【2016GW】こどもの日は美術・音楽・寄席も揃う、横浜でアート鑑賞

5725.jpg

 5月5日のこどもの日、横浜では子ども向けのアートイベントが数多く開催される。横浜美術館は観覧料が無料となるほか、子どものためのオーケストラコンサートや、寄席など、さまざまなイベントが横浜市内各地で予定されている。

 横浜美術館では、5月5日に無料開館を実施し、すべての来館者の観覧料を無料にする。現在、企画展「複製技術と美術家たち-ピカソからウォーホールまで」と、女性アーティストに焦点を当てた「コレクション展」を開催しており、子どもでも十分に楽しめるマティスやクレー、ピカソ、デュシャンなどの作品が展示されている。横浜美術館前の広場「美術の広場」では、「海」をテーマにしたリニューアル工事が完成し、大水面では噴水やミストを楽しめるほか、ベンチや芝生も整備されている。

 横浜みなとみらいホールでは、毎年こどもの日に子どものためのコンサートを開催している。2016年は「オーケストラ」をテーマに、横浜出身の俳優である谷原章介がプログラムをナビゲートする。1日2回公演となっており、1回目の公演は0歳から入場可。2回目の公演には、楽器を持ってきた子どもがステージ上でオーケストラと演奏できるコーナーも用意されている。

 横浜にぎわい座では、これまでの均一料金を改め、子どもやシニア料金を新たに設定。幅広い年齢の人たちが気軽に楽しめるようになった。寄席のネタはその日の客層を見て決めるため、子どもの来場が多い日には、子どもにも面白い落語が上演されるという。ほかにも、曲芸や漫才、マジックなどの演目もあり、家族で楽しめる。

 4月1日より小・中学生の入館が無料となった大佛次郎記念館では、「昭和のあそび」をテーマにした企画展を開催。メンコやすごろく、福笑いなどを実際に体験できる。また、横浜市民ギャラリーあざみ野では、ワークショップ「帽子をつくろう」が開催される。誰でも参加できるが、未就学児は保護者同伴。参加費は無料。

 イベントやワークショップ、コンサート、展覧会など、横浜のアートな子ども向けイベントは、横浜市芸術文化振興財団が運営するサイト「ヨコハマ・コドモ・アートナビ」で検索できる。

◆企画展「複製技術と美術家たち-ピカソからウォーホールまで」
会期:4月23日(土)~6月5日(日)
場所:横浜美術館
開館時間:10:00~18:00
入場料:一般1,300円、大学・高校生700円、中学生400円、小学生以下無料、65歳以上1,200円(要証明書) ※5月5日(木・祝)は無料開館

◆こどもの日コンサート2016 ドキドキ、ワクワク、オーケストラってすごい!
日程:5月5日(木・祝)
場所:横浜みなとみらいホール 大ホール
開演:1回目13:00、2回目15:30
料金:
1回目/0歳~小学生1,000円、中学生以上2,500円 ※0歳から要チケット
2回目/小学生1,000円、中学生以上2,500円 ※未就学児の入場は不可

◆「横浜にぎわい寄席」新料金
一般2,800円、シニア(65歳以上)2,700円、学生(高校生以上)1,500円、子ども(中学生以下)1,000円、障がい者手帳を持っている人(同伴者1名まで同料金)1,500円
※当日、仲入り後(15:15頃)から、2,000円で入場可能

◆大佛次郎記念館
入場料:高校生以上200円、小・中学生無料 ※20名以上の団体は高校生以上150円
※第2・第4土曜日、毎月23日「市民読書の日」は高校生無料
※横浜市内在住の65歳以上の人は無料(要証明書)
※障がい者手帳を持っている人と、同伴者1名までは無料(受付で手帳を提示)

◆ワークショップ「帽子をつくろう」
日時:5月5日(木・祝)11:00~15:00
場所:横浜市民ギャラリーあざみ野
対象:誰でも可(未就学児は保護者同伴)
料金:無料

画像一覧

  • こどもの日は横浜でアート鑑賞
  • 横浜美術館前の広場もリニューアル
  • パウル・クレー「ホフマン的な場面」1921年  富士ゼロックス版画コレクション 
  • 横浜みなとみらいホールでは、谷原章介がナビゲートする子どものためのコンサートを開催
  • 横浜にぎわい座の館長・桂歌丸
  • 大佛次郎記念館では「昭和のあそび」を体験できる
  • 横浜市民ギャラリーあざみ野ではワークショップを開催
  • ヨコハマ・コドモ・アートナビ

