年収の40%は教育費!?塾通いでなくても自ら勉強する子どもに育てるためには?

5611.jpg

このレシピを実行して

2万円貯まる!
<材料>

・教育費の節約

<Point>

1教育費は大きな負担になる

2年収の40%は教育費に消えているというデータも

3教育費の節約はこれから必須

子どものためなら出費を惜しまないという親は多いようです。日本政策金融公庫が発表しているデータによると、年収の40%は教育費に消えているというデータもあります。

「国公立大学に行かせるためには塾に行かなければならない」、「有名大学であれば私立でも学費を頑張って出す」

このように考える親が非常に多いということです。今は学歴社会ではなくなってきたという声があるものの、子どもを持つ親はそのように考えていないのです。

しかし、子どもの教育のためであればお金に糸目をつけないということも日常生活を送る上で大きな負担になることは間違いないでしょう。事実、6割の家庭が子どもの教育費に負担を感じているというデータもあります、

子どもの教育費には出費を惜しまないという考えも素晴らしいものではありますが、一方で教育費を少し節約する必要もあるのです。今回はそのようなあなたのために子どもの教育費を節約する方法についてお話しします。

子どもの教育費を削るといっても教育費を削ったことで成果が落ちるようでは全く意味がありません。例え毎月3万円塾に支払っていても子どもの成績が上がるのであれば十分と考える人も多いでしょう。効果を出すためには子どもがもっと小さいときから勉強の重要さを教える必要があるのです。

その方法とは、子どものときに時間をかけて教えるということです。

というのも子どもは自分から勉強しようと思って勉強することはあまりありません。「勉強しなさい!」と言っている親も少なくはないでしょう。

しかし、そのような声かけよりも子どもに勉強させるという習慣が必要なのです。勉強させる習慣が小さいときに身に付けば、中学校、高校と進学したときにもその習慣は継続できます。国公立大学に進学した塾に通っていないという人は勉強の習慣が元々しっかりしているのです。

勉強習慣を身につけさせるためには投げやりに勉強しろというのではなく、小さい頃から本を読んであげたり、一緒にクイズをしたりすることで考えることを好きになってもらうのが一番と言えるでしょう。

教育費の節約で効果が薄い塾に通うより、大変ではありますが小さい頃から学ぶ習慣を身につけるようにしてみてはいかがでしょうか。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

一石二鳥!節税しながら教育費を貯められる方法とは?

4月、新入学シーズンです。

桜吹雪の舞う中での入学式には、親子で勝ち抜いたお受験のことを思うと、喜びもひとしおです。最近の入学式には、両親だけでなく、元気な祖父母の姿も珍しくない光景となりました。
親にとってこどもに残せる唯一で最高の財産は、教育です。こどもがひとりの人間として独立して歩めるようになるまで、慈しみをもって育てることが何よりもかけがえのないものであることは言うまでもありません。そして、こどもにとっても、幼少のときの躾や小学校で学んだ教育が一生を左右する人間の基本になるということもまた真実です。
そこで、親にとって気になるのが教育費の問題です。国公立の学校でも費用は年々上がっています。こどもに十分な教育を受けさせたいと考えたとき、教育費はできるだけ確保しておきたいもの。学資保険やジュニアNISAなど、複数の方法で貯めておくのはモチロンですが、今回は、親の相続税を減額しつつ、教育費を貯められる方法を紹介します。

暦年課税による贈与を利用
親が高齢になると、いやでも相続のことが頭をよぎります。相続税の心配があれば、その財産を減らしておきたいとも考えるでしょう。このようなときに利用しやすいのは、暦年課税(れきねんかぜい)による贈与です。

暦年課税なら、1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額が110万円を超えなければ、贈与税はかかりません。税務署への申告もいらないので楽です。上手に使えば、贈与税を払わないで親の財産を減らせます。相続税も減らせます。

