国家公務員にさせたい、なりたい!中央省庁の見学会が夏休みに開催

6533.jpg

 文部科学省をはじめとした中央省庁が毎年行っている、夏休みの子ども向けイベント「子ども霞が関見学デー」が、7月27日と28日の2日間開催される。期間中は府省庁内の見学をはじめ、多数の体験プログラムに参加できる。対象は小・中学生や幼児。

 「子ども霞が関見学デー」は、文部科学省をはじめとした府省庁などが連携して毎年夏休みに開催しているイベントで、平成28年度は26の府省庁が参加予定。参加により親子のふれあいを深め、子どもたちが広く社会を知る体験活動の機会にするととともに、各府省庁などの施策に対する理解を深めることを目的に実施されている。

 期間中は各府省庁の職場見学をはじめ、仕事の内容がわかる展示や、親子で参加できるさまざまなプログラムが実施される。参加者には、各府省庁などのプログラムと地図が入った「日本国霞が関子ども旅券」(パスポート)を配付。子どもたちが興味にあわせて自由に霞が関を歩くことができる。

 平成27年度の見学デーでは、直接大臣に話やインタビューができる「大臣室へようこそ」やさかなくんによるトークショー、実験教室、工作教室など、各府省庁の特色を生かした多数のプログラムが実施された。平成28年度のプログラムの詳細については、6月下旬頃に文部科学省や参加府省庁のWebサイトで公表される予定。プログラムによっては事前に予約が必要なものや、抽選のものもある。参加対象は小・中学生、幼児などで、原則として保護者の同伴が必要。

 申込み開始日や実施詳細は6月下旬頃に公表される予定。なお、平成27年度は6月23日に詳細が公開された。

◆平成28年度子ども霞が関見学デー
日時:7月27日(水)・28日(木)
対象:小・中学生、幼児
※原則として保護者同伴
参加府省庁(予定):内閣官房、人事院、内閣府、宮内庁、公正取引委員会、警察庁、個人情報保護委員会、金融庁、消費者庁、復興庁、総務省、法務省、外務省、財務省、国税庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、特許庁、国土交通省、気象庁、環境省、防衛省、会計検査院、国立国会図書館
※実施プログラムなどの詳細は6月下旬頃公表予定

画像一覧

  • 画像はイメージです
  • 文部科学省 子ども霞が関見学デー 詳細

提供元

関連記事

関連記事

【GWのお得な楽しみ方】高校生を対象としたものづくり体験

 最新のデジタルツールを活用したものづくりを学べる専門塾「Qremo(クレモ)」は、4月30日から5月5日の期間、ゴールデンウィーク特別講習「ゴールデンウィークイベント2016」を開催する。ロボットプログラミングを学ぶ講座や3Dプリンターで将棋の駒をデザインする講座など、さまざまなものづくり体験を用意している。

 「Qremo」は幼児から高校生を対象に、最新のデジタルツールを活用しながら「ものづくり」を学習・体験・発表することで、子どもの創造性を引き出すことを目的とした専門塾。2014年の渋谷校を皮切りに、現在は5校を開校しており、合わせて1,000名以上の子どもが定期コースに通っている。

 「ゴールデンウィークイベント2016」では、ロボットプログラミングや3Dプリンタを使いながらチームワークも学べる講座や、英語でコーディングを行い自分のオリジナルゲームを作る講座のほか、電子回路マーカーで光るペーパークラフト作りといった制作に没頭する講座などが用意される。遠方から参加したり、忙しい子ども向けの「1日集中する講座」も含め、全部で7つの講座・コースを開講予定。

 開催場所は、Qremo渋谷校、川崎校、横浜校、秋葉原校の4か所。講座により対象年齢は年長~高校生まで異なる。また、校舎ごとに開催講座・開催日時・定員が異なるため、詳細はQremoのWebサイトで確認が必要。各講座の申込受付もすでに開始しており、希望者はWebサイトから参加を申し込む。なお、各回ごとの定員設定が少ないケースもあるため、希望する講座には早めの申込みをお勧めする。

