「爆買い」次は「爆食」「爆験」に!?訪日旅行客の新傾向

5585.jpg

 2015年のユーキャン新語・流行語大賞にもなるなど、昨年一大ブームとなった、訪日外国人による「爆買い」。年が明けて一段落した感はあるが、2020年までの“次の動き”に、観光・物販業界は、まだまだ期待を寄せている。実際、次に来るのは、どういった波なのだろうか?

 楽天リサーチでは、台湾・香港・シンガポールの訪日経験者を対象にアンケートを実施。10代から60代の計300人から回答を集めている(調査期間は2月15日~22日)。あわせて同社の台湾・香港・シンガポール出身社員21人にインタビュー調査を行ったという。

 まず、訪日者に「訪日時、日本国内で行ったこと」を聞くと、台湾・香港・シンガポールすべてで「ショッピング」が1位。台湾と香港は2位「麺類(ラーメン、うどん)を食べる」、3位「温泉入浴」だったが、シンガポールは2位「ホテルに宿泊」、3位「繁華街の街歩き」と、傾向が分かれた。

 次に「(ショッピング以外で)次回日本で行いたいこと」を聞くと、台湾・香港・シンガポールすべてで「温泉入浴」が1位だったが、2位・3位は台湾「自然鑑賞(花見・紅葉・雪等)」「テーマパークに行く」、香港「麺類を食べる」「寿司・てんぷらを食べる」、シンガポール「旅館に宿泊」「自然鑑賞」と、これも傾向が分かれている。

 香港がとくに“食”への興味が強いのは一目瞭然だが、台湾も4位「麺類を食べる」、8位「寿司・てんぷらを食べる」がランクイン。シンガポールも4位「麺類を食べる」、5位「寿司・てんぷらを食べる」はいずれも人気だ。「爆買い」の次は、「爆食」ブームが来るのだとしたら、飲食業界の外国語メニューの整備などが望まれるところだ。

 また全体的に、日本の普通の姿を楽しみたい、といった要望が高い。実際「日本の日常生活体験」という項目は、5位・5位・6位と、台湾・香港・シンガポールのいずれでも、「伝統文化体験」「繁華街の街歩き」などを上回っている。

 なお訪日者に「今後も日本に来たいか」を聴取したところ、「ぜひ行きたい」と「行きたい」の合計で、ほぼ全員(9割)が再訪日意向ありとなっており、訪日意欲は依然として高いとのこと。同調査では、「団体でテーマパークに行って終わり、自然を見て終わりではなく、“日本人の日常行動の中に入り込みたい”という意識がみられた」と分析している。

 今後も、“海外旅行時の散財”として「爆買い」はあるものの、日本人の日常・余暇行動に近い形で、飲食や生活を体験する「爆験」企画がヒットするかもしれない。

画像一覧

  • 日本で行ったことTOP10 台湾(%)
  • 日本で行ったことTOP10 香港(%)
  • 日本で行ったことTOP10 シンガポール(%)
  • (ショッピング以外で)次回日本で行いたいことTOP10 台湾(%)
  • (ショッピング以外で)次回日本で行いたいことTOP10  香港(%)
  • (ショッピング以外で)次回日本で行いたいことTOP10  シンガポール(%)
  • 予定外行動TOP10(自由回答集計結果)

提供元

関連記事

関連記事

抹茶味の次は日本酒味?キットカットが外国人向けに発売!

 ネスレ日本が2月1日、訪日外国人向けの新たな商品として「キットカット 日本酒」を発売する。

 キットカットは国内で販売している抹茶フレーバーが、外国人観光客のお土産として人気を集めており、2015年には前年比20%増の売上げを記録した。今回発売する日本酒フレーバーは、こうした流れを受けて外国人観光客向けに開発したもの。和食ブームのなかで注目を集める日本酒の風味を味わえるもので、チョコレート自体を日本酒風味にしているほか、ウェハースとチョコの間に日本酒パウダーを練り込んでいる。パッケージには一升瓶と日本の象徴である桜を配し、日本土産らしさを印象づけるデザインに仕上げた。

 バリエーションは3枚入りと9枚入りの2種類。3枚入りは期間限定での販売で、コンビニエンスストアに展開される。9枚入りは通年販売予定で、お土産ショップでの取り扱いとなる。希望小売価格は3枚入りが150円、9枚入りが700円。

 なお、2月5日から14日にかけて、六本木ヒルズアリーナで中田英寿氏が開催する日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK@六本木ヒルズ屋台村」では、発売記念のコラボイベントも実施。ネスレの特設ブースで「キットカット 日本酒」のサンプリングなどを行う。
★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら

【住宅購入の第1歩!】モデルハウスをレジャー感覚でお得に楽しむ!

