【プリペイドカード最新事情】あなたはどのタイプ?人気のポイントカードはどれ?

5539.jpg

 群雄割拠の状態になりつつあるプリペイドカード・ポイントカード。3月末にはLINEが、オフライン店舗で利用できるプリペイドカード「LINE Payカード」の発行を開始し、さらに混戦状態が深まっているが、プリペイドカードは5種に分類できるという。

 ジャストシステムでは、プリペイドカード利用に関する実態調査を4月上旬に実施。この調査では、プリペイドカードを、下記の5種に分類しさまざまなアンケートを実施している。

・交通系プリペイドカード(PASMOなど)
・インターネット系プリペイドカード(Vプリカなど)
・特定商品系プリペイドカード(GooglePlayカード、スターバックスカードなど)
・汎用的な店舗系プリペイドカード(nanacoカード、楽天Edyなど)
・旅行系プリペイドカード(旅プリカなど)

 まずそれぞれの利用率を調べたところ、「交通系」70.5%、「汎用的なリアル店舗系」64.8%がとくに高く、3位の「特定商品系プリペイドカード」24.7%を大きく引き離した。

 このうち、汎用的なリアル店舗系カード利用者365人に、「利用しているプリペイドカード」を聞くと、もっとも利用率が高かったのは「nanacoカード」58.6%。以下「WAONカード」53.7%、「楽天Edy」45.2%、やや離れて「au WALLET」16.8%、「LINE Payカード」11.8%の名前があがった。

 現在、プリペイドカードを利用しておらず、利用を検討している人119人に、「利用を検討しているプリペイドカード」を聞くと、ここでも「nanacoカード」39.5%がトップ。次いで「WAONカード」32.8%、「楽天Edy」28.6%と順位は同じだった。ただし、10代に限定すると、もっとも人気が高いカードは「nanacoカード」40.0%だが、2位に「LINE Payカード」26.7%が、「WAONカード」「楽天Edy」と同率で並んだ。

 なお非利用者がプリペイドカードを利用しない理由として、30.4%が「特に明確な理由はない」と回答する一方、「チャージをするのが面倒くさそう」34.9%が最多だった。

画像一覧

  • プリペイドカード・ポイントカードは、群雄割拠の混戦状態に
  • プリペイドカードの種類別利用率
  • リアル店舗系カードの利用率
  • 利用を検討しているプリペイドカード

提供元

関連記事

関連記事

入会キャンペーンやポイントを比較、クレジットカードを見直すのは今!

新年度。生活圏やライフスタイルが変化するこの時期は、クレジットカードやポイントカードの検討や見直しに最適です。

今の生活だと、どのカードが便利でお得なのか。4月のこの時期なら、入会キャンペーンなどでお得な特典がついてくることも。いくつかカードを検討・見直すことで、特典もお得にゲットしちゃいましょう。

クレジットカードを比較する
よく使う商業施設や公共交通機関に合わせるもよし、サービスに合わせるもよしです。年会費がかからないものであるなら、使用してみて比較するのもありなので、もしかしてお得かも?と思うようなカードがあれば、前向きに検討してよいでしょう。

●最寄りのスーパーがイオンなら、「イオンカード」
イオンカードのクレジットカードつきタイプなら、クレジット利用200円につき1ポイントが貯まります。貯まったポイントは、WAONに交換してイオン系列のお店で使用することもできますし、Suicaと一体型になっている「イオンSuicaカード」なら、Suicaの電子マネーとしても利用できるというお得さです。今なら入会キャンペーンで2,000ポイント貰えるチャンスも。

●JR東日本ユーザーなら、「ビュースイカカード」
Suica、Suica定期券、クレジットカードが一体化となっているカード。クレジット利用でビューサンクスポイントが1,000円につき2ポイント(5円相当)貯まります。定期購入時はポイントが3倍、Suicaへのチャージをクレジット払いにしてもポイント3倍です。ポイントはSuicaの電子マネーに交換できます。今なら最大6,000円相当のポイントゲットのチャンスが!

ポイント重視で検討する
ポイント還元率や、ポイントゲットの機会が多いもの、ポイント使用の幅が広いもので検討するのも良いでしょう。

●リクルート系サービスを利用するなら「リクルートカード」
ホットペッパービューティーでサロンを予約したり、飲み会でホットペッパーグルメを使用する、ポンパレモールでショッピングする方はこちらがおすすめ。年会費無料のものなら、還元率は1.2%と、他と比べて大きく、ポンパレモールで購入するとさらに3%ふんのポイントが付与されるので、二重取りで、合計4.2%の還元率になることもあります。今なら最大6,000円分のポイントゲットのチャンス。

●楽天ユーザーの方は「楽天カード」
100円のクレジット利用につき1ポイントが貯まる他、楽天市場での利用だといつでもポイントが4倍に。さらに、楽天ポイント10,000ポイントはANA10,000マイルと交換が可能です。大丸など提携店では、会計時にカードを見せるだけで100円につき1ポイント貯まります。今なら最大5,000ポイント獲得のチャンス。

ポイントが貯まるものがこんなにたくさん。使えば使うほどポイントが貯まるとうれしくなりますね!もちろん、使いすぎにはご注意を!

