生鮮食品とW使いをしよう!冷凍食品を賢く活用する節約術

このレシピを実行して

280貯まる!
<材料>

・冷凍食品

・スーパーの冷凍食品割引日

<How to>

1日持ちしない食材は冷凍食品を活用

2長期保存可能な食材と組み合わせて使って節約

※(西友価格を参考)
・ほうれん草
ほうれん草一束(約200g):150円/冷凍ほうれん草(200g):約200円
・かぼちゃ
かぼちゃ(約320g):130円/冷凍かぼちゃ):約220円
1週間単位で計算すると(冷凍食品は2週間で使い切るとする)
ほうれん草+かぼちゃ=280円、冷凍ほうれん草+冷凍かぼちゃ=210円
⇒結果、1週間で70円節約、1ヶ月で280円節約

5494.jpg

1人暮らしのみなさん、勢いよく食材を買ったはいいものの、食材を余らせてしまったり、使い切れなくていつの間にか傷んでしまったということ、よくありませんか?

野菜やお肉など、生ものはあしが速いものもありますから、保存がきかないとなるとなかなか悩ましいところです。そこで上手に活用したいのが、冷凍食品。賢く取り入れることで、無駄をなくして節約にもつながるんです。

冷凍野菜を活用しよう
葉もの野菜はあまり日持ちがしないので、一人暮らしだと消費するのが大変です。ほうれん草だと、1束単位でしか売っていないことが多く、保存も1週間が限界なので、毎日毎日ほうれん草!という状況になりかねません。他にも、かぼちゃはカットしてあるものだと5日以内に使ったほうが良いとされているので、1/2玉の購入でも消費に苦労しそうですね。そこでおすすめは冷凍野菜という手です。ほうれん草もかぼちゃも、冷凍食品コーナーに並んでいます。およその価格ですが、ほうれん草(200g)で200円、かぼちゃ(400g)で220円くらい。保存も1か月以上できますから、ちょこちょこ使いができちゃいます。他にもブロッコリーやさといも、コーン、なすなどの冷凍野菜が売られていますね。

お肉やシーフードも冷凍食品
お肉類や、エビやイカといったシーフードも冷凍食品になっているものがあります。特におすすめしたいのが、ひき肉の冷凍食品。ひき肉って、gで購入するとちょっと多かったり、小分けに保存するのが少し面倒ですよね。冷凍のひき肉なら、ぱらぱらとほぐれてくれるので、gを気にせず使いたい量だけささっとふりかけのように出すことができるます。少し使ってまた冷凍庫へと、繰り返し使えるのが魅力です。また、エビは殻戸とわたがしょりしてあるので、そのまま使うことができて便利。こちらも使いたい量だけ取り出せて、使い切らなきゃ!というプレッシャーからも解放されます。

でも冷凍食品ってちょっと高くない?
たしかに、生鮮食品と比べると高いものもあります。ただ、一気に使い切らなければいけなかったり、結局使い切れずに捨ててしまっていることが多いとなると、長い目で見ればお得です。たとえばほうれん草。1束買って1週間で使い切るよりも、冷凍ほうれん草を1袋買って1か月くらいちょこちょこ使うほうが、食材に偏りが出ず日々の食事もバラエティに富みますし、たまねぎや人参といった、安くてかつ常温で1か月くらいもつものと併用していけば、かなり節約できちゃいます。そう、冷凍食品は、日持ちするものと併用が基本。スーパーの冷凍食品半額の日に購入して、1か月くらいかけてちょこちょこ使っていくのが賢い節約法です。

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

関連記事

まとめ買い&冷凍で節約!夏の野菜をじょうずに保存するワザ

節約の基本は、「むだにしないこと」ですが、買ってきたまま冷蔵庫の中でしおれている野菜などはありませんか?

野菜は使い切るのが理想ですが、家族の人数が少なかったりすると余ってしまいますよね。

そんな方は、しおらせる前に冷凍保存をすることをおすすめします。今回は、夏場の野菜の冷凍保存術で節約する方法をお知らせします。

1. 夏野菜の保存方法
夏場においしい野菜の代表格、ピーマン。ピーマンは半分に切って中の種・わたを取り除きます。その後水でよく洗い、水気を切ったら密封容器に入れて冷凍庫へ。生でもOKですが、さっと下茹でしておくと、変色がふせげます。炒め物などに使うときは、凍ったままでOKです。

おくらは、固めにゆでで、フリーザーバッグなどで保存します。丸のままでもいいですし、カットしてもOKです。

トマトも冷凍保存できちゃうんです。トマトはへたをくりぬいて、ポリ袋に入れて冷凍庫へ。カットしてフリーザーバッグに入れてもOKです。スープやソースにさっと使えて便利ですよ。

