将来的に大きな損をする?ふるさと納税は本当にメリットが大きいのか

このレシピを実行して

貯まる!
<材料>

・ふるさと納税と税収

<Point>

1ふるさと納税により住んでいる地域が損をする

2特産品を用意することにより損をしている地域も?

※将来の自分が損を被ることになる可能性も!

5440.jpg

今や誰もが知っているふるさと納税という制度があります。ふるさと納税は地方に寄付をする制度なのですが、税金控除、そして地方の特産品がもらえるとあって、今や実質2000円で豪華な特産品をもらえる方法になりつつあります。

ふるさと納税をすることで、私たちは特産品がもらえ、都市部に集まる税金を地方に分配できると非常にメリットが大きいことで注目を集めています。

しかし、美しいバラにはトゲがあるように美味しい話には必ず裏があります。つまり、誰かが儲けているということは誰かが損をしているのです。

つまり、ふるさと納税で私たちが大きなメリットを受けている一方、損をしている人がいるということなのです。多くのメディアは注目を浴びるためにふるさと納税の良い部分しか紹介していないので、ふるさと納税のデメリットも知ってもらえたらと思います。

それは、あなたがふるさと納税をすることで、あなたの住んでいる地域の税収が減るということです。

というのも基本的に控除される税金の大部分は地方の税金から控除されています。ですから、あなたの住んでいる地域の人がふるさと納税をすればするほど、あなたの地域の税収は減っていきます。

税収が減るということは、必要な工事や災害の備え、その他普段の何気ない生活をまかなっている税金がなくなるということです。

そうなると困るのはその地方に住んでいる人、つまり、あなたやあなたの身の回りに住んでいる人が損を被ることになるのです。

税収が減るのであれば、ふるさと納税の特典を豪華にすればいいのではないかと思われるかもしれません。しかし、ふるさと納税で受けた寄付金は全て特産品に割り当てるといった地域もあるように豪華な特産品を用意するためには、より税金を割り当てなければなりません。

そうなると本末転倒であり、将来的に自分の住んでいる地域の税収が少なくなることも考えられるのです。ですから、今の自分がメリットを受けている分、将来の自分が損害を被ることも十分に考えられるのです。

ふるさと納税のメリットばかりが強調されますが、このように負のスパイラルに入る可能性があることも知る必要があるのではないでしょうか。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

これでふるさと納税は完璧!お得な理由から手続きの仕方までまとめました

今やメディアでも毎日のように取り上げられているふるさと納税という制度があります。あまりの加熱ぶりに様々な問題も生み出しているようですが、納税者にとって大きなメリットが受けられることは間違いありません。

今回はふるさと納税が人気の理由から手続きの仕方まで、お話したいと思います。

まず、本当にふるさと納税がお得と言えるのでしょうか。確かにふるさと納税には様々なマイナスの理由が存在します。ふるさと納税の上限を守らなければ、税金の控除がされませんし、メリットを受けるためにはある程度ふるさと納税について理解しておく必要があります。

しかし、多少ややこしい話はあるものの、メディアで放送されているような最低2,000円で地方の豪華な特産品がもらえるという事実は紛れもなく本当の話です。地方によってはA5ランクのステーキや高級食材のあわびが2,000円でもらえるというのですから、十分すぎるくらいのメリットがあると言えるでしょう。

では、そのようなメリットを受けるためにはどのような手続きをすればいいのでしょうか。

最近は非常に手続きも簡単になっており、「ふるさとチョイス」や「ふるぽ」といったような、ふるさと納税に特化したサイトも充実してきました。ですから、特に難しいことを考えず寄付先を決め、空欄になっている項目を記入すれば、あとは特産品が待つだけです。(必ずワンストップ特例の申請書項目にはチェックを入れて下さい)

手続きも非常に簡単になってきたので、寄付金の上限さえ守れば、いよいよふるさと納税の大きなデメリットと言われる部分は全て解消されるように感じます。

ふるさと納税が注目を集めているため、人気の特産品は品切れ状態が続くことも十分に考えられます。人気の品を待つことも一つの選択肢ですが、まずは自分の気に入ったふるさと納税先に寄付を行ってみると早く特産品が届くかもしれません。

