スキルも実績も経験も必要なし!それでもGWはネットでお金を稼ごう!

5779.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・クラウドソーシングで稼ぐ

<Point>

1現状の収入には上限がある

2GWは副業を始めるチャンス

3数ヶ月後に2〜3万円稼ぐためのきっかけを

何か副業を始めたいという人が増えています。月に数万円でも副業による収入があれば毎月の娯楽や貯蓄が十分にできないと家計簿をじっと見つめる人もいるでしょう。

しかし、家計簿をずっと見つめて節約を心がけても、思った以上に支出が多くなるということはよくあります。現状の収入だけでは生活の上限が決まっていると考えることもできるでしょう。

しかし、これから先も現状を維持するので精一杯と諦めるのか、さらなる収入を求めて副業を始めるのか今あなたが取る行動によって数ヶ月後の収入が大きく変わっていることも考えられます。
もし、比較的時間のあるこのGWの間に副業を始めようと決意することで数ヶ月後に副業で数万円稼ぐことができるのであれば、実践しようと思う人も少なくないのではないでしょうか。

「私にはスキルも経験もないから月に数万円なんてお金を稼げない」
「副業でバイトをするとしても、そんなに長時間働くことはできない」

そのような心配も全くいりません。あなたは在宅でわずか1日30分パソコンに向き合うだけでいいのです。帰りの電車にさっと仕事をするのでもいいですし、仕事の昼休みにカタカタとするのもいいでしょう。
あなたは自由な時間に加え、自由な場所で副業をすることができるのです。

その方法とはクラウドソーシングで稼ぐという方法です。

クラウドソーシングとはインターネットを通して様々な企業から仕事をもらいます。しかし、企業から仕事をもらうといっても必ずしもスキルが必要なものばかりではありません。

例えばアンケートに答えるだけでお金を稼ぐこともできます。それほど報酬は高くありませんが、誰でも簡単に仕事を受けることができます。
このような仕事を受けるためには、まずはマッチングサイトへ登録することから始めましょう。有名なものでしたらクラウドワークスやランサーズ、@SOHOなどがあります。

登録といっても必要なものはメールアドレスだけなので登録はわずか1分で終わります。登録さえ終わってしまえばあとは自由に仕事を受けることができます。

自己紹介なども記入する必要もありますがアンケートでしたらそのような手間も省けることがよくあります。時間のあるGWであればどんどんとお金を稼ぐことも可能でしょう。
まずは、マッチングサイトを調べることから始めてみてはいかがでしょうか。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

意識を変えて毎月5万円?副業で安定収入を得るための心構えとは

普通のサラリーマンでも副業で月に5万円稼ぐことができます。

このような話を聞くと、自分にはそんな副業をする時間はない、また、今の収入でも生活するのに困らない程度には稼いでいるという人もいるかもしれません。しかし、今の30代はもらえる年金が月に13万円前後と言われており、老後への貯蓄は必須条件です。

仮に、現在順調に貯蓄していたとしても、子どもが大きくなってくるにつれ、学費の負担も大きくなります。このように将来には予想以上に出費が増えるため、今ほど十分な貯蓄ができないことも十分考えられるのです。現状生活することに十分な収入があったとしても、老後にはお金がないから外にも出かけず、1日1食しか食事ができない、人付き合いもなくなり孤独に暮らすような生活が待っているかもしれません。

ですから、そのような生活を送らないためには副業で収入を増やす必要があるのです。今回はクラウドソーシングで月に5万円稼ぐための心構えについてお話しします。

この心構えを知っていると心の余裕につながります。生活に無理がない程度の仕事をこなしながら、貯蓄による将来の安定、毎月のお小遣い増加など少しリッチな生活を送ることができます。逆にこの心構えを知っておかないと、あなたは膨大な仕事量を雀の涙程度の金額で受けなければなりません。毎日睡眠時間を削って仕事をしているのに、もらえる報酬では飲み会代にもならないということすら考えられます。

ですから、この心構えをしっかり知っていてください。

それは、企業と自分の関係は対等関係であるということです。

どういうことだ?と思われるかもしれないので説明します。一般的にクラウドソーシングという枠組みにおいて、企業の中には、お金を払っている自分たちが偉いという認識を持っている企業も数多く見受けられます。そのような企業は膨大な仕事を少ない賃金で要求し、さらには仕事を終えても追加賃金なしで仕事を増やしてくることもあります。このような無理を言う企業は、仕事を断る必要も出てきます。副業で無理なく安定して稼ぐためにも、企業と自分との関係性を意識してもらえればと思います。