戸建の購入を検討されている方、何から始めたらよいのか、どうやって情報を集めたらよいのか、わからないことだらけですよね。

どういった家にしたいのか、イメージするのもなかなか難しいもの。まずモデルハウスへ見学に行きましょう!実際の家を見ることで、イメージも膨らんで、具体的なことも進みやすくなります。

1、様々なモデルハウスを見学できる、住宅展示場へ
家のイメージを膨らませるためには、複数ヶ所訪れて、違ったテイストや構造のモデルハウスを見ることが大切。
住宅展示場なら、様々なメーカーのモデルハウスが集まっているので、いくつも見学できて効率的なのでおすすめです。メーカーごとの特徴や、コンセプトの違いなど比較できますので、良いとこ取りでイメージを膨らませても良いでしょう。

2、モデルハウス見学に行くと、こんなお得なことが
モデルハウスや住宅展示場では、様々なイベントやキャンペーンを行っています。
子供も大人も楽しめる体験教室だったり、グルメイベントだったりと本当に様々な催しがされているんです。

例えば、体験系。先着〇名など、人数制限がある場合もありますが、ピザ作り体験や乗馬体験、子供にはタブレット学習体験など、その種類は多岐にわたります。無料で体験できるものも多く、まるでテーマパークのようです。無料のイベントの他にも、500円で本格的なスクラップブッキング教室を体験できたり、1,000円でキャンドル作りができたりと、モデルハウス見学以外に楽しめることが盛りだくさんです。

他には、来場者全員に記念品のプレゼントや、先着〇名に特別プレゼントなど、モデルハウスや住宅展示場へ行くだけでプレゼントがもらえることもよくあります。来場者全員にキッチングッズや生活用品、お菓子のプレゼントなど様々。

中には、先着で駅弁や空弁のプレゼントなんて、かなりお得な企画も。さらに、抽選であたる!といった企画プレゼント系では、家電や10万円分の旅行券といった大盤振る舞いのプレゼントがあることも。

たくさんのモデルハウスを一度に見学できて時間も有効活用できますし、見学に行っただけでプレゼントがもらえるなど、住宅展示場はかなりお得スポットということが判明しました。住宅購入を少しでも考えている方は、次のお休みに住宅展示場でお得に楽しんではいかがですか?

【はらぺこグリズリーの出張節約レシピ】野菜たっぷりトルティーヤの作り方

こんにちは。はらぺこグリズリーと申します。
普段は「コスパ最強!!一人暮らしの簡単節約料理レシピ」というブログで料理を投稿させて頂いている者です。今回人生で初めての寄稿ということで、緊張しているやら嬉しいやらでなんとも不思議な気持ちです。

とはいえいつも通り、がんばり過ぎずにがんばるのをモットーに適度に気を抜きつつ料理を紹介できればと思います。

■材料・費用
1、小麦粉 150g:45円
2、卵 1個:10円
3、牛乳 100cc:30円
4、キャベツ 3枚:5円
5、ツナ缶 1巻: 76円
A、ソース お好み
B、マヨネーズ お好み
計、166円

■つくり方
1、ボウルに小麦粉、卵、牛乳を混ぜ、フライパンで中火で焼く。
2、千切りにしたキャベツと油を切ったツナを生地に乗せる。
3、ソースやマヨネーズをお好みでかける。
4、生地を丸め、竹串やつまようじで固定して切る。

作り方

■ワンポイント!
・生地はできるだけ薄く伸ばして焼くとあとで巻きやすいです。
・数回に分けてでも焼き上がりを薄くするべきです。分厚い生地だと食べづらいです。

あとがき
普段のブログでもこの「あとがき」という項目には苦労させられっぱなしです。それは寄稿でも同じなんだということが分かりました。普段からつくった料理の味についてはそこそこに映画の話だったり、高校時代のことだったり、昨日見た夢のことだったりを書いたりしています。だってそうそう人に話したくなるような面白エピソードなんて起こりませんし…。

さて、正直寄稿にあたってどのくらいの文量が求められているのかも分からないため、本当に手さぐりでこのあとがきは書かれています。編集部さんこんな感じでいいんですか?