でも、暦年課税を利用してもらったはずの財産に、相続税がかかることがあります。これは、「相続開始前3年以内の贈与財産は、相続財産に加算する」というルールによるものです。知らないと、相続税を減らすことに失敗するかもしれません。

たとえば、こどもが2人いる場合、親の財産を、2人のこどもが相続します。財産を7,000万円とすると、基礎控除額4,200万円(3,000万円+600万円×2人=4,200万円)を超える2,800万円(7,000万円-4,200万円=2,800万円)に相続税がかかります。その額は320万円です。

少しでも税金を減らしたいので、こども2人が110万円ずつもらっておくことにします。親の財産が220万円(110万円×2人)減ると、相続税も減って287万円です。30万円以上の節税に成功です。

相続税の対象外の孫に贈与
ところが、3年を未満に親が亡くなったら、計画が狂います。2人のこどもがもらった220万円は、相続財産に加算されるので、相続税は320万円。30万円以上も節税できるはずだったのに、1円も減りません。

相続はいつ起きるかわからない。こう考えると、暦年課税は使いにくいかもしれません。しかし、ここで、工夫の余地があります。実はこれ、相続などで財産をもらった人に適用されるルール。だから、財産をもらう予定のない人へ贈与をしておけば、贈与ずみの財産にまで、相続税がかかるなんていうことにはなりません。こどもたちに各2人のこども(孫)がいる場合、4人の孫に55万ずつ、計220万円を贈与すると、30万円以上の節税に成功できます。そして、55万円は孫たちの教育資金として貯めておくことができます。

教育資金はいくらあっても困ることはありません。資金を多く貯めることができれば、留学してグローバルな見聞を広めたり、医学や芸術の道など費用のかかるコースも自由に選択することができ、こどもの可能性の翼を広げてあげることができます。

同時に、相続対策に早すぎはありません。親が元気なうちには実感がなくてつい疎かになりがちですが、気づいたときには「後の祭り」になっています。そうならないためにも、「そのうち考えよう」はやめて、1日でも早く向き合ってみることです。「まさかこんなに早く」や、「あと1年早く考えておけば」は、誰にでも起きうることなのですから。

この春、こどもの進学のタイミングで、祖父母といっしょに考えてみましょう。

※税計算において、記載のない条件は考慮していません。

子どもが生まれたらすぐにするべき4つのこと〜教育費不安をなくすために〜

子どもが生まれると教育費への不安を皆さん口にします。1人あたり1000万円から2000万円かかると聞くと「うちの家計で本当に足りるのかな」と不安になるのも当たり前です。

教育費に対する不安を少しでも減らすために、生まれたらまずやっておくべき4つのことがあるんです。紹介しましょう。

1.生活費口座と別の教育費用口座(兄弟がいる場合は一緒でよい)を作る
教育費のために必要なお金をとっておける方は、目的別に口座を分ける必要はありませんが、貯まったお金をすべてマイホームの頭金などに使ってしまう方も少なくありません。そういう方は、生活費口座とは別に教育費用口座を作っておくと安心です。作ったら、まずは出産お祝い金や赤ちゃんの頃にいただいたお年玉はすべて入れてしまいましょう。

2.児童手当の振込先に1の口座を指定する
今の制度では、0歳から3歳までは月15,000円、3歳以降は月10,000円(3人目以降は月15,000円)児童手当が振り込まれます(所得制限にかかる場合は、年齢問わず月5,000円)。振込先を生活費口座にすると、生活費としていつのまにかなくなってしまいます。そこで、日頃使わない教育費用口座を振込先に指定しましょう。15歳まで貯め続けると約200万円になります(所得制限にかかる場合は約90万円)。