◆Qremo「ゴールデンウィークイベント2016」講座内容
申込方法:Webサイトの応募フォームから申し込む
※開催校舎、定員などはWebサイトで確認が必要
開講講座一覧:
【チームワークを学べる講座】
・チームでロボットをつくって、ちりばめられた財宝をあつめよう!
 対象年齢:小学1~4年生
 授業料:9,000円(税別)
 開催場所:渋谷校
・親子で作ろう!3Dプリンタで自分だけのかんたんしょうぎ
 対象年齢:小学1年生~高校生 ※親子で参加すること
 授業料:15,000円(税別) 
 開催場所:渋谷校

【制作に没頭する講座】
・全世界に公開!自分だけのオリジナルゲームを作ろう!
 対象年齢:小学5年生~高校生
 授業料:5,000円(税別)
 開催場所:横浜校
・電子回路マーカーで光るペーパークラフトをつくろう!
 対象年齢:小学3年生~中学3年生
 授業料:7,000円(税別)
 開催場所:横浜校
・ビスケットではじめてのプログラミングとアニメーションづくり
 対象年齢:年長~小学3年生
 授業料:5,000円(税別)
 開催場所:渋谷校、川崎校

【1日集中する講座】
・ゲームプログラミング1日集中!
 対象年齢:小学2年生~高校生
 授業料:12,000円(税別)
 開催場所:川崎校、横浜校
・はじめてのロボットプログラミング1日集中!
 対象年齢:小学4年生~高校生
 授業料:12,000円(税別)
 開催場所:川崎校、横浜校

【5/24締切】文科省各部署で夏休みのインターンシップ受入れ

 文部科学省は、同省の業務を体験する平成28年度夏期インターンシップの学生・生徒を募集する。実施期間は7月~9月で、部署によって異なるが受入れ期間は約2週間。申込みは所属校ごとに取りまとめ、5月24日までに応募する。

 文部科学省は、文教・科学行政事務に実際に接する機会を提供し、職業意識の向上や学習意欲の喚起などを目的に、平成11年度からインターンシップを受け入れている。対象は大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校、高等専修学校、高等学校、中学校に在学する日本国籍を有する学生・生徒。中学生は職場体験として受け入れる。平成27年度の夏期インターンシップの応募は377人あり、受入れは118人だった。

 受入れは、大臣官房総務課、科学技術・学術政策局政策課、スポーツ庁オリンピック・パラリンピック課など約60の部署となっている。Webサイトでは、各課の受入人数、募集学種等、受入時期、受入期間、業務内容などが記載されている。最大15人を受入れる高等教育局専門教育課の受入期間は7月11日~9月16日までの1~4週間。実習内容は、高等専門学校、大学、専門職大学院に関する各種データの集計や分析などを行う。

 実施期間は原則として月曜から金曜までの連日で、7月と8月は午前8時30分~午後5時15分まで、9月は午前9時30分~午後6時15分まで。そのうち休憩時間が午後0時~午後1時まで。中学生は午前9時30分~午後5時まで。

 応募は、各所属校で推薦書や調査票など必要書類を取りまとめて担当窓口にメールで送る。必要書類はWebサイトからダウンロードできる。応募締切は5月24日午後0時。同省で実習生を選考し、6月16日以降に所属校あてに受入可否を連絡する。実習にかかる交通費や食事代は原則として実習生本人が負担すること。

◆文部科学省 平成28年度夏期文部科学省インターンシップ
実施期間:7月11日(月)~9月16日(金)※受入部署により異なる
時間:7~8月8:30~17:15、9月9:30~18:15(中学生は9:30~17:00)
対象:大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校、高等専修学校、高等学校、中学校の学生・生徒
場所:文部科学省各局課室
申込方法:各所属学校を通じてメールで申し込む
申込締切:5月24日(水)12:00必着

【おトク+節税+地域貢献】忘れられない体験を味わえる!参加型のふるさと納税

ふるさと納税と訊くと、つい食べ物や名産品がもらえるだけと思いがちですが、それ以外にも多種多様なラインナップが揃っています。

その中から今回ご紹介するのは、都会に住んでいるとなかなか味わえないような参加型の体験プラン、郷土色を活かしたユニークなプランから、来年のお休みに利用したい魅力的なプランまで、思い出の1ページを増やしてくれること間違いなしのプランをお届けします。

