【ついに決定!】東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムは野老朝雄さんの「組市松紋」!

5700.jpg

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は25日、2020年に開催される同大会のエンブレム「組市松紋」を発表した。約1万5000作品の応募作から選ばれた採用案の作者は、東京都在住のアーティスト、野老朝雄(ところ・あさお)さん。

 東京の虎ノ門フォーラムで開催された発表会で作者の野老さんは、「ついさっき知ったので、頭の中が真っ白です。時間をかけてデザインした作品で、我が子のような作品です。これからいろいろなつながりが生まれるといい」とあいさつ。

 同日午前から東京2020エンブレム委員会を開催、最終案4作品を対象に投票を実施、ここで「組市松紋」は過半数の13票を獲得した。つづいて組織委員会理事会を開催、理事会では満場一致でエンブレムが決定された。

 東京2020エンブレム委員会の宮田亮平委員長は「ときめきを共有できるエンブレムを選んだ。選考では参画と透明性を留意し、可能な限りの情報を提供した。年齢、職業など幅広い方から応募があった。最終案4案を公開した後も、10日で4万人から意見があった」と語る。

 「委員会でも様々な意見があり、意見は割れたが、誠心誠意選ばせていただいた」という。委員会は15回を開催、のべ110時間に及んだ。

 委員の王貞治氏は「野球一筋に生きてきたが、思いがけなく委員に選ばれた。選考に参画できたことは素晴らしい体験で、名誉だった。そして素晴らしい作品が選ばれた。胸を張って発表できる」と述べた。

 発表会には東京2020組織委員会の森喜朗会長、国際オリンピック委員会のジョン・コーツ副会長、国際オリンピック委員会の国際オリンピック委員会のアレックス・ギラディ委員、国際パラリンピック委員会のミゲル・サガラ理事らも出席した。

<関連記事>

画像一覧

  • 東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム「組市松紋」 <撮影 高木啓>
  • 東京2020エンブレム委員会の王委員 <撮影 高木啓>
  • 向かって左から王委員、宮田委員長、森会長、野老さん、最終選考案の作者3人 <撮影 高木啓>

提供元

関連記事

特集

関連記事

【オリンピック・パラリンピック準備局】東京の名所を巡る「TOKYOウオーク」参加者募集

オリンピック・パラリンピック準備局は、誰でも気軽に参加できるウオーキング大会「TOKYOウオーク2016」を5月~11月にかけて区部・多摩の都内5カ所で開催する。

TOKYOウオーク2016は健康づくりとスポーツへの興味、関心を喚起するために行う。第1回大会「新宿・渋谷・世田谷エリア」、第2回大会「北・板橋エリア」、第3回大会「あきる野・日の出エリア」、第4回大会「多摩川エリア」、第5回大会「西東京・東久留米エリア」の全5大会を実施。3大会以上完歩すると、大会記念メダルがプレゼントされる。

5大会で実施される通常コースは、約20kmのAコース、約12kmのBコース、約8kmのCコースの3コース。体力に合わせてコースを選べる。ガイドの説明を聞きながら名所旧跡などを巡る「ガイドウオーク」は約4~5km。5大会で開催される。小さな子どもも参加できる「こどもとウオーク」は約4~5km(第1、2、5回大会で開催)。約45kmと30kmの「長距離コース」は第4回大会で実施する。

事前申し込み時の参加費は、1大会あたり大人1000円、中高生・75歳以上500円(当日受け付けは大人1500円、中高生・75歳以上1000円)。小学生以下は無料。エントリーはスポーツエントリー、またはランネットから行う。

●TOKYOウオーク2016開催日時
・第1回大会:5月28日(土)新宿・渋谷・世田谷エリア
・第2回大会:7月9日(土)北・板橋エリア
・第3回大会:9月10日(土)あきる野・日の出エリア
・第4回大会:10月22日(土)多摩川エリア
・第5回大会:11月26日(土)西東京・東久留米エリア

オリンピックや大統領選など、ビッグイベントと為替レートの関係は?