3.高校3年秋に最低でも200万円入る仕組みを準備する
教育費のピークは、一般的に大学入学にお金がかかる高校3年。もし私立文系に進む場合、受験費用と1年間の在学費用を合わせて約180万円。入学から1年間乗り切れる200万円を、入学金などが必要になるかもしれない高校3年の秋に最低でも準備しておきましょう。もし、遠方の大学に通い下宿した場合は、学費に加えて仕送り代(年平均約140万円)がかかるので、想定できる場合は多めに準備を。手段は、学資保険や終身保険、積立定期預金、積立投資信託など、強制的に口座から引き落とされるタイプのものが活用しやすいでしょう。

もし大学入学時にお金が足りず教育ローンを借りた場合は、金利分損する上に、老後資金の準備に影響が及びます。また、奨学金も子どもの借金になるため、安易な利用はさけたいものです。

4.家計から月1万円貯金する
児童手当で200万円、高校3年秋に200万円貯められればまずは一安心ですが、教育費の不安をなくす一番のポイントは「突発的な出費にどう対応するか考える」こと。短期留学や浪人、予定していなかった私立進学などだけでなく、家族の病気などもこうした出費です。そこで可能な限り、突発的出費に対応できるフレキシブルな資産を持っておくと安心です。たとえば月1万円積立てると、10歳時には120万円。もし中学受験となった場合塾代(3年間で約200万円)の一部に充てられます。もし15歳まで使わなければ、180万円。児童手当と合わせて380万円あれば、留学や浪人での出費に対応可能です。

ご家庭の家計に合わせて、月5000円など、できる範囲で始めることが大切です。結果として使わなかった場合は、そのまま老後資金として活用すれば良いですね。

子供の将来、学資保険を考える基礎中の基礎

小学校のお受験も今では当たり前の世の中。幼稚園のお受験から大学卒業までオールエスカレーター式の私立の学校もあり、毎年受験シーズンになるとニュースになります。

もし、自分の子どもをそんないい学校に入学させられたら、将来エリート官僚にでも。。そんな妄想1度は見たなんて方も多いのでは。私立の学校でなくとも公立の学校に通わせることになっても、子どもの学費は必要です。そんなお子様のこれからの学費をどれだけ節約できるか考えていきましょう。

1.子どもの学費のために学資保険に加入する
銀行にお金を預けても金利は期待できない時代。もはや、家におけない大金を銀行の金庫を借りて置いてあるようなものです。そこで、子どもの教育にかかるお金の保険として学資保険を選択するという人は多くいらっしゃいます。月に払う保険料の金額としては1万円~1万5000円を支払う家庭が多く、受け取り金額は200万円~300万円の保険の加入が多いといわれています。学資保険以外にも生命保険や住宅ローンなど、さまざまな支払いを考えると、妥当な金額のラインといえます。では、具体的にどうやって学資保険を選ぶのが賢いのでしょうか。

2.一番お金がかかる大学までにかかる費用までを逆算して決める
もはや大学卒業は当たり前の時代です。ちなみに、国公立大学に進学した場合、およそ80万円~90万円前後、私立大学になると、文型の学部の場合およそ110万円~、理系学部の場合およそ150万円前後、医歯学部ともなるとおよそ500万円が大学の初年度に必要な金額です。これに年間の学費を4年~6年間支払うとなると、お子さんが現在6歳の場合、残り12年間の学費を支払いながら、500万円~1000万円の貯蓄が必要になってきます。つまり、月々1万円~1万5000円の学資保険に入るということは、満額を大学初年度に受け取るということを想定している家庭が多いということです。月々の負担額を考えるだけではなく、いつどれくらいの受け取り額が必要になるかを考えることも大切です。

受験の塾代は年間いくらかかる?安く抑えるポイントは?

