今日から副業を始めよう!会社と心中しない生き方とは

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・副業をする理由

<Point>

1どの企業が明日倒産しても驚かない

2自分の力で稼ぐことを身につける

3クラウドソーシングを利用する

5438.jpg

シャープがついに買収されました。誰もが知っている大企業が買収されたというニュースは多くの人を混乱させました。また、かつて名を馳せた東芝の最も利益を稼ぎだすメディカル部門がキャノンに買収されました。

これらの企業は誰もが知っている大企業にも関わらず、現在は苦難を強いられています。このような大企業でさえも、現在の社会を生き抜くのは難しいのです。

そのような大企業でさえも今日明日がわからない状態であり、どの会社がいつ倒産、または買収されてもなんら不思議ではありません。

会社が倒産すると収入がなくなり困る!子どもや家族を養えない!と思われたかもしれません。しかし、あなたがどのように考えたとしても、現実を見てみると、明日あなたの会社が倒産する可能性もゼロではないのです。

あなたはそのような流れの激しい社会の中にいます。上手く適応できれば問題ありませんが、いつまでも会社がなんとかしてくれる、国がなんとかしてくれる。そのような甘い考えでは明日の生活がないかもしれません。

では、どうすればいいのでしょうか。
今回、私がおすすめする方法は副業を始めるという方法です。

副業だって企業に依存するのも多いです。しかし、副業であなたが学ぶべきことは月に本業以外の収入を得ることではありません。むしろ副業により、自分の力でお金を稼ぎだすことの方がこれからの社会を生きるためには必要な能力といえます。

そんなことを言われても何から始めたらいいのかわからない!と思われるでしょう。自分は仕事一筋で副業禁止だからできないという人もいるかもしれません。

しかし、株などの投資でしたら副業禁止でもできる企業は少なくありませんし、副業が禁止でない企業であればクラウドソーシングという方法があります。クラウドソーシングとは、企業と個人事業主とのマッチングであり、最近ではクラウドワークスや@SOHO、ランサーズといったサイトが上げられます。

報酬は少ないですが、まずはそこでアンケートなどの仕事をしてみてはいかがでしょうか。稼ぎ方を学べば1つの副業としても十分に稼げるレベルまではいけるでしょう。

ぜひ、自分の力でお金を稼ぐことを実践してもらえたらと思います。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

意識を変えて毎月5万円?副業で安定収入を得るための心構えとは

普通のサラリーマンでも副業で月に5万円稼ぐことができます。

このような話を聞くと、自分にはそんな副業をする時間はない、また、今の収入でも生活するのに困らない程度には稼いでいるという人もいるかもしれません。しかし、今の30代はもらえる年金が月に13万円前後と言われており、老後への貯蓄は必須条件です。

仮に、現在順調に貯蓄していたとしても、子どもが大きくなってくるにつれ、学費の負担も大きくなります。このように将来には予想以上に出費が増えるため、今ほど十分な貯蓄ができないことも十分考えられるのです。現状生活することに十分な収入があったとしても、老後にはお金がないから外にも出かけず、1日1食しか食事ができない、人付き合いもなくなり孤独に暮らすような生活が待っているかもしれません。

ですから、そのような生活を送らないためには副業で収入を増やす必要があるのです。今回はクラウドソーシングで月に5万円稼ぐための心構えについてお話しします。

この心構えを知っていると心の余裕につながります。生活に無理がない程度の仕事をこなしながら、貯蓄による将来の安定、毎月のお小遣い増加など少しリッチな生活を送ることができます。逆にこの心構えを知っておかないと、あなたは膨大な仕事量を雀の涙程度の金額で受けなければなりません。毎日睡眠時間を削って仕事をしているのに、もらえる報酬では飲み会代にもならないということすら考えられます。

ですから、この心構えをしっかり知っていてください。

それは、企業と自分の関係は対等関係であるということです。

どういうことだ?と思われるかもしれないので説明します。一般的にクラウドソーシングという枠組みにおいて、企業の中には、お金を払っている自分たちが偉いという認識を持っている企業も数多く見受けられます。そのような企業は膨大な仕事を少ない賃金で要求し、さらには仕事を終えても追加賃金なしで仕事を増やしてくることもあります。このような無理を言う企業は、仕事を断る必要も出てきます。副業で無理なく安定して稼ぐためにも、企業と自分との関係性を意識してもらえればと思います。