自由な働き方を目指して!クラウドソーシングで副業する3つのメリットとは

今やサラリーマンの5人に1人が、自分の本業以外の仕事である副業をしていると言われています。

副業の種類は週末だけのアルバイトからネットビジネスまで、幅広い副業をしているようです。その中で、最近では仕事のマッチングサイトの増加に伴って、クラウドソーシングという副業の選択肢も見えてきました。

クラウドソーシングとは簡単に言うと、ネットのマッチングサイトなどでアンケートや記事作成の仕事を引き受けて稼ぐ方法です。
以前はこのような働き方はあまり一般的ではありませんでした。しかし、その仕事の豊富さもあり、クラウドソーシングに参戦する人が徐々に増えているようです。

そこで、今回はサラリーマンがクラウドソーシングで仕事を受注する3つの理由についてお話しします。

自由な時間にできる
まず、この理由が最も大きな原因の一つとも言えるのではないでしょうか。毎日出勤するサラリーマンにとって、時間を問わずに仕事ができるということは非常に魅力的です。
仕事に行くまでの電車の中でスマホを使って仕事をする、そんな働き方も可能なのです。

どこでも仕事ができる
上記の理由と少し被るところはあるのですが、クラウドソーシングの仕事は時間だけでなく、場所も問いません。
家事の合間にやることも、通勤の途中でやることもできます。仕事内容にもよりますが、必要なのはスマホやPCなどのデバイスが一台あれば十分なのです。
そのような自由な働き方に憧れてクラウドソーシングで副業をするという人も少なくないようです。

独立のきっかけになる
今の時代、終身雇用が当たり前というわけではありません。いつ会社をクビになるかわからない、そんな思いから独立を目指す人も少なくないようです。
そのような人はいきなり独立というわけではなく、まずはクラウドソーシングなどを使って、実際に自分1人で仕事を受けてみるという人が多いのです。

将来、自分の力でお金を稼ぎたいと考える人はクラウドソーシングから始めてみてはいかがでしょうか。

自分には本当にできない?初心者が今日から始めるネット副業を紹介します

ネットで副業というと今や当たり前という時代になりつつあります。年金なんて頼りにできないし、毎日の生活をもうワンランクアップさせようと頑張る人も少なくないのではないでしょうか。

副業なんて自分にはできない・・・と考えるかもしれませんが、その種類は膨大にあるので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。今回は、今日からできるネット副業の種類についてお話します。

・ アフィリエイト
アフィリエイトと聞くと難しそうとか、広告収入なんてなかなか稼げるわけないと最初から諦めているような人が多いように感じます。
確かに稼ぐことは簡単ではないですが、他人が読んでおもしろい、または得になる情報をブログに書けばいいだけなので、ジャンルも特に問いません。極端な例でいえば、新しいことを習慣づけたい人が毎日の報告の場としてブログを始めて、結果的にアフィリエイトで稼いでいるという人もいます。
なにか新しいことを始めてみたいという人にはおすすめのネットビジネスと言えるかもしれません。

・ せどり
せどりは最も始めやすいネットビジネスの一つといえるでしょう。というのも、即金性が非常に高く商品の回転率を上げていけば、ダルマ式に資金が増えていきます。ローリスクでネットビジネスを始めたいという人にはおすすめです。

・ 株式投資
資産運用手段の一つとしても今や欠かせない存在になりました。リスクはあるもののプロのトレーダーであれば1日に100万円稼ぎだすという人もいるくらいリターンが大きいことが特徴です。
一方、株式売買による利益だけでなく、株主優待というリスクを抑えた長期投資方法も存在するため、リスクを抑えたいという人にも始めやすく、おすすめです。

・ ポイントサイト
様々なゲームやアンケート、クレジットやサービスの新規登録によってポイントを貯めていくことで、お金を稼ぐ方法があります。
ノーリスクな上、毎日のポイントを貯める作業にも、それほど時間もかかりません。しかし、大きな報酬にはつながりにくく、安定的に数万円を稼ごうとするのは、難しいようです。

