【小中学生実態調査】母親9割が実感、子どもの朝食は「野菜不足」

5672.jpg

 朝食で95%の母親が「子どもの野菜不足」を感じており、「もっと野菜を摂ってほしい」と考えていることが、アサヒ飲料の調査により明らかになった。母親と子どもにとって理想的な朝食の条件は、「栄養がある」「美味しい」「調理が簡単」などがあげられた。

 アサヒ飲料が行った「小中学生の朝食の実態調査」は、小中学生の子どもを持つ母親を対象に実施。115名から回答を得た。調査期間は、2016年3月19日~30日。

 「朝食時に、子どもの食欲がないと感じることがあるか」を聞いたところ、72%の母親が「ある」と回答。「子どもが朝食を食べ残すことがある」は67%、「(過去1年以内に)子どもが朝食を抜いたことがある」は33%の母親が経験していた。

 また、「子どもに朝食を残さずに食べさせるのは大変だと思うか」には、64%が「そう思う」と回答。「普段はとても大食いなのに、朝は食欲がないようで、必ず残してしまう(小5男子の母親)」や「少しでも栄養を摂ってほしいので食べやすいように工夫しているが、一口で終わりにしたり、抜いたりしてしまうことが多い(小1女子の母親)」などの意見があがったという。

 さらに、朝食時の「野菜摂取状況」に関する質問では、「朝食において、毎日野菜を摂っている」子どもは全体のわずか27%。「摂っているが毎日ではない」46%、「摂っていない」27%という結果だった。また、朝食で「子どもが野菜を食べ残すことがある」と回答した人は57%にのぼり、「朝食において、子どもの野菜不足を感じるか」の質問では95%の母親が「感じる」と回答した。

 「朝食において、もっと子どもに野菜を摂ってほしいと思うか」と聞くと96%が「そう思う」回答。また、母親と子どもにとっての「理想的な朝食の条件」では、「栄養がある」92%、「美味しい」90%、「調理が簡単」84%、「食べるのに時間がかからない」77%などの回答が上位にあがった。

画像一覧

  • 95%の母親が「朝食での子どもの野菜不足」を感じている
  • 朝食時に、子どもの食欲がないと感じることはあるか?(単一回答)
  • 子どもが朝食を食べ残すことはあるか?(単一回答)
  • 朝食において、子どもの野菜不足を感じるか?(単一回答)
  • 母親と子どもにとって「理想的な朝食の条件」だと思うもの(当てはまるものすべて・複数回答)

提供元

関連記事

関連記事

生鮮食品とW使いをしよう!冷凍食品を賢く活用する節約術

1人暮らしのみなさん、勢いよく食材を買ったはいいものの、食材を余らせてしまったり、使い切れなくていつの間にか傷んでしまったということ、よくありませんか?

野菜やお肉など、生ものはあしが速いものもありますから、保存がきかないとなるとなかなか悩ましいところです。そこで上手に活用したいのが、冷凍食品。賢く取り入れることで、無駄をなくして節約にもつながるんです。

冷凍野菜を活用しよう
葉もの野菜はあまり日持ちがしないので、一人暮らしだと消費するのが大変です。ほうれん草だと、1束単位でしか売っていないことが多く、保存も1週間が限界なので、毎日毎日ほうれん草!という状況になりかねません。他にも、かぼちゃはカットしてあるものだと5日以内に使ったほうが良いとされているので、1/2玉の購入でも消費に苦労しそうですね。そこでおすすめは冷凍野菜という手です。ほうれん草もかぼちゃも、冷凍食品コーナーに並んでいます。およその価格ですが、ほうれん草(200g)で200円、かぼちゃ(400g)で220円くらい。保存も1か月以上できますから、ちょこちょこ使いができちゃいます。他にもブロッコリーやさといも、コーン、なすなどの冷凍野菜が売られていますね。

お肉やシーフードも冷凍食品
お肉類や、エビやイカといったシーフードも冷凍食品になっているものがあります。特におすすめしたいのが、ひき肉の冷凍食品。ひき肉って、gで購入するとちょっと多かったり、小分けに保存するのが少し面倒ですよね。冷凍のひき肉なら、ぱらぱらとほぐれてくれるので、gを気にせず使いたい量だけささっとふりかけのように出すことができるます。少し使ってまた冷凍庫へと、繰り返し使えるのが魅力です。また、エビは殻戸とわたがしょりしてあるので、そのまま使うことができて便利。こちらも使いたい量だけ取り出せて、使い切らなきゃ!というプレッシャーからも解放されます。

でも冷凍食品ってちょっと高くない?
たしかに、生鮮食品と比べると高いものもあります。ただ、一気に使い切らなければいけなかったり、結局使い切れずに捨ててしまっていることが多いとなると、長い目で見ればお得です。たとえばほうれん草。1束買って1週間で使い切るよりも、冷凍ほうれん草を1袋買って1か月くらいちょこちょこ使うほうが、食材に偏りが出ず日々の食事もバラエティに富みますし、たまねぎや人参といった、安くてかつ常温で1か月くらいもつものと併用していけば、かなり節約できちゃいます。そう、冷凍食品は、日持ちするものと併用が基本。スーパーの冷凍食品半額の日に購入して、1か月くらいかけてちょこちょこ使っていくのが賢い節約法です。

業務用スーパーでまとめ買い&小分け・冷凍テクで食費を最大3割減!

