常に魅力的なものがあります。キャンペーン内容は各社ぎりぎりまで公表しないので、先取りすることは難しいですが、去年以前の内容から今年のお得なキャンペーンを予想していきましょう。

業界ナンバーワン「楽天カード」の新規入会を利用しよう
業界内でも最大級のポイント獲得として有名な楽天カード。2013年の年末年始特別企画は「楽天市場プラチナ会員向け、入会、エントリー、一回だけの利用で漏れなく8000ポイントプレゼント。さらに申込日のお買いものがポイント10倍」という掛け合わせのものでした。

8000円相当のキャッシュバックは非常に魅力的ですが、2015年においてはすでにこの付与ポイントが通常時にももらえるようになってきています。もしかしたら、年末年始は10000ポイントプレゼントなど大台に乗るかもしれませんね。
ただ、楽天のキャンペーンのほとんどは、キャンペーンに「エントリー」するボタンと「お申込み」ボタンの二つがあります。このエントリーボタンを押さなくても入会はできてしまうので忘れがちですが、それを忘れるとせっかくほかの条件を満たしていてもポイントが付与されませんので、必ず確認を怠らないようにしましょう。

その他、楽天では、銀行口座、証券口座、保険への入会など、金融という枠組みの中でキャンペーンを打つ傾向があります。たとえば、カードと同時に、銀行、証券の口座を申し込むとさらに還元ポイントが高まるなど。そういったキャンペーンも恒常的に行っていますので、ぜひチェックしてみましょう。

〜初任給をもらう前にすること〜【第36回】高橋先生の教えて経済ニュース

〜初任給をもらう前にすること〜

初任給を受け取る前に知っておくべきことがあります。
まずはお金の収支、入ってくるお金と出ていくお金をしっかり把握しましょう。
給料の額面金額ではなくて社会保険料や税金が差し引かれたあと、口座に入ってくる手取りの金額をまずはおさえましょう。

社会人になるとクレジットカードを持つ人も多くなると思います。
クレジットカードの利用については、リボ払いや分割払いもありますが、こういった支払方法には高い利息がかかってしまっていますので、一括払いのみ利用するようにしたほうがいいと思います。

ほかにも社会人になると保険の勧誘を受けるケースもあると思いますが、
新社会人になってすぐに保険に入る必要性は低いはずです。

もし病気になってしまったとしても会社の健康保険制度によって自分で支払わなければならない医療費の上限は
10万円前後という上限があります。健康保険組合によっては自己負担の上限を3万円程度にしていることもありますので、保険料に毎月何千円と払う必要はないです。

銀行の口座の選択ということも大事なポイントになります。
メインで使う口座と貯める口座2つくらい銀行口座があれば十分だと思います。
ATM手数料のかからない口座も今はありますので、メインで使う口座はそういった金融機関を選択したほうがいいでしょう。


動画はこちら

年末の準備と一緒に利用するクレジットカードを見直そう!クレジットカードをお得な高還元率のものに見直すべし

年末年始はお買い物やお付き合いで出費が増える季節です。普段は現金派という方も、大きな額を使う時ほど、クレジットカードで買い物をしたほうがオトクになりますよ。

たとえば、1%の還元率であるクレジットカードだと、10万円使うと1,000円分のポイントがつきます。最近はクレジットカードのポイント還元率がよくなってきていて、1%を超えるものも珍しくありません。
年末の準備と一緒に利用するクレジットカードを見直してはいかがでしょうか。今回は、オトクな高還元率クレジットカードについて紹介します。

1. なんでも自動的に1%引き!P-one Wizカード
P-one Wiz(ポケットカード)なら、お買い物をしたら自動的に請求額が1%オフ。10万円のお買い物なら、1000円オフになります。ポイントが貯まるカードだと、ポイント交換する手間があるので、面倒くさくなったり忘れていたりしてポイントの有効期限が切れてしまった……ということがしばしばありますが、ポケットカードならカードを作ったら使うだけ。面倒くさがりな方にはおすすめです。

加えて0.5%の還元率でTポイントも貯まるので、合計で還元率は1.5%に。
さらに、入会特典として入会後6カ月間はポイントが3倍に。この組み合わせで還元率は2.5%になります。さらにYahoo!ジャパン経由のお買い物ならオトクさが倍増。ポイント還元率は最大5%にまで達します。
高還元率カードは年会費が高いものも多いですが、ポケットカードは年会費も無料なのがうれしいですね。

2. 飲み会、美容、旅行などのサービスを使うならリクルートカード
旅行予約サイトの「じゃらん」、飲み会や美容院などの予約で「ホットペッパー」など、リクルートのサービスをよく使う方には「リクルートカード」がおすすめ。還元率は年会費無料のリクルートカードが1.2%で、年会費2,160円のリクルートカードプラスは2.0%。さらに、ホットペッパーグルメの利用で、予約人数1人ごとにリクルートポイントが50ポイントつきます。10人予約したら500ポイントたまるので、1人あたり5,000円の飲み会なら、幹事をするだけで10%も節約できます。

年末年始など、飲み会の幹事を務める時は必見ですね。

ランキング