毎日のお手入れが肝心!良質なスーツ着用で無駄な出費を回避!

このレシピを実行して

1,000貯まる!
<材料>

・スーツのお手入れ方法

<How to>

1日頃からできる自分で適切なお手入れする

2シワやニオイもセルフケアする

※自分でお手入れした場合とスーツ上下のクリーニング代(平均1,000円)の差額

5639.jpg

スーツはビジネスマンにとって非常に重要なものです。

定期的にクリーニングし、傷んだら買い換えたいものですが、どちらも頻繁に行うとコストがかかってしまいます。スーツにかける出費を抑えるコツは、いいものを丁寧に、長く着ることです。その観点から、以下にいくつかのお手入れのコツを紹介していきます。

1.無駄な出費を避ける
スーツは自分を演出するために必要な道具でもあります。未来の自分への投資なのでぜひ良いもの、気に入ったものを買いましょう。では何が無駄なのか。まず、クリーニング代です。これは、スーツ上下で平均1,000円程度かかります。加えて、クリーニングに出しすぎると生地もダメージを受けます。月に1回も出せば十分です。そして、破れやカビ、虫食いなどはもってのほか。また新しいものを買う羽目に。では、無駄な出費を避けるためにできることは何なのか。

2.日頃からできるお手入れ方法
スーツはお手入れが肝心です。毎日お手入れしてあげましょう。

1.1日着たら1日休ませる
スーツは2日連続で着ない方がいいです。1日来たら汗などの水分を飛ばすため、室内での陰干しを。生地のダメージを抑えるための鉄則です。

2.終わったあとは優しくケア
仕事から帰ってスーツのまま家事をしたり、脱ぎっぱなしで横になったりしていませんか?帰宅後にはすぐにポケットの中のものをだし、ハンガーにかけ、優しくブラッシングをしましょう。ポケットにものが入ったままだと形が崩れてしまいますし、ハンガーにかけることでしわや型崩れを防ぐことができます。できれば防湿効果のある木製の、形に合ったハンガーを使いましょう。また、パンツは専用ハンガーに裾からつるすことでしわが伸ばせます。そしてハンガー後のブラッシングで目に見えない小さなほこりまで落とせば、虫食いも予防できます。全体をたたいてほこりを浮かせた後、上から順にブラッシングしましょう。ポケットも忘れずに。

3.もしものお手入れ
しわがついたらクリーニングに出す前にシャワー時の浴室にかける、またスチームアイロンを試してみましょう。ただし生地を濡らしすぎるのは厳禁です。また、雨に濡れてしまったら乾いたタオルでやさしくたたき水滴をとりましょう。こすってしまうと生地が悲鳴を上げます。その後は自然乾燥。吸湿性のある木製のハンガーまたはタオルを挟むなどして乾きやすくしてあげましょう。においもしわ取りと同じ要領で。消臭スプレーなどは生地にとってあまりよくありません。

これら日常のお手入れで、お気に入りのスーツをより長持ちさせ、余計な出費を抑えることができます。「人は見た目が9割」という言葉があるとおり、良くも悪くも、良いスーツを着た人は仕事ができそう、中身もよさそう、となるものです。無駄な出費は抑えて良いスーツを着ましょう。

画像一覧

執筆者

林誠二 (はやし せいじ)

大学卒業後、雑誌社、web関連会社勤務。 オシャレしてブラブラすることが大好きです。

林誠二

関連記事

関連記事

スーツのクリーニング、どれくらいで出すべき?

汗ジミや匂いが気になるスーツ、クリーニングに出すのもなかなか費用がかさみますよね。一体どれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのでしょうか?

1. スーツのクリーニングは少ないほどよい
スーツはたいてい、ウールでできています。このウールに含まれる羊毛の油分は、クリーニングを頻繁にすると抜け落ちてしまいます。その結果、布地が貧弱になってしまうのです。

クリーニングに出すのは1シーズンに1回で十分。シーズン終わりには、しまう前にクリーニングは必須です。汗や皮脂がついたままにしてしまっておくと、虫に食われる原因になります。また、汚してしまったときは速やかにクリーニングに出しましょう。

スーツを着るときは「2勤1休」と言われるように、2日着たら1日休ませます。そうなると、夏物と冬物で3着ずつは着回し用のスーツが必要になります。安い物でも構わないので、着回しできるように複数のスーツをそろえておきましょう。

2. クリーニングなしでスーツを長持ちさせるために

1日の終わりにスーツを脱いだら、必ずブラッシングをしてホコリを落とします。そして、霧吹きをして、日の当たらないところに干します。タバコや食べ物、汗の匂いが気になったり、しわになったりしているときも、消臭スプレーやしわ取りスプレーはかけないでください。霧吹きでキレイになります。
汗がついたままにするとシミになるので、汗をかいた場所を霧吹きでしめらせるか、蒸しタオルでふいて、きれいにしておきましょう。

簡単にできるお手入れとしては、入浴後の浴室に15分ほど吊るしておき、湿気を吸わせたら、エアコンのきいた部屋で乾かします。
こうしてこまめなお手入れをしておくことで、クリーニング代もかからずにスーツを長持ちさせることができるのです。

一着だけはNG!フレッシュマンはアウトレット通販サイトで安くて良質なスーツを購入せよ!