【オススメふるさと納税:忘れられない体験編】
おすすめ●10 『美しい村の風景をヘリコプター・クルーズで堪能』
福島県大玉村 25万円以上でもらえる
安達太良山を背にゆるやかに広がる扇状地にある大玉村。その美しい風景は「日本で最も美しい村」連合に加盟していることからも分かります。同連合に加盟するためには入会資格の審査があるだけでなく、5年ごとの再審査も必要というほど。そんな厳しい基準をクリアした村の絶景をヘリコプターに搭乗して、空から眺めることができるプランがこちら。東日本の屋敷ならではの居久根(いぐね)と呼ばれる保護林をはじめ、美しい田園風景と迫力ある安達太良山の大パノラマをヘリコプターに乗って満喫することができます。25万円以上の寄付でもらえ、全フライトは約1時間、定員は3名となっています。

●どんな町なの?『大いなる田舎の景色が残る村』
福島県の中部に位置する活火山として有名な安達太良山。その裾野に位置する大玉村は、東端に阿武隈川が流れる風光明媚な村。古き良き日本の原風景を今もなお残し、2005年にスタートしたNPO法人「日本で最も美しい村」連合にも加盟しています。裾野に広がる扇状地には、春になるとレンゲの花が咲き、夏にはそば畑一面に真っ白なそばの花が咲きほこり、世界遺産があるマチュピチュ村と友好都市を結んでいることでも知られています。

●アクセスガイド
東京から電車で約120分(JR本宮駅)、仙台から電車で約60分(JR本宮駅)
東京から車で約180分、仙台から車で約90分

【オススメふるさと納税:忘れられない体験編】
おすすめ●11 『神戸ポートタワーをひとり占め』
兵庫県神戸市 10万円以上でもらえる
神戸港のシンボルとして有名な神戸ポートタワー。1963年に建造された展望タワーで、双曲面構造の美しい外観が特徴。2010年の大改修によってLEDでライトアップされるようになり、さらにその美しさに磨きがかけられました。そんな神戸の象徴を貸切できるという魅力的なプランが登場。ふるさと神戸を想い、これからの神戸を応援したいという気持ちを寄付を通じて実現する「ふるさとKOBE寄付金」では、10万円以上の寄付で閉館後の神戸ポートタワーを30分間貸切することが可能(神戸開港150年記念事業)。9人まで同伴が可能となっています(飲食は禁止)。。

●どんな町なの?『日本を代表する美しい港町』
兵庫県の県庁所在地で、政令指定都市としても知られる神戸市。古くから海運の都市として栄えてきた長い歴史と伝統を持ち、異国感あふれる街並みを今も楽しむことができます。神戸ハーバーランドをはじめとする美しい港町のイメージが強い一方で、六甲山から眺める夜景の美しさは『100万ドルの夜景』と評されるほど。産業も非常に栄えておりメジャーな観光スポットも至る所に点在するなど、西日本を代表する都市のひとつです。

●アクセスガイド
東京から飛行機で約70分
東京から電車で約180分
東京から車で約380分

個人旅行を計画しただけではなかなか思いつかないようなアイディアや、個人の力では叶えることのできない仰天プランも、ふるさと納税の力を借りれば実現することができます。ヘリコプターに搭乗するだけでも一大イベントですが、日本の原風景といえるような美しい風景を堪能できるプランや、神戸のシンボルを自分ひとりで堪能できる驚きのプランなど、いつもの旅行にふるさと納税プランを組み合わせてみるのはいかがでしょうか。日本各地の良さを再発見できるのもふるさと納税の魅力です。

まだまだ掘り出し物といえる魅力的なプランが揃っているふるさと納税プラン。次回は知恵を絞って趣向を凝らした面白プランを厳選してお届けしますので、ぜひお楽しみに。

●【おトク+節税+地域貢献】 ふるさと納税シリーズ
『おすすめ1~2』 トリプル効果のふるさと納税マニュアル

『おすすめ3~5』 目移りするほど豊富なラインナップ

『おすすめ6~7』 えっ!こんなものまで。ちょっと変わったふるさと納税

『おすすめ8~9』 思わず目を疑うw!ユニークなふるさと納税

【ご家庭では?】子どもがインターネットを使ううえでの安心・安全対策の意識調査

 低年齢層の子どものネット利用実態と保護者の意識について、幼児保護者の64%、小学校低学年保護者の72%がなんらかの方法で子どもにインターネットを使わせていることが、安心ネットづくり促進協議会が4月14日に発表した調査アンケートにより明らかになった。