仕事やプライベートでも、予定を立てたり、見通しを持つって大切ですよね。外貨投資の場合、国内外のさまざまな出来事を把握して見通すのは簡単ではありませんが、2016年の大きなイベントは押さえておいて損はありません。

2016年のビックイベントとしては、5月の伊勢志摩サミット、8月のリオオリンピック、11月のアメリカ大統領選挙などがあります。

サミットは、日、米、英、仏、独、伊、加の首脳が世界経済や地球規模の課題について話し合う場。議論のテーマによっては、ダイレクトに為替レートが動くこともありますし、サミットを開催する国(議長国)として準備や進行の手腕やリーダーシップは世界中から注目されます。また、開催地にもスポットが当てられるので、観光地として自然や文化をPRするまたとない機会にもなります。世界から注目されることやアジアのリーダーとして存在感を示すこと、観光地としての魅力を世界にPRすることなどは、“日本円”の価値に影響を与える可能性があります。

ブラジルでは、2014年のワールドカップに続き2016年8月にオリンピックが開催されます。立て続けに国際的なイベント招致に成功する要因は、新興国の中でも目覚ましい経済発展ですが、ここ数年経済は厳しい状況下に。ブラジルの通貨レアルも下落基調にあり、オリンピックイヤーだというのに盛り下がり感は否めません。でも、期待値が低いからこそ、オリンピックを成功させる意味は大きいといえそう。

アメリカ大統領選挙も2016年のビックイベント。すでに事実上の選挙戦はスタートしていて、今後さらにヒートアップすることが予想されます。現職のオバマ大統領は2期8年の任期を終えるため、新しい大統領が誕生することに。大国アメリカで絶大なる権限を持つことになる大統領選挙の行方も米ドルの動きと密接に関わります。

また、為替レートと関係が深いので気にしておきたいのが、それぞれの国の中央銀行が金利などを決める金融政策。通常は、金融政策を決める会議がいつ行われるかは公表されています。日本銀行の場合は、2016年1月、3月、4月、6月、7月、9月、10月、12月の予定です。

見通しが大切とはいえ、現実には、予想できないイベントが為替レートを大きく動かすことも少なくありません。突発的な天災やテロなどの悪いニュースは、第一報でその国の通貨を瞬時に、大きく下落させ、その後状況が正確に伝わることによって徐々に安定するという動きになることが多いようです。

ゴールデンウィークだからこそできる、他人とは違う3つの過ごし方!

いよいよゴールデンウィークも間近!予定がすでにあるという人はそちらの準備で忙しいかと思いますが、そうでない人もたくさんいらっしゃると思います。

予定の見えない仕事だったり、スケジュール的に休みが取れなかったり、そもそもお金もかかるし、人ごみがいやだ!という人もいるかもしれません。

そんな人にお勧めするのが、ゴールデンウィークというまとまった時間が取れるからできることをするということ。
その間につけた力がひょっとしたら、数ヵ月後、数年後の自分にとってとても役立つものになるかもしれません。ウサギとカメのカメのように虎視眈々と目標に向けて時間をつぎ込む、そんなゴールデンなお休みと考えてみてはいかがでしょう?

マネーゴーランド編集部ではこの期間だからこそでき、かつ他人とはちょっと違うようなものをピックアップしてみました、何か興味のあること始めてみると想定していなかった新しい出会いもあるかもしれませんね。

■ボランティア活動への参加
(日数:自由に設定可能)
ここ数年で空いた時間や連休を活用してボランティアに参加する方が増えています。ネットやFacebook・twitterなど様々な場所で募集をしています。人の役に立つというやりがいや充実感が得られると評判です。
ボランティアというと少しまじめな作業みたいなイメージもあるかと思いますが、筆者である私も実際に「まちづくり」という分野でボランティア活動をしていたり、そのような仲間をたくさん見てたりしましたが、そのような堅苦しいイメージではなく、サークル活動に近いです。さまざまな知見がつくことはもちろん、まったく違う分野で活動する仲間に出会えるということはなかなか素敵なことですよ!

■プチ断食
(日数:自由に設定可能だが最大でも3日)
ダイエット・体調管理・療養・便秘予防など様々な分野でプチ断食がブームになっています。断食と言っても週に数回1食抜いてるなどの簡単にできるもので、整腸作用や体調の改善が期待できるそうです。GWにプチ断食をすることで5月病予防にもなりそうです。
ただ勝手にやって体調を壊してしまっては意味が無いので、ちゃんと指導者のもとすることをお勧めします!