自由な働き方を目指して!クラウドソーシングで副業する3つのメリットとは

今やサラリーマンの5人に1人が、自分の本業以外の仕事である副業をしていると言われています。

副業の種類は週末だけのアルバイトからネットビジネスまで、幅広い副業をしているようです。その中で、最近では仕事のマッチングサイトの増加に伴って、クラウドソーシングという副業の選択肢も見えてきました。

クラウドソーシングとは簡単に言うと、ネットのマッチングサイトなどでアンケートや記事作成の仕事を引き受けて稼ぐ方法です。
以前はこのような働き方はあまり一般的ではありませんでした。しかし、その仕事の豊富さもあり、クラウドソーシングに参戦する人が徐々に増えているようです。

そこで、今回はサラリーマンがクラウドソーシングで仕事を受注する3つの理由についてお話しします。

自由な時間にできる
まず、この理由が最も大きな原因の一つとも言えるのではないでしょうか。毎日出勤するサラリーマンにとって、時間を問わずに仕事ができるということは非常に魅力的です。
仕事に行くまでの電車の中でスマホを使って仕事をする、そんな働き方も可能なのです。

どこでも仕事ができる
上記の理由と少し被るところはあるのですが、クラウドソーシングの仕事は時間だけでなく、場所も問いません。
家事の合間にやることも、通勤の途中でやることもできます。仕事内容にもよりますが、必要なのはスマホやPCなどのデバイスが一台あれば十分なのです。
そのような自由な働き方に憧れてクラウドソーシングで副業をするという人も少なくないようです。

独立のきっかけになる
今の時代、終身雇用が当たり前というわけではありません。いつ会社をクビになるかわからない、そんな思いから独立を目指す人も少なくないようです。
そのような人はいきなり独立というわけではなく、まずはクラウドソーシングなどを使って、実際に自分1人で仕事を受けてみるという人が多いのです。

将来、自分の力でお金を稼ぎたいと考える人はクラウドソーシングから始めてみてはいかがでしょうか。

自分には本当にできない?初心者が今日から始めるネット副業を紹介します

ネットで副業というと今や当たり前という時代になりつつあります。年金なんて頼りにできないし、毎日の生活をもうワンランクアップさせようと頑張る人も少なくないのではないでしょうか。

副業なんて自分にはできない・・・と考えるかもしれませんが、その種類は膨大にあるので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。今回は、今日からできるネット副業の種類についてお話します。

・ アフィリエイト
アフィリエイトと聞くと難しそうとか、広告収入なんてなかなか稼げるわけないと最初から諦めているような人が多いように感じます。
確かに稼ぐことは簡単ではないですが、他人が読んでおもしろい、または得になる情報をブログに書けばいいだけなので、ジャンルも特に問いません。極端な例でいえば、新しいことを習慣づけたい人が毎日の報告の場としてブログを始めて、結果的にアフィリエイトで稼いでいるという人もいます。
なにか新しいことを始めてみたいという人にはおすすめのネットビジネスと言えるかもしれません。

・ せどり
せどりは最も始めやすいネットビジネスの一つといえるでしょう。というのも、即金性が非常に高く商品の回転率を上げていけば、ダルマ式に資金が増えていきます。ローリスクでネットビジネスを始めたいという人にはおすすめです。

・ 株式投資
資産運用手段の一つとしても今や欠かせない存在になりました。リスクはあるもののプロのトレーダーであれば1日に100万円稼ぎだすという人もいるくらいリターンが大きいことが特徴です。
一方、株式売買による利益だけでなく、株主優待というリスクを抑えた長期投資方法も存在するため、リスクを抑えたいという人にも始めやすく、おすすめです。

・ ポイントサイト
様々なゲームやアンケート、クレジットやサービスの新規登録によってポイントを貯めていくことで、お金を稼ぐ方法があります。
ノーリスクな上、毎日のポイントを貯める作業にも、それほど時間もかかりません。しかし、大きな報酬にはつながりにくく、安定的に数万円を稼ごうとするのは、難しいようです。