提供元

関連記事

関連記事

【GWのお得な楽しみ方】日産ギャラリーでミニカーなどが当たるクイズラリーに参加する

日産自動車は、4月23日から5月8日まで、日産グローバル本社ギャラリーにて「ゴールデンウィーク・ファミリーイベント」を開催する。

ゴールデンウィーク・ファミリーイベントでは、ギャラリー内をめぐって答えを探すクイズラリーを実施。参加者には、抽選で日産のミニカーやオリジナルクリアファイルなどの賞品をプレゼントする。

また4月23日・24日には、新しい環境技術の体験教室「わくわくエコスクール」を開催。親子で楽しく地球環境と電気自動車について学ぶことができる。4月29日・30日には、日産のクルマに搭載されている先進技術を体験してポイントをもらう体験型スタンプラリーを実施。集めたスタンプで豪華賞品が当たる抽選会に参加できる。

【代官山春花祭2016】 GWは代官山エリアでマルシェやアート、ライブを堪能!

代官山全体でアートやマルシェなどの出展が行われる「代官山春花祭」が、5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)に開催される。

代官山エリアの一体感を象徴する代表的な催しである同イベント。代官山を愛する人々同士のより良い付き合いを育くむことによって、代官山の「代官山らしさ」「都市の洗練された生活」をより一層向上させてゆくことを目指し、今年で10回目を迎える。

イベントでは、代官山エリアの居住者やショップ、ライブハウスなど、代官山にゆかりのある人々が集まり、マルシェやアート展示、ライブパフォーマンスや各ショップの企画販売などが行われる。

10回目の今回は、「観よう 聴こう 愉しもう」をテーマに、代官山坂で行われる「春花祭マルシェ」や「ひまわりガーデン代官山坂タネ植え」、「代官山時間旅行ーPART2ー」と題し実施される映像上映、そしてエリア内各ステージで実施される音楽やダンスのパフォーマンスなど、様々な催しが展開される。代官山への愛に溢れた本イベント、GWのお出かけ先としてぜひチェックしてみて。

「代官山春花祭2016」は、5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)開催。

【マネーゴーランド意識調査】GWの渋滞は好きですか?

2日休むと最大10連休となる2016年のゴールデンウィーク。長い休みを取ってリフレッシュ!という前に立ちはだかるのがGWにつきものの…そう混雑です。なかでも愛車を快適に飛ばす…とはいかないGWの高速道路の渋滞混雑はこの時期の喜ばしくない風物詩。

そこで今回、マネーゴーランド編集部では「GW目前!渋滞についての意識調査」を実施。アンケート結果から、渋滞のメカニズムやイライラ対策、お得な渋滞情報などを紐解きました。

●ズバリ!渋滞は好きですか?
まずは渋滞に対する実態を把握すべく「あなたは渋滞に巻き込まれるとイライラしますか?」との質問をしました。みなさんはいかがですか?イライラしない人なんている訳がない!アンケート実施前は編集部もそう思っていました。しかし、アンケートの結果はなんと15.9%の人が「イライラしない」との回答なのです。

しかし…そのような心穏やかなドライバーをよそに、「30分以上ノロノロだとイライラする」は57.3%。渋滞に巻き込まれれると「すぐにイライラする」は22.5%となり、やはりGWの高速道路の渋滞はイライラ熱量で溢れていることがわかりました…。
「あなたは渋滞に巻き込まれるとイライラしますか?」アンケート結果のグラフ
●あなたは何キロからイライラする?
快適に車を走らせていてイライラする人はいませんが、一般道に比べスピードが出せる高速道路だからこそスピードが遅くなるとイライラするようです。そこで「高速の渋滞でイライラしてしまうのは何キロ以下?」とのアンケートをしてみました。結果は「30キロ未満~10キロ以上」になるとイライラするが29.6%と一番多い結果に。「50キロ未満~30キロ以上」が23.9%、「停車した状態」が23.0%とほぼ同じ結果から判断すると、一般道の制限速度以下になると多くのドライバーのイライラスイッチが発動されるようです。
「高速の渋滞でイライラしてしまうのは何キロ以下?」アンケート結果のグラフ
●実はこんなに速く走ってる!
高速道路の渋滞を好きな人はいないかもしれませんが、せっかくの楽しいGW。ドライバーのあなたの機嫌によって車中のムードが凍りつく…というのは避けたいもの。