ポイントはどこへ消えた?web家計簿でポイントを守ろう!

クレジットカードやweb予約サイト、毎日のお買い物などでコツコツ貯めているポイント。そのポイント、しっかり有効活用できていますか?

貯めることに必死になりすぎて、使うことを考えていないという人、意外に多いのでは?使うことをしっかり考えておかないと、もしかしたら、ある日突然ポイントが消えてなくなってしまうという恐ろしいことが起こるかも…。

ポイントの有効期限、把握できていますか?
コツコツ貯め続けているポイント。あれ?使ってないのに減ってる?といった摩訶不思議な経験をしたこと、ありませんか?それはおそらく、「ポイントの有効期限切れ」が原因。無期限有効のポイントももちろんありますが、有限のポイントもあるのです。例えば、1,000ポイントプレゼント!といわれて「やったー!貯めておこう。」とずっと使わずにとっておくと、いつの間にかその1,000ポイントが消えてしまっている…有効期限が切れてしまったためです。せっかく1,000ポイント使えたのに、もったいないなどの理由でそのままにしてしまい、結局使えなくなるとは、1,000円無駄にしたようなもの。有効期限はきっちり把握しておかないと損なのです。

でも、ポイントってたくさん種類があるから覚えられない!
そう、貯めているポイントは1種類だけではありませんよね。有名どころでも、楽天やTポイント、ポンタにマルイ、ぐるなびなんかもありますね。それぞれがバラバラ動いているので、ポイントが付与されても何がなんだかわかりません。キャンペーンでなくとも、通常貯めているポイントで失効するものもあるので気が抜けません。これらを自力で管理して有効的に使っていくのは至難の業。というよりも、ほぼ不可能でしょう。いちいちメモしていくのも大変です。

救世主!web家計簿がすべて管理してくれる
そこでおすすめしたいのが、web家計簿。今や、マネーフォワードやZaim、Moneytreeなど、サービスの種類は豊富。自分に合ったサービスをまずは見つけましょう。これらweb家計簿は、なんとポイントの残高や有効期限の管理を一括して行ってくれるんです。各ポイントのアカウント情報や、カード番号から連携してくれるので、正確なポイント数や期限の把握が可能になります。いちいち有効期限を入力して管理するのではなく、家計簿自体が情報を取ってきてくれるわけです。この家計簿の多くが、口座やクレジットカードなどとも連携できるので、収支算出はもちろん、レシートを撮影するだけで項目分けの家計簿を自動的に作成してくれるといったとっても便利な機能もついています。これだけ機能が揃えば、ポイントが失効してしまって損をするなんてことは防げるはず!さらにお得な生活が待っています。

JR東日本、新ポイントサービス「JRE POINT」開始!Suicaポイントなど統合で一本化へ

 東日本旅客鉄道は23日、「JRE POINT」サービスに関する記者説明会を開催した。JRE POINTは、JR東日本グループが同日より開始し、Suicaポイント、ビューサンクスポイントなども、将来的にこのJRE POINTに統合される。同社では貯めやすく、使いやすいポイントサービスを実現していきたいと説明している。

■JRE POINTの狙い

 東日本旅客鉄道では現在、SC・エキナカ事業として駅ビルに約8,500店舗、駅構内に約1,400店舗のショップを展開し、また自販機を約7,600台設置している。それぞれの店舗ではポイント制度によるサービスを実施しており、グループ内の会員数は1,800万人にも及ぶ。

 しかし利用できるカードは店舗によりまちまちで、例えば駅ビルだけで19種類のカードが存在している。Suica、ビューカードなどを含めると全24種類となるため、利用者からは「一本化して欲しい」といった要望が上がっていた。

 説明会に登壇した、東日本旅客鉄道 執行役員 事業創造本部部長の松崎哲士郎氏は「これまでは、さまざまなカードが存在しており、カードにより還元率もバラバラだった。お客様がメリットを感じにくいサービスになっていた」と説明。23日に開始する「JRE POINT」は、これを統一するものだ。

 サービスの開始当初は、首都圏近郊にあるアトレなどの駅ビル(合計31館)でJRE POINTを利用できるようにする。その後、Suicaポイント、ビューサンクスポイントを統合するなどして、サービスを順次拡大していきたい考え。ポイントは100円(税抜)ごとに1ポイントが貯まる設定で、1ポイント1円として利用できる。松崎氏は「貯まりやすい、使いやすい、わかりやすいをキーワードに、”ちょっといい”ポイントサービスにしていきたい」と意気込んだ。