節約のために自炊をしたい方も多いかもしれませんが、そもそも毎日の仕事やプライベートが忙しくて、自炊の時間がない!と嘆いている方も多いかもしれませんよね。

そんな方のために、忙しい中でもできる「週末まとめ料理法」をご紹介いたします。週末に食材をまとめ買いし、まとめて調理、それをタッパーやZIPロックなどで保存することで、意外なほど時間もお金も節約できますよ。

まとめ買いの時は「安くて量が買える」ということを重視
安売りしているスーパーなどもいいですが、業務用食品を売っている店で購入するのも一手です。業務用食品とは、飲食店などの小売業者による使用を目的に販売される食品で、通常のスーパーで売っているモノよりも包装が簡素で内容量が多いことが特徴です。節約のためには、包装が簡素であっても、廉価で量が多い方がいいですよね。ご自身の家の近くにそういったものが売っているお店があるか確認しましょう。ちなみに、業務用スーパーで売っているものと通常のスーパーの類似商品で味は変わりません。

おかずの保存は「小分けで冷凍」が基本
食材をまとめ買いして週末に調理したら、それを全て小分けにして冷凍保存しましょう。食べ物の形状に合わせて、タッパー、ZIPロック、サランラップなどを適宜利用します。ちなみに、だしやスープの素なども、製氷機などで小分けにすることができます。製氷機は意外と万能で、例えば、トマトソースを小分けに冷凍したり、タマネギやショウガなどを液状にし、小分けにしておいて、料理の時に解凍して使えば、本当に時間とお金の短縮になります。

週末にまとめて作ることで、平日は自分の時間がたっぷり
毎日の買い物は時間・体力・お金を使うものです。業務用スーパーを使えば、一般的に2~3割ほど安く購入することができるので、私も以前こちらを利用して食費の節約を実践してみましたところ、毎月の食費が3万円程かかっていたのに対し、6,000~9,000円ほど節約することができました。業務用スーパーと小分け・冷凍テクニックを使ってぜひとも時間・お金を節約しましょう。

自炊男子・自炊女子学生のための無料料理教室

 全国で料理教室を開催するベターホーム協会は6月と7月、学生への食のサポートを目的とした「学生のためのおいしい自炊料理教室」を、札幌、仙台、首都圏、名古屋、京阪神の15か所で開催する。対象は18歳以上の学生で、参加は無料。4月20日より参加申込みの受付を開始する。

 料理教室や実用料理書の出版などを通して暮らしのサポートを行うベターホームは、次代を担う学生に社会人になる前に食の基本を身につけてもらい、健康的な食生活を送るためのサポートを目的に「学生のためのおいしい自炊料理教室」を開催。若い世代に多く見られる食生活の乱れや不規則な食事による低栄養、栄養バランスの崩れ、生活習慣病などの予防にもつなげたいとしている。

 料理教室では、栄養バランスがよくカフェや学食で人気のメニュー「タコライス」と、欠食しがちな朝食に活用できる「野菜と豆の食べるスープ」「オレンジマリネヨーグルト」の3品を実際に調理する。身近な材料や調理道具で作ることができ、料理初心者でも楽しく参加できる内容だという。

 対象は、大学・短大・専門学校に在学中の18歳以上の学生。当日受付にて学生証の提示が必要となる。なお「学生のためのおいしい自炊料理教室」は、ベターホームの助成事業として費用の全額をベターホームが負担。学生は無料で参加できる。

 「学生のためのおいしい自炊料理教室」の概要や詳細は4月20日(水)午前9時30分に掲載予定。同日からベターホームのホームページおよび電話にて参加受付を開始する。各クラスの定員は32人で、先着順での受付のため満員になり次第応募を締め切る。

◆学生のためのおいしい自炊料理教室
会場:
札幌、仙台、渋谷、池袋、吉祥寺、町田、横浜、千葉、柏、大宮、名古屋、梅田、難波、京都、神戸の全国15か所のベターホーム料理教室
日程:
札幌 7月4日(月)/仙台 6月29日(水)/渋谷 6月15日(水)、7月5日(火)/池袋 6月9日(木)、6月29日(水)/吉祥寺 6月9日(木)、6月30日(木)/町田 6月15日(水)/横浜 6月22日(水)、7月7日(木)/千葉 6月22日(水)/柏 6月29日(水)/大宮 6月9日(木)/名古屋 7月7日(木)/梅田 6月8日(水)/難波 6月10日(金)/京都 6月16日(木)/神戸 6月14日(火)
開催時間:18:30~20:45
対象:大学・短大・専門学校に在学中の18歳以上の学生
定員:各クラス32人
参加費:無料
申込開始:4月20日(水)
申込方法:ホームページまたは電話で申し込む
持ち物:エプロン、三角巾(バンダナ)、筆記用具、学生証

まとめて調理、大小個別容器に保存、節約スキルを駆使して効果アップ!

