この手があった!商品モニターで賢く楽しい節約ライフ

5632.jpg

このレシピを実行して

1,000貯まる!
<材料>

・商品モニター

・インターネット

・サンプル

<How to>

1モニター募集サイトで比較

2登録をして積極的に応募してみる

※・モニプラでボディーソープのモニターになった場合
CDB ロイーシェ ボディソープ:参考価格1,000円(@コスメより)
⇒ 1,000円節約

食料品や日用品代を少しでも減らすことができたなら…。絶対に必要なものだからこそ、その費用が少なければ少ないだけ、家計にはありがたいですよね。

ただ、安かろう悪かろうでは、ストレスになったり、体に合わなかったりと健康面でも心配です。質は担保しつつ、生活必需品の費用を抑えるにはどうすれば良いのか…実は、裏ワザがあるんです。

商品・サービスモニターって、ご存知ですか?
実際にその商品やサービスを利用して、アンケートなどで感想を答えるというものです。商品やサービスを利用する際にかかった費用を後で精算してもらうのか、先に商品が送られてくるのか、謝礼をもらうのかはモニターの制度によって異なりますが、事実上無料、または少ない費用で商品・サービスが利用できるというところがお得なポイントです。
企業にとって、消費者やユーザーの「実際の声」というのは、今後の商品改善・開発をする上でとても貴重な資料なので、積極的にモニターを募集しているというわけですね。

種類豊富、モニターにもいろいろあります!
モニターはインターネット上で募集されていることが多いです。モニター募集だけをまとめたWEBサイトも多数存在しています。化粧品に強かったり、食料品に特化していたりと、ジャンルも様々なので、いろいろなモニター募集サイトを訪れて、どれが使いやすそうか、お得そうかなど比較されると良いでしょう。モニターになるには、抽選で当選しなければいけないことが多いので、応募する際は倍率も考慮にいれると良いです。ただ、当選するには数を打っていくしかないので、積極的に応募していくことが節約への第一歩となるでしょう。

どんなモニターがあるの?
モニターの中で特に多いのが、新商品のモニターです。例えば、「新発売のボディーソープを1つ自宅に送るから、使用した感想をSNSで投稿してね!」というもの。新商品ということで、SNSでの拡散や宣伝も兼ねた内容になっています。他にも、「ファッションサイトを実際に使って商品を購入して、サイトを利用した感想や商品の感想を教えてね!」というものもあります。この場合、購入代金の全額を返金(上限あり)が謝礼としてもらえるようになっています。商品を送るか、かかった費用の全額または〇%の謝礼をするというのが一般的です。少し変形型なものだと、「Tモニター」というTポイントの会社が運営しているモニターサイトでは、Tポイントで謝礼がされます。

さあ始めよう!今日からモニター生活!
モニター商品は、比較的高級なものが多いので、モニターに当選すれば、生活費がお得になるだけでなく、生活も多少潤います。QOLが上がるとも言えますね。普段は試せないようなものを試すことができたり、普段よりいいものを使えたりと、ストレスなく節約できるのがとても魅力的です。早速、モニター登録をしてどんどんモニターに応募しましょう!

<関連記事>

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

特集

関連記事

モニター募集!電気ガスを節約してポイントが貯まる!楽天とクレックス、新サービス開発

 楽天とクレックスは10日、家庭および法人事業者向けの電力販売について、業務提携に向けた検討開始で合意した。電力、LPガス、「楽天スーパーポイント」を組み合わせたサービスの共同開発を推進する。

 クレックスは、千葉県を中心とした関東、東北、北海道エリアにて、LPガスの供給・販売事業を展開する企業。両社は簡易HEMS等を活用し、クレックスのLPガス顧客に対して、新サービスを提供する計画だ。7月からクレックスの既存顧客を対象に、1万世帯のモニターを募集。さまざまな調査を行うという。

 今後は、2016年の電力小売全面自由化と2017年に予定されるガス小売全面自由化に向け、両社で新サービスの共同開発を行い、クレックスの顧客サービスと、楽天の技術力やポイントプログラムなどをかけ合わせて独自のサービスを提供する。

プチプラコスメやサンプルを活用すると化粧品代がお得に

女性にとって日々のメイク代は意外とかさばるもの。ここでは、コスメ代を節約するための3つの方法をご紹介します。

・優秀なプチプラコスメを活用する

「価格が高い=良い化粧品」とは限りません。プチプラコスメでも優秀な商品はたくさんあります。

コツは「@コスメ」などの化粧品口コミサイトを参考にすること。コストパフォーマンスがよく、かつ実用性の高いコスメを見つけることができます。

また、プチプラコスメはドラッグストアなどで気軽に手に入れられるのも魅力です。さまざまなものがありますが、「CANMAKE」「ちふれ」などが有名。意外なところでは「DAISO」などの100円ショップのコスメの中にも定評のある
商品が。

まずは口コミサイトやブログなどで情報収集をしてみましょう。自分の肌質やパーソナルカラーなどを知っていると、自分と似たタイプの方の情報を参考にすれば良いので失敗が減ります。