・ 在宅ワーク
副業が認められているという人にとって最も現実的なアイデアかもしれません。記事の執筆やプログラミングをすることで、報酬を得ることができます。

初心者の方にもできる仕事がたくさんあるので、一度在宅ワークのマッチングサイトを見てみてはいかがでしょうか。

マイナンバー制度と税金~今後は副業に注意!~

いよいよ平成28年1月1日からマイナンバー(個人番号)制度がスタートします。

マイナンバー制度とは、日本に住所があるすべての人に個人番号が割り振られて、その個人番号が社会保障や税金、災害対策の分野で使われることになる制度です。
具体的には、上記の分野で使われている各種書類に個人番号を書くことになります。そのため各企業では、社会保険や税金関係の書類に社員の個人番号が必要となるために全社員の個人番号を収集します。個人番号を教えないと、その人だけ社会保険や税金関係の手続きが滞ってしまうことにも。社会保険の手続きは給付(お金が支給される)関係が主なものなので、問題はないのですが、税金関係では問題のある人が出てくる可能性があります。

例えば、副業をしている人。昼間正社員として働きながら、塾の講師やキャバレー、コンビニ、ネット関係等で収入を得ている人です。会社に秘密で行っているので、マイナンバー制度の導入で副業がばれるのではと心配しているのではないでしょうか?確かに、税務署に同じ番号の書類があれば収入は合算されます。そして、正社員と副業の合算された収入から計算された住民税の徴収を会社が行うため、副業がわかってしまうと言うわけです。ただし、確定申告をして副業の住民税支払い分を「自分で納付」という選択をすれば会社にはわかりません。

しかし、現実には副業先から源泉徴収票や支払調書をもらっていなければ副業先は税務署に支払い金額を報告していないことになります。これらの書類は、本来会社は必ず出さなければいけない書類なのですが、出していない会社も多々あります。この場合、税務署には正社員としての源泉徴収票だけが出されているので、副業の収入はわからないことになります。しかし、今後マイナンバーの導入に伴い、税金関係の書類の提出は厳しくなりますので、副業先から個人番号を聞かれたということは、源泉徴収票や支払調書の作成に必要だからということですので覚悟をしておきましょう

もし、個人番号を聞かれなければ、副業先はこれらの書類を作成していないことになります。現時点で言えることは、副業先から個人番号を聞かれるか否かが重要だということです。副業に関しては、正社員の会社が副業を就業規則で禁止していても、ばれたからとすぐに解雇はできません。注意をされて副業をやめれば何ら問題はありません。また、会社のお給料だけでは生活が大変なため副業をしているというケースの場合は、会社は副業を認めざるを得ないという裁判例もあります。ともかく、マイナンバー制度の導入とともに税金の徴収は厳格になると思いますので、働き方には十分に注意をしてください。

利益率2000%!?驚愕の副業“せどり”のメリットとは

突然ですが、せどりという言葉を聞いたことがありますか。ネットビジネスが一般的になりつつあるこの時代ならせどりという言葉も聞いたことがあるという人が多くなってきたように感じます。

せどりとは簡単に言うとネットや店頭で商品を安く買って、ネットで仕入れ値よりも高く売るという方法です。ネットビジネスをしたことがない初心者の方もまずはせどりを始めればいいと言われるほど、初心者向けのネットビジネスなのです。それではそのせどりのメリットについてお話していきます。

1.初心者でも始めやすい
まず初心者の方にとって最も気になるのが「せどりを始めるにあたって初期投資がどれくらい必要であるか」ということですが、せどりでは商品が1つから始めることができるので、それほど高額の初期投資がいりません。

しかもあなたの興味のある分野(CD、プラモデル、トレカ、フィギア等)のどのような分野でもせどりが可能です。一般的に本やCDにはライバルが多いと言われているので、それ以外に詳しい分野があればさらに稼ぎやすくなるでしょう。

2.特別な知識や技術がいらない
多少の商品を選別する知識はいりますが、あとは安い商品を見つけてネットで売るだけなので、ネットで商品を売るスキルさえあれば他に特別な知識やスキルがいりません。必要なのはお話してきたネットでものを売るスキルだけということになるので、比較的始めやすいと思います。

3.利益率が高い
せどりでは他のビジネスに比べて利益率が高いです。
ネットでせどりをする人のブログの実績を見てもらえばわかると思いますが、ブックオフで100円とか500円で売っているような本が2000円〜3000円で売れたというように紹介されていたりします。

このように100円の本を買って2100円で売って利益率は2000%という他のビジネスではあり得ないような数字が普通に起こりえます。初心者でもこのような利益率をたたき出すことができるので、多くの人がまずはせどりでネットビジネスを始めているというわけなのです。

せどりには当然デメリットもありますが圧倒的に僕はメリットが上回ると思います。またデメリットについては次回の記事で解説するので見逃さないようにしてください!

ランキング