・ 在宅ワーク
副業が認められているという人にとって最も現実的なアイデアかもしれません。記事の執筆やプログラミングをすることで、報酬を得ることができます。

初心者の方にもできる仕事がたくさんあるので、一度在宅ワークのマッチングサイトを見てみてはいかがでしょうか。

マイナンバー制度と税金~今後は副業に注意!~

いよいよ平成28年1月1日からマイナンバー(個人番号)制度がスタートします。

マイナンバー制度とは、日本に住所があるすべての人に個人番号が割り振られて、その個人番号が社会保障や税金、災害対策の分野で使われることになる制度です。
具体的には、上記の分野で使われている各種書類に個人番号を書くことになります。そのため各企業では、社会保険や税金関係の書類に社員の個人番号が必要となるために全社員の個人番号を収集します。個人番号を教えないと、その人だけ社会保険や税金関係の手続きが滞ってしまうことにも。社会保険の手続きは給付(お金が支給される)関係が主なものなので、問題はないのですが、税金関係では問題のある人が出てくる可能性があります。

例えば、副業をしている人。昼間正社員として働きながら、塾の講師やキャバレー、コンビニ、ネット関係等で収入を得ている人です。会社に秘密で行っているので、マイナンバー制度の導入で副業がばれるのではと心配しているのではないでしょうか?確かに、税務署に同じ番号の書類があれば収入は合算されます。そして、正社員と副業の合算された収入から計算された住民税の徴収を会社が行うため、副業がわかってしまうと言うわけです。ただし、確定申告をして副業の住民税支払い分を「自分で納付」という選択をすれば会社にはわかりません。

しかし、現実には副業先から源泉徴収票や支払調書をもらっていなければ副業先は税務署に支払い金額を報告していないことになります。これらの書類は、本来会社は必ず出さなければいけない書類なのですが、出していない会社も多々あります。この場合、税務署には正社員としての源泉徴収票だけが出されているので、副業の収入はわからないことになります。しかし、今後マイナンバーの導入に伴い、税金関係の書類の提出は厳しくなりますので、副業先から個人番号を聞かれたということは、源泉徴収票や支払調書の作成に必要だからということですので覚悟をしておきましょう

もし、個人番号を聞かれなければ、副業先はこれらの書類を作成していないことになります。現時点で言えることは、副業先から個人番号を聞かれるか否かが重要だということです。副業に関しては、正社員の会社が副業を就業規則で禁止していても、ばれたからとすぐに解雇はできません。注意をされて副業をやめれば何ら問題はありません。また、会社のお給料だけでは生活が大変なため副業をしているというケースの場合は、会社は副業を認めざるを得ないという裁判例もあります。ともかく、マイナンバー制度の導入とともに税金の徴収は厳格になると思いますので、働き方には十分に注意をしてください。

報酬はスキルに依存しない!?クラウドソーシングで高収入を得る方法とは

ネットビジネスに比べるとクラウドソーシングは初心者が最も簡単かつノーリスクで月に数万円の報酬を狙える副業でしょう。
しかし、ほとんどのクラウドソーシングで得られる仕事は報酬が少ないと言われています。

毎日オフィスでパソコンと向かいながら作業を進め、上司にペコペコと頭を下げて疲れ切った状態で仕事を進めているのに、月の報酬が微々たるものだと救われないでしょう。
逆に報酬が高いものはアプリ開発やwebデザインなど、全くの初心者がやるには少しハードルが高いです。
ですから初心者でもできる仕事となると、受注者過多になり、報酬が安くなる傾向にあるのです。企業側としても初心者が相手だからと仕事を相場よりもずいぶんと安く発注しているように感じます。
そのような企業が増えれば、その安い報酬が相場になります。相場は簡単には変わらないので、あなたが目にする8割は本来の相場よりも安い価格であるといっても過言ではありません。
そのような中でもあなたが本来の報酬、つまり、安い価格で仕事をしないための方法についてお話しします。
この方法はスキルに100%依存するわけではありません。例え少しスキルが低くても、企業はあなたを重宝するでしょう。企業に重宝されれば報酬も上がりますし、継続的に仕事をもらうことができます。
将来のために、貯蓄を作りたい!そのような願いを叶えてくれる方法と言えます。ですから、しっかりこの方法を実践してみてください。
それは、礼儀を守るということです。

当たり前のことだと思われましたか?しかし、クラウドソーシングでは、この当たり前を守れていない人が非常に多いのです。
というのも基本的に仕事の受注者は一般のサラリーマンや学生が多いです。交渉なんてもちろん慣れていませんし、企業からのメールを返さない、返事が遅いなんてことはザラにあります。
そのような中で、言葉遣いが丁寧であり、企業への連絡をきちんと行い、きちんと仕事の期限を守る人が企業に重宝されるのです。
当たり前のことを当たり前にこなし、仕事を共にするパートナーとして信頼を構築していきましょう。

ランキング