会社に入ると多くの場合、毎日スーツを着なければなりませんが、通常のスーツは安くても3万円程度はかかるもの。そして一着購入すればいいというわけでもありません。

毎日同じスーツを着ていては、当然傷みも早いですし、何よりTPOに合わせないということで、「仕事ができない」という烙印を押されてしまうこともあります。安く、かつ適切に評価されるために、アウトレットの通販サイトを使いこなしましょう。

アウトレットの通販サイトの利点
ちなみに、アウトレットには2種類あり、メーカーが自社で生産したものを直接販売するファクトリー・アウトレットと、小売店がメーカーから仕入れた在庫品を販売するリテール・アウトレットがあります。アウトレットモールにはこの2種類が点在しており、非常に廉価で購入できるのですが、忙しい社会人生活がスタートし、土日はできるだけ休みたい。そんな中で、主に郊外にあるアウトレットモールまで足を運ぶのは大変です。そんな時の強い味方がアウトレットの通販サイトなのです。

たくさんあるアウトレット通販サイト
スーツが購入できるアウトレット通販サイトはたくさんあります。メンズのスーツが購入できる大手サイトと言えば「OUTLET PEAK」、「WORLD ONLINE OUTLET」あたりでしょう。実はアウトレットサイトは世にたくさんありますが、メンズスーツが充実しているサイトはそこまで多くはありません。

自社でアウトレットを実施しているメーカーも多数
上記のようなファッション系サイトだけでなく、スーツメーカーが自身でアウトレットサイトを企画運営していることもあります。例えば「コナカ」、「青山」、また「P.S.FA」なども自社スーツのアウトレットを販売しています。中には最大85%オフなどと非常にお得に購入できるところもありますので、ひいきのメーカーがある方は、一度「○○(メーカー名)アウトレット」と検索してみましょう。

メーカーを決めると、自分にあったサイズをしっかり把握できる
個人的な体験ですが、自分のスーツのサイズが分かっていても、メーカーが異なると、微妙にそのサイズが違ってきて、着てみると微妙に小さかったり大きかったりしてげんなりします。そういった事態を回避するためにも、まずはいくつかのメーカーのスーツを同一のサイズで購入してみて、気に入ったメーカーのものの通販を利用するというのもいいでしょう。

洗濯表示ラベルは要チェック!クリーニング代を節約するワザ

衣替えの季節、洋服をまとめてクリーニングに出そうとしたら、「えっこんなに高いの?」とびっくりした経験、ありませんか。今回は、そんな意外と高いクリーニング代の節約ワザをお知らせします。

■クリーニングが必要な服は買わない

まず、クリーニング代の節約に有効なのはこれです。洋服を買う時、「かわいい!」と思っても一呼吸。服を購入する前に、服の裏側に付いている洗濯表示を確認しましょう。ドライクリーニングの表示が付いているものは、原則的に自宅で洗濯できず、ドライクリーニングが必要になります。自宅での手洗いができるものであれば、クリーニング代が節約できます。

また、シルクやカシミヤなど高級素材を用いたもの、ワンポイントに毛皮やビーズの飾りなどがついたものは、クリーニング代に別途料金が加算されることがあるので注意です。

■コツをつかんで自宅洗いしよう

ドライクリーニングの表示がついていても、実は自宅で洗えるものもあります。失敗しても惜しくない程度の服であれば、自宅洗いをしてみましょう。
使用するのはホームクリーニング用の洗剤。洋服はネットに入れて、手洗いモードでやさしく洗いましょう。ビーズの飾りなどがついた服は、アルミ箔で保護するか、ネットを2重、3重にしておきましょう。

干し方も、工夫が必要です。セーターなどの型崩れしやすい洋服なら、直射日光の当たらない場所で平干ししましょう。また、ダウンジャケットなど厚手の服は、表面が乾いても中がしめっている可能性があるので、じっくりと。乾燥機があれば、仕上がりもふっくらとしてベストです。

■あまり汚れていないものはクリーニングに出さない

家族全員分のコートをシーズンごとにクリーニングに出していると、それだけで費用がかさんでしまいます。そこで、それほど汚れていないものは自宅でケアし、汚れがひどいものだけクリーニングに出しましょう。