なんと水分が多いきゅうりも、薄い輪切りにして、塩でもみ、よく水分をきると、冷凍で保存できます。

これらの野菜は、冷凍保存なら1~2か月程度はもつようです。

2. 冷凍野菜の栄養価ってどうなの?
冷凍するときに気になるのは、冷凍野菜は生の野菜に比べて、栄養価が損なわれるのではないかということ。野菜は冷凍するときに、マイナス18度以下であれば、野菜の栄養素は損なわれにくいと言われているそうです。

また、レザーヘッド食物研究所(Letherhead Food Research)と英チェスター大学(University of Chester)の両機関が行った調査では、新鮮なフルーツや野菜より冷凍品の方に多くのビタミンC、ポリフェノール、アントシアニン、ルティン、βカロチンが含まれているという結果は出ているようです。

冷凍できる野菜のうち、きのこ類は冷凍すると、種類や新鮮さなどにもよりますが、加熱しただけのキノコに比べて旨味(うまみ)成分がおよそ3倍になるといわれています。

夏の「もったいない」を防ぐ!食品保存と買い物術

蒸し暑い日本の夏。食べ物を放置したままうっかりしていると、すぐに傷んでしまいます。食中毒の危険性があり、身体にもよくないですし、節約派としては、せっかく買った食べ物を無駄にしてしまうのは心苦しいもの。

また、日本全体で食べられるのに捨てられた食品(食品ロス)は、なんと500~900万トンにものぼり、そのうち家庭ごみとして排出される量は約4割。コンビニや外食産業の食品廃棄はメディアで話題になりますが、家庭から出るロスもかなりのもの。こうした「もったいない」を防ぐためのアイディアをお知らせします。

1. アイスクリームの冷凍焼けを防ぐ
夏場においしいアイスクリーム。でも、全部食べ切れずに半分残して冷凍庫に保存していたら、冷凍焼けで味が落ちてしまった……なんてことはありませんか? アイスクリームの冷凍焼けは、容器に余分な空気が入ることで起こります。食べ残したら、できるだけ小さい容器に入れて、密封して保存しましょう。紙パックでしたら、余白を切り取って、ラップでぴったりくるんでしまうのもおすすめです。

2.スイカは他の果物といっしょにしない!
夏の代名詞ともいえるスイカ。実は、りんごやバナナなどの果物が発するエチレンガスにとっても弱いのをご存知ですか。保存するときは、冷蔵庫でほかの果物と一緒に保存するのではなく、外に出しておきましょう。その後、食べる前に冷やしておくとよりおいしくいただけます。

3. 買い物は計画的に!
食べ物のロスを防ぐ方法は、計画的に買い物すること。買い物に行く前には、冷蔵庫の中の在庫をチェック。あらかじめ献立を決め、買い物リストを作っておきます。必要なものだけを買えば、無駄な出費を抑えられますし、在庫があるのに「また買ってきちゃった!」というミスを防げます。最近では、ネット上でスーパーのちらしが確認できるサービスもあるので、そうしたものも活用すれば、お得な食材を使って節約しながらじょうずに買い物ができます。

家計を見直そう!無駄な食材を買わない工夫!ネットスーパーが便利な理由

24時間注文OKで、生鮮食品から日用雑貨、下着、家電の一部まで個人宅の玄関先まで配達してくれるネットスーパー。

共働き家庭や小さな子どもがいるなどの忙しい人ばかりでなく、重い物を運ぶのが困難な高齢者の利用も増えています。送料無料やわがまま注文への対応などのメリットに加え、節約にも効果大なネットスーパーを活用してみませんか。

1.順調な市場拡大は便利さの証し
矢野経済研究所によると、ネットスーパーや食品宅配の市場規模は、2019年度に2兆1,470億円まで拡大すると予測されています。高齢者世帯や共働き世帯、子育て世帯を主要ターゲットに、コンビニエンスストア宅配やネットスーパー宅配、在宅配食サービスなどのバラエティーを増やしながら、順調な成長が見込めるサービスです。
これだけ市場が拡大しているということは、それだけ便利で使いやすいということではないでしょうか。

2.ネットスーパーのメリット、デメリット
ネットスーパーのメリットは、「お米や水、飲み物、おむつなど、重い物やかさばる物なども自宅の玄関先まで配達してもらえる」「24時間いつでも好きな時間帯に注文ができる(配達希望時間帯や商品によっては〆切がある場合もあります)」「購入金額が把握できるので、計画的に購入できる」といった点です。デメリットは、「送料無料にするために一定額まで購入しなければならず、ちょっとした買い物に使いにくい」「受け取りがめんどう」といった点でしょうか。マンションであれば宅配ボックスに届けてくれる場合もありますが、中には預けたはずの荷物がない!などのトラブルも。

3.こんな人はネットスーパーを利用すべき
ついつい買う予定のなかったお菓子や目についた商品をカゴに入れてしまいがちな人や、特売商品だからと買いこんでみたものの、結局腐らせてしまう人はいませんか?こういう人は、なかなか貯金ができないタイプでもあります。ネットスーパーなら、自宅の冷蔵庫をチェックしながら計画的に購入ができますし、スーパーに行く回数がぐっと減るので、ついで買いもなくすことができます。

ネットスーパーを活用していつもの買い物で節約しよう!