「毎日の食費を節約するために、自炊するのはもはや当たり前」という方も多いかもしれません。ですがしっかり工夫しないと、料理をするときの材料費以外にも、ガス代、水道代などで意外と調理代は高くついてしまうものです。

今回は、まとめて作った料理を小分けにして節約する際の「使える便利グッズ」と使用の際のいくつかのポイントをご紹介したいと思います。

こんなに細かく分別できる!最新小分けグッズ「フリープ」
いまや小分けグッズはかなり細分化されています。タッパー系であれば、大きなモノは当然、例えば、アーネスト社から出ている小分け保存カップ「フリープ」などがおすすめです。これは、大きな容器の中に小さなシリコンカップ(大)と(小)がそれぞれ2個、6個ずつ入っており、その中につくったおかずをいれておけば、お弁当を作る際など、解凍後、そのカップのままお弁当に詰めることができるというものです。また、近しい商品は100円ショップにも売っていますし、同様のことを氷を作るアイストレーでも行うことができますので、ぜひ試してみてください。

タッパーを使う際のワンポイント
タッパーを使う際には、いくつかのポイントがあります。例えば、厚みのある食材や堅い食材などは解凍が大変なので、食材と食材の間にラップを一枚挿入するなどの対策をすべきです。また、大量に作っておくと、いつのものか忘れてしまう恐れがあるので、タッパー自体に付箋などで内容と日付をメモしておくと、料理をする際、先に使うべき食材が分かるので便利です。

こういった節約スキルを活用することで、買い物の回数も圧倒的に減らすことができるため、金銭的な節約に加え、時間的な節約も実行できます。ぜひ、いろいろな大きさのタッパーを取り揃え、それぞれの用途を考えて、小分けによる節約を実行してみましょう。ちなみに大きさの異なるタッパーを取りそろえる時は、100円ショップももちろんいいですが、7~10点のシステムセットが3,000円程度でネットから購入することができるので、購入の前にいくつか検索してみましょう。

【真由美さんの3拍子揃った節約レシピ】今が旬!の春キャベツをつかってみました~レシピ4~

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

いよいよ、今週はゴールデンウィークが始まりますね。
おでかけ・ご帰省の予定、わくわくしながら考えている方も多いのではないかなと思う4月4週目、スタートです!

さて!
今週も【春キャベツを使ったお弁当レシピ(4)】をお届けいたします。

春キャベツとウインナーのシンプル炒め

今週で、春キャベツを使ったお弁当おかずもラスト!
メインおかずには、春キャベツの旨みを余すことなく使いますよ。

今回のお弁当は、フライパンひとつで2品作ります。

調理器具をあれこれ使うと、作るときにもスペースをとりますが、それ以上に後片付けも大変ですよね。後片付けが面倒だと、作る気もうせてしまいますが、

フライパンひとつで作れば、後片付けもラクチン!

フライパン一つで作るときは、汚れの少ない順で作るのがコツです。

ではさっそく作ってみましょう♪

【春キャベツとウインナーのシンプル炒め】

■材料(2人分)

春キャベツ…3枚
ウインナー…3本
顆粒コンソメ…小さじ1/3

サラダ油…小さじ2

■作り方

1.キャベツは芯をとり、芯の部分は斜めに薄く切り、葉の部分は食べやすい大きさに切る。ウインナーは、3等分に斜めに切る。

春キャベツ

2.フライパンに油を熱し、キャベツ・ウインナーを加えて炒め、キャベツがしんなりしてきたら、コンソメで味をつける。

春キャベツとウインナー
春キャベツとウインナーにコンソメ

このおかずを作る前に、サブおかずのたまごやきを作ります。

フライパンに油を熱して、溶き卵を流しいれ、炒り卵を作ります。

炒り卵

皿に取り出したら、ほらこの通り!

フライパン

あいたフライパンで、「春キャベツとウインナーのシンプル炒め」を作ります。

炒り卵は、粗熱をとって、ラップで茶巾に絞って、丸く形作ります。

炒り卵をラップ茶巾

ごはんは、おかずを作り始める前にお弁当箱に詰めておきましょうね。
早めに詰めて、粗熱をとることを心がけましょう。

今回はミニトマトを添え野菜に使いました。

春キャベツとウインナーのシンプル炒め弁当

ウインナーの塩気・旨みを活かして、味付けはコンソメのみ!
コンソメは、ささっとふりかけて味付けに使いやすい「顆粒コンソメ」がオススメです。

ぜひ、ご参考にしていただけると嬉しいです。

=============================
●材料費リスト

2人分83円⇒1人分42円

春キャベツ…3枚15円
ウインナー…1本16円
たまご…1個10円

※調味料・米・添え野菜の金額は除いて計算を出しています。
=============================

ランキング