子どもが受験するときに利用するのが学習塾。

受験と言っても、中学受験、高校受験、大学受験では、かかる費用も異なってきます。家計において大きな割合を占める塾代は、できるだけ安く抑えたいもの。では、どのようにすれば塾代が抑えられるのか、中学、高校、大学受験別に見ていきましょう。

1.中学受験の場合
中学受験は、高校受験や大学受験に比べて最も費用がかかります。どの塾に通うかによって異なりますが、小学校4年生から6年生までの3年間塾に通うとすると、合計で塾代は200~230万円ほどかかります。この30万円の差は、各塾の顧客戦略の差によります。たとえば、教材の量や授業数、オプションのコースの数などが関係します。中学受験の場合、4年生のときが一番安くて約45万円。学年が上がるごとに高くなっていき、5年生では約65万円、6年生では約90万円~120万円になります。このように学年によって年間の塾代が変わってくるので、一概に年間いくらかかると見積もるよりは、通う年数に合わせて見積もる方がより具体的になるでしょう。中学受験の塾代を抑えるには、費用の安い塾を選ぶ、4年生からではなく5年生から通うようにする、オプションのコースはできるだけ受講しないようにするなどが挙げられます。

2.高校受験の場合
高校受験は、中学受験よりも安くすむ傾向にあります。「JS日本の塾」サイトの調べによると、中学生が学習塾に1年間に支払う費用は、中学1年生から3年生までの平均が、公立で約175,000円、私立で約130,000円となっています。ただし、公立の中学校から難関高校を受験する家庭では、年間に40万以上かけているところもあります。これとは反対に、まったく塾に通わずに受験する中学生が、公立では29.8%、私立では47.2%います。究極の節約は、塾に通わないことかもしれませんね。

3.大学受験の場合
いまや2人に1人は大学に進学する時代。文部科学省の「子供の学習費調査(平成24年度)」によると、高校生の通塾率は、公立高校で33.8%、私立高校で37.3%。3人に1人は塾や予備校に通っていることになります。多くの塾・予備校は、希望する科目を選んで受ける単科式の形態をとっています。選択する科目の数が多いと費用も上がりますので、年間の費用の目安は、40万~100万円程度になります。大学受験の塾・予備校代を抑えるには、やはり受講する科目を少なくすることでしょう。また、成績優秀者は学費が免除になる「スカラシップ制度」を取り入れているところもあるので、対象者になれればお得ですね。さらに、最近ではネットで大学の受験勉強ができるサービスも格安で出ています。たとえば、リクルート社が運営している「受験サプリ」など。月額980円で利用できます。これなら、塾代を安く抑えることができますね。

「ONE PIECE」婚姻届を東京タワーで販売 描き下ろしイラストで結婚をお祝い

婚姻届製作所は『ONE PIECE』のオリジナル描き下ろし婚姻届を2016年4月18日(月)より麦わらストア東京ワンピースタワー店で販売開始する。
『婚姻届製作所』はオリジナルデザインの婚姻届を販売している通販サイト。可愛いイラストが描かれた様々な婚姻届をラインナップする。累計利用枚数は11万枚を突破し、今では1ヶ月に結婚するカップルの約18%はこの婚姻届を利用しているという。

サイトでは他にもキャラクター婚姻届が展開している。ハローキティなどをはじめとしたサンリオキャラクターがあしらわれたものから、月野うさぎと地場衛が描かれた『美少女戦士セーラームーン』の婚姻届、そして初音ミクのイラストが描かれたものまでと、種類は様々。もちろん全て全国の役所に実際の婚姻届と同じように提出することができる。

今回麦わらストアでの販売が決まった『ONE PIECE』オリジナル婚姻届は、婚姻届に『ONE PIECE』のキャラクターイラストが描かれたものだ。デザインも麦わら一味が集合したデザインと、キャラクターたちが一人ずつ描かれる全10種類がラインナップされている。
描かれているイラストは全てこの為に描き下ろされたイラスト。価格は3000円 (税込)で、役所提出用の婚姻届2部と、記念保存用が1部ついてくるので、観賞用としても保管できる。

アニメグッズとしてはかなり珍しいこの婚姻届。麦わらストア東京ワンピースタワー店以外でも全国の麦わらストアで順次販売が開始されるとのこと。また、通販サイト『婚姻届製作所』でも購入することができる。

ランキング