【大きく変わるお金事情!】電子マネー「Yahoo!マネー」を今夏スタート

 ヤフーは19日、オンライン決済サービス「Yahoo!ウォレット」の拡大施策を発表した。銀行対応の「預金払い」、電子マネー「Yahoo!マネー」を今夏にも投入。来春にはリアル決済にも参入するという。

 ヤフーは2015年4月より「Yahoo! JAPANカード」の発行を開始するなど、決済領域の強化に取り組んでいる。今回の発表は、そのベクトルを電子マネーさらにはリアル店舗決済にまで広げるものだ。ネット企業がECの延長としてポイントサービスを採り入れる動きは、すでに楽天やAmazonが見せているが、電子マネー発行、リアル店舗決済という動きまでには至っておらず、ヤフーが先鞭を付けた格好だ。

 同社によると、初夏より「Yahoo!ウォレット」の新たな決済手段として、銀行口座から決済代金が即時に引き落とされる「預金払い」を開始する。大手銀行4行(三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行)、ネット銀行1行(ジャパンネット銀行)、地方銀行20行の、25銀行に対応。年内にはさらに12行を追加予定だ。

 あわせてヤフー初の電子マネー「Yahoo!マネー」を開始。「Yahoo!マネー」は、「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」、アスクルの通販サービス「LOHACO(ロハコ)」での買い物に1円単位で利用できる電子マネーだ。こちらも「Yahoo!ウォレット」の決済に利用可能とする。

、「ヤフオク!」で出品した際の落札代金を「Yahoo!マネー」で受け取ると、落札代金の2%が上乗せされる。さらに、各サービスでの支払いに利用すると、落札代金または商品本体価格の1%分の特典が獲得できるキャンペーンも行われる。これにより最大3%の還元が行われる見込みだ。

 なお個人間での「Yahoo!マネー」を利用した割り勘・個人間送金専用のアプリ「さっと割り勘 すぐ送金 from Yahoo!ウォレット」も、今夏より提供する予定だ。また今秋から「GYAO!」「Yahoo!ゲーム」など、ヤフーの他サービスでも導入する。

 さらに「Yahoo!ウォレット」では初となるリアル決済への参入準備も進行中とのこと。こちらは「2017年春」からスタートする予定となっている。「ヤフーの電子マネー」というだけで、かなりのインパクトをもって迎え入れられる発表だが、今後は、同社が連携するソフトバンク、TSUTAYAなどでの展開に注視したい。

【オリンピック・パラリンピック準備局】東京の名所を巡る「TOKYOウオーク」参加者募集

オリンピック・パラリンピック準備局は、誰でも気軽に参加できるウオーキング大会「TOKYOウオーク2016」を5月~11月にかけて区部・多摩の都内5カ所で開催する。

TOKYOウオーク2016は健康づくりとスポーツへの興味、関心を喚起するために行う。第1回大会「新宿・渋谷・世田谷エリア」、第2回大会「北・板橋エリア」、第3回大会「あきる野・日の出エリア」、第4回大会「多摩川エリア」、第5回大会「西東京・東久留米エリア」の全5大会を実施。3大会以上完歩すると、大会記念メダルがプレゼントされる。

5大会で実施される通常コースは、約20kmのAコース、約12kmのBコース、約8kmのCコースの3コース。体力に合わせてコースを選べる。ガイドの説明を聞きながら名所旧跡などを巡る「ガイドウオーク」は約4~5km。5大会で開催される。小さな子どもも参加できる「こどもとウオーク」は約4~5km(第1、2、5回大会で開催)。約45kmと30kmの「長距離コース」は第4回大会で実施する。

事前申し込み時の参加費は、1大会あたり大人1000円、中高生・75歳以上500円(当日受け付けは大人1500円、中高生・75歳以上1000円)。小学生以下は無料。エントリーはスポーツエントリー、またはランネットから行う。

●TOKYOウオーク2016開催日時
・第1回大会:5月28日(土)新宿・渋谷・世田谷エリア
・第2回大会:7月9日(土)北・板橋エリア
・第3回大会:9月10日(土)あきる野・日の出エリア
・第4回大会:10月22日(土)多摩川エリア
・第5回大会:11月26日(土)西東京・東久留米エリア

ランキング