■短期修行
(日数:3~4日、最短日帰り)
京都や鎌倉などでは短期の坐禅会や写経などができるお寺があります。3泊4日の泊まり込みでのプチ修行なども人気があるようです。坐禅は数ある仏教の宗派の中でも禅宗のみの修行方法です。

最近は世界的に「禅」がブームになりつつあります。スティーブジョブスが曹洞宗の禅に影響を受けたというのも有名な話ですし、駒澤大学の関係者のお坊さんがアメリカで開いた禅センターに通っていたそうです。世代に関係なく密かに禅が注目されています。
瞑想は健康に大きな影響を与えたり精神面の強化になるなど話題から人気を集めつつあります。

筆者も「呼吸」にすごく興味をもっており、さまざまな局面で自信を持った選択ができそうだなとひそかに勉強をしようと思っております。「修行してきた!」なんて孫悟空のように言うことができれば、それだけで強くなれる気がしそうですね。

ゴールデンウィーク、習い事などに時間を割いたりするのももちろん素敵なことかとは思いますが、ちょっと変わったことをしてみると世界が開けるかもしれませんね!素敵なゴールデンウィークをお過ごしください!

【マネーギャグアニメ動画】意外と安物!?今飲んでるそのお酒、原価っていくらなの?

わんわんコインと金男くんが繰り広げるマネーギャグアニメ。「わんわんわんコイン」。

第10話は…お花見で盛り上がるわんわんわんコインと仲間のコイン。そこに突然現れた”ドーベル万”をはじめとするセレブな紙幣たちが、またまた理不尽な要求を突きつける。わんわんわんコインはこの複雑なお金の上下関係をしのぐことができるのか・・・。!続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!鷹の爪を生んだDLEによるオリジナルアニメ『わんわんわんコイン』 バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」
第8話「紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命」
第9話「火遊び厳禁!取られる現金!不倫の慰謝料の相場」

最新作の第10話はこちら!

社会人として誰からも必要とされる人になるための『12のスキル』

【社会人基礎力講座】誰からも必要とされる人になるための12のスキル-1話-「社会人基礎力」とは?(総論)

「社会人として仕事をしていく上で、どんな能力が必要だろうか?」

新社会人の皆さんは、今、人生の新しい扉を目の前に、大きな期待と不安が入り混じった複雑な気持ちでしょう。社会に出て働くと、苦労することもたくさんあります。しかし、扉の向こうには、それ以上に充実した刺激的な生活が待っています。働くということは他人や社会の役に立つことでもあります。1日でも早く社会人に必要な能力=「社会人基礎力」を学び、身につけ、デキる社会人を目指しましょう。

【社会人基礎力とは】

では、社会が求める「社会人基礎力」とは具体的にはどのようなものでしょうか。
経済産業省では、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を「社会人基礎力」と名付けています。
さらに

  • 「前に踏み出す力(アクション)」
  • 「考え抜く力(シンキング)」
  • 「チームで働く力(チームワーク)」

の3つの能力と、それを構成するものとして12の能力要素を定義しています。

【3つの能力】

「前に踏み出す力」とは

  • 主体性
  • 働きかけ力
  • 実行力

という3つの能力要素から成ります。
目標に向かって試行錯誤しながら、自ら踏み出そうと行動する力です。
失敗しても他者と協力しながら、粘り強く取り組むことが求められます。

「考え抜く力」とは

  • 課題発見力
  • 計画力
  • 創造力

という3つの能力要素から成ります。
常に問題意識を持ち、既存の方法に拘らず課題の解決に向けてのプロセスを納得いくまで考え抜くことが求められます。

「チームで働く力」とは

  • 発信力
  • 傾聴力
  • 柔軟性
  • 情況把握力
  • 規律性
  • ストレスコントロール力

の6つの能力要素から成ります。
組織としての付加価値の創出や目標達成に向けて多様な人と協働する力のことです。
社会人になると、自分と考えの合わない人や苦手な人と一緒に仕事をすることも多くあります。
そういった人々とも上手く付き合いながら、円滑なコミュニケーションを取り、目標に向け協力することが必要です。

出典:経済産業省HPより

12の能力要素の中には、既に身についていると感じる能力もあるかもしれません。
しかし、企業側が求めているものは本人が認識しているレベルよりももう一段高いレベルにあります。

「社会人基礎力」の12の能力要素を身につけ、その能力を伸ばしていくことによって、仕事が円滑に進み、結果にも繋がっていきます。
それに伴って、周囲からの評価も高まり、社会人としての人生は豊かなものになるでしょう。

このシリーズでは、「社会人基礎力」の12の要素を「12のスキル」として、具体的な事例に基づいて、一つずつ学んでいきます。
この中には、当たり前だと感じることがあるかもしれません。しかし、この当たり前のことをきちんと身につけることができれば、あなたは周囲の誰からも必要とされる人間になれます。

1日でも早く「社会人基礎力」を身につけて、デキる社会人を目指しましょう。

※ このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

ランキング