 続いて登壇した、野村総合研究所 上級コンサルタントの安岡寛道氏は「顧客戦略の見直しにともない、最近では老舗百貨店、大手電力などもポイントサービス事業に参入しており、国内は”一億総ポイント会員化”の社会になってきた。そのなかで、JRE POINTはグループ内で貯めやすいのが特長。ひとつの面白い存在になり得るのではないか」と解説した。

■数年後までに1,100万人を目指す

 説明会の最後に質疑応答の時間がもうけられ、東日本旅客鉄道の松崎氏が記者団の質問に回答した。

— ポイントの原資、負担の割合などは?また、スタートキャンペーンを実施する狙いは?
(※同社では「JRE POINTスタートキャンペーン」として、3月31日までの期間内に入会、Web登録した利用者にポイントを付与するキャンペーンを実施する)

松崎氏:ポイントの原資、負担の割合はそれぞれの駅ビルの方針によって違う。ショップと話し合い決めているところ、全体の販促で決めているところなどがある。知名度の低いJRE POINTを、なるべく早く使っていただきたい、便利さを実感していただきたいということで、スタートキャンペーンを実施する。

— 目標とする会員数は?駅ビルだけでなく、鉄道との連携も行う予定?

松崎氏:数年後には1,100万人を目指したい。鉄道との連携については、お客様の声も聞きながら進めていきたい。

— Suicaが利用できる店舗は、JR東日本という枠組みを越えて拡大している。JRE POINTをJR東日本グループ内での利用に限定した理由は?

松崎氏:まずは、我々のところでバラバラだったサービスをまとめたかった。生活に身近なカードとして、使っていただくきっかけになれば。今後とも、何がお客様にとって良いことか考えながら展開していきたい。

— これまでも全24種類のポイントカードをまとめる構想はあった?その実現が難しかった理由について。

松崎氏:これまでも、まとめるという話はあった。ただ駅ビルはそれぞれの店舗で成り立ち、地域性に違いがある。周辺のお客様にとって身近なサービスを提供するなかで、ポイントのシステムや還元率が異なるサービスが各々展開することになった。システムの統合に手間と時間がかかったが、今回、会員様の多いアトレのシステムが更新する時期に合わせて、JRE POINTを提供開始できた。

ポイントは2重でお得に!新生活を機に電子マネーをうまく活用しよう。

寒い寒い冬ももうすぐ終わり。暖かい春はもうすぐそこです。

春から新しい生活をスタートするという方、お引越しの準備はもう始めていますか。お引越しや新生活には何かとお金がかかりますよね。新生活を始めたもののお金があまりない。そんな不安もできるだけ解消したいものです。今回は、普段の支払いを電子マネーに切り替えてオトクな生活をはじめるコツをご紹介したいと思います。

1.現金を持ち歩かずに電子マネーで支払う
普段の生活では何かと現金でのお支払いが多いものですが、大手のコンビニエンスストアや、スーパーマーケット、あるいはクレジットカードの加盟店で使える電子マネーを使うと、通常のお支払いにポイントが必ずついてきます。あらかじめ料金をチャージしておくことで現金なしでのお支払いができるし、金額に応じてポイントがつくので、後々のお支払いの際にたまったポイントでお支払いもできます。つまり、現金で支払うよりも電子マネーでのお支払いの方が断然オトクになるわけです。電子マネーの種類はたくさんありますので、よく使いそうなお店で使えるものをお持ちになることをおススメします。

2.入金の際は、クレジットカードで支払う
電子マネーへの入金は現金以外にもクレジットカードで支払うほうが断然オトク。なぜなら、ポイントの二重取りができるからです。電子マネーによっては入金金額に応じてポイントが付与するものもあります。加えて、クレジットカードで支払いを行うことで、クレジットカードにもポイントが付くため、1度の支払いでポイントが二重で獲得できるのです。また、クレジットカードと相性のいい電子マネーというのもあります。たとえば、JR東日本「Suica(スイカ)」は、ビューカードが発行するクレジットカードで入金すると、1000円ごとにポイントが6ポイントと通常の3倍ものポイントが発生します。「リクルートカード(VISA)」では、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使えるナナコ、楽天エディ、スイカへの入金で1.2%分のポイントが発生します。ポイント賢くゲットしてオトクな新生活はじめましょう。

【マネーギャグアニメ動画】マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第6話は…謎だったわんわんわんコインと金男くんとの出会いの感動エピソードがついに公開!人間不信になっていた荒ぶれるわんわんわんコインの前に、まだ小学生社長になる前のあどけなさが残る金男くん。二人をつないだのは、手のひらのうえの…。
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」

最新作の第6話はこちら!

ランキング