渋滞がはじまり時速50キロを下回ったら、「人類最速の男!あのウサイン・ボルト氏が100mの世界記録を樹立したときの時速は約39キロ」、「本気を出したママチャリは時速約20キロなんだって」それに比べたらかなり速いよね!など小ネタを挟みつつ、心穏やかに運転してください。

そうです!GWの高速道路は一般道と考えれば、あなたのイライラ発動スイッチも入りにくくなる…ことを心から願うマネーゴーランド編集部でした。素敵なGWをお過ごしください。

※上記集計は2016年4月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~60代の普通自動車免許を取得している男女、回答数1,256名)

【節約絶景ドライブ】GWは富士山と芝桜が同時に楽しめます~富士パノラマライン編~

●節約絶景ドライブ:富士パノラマライン編
これまで見たことのない景色や風景に出逢ったとき、そこには決してお金には替えることのできない喜びと感動があります。

そんな体験をもっと身近に感じるためにこんな企画を用意してみました。題して「節約絶景ドライブ」。みんなが知っているドライブスポットから、地元の人しか知らない隠れた穴場まで、おすすめルートに節約テクニックも交えてお届けします。

●富士五湖を巡りながら日本一を堪能
本栖湖・精進湖・西湖・河口湖・山中湖で構成される富士五湖。その周囲をぐるりと取り囲むようにして走っているのが、国道139号線です。通称“富士パノラマライン”と呼ばれるコースとしても有名で、美しい富士山を見られる以外にも多くの観光スポットや穴場スポットが点在。まだあまり知られていない絶景を撮影して、Instagram(インスタグラム)で友達に自慢してみるのもおすすめです。

朝霧高原から眺める富士山

おすすめスポット●3
国道139号で行く富士山ぐるっと周遊プラン
・ルート:新富士IC(新東名高速道路)→西富士道路(無料区間)→浅間大社→白糸の滝→朝霧高原→本栖湖→精進湖→西湖→河口湖IC
・距離:約50km
・所要時間:約75分

静岡県富士市を起点にして東京・奥多摩までをつなぐ国道139号線。その途中に富士山をたっぷりと眺められる道が続くことから“富士パノラマライン”とも呼ばれています。139号線上には多くの絶景ポイントや観光名所があり、主要な高速道路からもアクセスしやすく人気のあるドライブコースです。

新富士ICから国道139号線を北上すると、パワースポットとして有名な富士山本宮浅間大社が出現。139号からは少し離れますが、ぜひ立ち寄りたいスポットです。ここでたっぷりとパワーをもらった後、さらに北上して白糸の滝へ。富士山の伏流水が何本もの滝になって流れる光景は圧巻のひと言です。

国道139号線に戻ってさらに北上すると、今度は朝霧高原が見えてきます。ここは富士山の絶景スポットとして有名で、「道の駅朝霧高原」があるため駐車場も広くて快適。名物のソフトクリームを食べながら道の駅の裏にある展望台に上がれば、見事な富士山の大パノラマを見ることができます。

139号線を北上すると、途中には鳥と花の楽園「富士花鳥園」があるので、ここに立ち寄るのもおすすめ。園内には人気のふくろうが「これでもかっ!!」というほど飼われていて、目の前で鑑賞することができます。さらに北上すると富士五湖のひとつである本栖湖に到着。GWは富士芝桜まつりの真っ最中なので、ぜひ芝桜と富士山の絶景ビューを撮影してInstagramやFacebookなどのSNSにアップしておきたいところ。

さらにこの周辺には日本人なら誰でも知っている“あの景色”が見られるスポットもあります。本栖湖畔に車を停めて少し山を登ると、1000円札の裏面に描かれている富士山の景色と同じ構図を楽しむことができるのです。これは意外と知られていない穴場スポットかも。

続いては隣にある精進湖を横目で見ながら西湖へと移動。ここは観光客があまりいない穴場。落ち着いた雰囲気で富士山を眺めることができます。近くには美しい氷柱が洞窟の中に続く鳴沢氷穴もあり、手頃な入場料(大人230円)で異空間体験が楽しめます。

いつも観光客で大賑わいの河口湖が見え、富士急ハイランドのジェットコースターから絶叫が聞こえてくるとドライブは終了。このまま中央自動車道で帰路に着くのもいいですが、元気があれば今度は138号線に乗って山中湖へ向かい、富士五湖を完全制覇するのもおすすめです。