 「低年齢層の子どものネット利用実態とその保護者の意識実態調査」は、インターネットの利用環境を整備することを目的に設立した利用者・産業界・教育関係者などが集う組織「安心ネットづくり促進協議会」が、2015年12月7日~1月25日の期間に実施したもの。0歳~6歳の未就学児および小学校1年~3年までの低学年の保護者を対象とし、1,184人から回答を得た。

 調査では、保護者自身のインターネット利用と子どものインターネット利用についてアンケートを実施。子どものインターネット利用については幼児保護者の64%、小学校低学年保護者の72%が何かしらの機器を使用して子どもにインターネットを使わせていると回答。幼児ではスマートフォンが38%ともっとも多かったが、小学生ではスマートフォン、タブレット、ゲーム機の利用率が横並びとなり、利用機器の多様化傾向が見られた。

 子どもがインターネットを利用するタイミングは、幼児では「家族と一緒のとき」が84%と圧倒的に多く、ついで「外出先での待ち時間」27%、「保護者が仕事・家事などで手が離せないとき」18%に利用している状況が見られた。小学生でも「家族と一緒のとき」が89%と圧倒的だが、そのほか「兄弟・姉妹やいとこと一緒のとき」39%、「一人のとき」32%、「友達と一緒のとき(自宅内)」34%と、その利用状況には変化が見られた。

 子どもがインターネットを使ううえでの安心・安全対策については、幼児、小学生ともに「時間制限」が約半数となったが、小学生にあがり子ども専用の端末を持たせる、一人での利用が増えるなどの変化があることから、「フィルタリング」「端末機能制限(ペアレンタルコントロール)」「ネット接続制限」といった対策をとる割合が増える傾向にあった。ただし保護者と兼用で端末を利用している場合は、これらの対策も低い傾向にあった。

 安心ネットづくり促進協議会では、今回の調査結果の報告にとどまらず、青少年や保護者のインターネット・リテラシー向上に向けた各地での普及啓発活動や安心安全サービスの提供・改善につなげていくことを目指している。

年収の40%は教育費!?塾通いでなくても自ら勉強する子どもに育てるためには?

子どものためなら出費を惜しまないという親は多いようです。日本政策金融公庫が発表しているデータによると、年収の40%は教育費に消えているというデータもあります。

「国公立大学に行かせるためには塾に行かなければならない」、「有名大学であれば私立でも学費を頑張って出す」

このように考える親が非常に多いということです。今は学歴社会ではなくなってきたという声があるものの、子どもを持つ親はそのように考えていないのです。

しかし、子どもの教育のためであればお金に糸目をつけないということも日常生活を送る上で大きな負担になることは間違いないでしょう。事実、6割の家庭が子どもの教育費に負担を感じているというデータもあります、

子どもの教育費には出費を惜しまないという考えも素晴らしいものではありますが、一方で教育費を少し節約する必要もあるのです。今回はそのようなあなたのために子どもの教育費を節約する方法についてお話しします。

子どもの教育費を削るといっても教育費を削ったことで成果が落ちるようでは全く意味がありません。例え毎月3万円塾に支払っていても子どもの成績が上がるのであれば十分と考える人も多いでしょう。効果を出すためには子どもがもっと小さいときから勉強の重要さを教える必要があるのです。

その方法とは、子どものときに時間をかけて教えるということです。

というのも子どもは自分から勉強しようと思って勉強することはあまりありません。「勉強しなさい!」と言っている親も少なくはないでしょう。

しかし、そのような声かけよりも子どもに勉強させるという習慣が必要なのです。勉強させる習慣が小さいときに身に付けば、中学校、高校と進学したときにもその習慣は継続できます。国公立大学に進学した塾に通っていないという人は勉強の習慣が元々しっかりしているのです。

勉強習慣を身につけさせるためには投げやりに勉強しろというのではなく、小さい頃から本を読んであげたり、一緒にクイズをしたりすることで考えることを好きになってもらうのが一番と言えるでしょう。

教育費の節約で効果が薄い塾に通うより、大変ではありますが小さい頃から学ぶ習慣を身につけるようにしてみてはいかがでしょうか。

ランキング