・サンプルを活用する

化粧品のサンプルは、1~2回で使いきれるものも多いですが、意外とあなどれません。

入手方法はさまざまです。百貨店のコスメカウンターでもらう、通信販売の無料トライアルセットに応募する、通信販売・通信教育などの広告としてついてくるものを使うなど。

メリットは、無料であるだけでなく、個包装になっているため普段だけではなく旅行時等にも使いやすいこと。

ただし、自分の肌質に合わないものに当たる可能性もあるので、リスクはあります。また、大抵の方法が1回限りの入手方法になってしまうので、長期的な利用は難しいかもしれません。

・懸賞でサンプルをもらう

こちらもサンプルを使った方法ですが、懸賞に応募して入手する方法です。抽選にはなってしまいますが、1度きりで入手できなくなってしまう可能性の高い上記の方法と比べると、長い期間での入手方法だと言えるでしょう。

「アットコスメ」や「キレイナビ」といったコスメ系のサイトでは、サンプルのプレゼントやモニター利用の募集なども行なわれています。複数のサイトに登録してチャンスを広げるとより入手確率がアップするでしょう。

キレイナビ
http://www.kirei-navi.jp/

アットコスメ
http://www.cosme.net/

2015.6.15更新

女性必見!化粧品や日用品がもらえる株主優待を紹介

株主優待には様々な種類の優待が存在するということは既に知っている方も多いかもしれません。

自社製品のものから一般的なスーパーで使えるクオカードまで、その種類を数えることは1日数えても数えきれないかもしれません。

そのような様々な優待があることが株主優待の一つの大きな魅力であり、その魅力を生かせば自分が欲しい商品をただ同然で手に入れることもできてしまうのです。そこで今回は女性ならば知っておきたいおすすめの株主優待銘柄について紹介していきたいと思います。

ファンケル
ファンケルは化粧品や健康食品メーカーなのですが、近年は事業拡大ということでスーパーやコンビニなどの卸売販売にも展開しているようです。株主優待として化粧品や健康食品などの3000円相当の自社製品、または3000円分の「ファンケル銀座スクエア」の利用券を受け取ることができます。他の化粧品メーカーと比較しても株価が安いので手に入れやすいのもポイントが高いですね。

ルネサンス
美を意識する女性にとって運動は欠かせませんよね。ルネサンスでは年に2回、保有株数に応じて施設の利用無料券を受け取ることができます。また、定期的に通いたい!という女性のためにも優待券1枚につき何人でも3000円もの入会金が0円になるという嬉しい特典もあります。近くに施設があれば友人や会社の同僚の人と一緒にルネサンスの施設に通い始めてはいかがでしょうか。

イオン
全国どこでも何でも揃うイオンにも株主優待があることを知っていましたか?イオンの株主優待では株の保有数に応じてキャッシュバックが3%,4%と最大なんと7%までキャッシュバックされるのです。

さらに株主にはイオンラウンジというスペースでなんとグループに飲み物と食べ物が無料で提供されるというスペースが使えるのです。イオンの買い物のちょっとした休憩として利用できるのも嬉しいですね。

いかがだったでしょうか。女性が注目すべき銘柄としておすすめの例を出させていただきました。

まだまだこの他にも化粧品や日用品、雑貨などがもらえる優待も多く、必ずお気に入りの銘柄が見つかると思うのでぜひとも上記の3つを参考にしながらも自分の好きな銘柄を見つけてもらえたらと思います。

日用品費用を節約するための3つの考え方

日用品は、他の費用と比べても特に削りにくいお金なのではないでしょうか。必ず使うものですから「ムダ買い」を防ぐことくらいしかできないのでは、とお思いの方も多いかもしれません。ここではそんな日用品の節約方法をご紹介します。

1.1個当たりの値段を計算してみる

まずは、基本的な方法ですが、トイレットペーパー、ティッシュなど複数入っているような消耗品の場合は「1個当たりの値段」を計算して購入する癖をつけましょう。

合計金額で「こっちの方がなんとなくお得」と感じるから買うのではなく、1個当たりの金額で調べると、実際の感覚をつかみやすいです。

また、量にも注意が必要。たとえば、8ロール入りのトイレットペーパーと12ロール入りのトイレットペーパーが同じだった場合。当然12ロールを購入すると思いますが、実は8ロールで12ロールのトイレットペーパーと同じ量がある…というケースも。

量と値段を分解して計算するのがポイントです。

2.消耗品は詰め替えを利用する

こちらも基本的な方法ですが、シャンプー、リンス、ボディソープなどの消耗品は基本的に詰め替えを利用しましょう。

たとえば、イトーヨーカドーネットスーパーで「花王セグレタシャンプー」を本体と詰め替え用で比較してみます。

本体が10mlあたり22.5円であるのに対して、詰替え用は20.8円と1.7円の節約になります。

仮に1,000ml(本体約3回分)使った場合で比較してみるとその差額は170円。小さい金額に思えるかもしれませんが、この小さな節約をシャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープ…とさまざまな日用品で試すと、結構な金額になるはずです。