毎日の支出として最も多いのが食事代。仕事帰りにスーパーで毎日お買い物する方もきっと多いことでしょう。今回はインターネットを使ってこの毎日の支出を節約するコツをご紹介しましょう。

■鮮度の高いものが届く可能性が高い
もちろんスーパーでも、鮮度の高いものが売っていますが、ネットスーパーでは、購入日時点で一番新しい日付にしてくれるといった品質保証を行っているところもあります。これはつまり食品の使用期間が長くなるということに繋がるため、無駄なく使えるという意味で、節約に繋がります。

■家計簿をしっかりとつけられる
副次的に節約できるという意味では、ネットでずっと購買情報が残っているので、家計簿をつけやすいということが挙げられます。レシートをいちいち手帳やエクセルシートにまとめるという昔ながらの家計簿の付け方でももちろん、厳密に出来る人には問題ないかもしれませんが、毎日仕事や学校、家事にいそしんでいる人にとっては意外と面倒です。でも、家計簿というのは、自分がどのぐらい使っているか。その使い方にどういった傾向があるかということを分析するのに必要なものです。こまめにつけることで節約する癖を作っていきましょう。

■子供のおねだりを避ける最良の方法
子供がいる方ならお分かりかと思いますが、スーパーに行くと子供はすぐにお菓子売り場に向かいます。子供の目線の棚に並んでいるのは、お菓子の他に、ちょっとだけラムネや飴がついたようなおもちゃの数々。子供がここに来てしまったらもう大変。「買って買って!」とおねだり攻撃が始まります。しかもスーパーのこういったおもちゃは、家電量販店や通常のおもちゃ屋と比べても割高なことが多く、周りの目と面倒臭さに耐えきれずについ、子供の言いなりになってしまうお父さんお母さんも多いことでしょう。ネットスーパーなら子供が学校に行っている間や、昼寝している間にもできますので、このおねだり攻撃をかわし、無駄な出費を抑えることができるのです。

まとめ買いを駆使して食材のムダを減らそう!

冷蔵庫を開けた時、奥の方でしおれた野菜、色の変わったお肉、ひからびたチーズなどを見つけて、「あ、こんなのあった!」となったことはありませんか。食費を節約する最大のポイントは、食材のムダを減らして使い切ることです。

1. 1週間分の献立をたてよう
食材の購入は計画的にしましょう。買い物に行く前に、1週間ぶんの献立をあらかじめ立てておきます。最近は、スーパーのちらしがネットでも見られますので、安い食材を見計らって献立を決めましょう。
例えば、肉じゃが(薄切り牛肉、じゃがいも、ニンジン、タマネギ)の材料は、そのままカレーにも変身させることができますよね。こうして、1つの食材をいかに効率よく使いまわすか? これで食材のムダがだいぶ減らせます。

2. 買い物リストを作ろう
1週間分の献立が決まったら、買い物リストを作りましょう。リストがあれば、買い忘れや余計なものを買うリスクを防げます。

3. 買い物に行く回数を減らそう
スーパーに行く回数が多くなると、特売品やお菓子などが目について、ついついいらないものまで買い込む癖がついてしまいます。
買い物リストを作ったら、まとめ買いをしてしまいましょう。買い物の際には、お店をまたいだ商品検索ができる“電子チラシアプリ”の活用がおすすめ。
スーパーのはしごで食材購入した買い物と、1軒のスーパーで全ての食材を購入した買い物を比較したところ、“スーパーのはしご”の方が1食当たり342円の節約になった例もあるそうです。つまり、1カ月であれば1万円の節約も夢ではありません。

4.スーパーのクレジットカードを作ろう
最寄りのスーパーのクレジットカードを作りましょう。
例えばイオンであれば、毎月20日と30日にイオンカードのクレジットを利用することで、買い物代金が5%OFFになります。全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどで有効です。また、毎月「5」の付く日はポイントが2倍になります。
クレジットカード払いに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、お金の出どころを1枚のカードでまとめておけば、あとで家計簿をつけるときもラクラクです。

ランキング