★節約絶景スポット1:白糸の滝
幅200メートル近い岸壁から、富士山の伏流水(地下水)が何本もの細い滝となって落ちる白糸の滝。高さは20メートルもあり、上から覗き込むだけでなく滝つぼの近くまで下りていくことができるため、気持ちの良い水しぶきを体に浴びることができます。周辺には公営だけでなく民間の駐車場もあり、滝へ続く遊歩道沿いには売店があるので便利です。

★節約絶景スポット2:朝霧高原
富士山西麓の標高700~1000メートル付近に広がる朝霧高原。富士箱根伊豆国立公園にも指定されており、間近で富士山の大パノラマを見ることができます。周囲には道の駅「朝霧高原」のほかにも、「富士ミルクランド」や「まかいの牧場」などの見どころもたくさんあり。広大な草原に乳牛が飼育されその向こう側に富士山が見えるという構図は、絶景そのもの。

★節約絶景スポット3:富士芝桜まつり
本栖湖にほど近い国道139号線沿いで、毎年春に開催される富士芝桜まつり。今年は4月16日から5月29日まで開催されています。首都圏最大級を誇る約80万株の芝桜が、広大な敷地一面に咲き誇る風景は絶景そのもの。晴れた日には真正面に富士山の雄姿を見ることができ、そのコントラストの美しさは日本全国的にも有名です。入場料は大人600円、駐車場は500円。園内には足湯に浸かりながら景色を楽しめる「展望足湯(100円)」なども用意されています。

●節約テクニック
世界遺産に登録された雄大な姿を眺めるドライブ
日本人にとっては特別な存在ともいえるのが富士山。今回はその富士山の姿をいつも見られるドライブプランを提案してみました。富士山麓をぐるりと回る富士パノラマラインは、ただ走っているだけでも十分楽しいのですが、そのルートには見逃せない絶景スポットが盛りだくさんなので、あちこちに立ち寄ってみるのもおすすめです。どの観光名所もそれほどお金がかからず、費用対効果の高いドライブコースになっています。

●【節約絶景ドライブ】 シリーズ
おすすめスポット●1 伊豆半島編

おすすめスポット●2 房総フラワーライン編

GWは外に出かけよう!子どもも大人もカップルも行きたいおすすめアウトドア3選

あと1週間でGWですね。家族で旅行という人も多いでしょうし、彼女、彼氏とデートに出かけるという人もいるでしょう。

今年のGWは平日2日を休めば最大10連休と非常に長いので、どこかに出かけようと考える人も多いのではないでしょうか。せっかくの長期休みですから家でごろごろというのは少しもったいない気もします。

ならば、まだ計画を立てていないという人は思い切って外に出かけてみてはいかがでしょうか。アウトドアでしたら全員で楽しめますしコストも比較的抑えることができます。今回はGWに出かけたいアウトドア3選ということで紹介して行きます。

●釣り
まずはアウトドアの定番である釣りです。長期休暇は予定がなければついつい遅くまで寝てしまうもの。お昼過ぎに起きて後悔したという経験がある人も少なくないでしょう。

そんな人はカップルで釣りに出かけてみてはいかがでしょうか。釣りなんて暇だ!と思われるかもしれませんが、逆にカップルでゆったりとした時間を過ごすというのも悪くないでしょう。ずいぶんと暖かくなってきましたしオススメのアウトドアです。

●バーベキュー/BBQ
仲間で集まるのでしたらBBQという選択肢もいいのではないでしょうか。BBQでしたら食材を持ちよることもできますし、飲みに出かけるよりも安く抑えることができます。仲間内でワイワイ飲んで楽しむことは非日常の生活を体験させてくれるのではないでしょうか。

準備には少々時間がかかりますが、仲間で集まるという行事があまりない!と思われる人は長期休暇の内にBBQを計画してみましょう。

●フィールドアスレチック
最後に紹介するのがフィールドアスレチックです。意外と知らないだけでフィールドアスレチックというのは全国的に数が多いです。家族で行くのもよし、カップルで行くのもよしと誰でも行けるという点でもおすすめのアウトドアと言えます。

デスクに座って作業ばかりの社会人の方も、たまには外で思い切って体を動かすというのも必要ではないでしょうか。ぜひ今年の長いGWを利用してアウトドアに出かけてみて下さい。

ランキング