3.ベースのポイントカードを決める

日用品は毎月必ず購入することが多いですよね。ですから、「買う場所」を選ぶのも一つの方法です。

使う現金を抑えるのであれば、とにかく安い店を探すのが良いでしょう。しかし、買った金額は通常通りであっても、ポイントがつく買い方をすれば付加価値がつきます。

よく行く商業施設やスーパーなどを「ベースの買い物場所」とします。たとえばイトーヨーカドーやセブン-イレブンをよく利用する場合、nanacoカードのポイントを溜めることが出来ます。

普段の買い物に加えて、日用品もそちらで買ってみます。1ヵ月に1万円分の日用品を購入すればポイントは100円分。1年で見ると1,200円となり、トイレットペーパー4パック程度の節約になるのです。

2015.6.15更新

「マタニティクラス」はプレママの節約にも使える!

妊娠してお腹が大きくなってくる時期には、いよいよ妊婦としての自覚が芽生えてきますよね。同時に出産に向けて準備することも多くなっていきます。そのひとつが「マタニティクラス」(もしくは「母親学級」など)です。

「マタニティクラス」は、妊娠や出産の知識を身につけるために、自治体や病院がプレママに向けて行っているもの。義務ではないため、仕事で平日の時間がとれない、他の人たちと交流できるか不安…などの理由で「出る必要はない」と考えている人もいるのでは?

筆者が体験した上で思ったのは、「マタニティクラス」で妊娠に関する知識を増やすこと、もしくはより確かな知識を得ることが節約につながるかも、ということです。これからは赤ちゃんのための出費も増えていきます。できるだけ出費を抑えたい人のために、「節約」という観点から「マタニティクラス」に行くメリットを考えてみました!

お土産つきのグッズが嬉しいマタニティイベントも

「マタニティクラス」は、主に(1)自治体が行うもの(2)病院や産院が行うもの(3)民間企業が行うものがあります。

(1)の自治体では、無料で受けられることがほとんど。区や市で受けられる無料サービスなどの説明もありますので、スケジュールさえあえば出かけても損はなさそうです。

(2)の病院や産院では、その病院で分娩を予定している人への参加が義務付けられている場合や、500円〜1000円くらいの費用が必要になる場合があります。基礎的な内容は他と変わらないかもしれませんが、医師や助産師・薬剤師が語る「やってはいけないこと」や「こんな時に気をつけて」という説明はやっぱり説得力が違います! もし妊娠初期なら、院内を見学して分娩する病院を決めるための手がかりにするのもひとつの方法です。

(3)の民間企業では、ベビーグッズで知られるピジョンが1000円程度で参加できるマタニティヨガ教室や働くプレママに向けたセミナーを行う他、アカチャンホンポやベビーザらスでのマタニティスクールも。商品PRをあわせて行うクラスは、より消費者向けのイベントといった感じです。お土産がつくことも多いため、ベビーグッズを探している場合などはオトクと言えそう。

緊張はするけど「グループワーク」が節約に活用できる

「マタニティクラス」でよくあるのが、参加したプレママ同士で行う「グループワーク」。主に、妊娠にまつわる不安や役立ったことを共有する場です。初めての人たちと話をするのは面倒…と思う人は、情報収集のための場所として活用してみては?

たとえば、マタニティウェアは必要か、アンダーウェアは産後も使えるものにするべきかどうか、といったことです。たとえば、マタニティグッズ通販の「初回10%割引!」などを利用して、一気にマタニティグッズを揃えてしまおう!と思っている場合。周りの人たちの話で、妊娠帯つきのショーツが役立つことがわかったり、産科の助産師さんから入院時に産褥ショーツが無料配布されることを教えてもらったりと、余分な出費を抑えることに役立つはずです。

中には、プレママ仲間から、オトクなマタニティイベントの情報を教えてもらうことも。

気になっているのは自分だけ…? と思うと聞きづらいかもしれませんが、じつは、みんなが知りたがっている情報も多いんです。恥をかくのはこの場だけ! とわりきって積極的に交流するのも良いと思います。

ネットで得た知識が正しいかどうかを見極めるために

お腹の赤ちゃんがどの程度育っているか、妊娠中はどんな食生活を送るべきか、基本的な情報については、「すでにネットで得ている情報だな〜」と思うかもしれません。しかし、ネットには不確かな情報もありますので、すでに知っている情報でも「正しい知識」としてメモをとっておくと、自分の中の情報を整理することができます。

たとえば、「お腹が張る」という症状についても、どの程度なら診療が必要なのか、より確かな情報を得ることができるのは助かります。

そして、薬剤師から聞く「妊娠中に摂取できる薬」や栄養にまつわる話は、赤ちゃんの命にも関わることなので、自宅でも判断できるようにより確かな知識が欲しいもの。たとえば、花粉症の薬、便秘の薬などは、内科の医師では判断できないことも。自分で判断できる知識を得ておけば、内科に駆け付ける時間や費用を抑えられるはずです。

ランキング