全てのコートに行うのは、表面のほこり落としです。つるしたあと、軽く表面をたたいてほこりを落とし、ブラシをかけます。
その後、袖口や襟などが汚れていれば、ベンジンや汚れ落とし洗剤でケアし、手洗いします。

引っ越しといっしょに衣類をクリーニング!サービスの詳細や割引の工夫

秋の引っ越しシーズン。荷造りとともに衣類の断捨離や衣替えをすませてしまおうという方も多いかもしれません。
衣替えシーズンに頭が痛いのは、クリーニングに出すタイミングやその費用です。今回は、割安にできる衣類のクリーニングやそのコツなどをお伝えします。

1. 夏物衣類はドライクリーニング前に水洗いを
夏物衣類は汗や皮脂が染み込んでいます。コットンのものも多いので、そうした素材なら自宅の洗濯機で洗えますが、長く着るなら衣替えで仕舞う前にクリーニングに出すとよいでしょう。
ただ、ドライクリーンングは、汗などの水溶性の汚れが落ちにくいという欠点があります。そこで、クリーニングに出す前に、一度自宅で水洗いををしておくか、「汗抜き」のオプションを指定しておくとよいでしょう。

2. スーツの洗濯は1シーズンに1回で十分
実を言うとスーツを洗濯に出すのは1シーズンに1回で十分です。シーズン終わりでスーツをしまう前にクリーニングするのは必須です。汗や皮脂がついたままの状態でしまってしまうと、虫に食われたりする原因になります。
スーツをひんぱんなクリーニングなしに長持ちさせるコツは、日頃のお手入れにあります。まずは日々スーツを脱いだら、ブラッシングをして、しっかりとホコリを落とします。ハンガーにつるして霧吹きをかけておくと、タバコや汗の匂いがとれ、しわも伸ばせます。
霧吹きをかけるのがめんどうという場合は、入浴後の浴室にかけておくとよいでしょう。

3. 宅配クリーニングなら割安に
宅配便を使って自宅にいながらクリーニングの依頼や受け取りができる宅配クリーニングサービス。便利なうえに、1着あたりの価格も街場のクリーニング店よりもおトクな場合が多いのです。
依頼の仕方はとても簡単。ネット上で申し込むと、配送用のダンボールとランドリー袋が送られてきます。これに衣類を詰めて、集荷を依頼し、着払いで送るだけ。出来上がった衣類は再び宅配便で戻ってきます。
中には、プラス料金で季節外れの衣類を保管してくれるサービスも。クローゼットが有効に使えるので、こちらもおすすめです。

年末年始のパーティ後のドレスはおトクにおうちでクリーニング!

年末年始は、なにかとイベントの多い時期です。ばっちりおしゃれしてお出かけする方も多いのでは。でも、おしゃれをした後の大切なお洋服、どうやってケアしていますか?

デリケートな素材でできたおしゃれ着は、ドライクリーニングが基本になります。でも、シルク素材ややファー、ビジューのついたおしゃれ着は、追加料金を請求されることもあって、1着でもけっこうばかにならない金額になりますよね。今回は、おしゃれ着のクリーニングのコツをお伝えします。

1.おしゃれ着をすべてクリーニングに出しているのは1割
インターワイヤードが今年3月に実施したおしゃれ着洗いに関するアンケートによると、モニター5,389名にニットやデリケート素材の“おしゃれ着”をどのようにお手入れしているか尋ねたところ、「全てクリーニングに出している」人は9.4%と約1割しかおらず、「家での洗濯とクリーニングの組み合わせ」38.2%という人が最も多かったそうです。
クリーニングに出さない理由を自由回答で尋ねたところ、多く挙げられたのは「クリーニング代がかかる」「お金がもったいない」「クリーニング代が高い」など、費用に関するものが大多数でした。なかには、「ボロボロにされた事が何度もあった」と回答した人も。

2.衣類トラブルを防止するためのホームクリーニングのコツ
衣類トラブルを防止するためには、洗濯のプロであるクリーニング店に依頼するのがベターです。でも、やむおえず自宅で洗濯する場合は、おしゃれ着洗い洗剤を使って、ていねいに洗濯します。
洗濯機には、水→洗剤→衣類、の順番で入れます。洗剤が水によく溶けたあとで、衣類を入れます。ネットに入れたおしゃれ着は、最後に入れます。
洗いの時間は超短時間が原則。品によっては、1~2分でやめておいたほうが良い場合も。脱水も機械まかせではなく超短時間で済ませます。お風呂の残り湯を洗濯に使っている人も、おしゃれ着は水洗いします。
とくにデリケートな衣類は、つけおき洗い→手絞りがおすすめです。

ランキング