ますます便利でお得なふるさと納税をぜひ実践してもらえたらと思います。

思わぬ落とし穴?ふるさと納税でがっかりしないために必ず読んでおきたいポイントとは

サラリーマンでもできる節税方法と聞くとどのような方法を思い浮かべるでしょうか。扶養家族の節税は思いつくかもしれませんが、それ以外の方法で、サラリーマンはあまり節税できないと考えている人が多いようです。

その中で、最近節税できると話題のふるさと納税という制度があります。ふるさと納税は地方の自治体に寄付をする制度ですが、最近寄付をした自治体からのお礼の品としてもらえる特産品に注目が集まっています。
あまりにも豪華な特産品が並ぶために、ふるさと納税をぜひ実践したいという人は急増し、今や家計に敏感な主婦であれば知らない人はいなくなりました。それだけお得なふるさと納税にも気をつけるべきポイントがあることをご存知でしょうか。
このポイントを知っておかないと、おそらくあなたはがっかりするでしょう。お得だと騒がれているふるさと納税に実践しようと考えても、思うほどのお得感を感じられず、こんなはずじゃなかったと後悔することになりかねません。
まして、ふるさと納税の商品数が増えれば増えるほど、このポイントは重要になります。ですから、しっかりこのポイントを押さえてもらえたらと思います。

そのポイントとは人気の特産品はすぐに受付終了になるということです。

つまり、ふるさと納税のお礼の品と言えど、株主優待のように人数が無制限でもいいというわけではありません。
むしろ、ふるさと納税をする人が増えたことで人気の特産品はより早く無くなるようになりました。数年前であれば、人気の優待は申し込み受付が始まると同時にwebページにアクセスできなくなったというほどの人気ぶりです。
このような人気の優待では申し込みが殺到します。申し込みをしたいと考えるのであれば、受付開始と同時に申し込み手続きをする他に方法はないでしょう。
このように人気の特産品はすぐになくなってしまうので、似たような特産品を出している自治体にふるさと納税を行ったほうが賢い選択かもしれません。。

しっかりと申し込みが受け付けているかどうかの確認をしてから、手続きを行っていただければと思います。

毎日の食事で欠かせないお米もふるさと納税でお得に美味しくいただこう!

お得なふるさと納税をもらっても使い切れるかどうか不安。

一人暮らしをしている人にとって、ふるさと納税の豪華な特産品で複雑な思いをしている人も少なくないようです。お得なことを頭では理解していても、もらった特産品を食べきれるのかどうかとジレンマに陥るのです。
そのような人は、豪華な特産品ではなく、毎日食べることになるお米をふるさと納税でもらってはいかがでしょうか。お米であれば、日持ちもしますし、何より毎日の食事で食べることができます。
今回はお米で選ぶふるさと納税のおすすめ地域を紹介していきます。

・長野県阿南町
最初に紹介するのが長野県阿南町のブレンド米です。ふるさと納税の中にあるお米の特産品では最も有名といっていいほど有名です。お米の特徴としては阿南町で取れたお米をブレンドし、しっかりと甘みを感じることができるという特徴があります。
阿南町のふるさと納税では3万円の寄付で60kgのお米がもらえます。発送方法は1回の郵送で10kgずつ、最大6回分けて配送してくれるというので常に美味しいお米を食べたいという人にはぴったりですね。

・茨城県稲敷市
続いて紹介するのが茨城県稲敷市の特産品です。1万円の寄付でもらえるお米は25kgと費用対量の多さではピカイチです。ただ欠点としてはあまりにも人気過ぎて、なかなか申し込めないということ。
ふるさと納税には魅力的な面もありますが、このように申し込みが殺到する特産品に関しては申し込みができたらラッキーくらいの気持ちで取り組むといいでしょう。

・岡山県総社市
最後に紹介するのが岡山県総社市の特産品です。こちらも1万円ごとに20kgの新米がもらえるとあって非常に人気の特産品となっています。
こちらのふるさと納税では上記2つのふるさと納税と異なり、ふるさとチョイス経由でクレジットカード決済が可能です。普段からクレジットで主に生活しているという人は実践する価値も大きいのではないでしょうか。

いかがだったでしょうか。私たちの生活に欠かせないお米もこれだけ多くのふるさと納税の特産品で受け取ることができます。ぜひご自身でもお米のふるさと納税を探してもらえたらと思います。

今更聞けない!?ふるさと納税とは?【第34回】高橋先生の教えて経済ニュース

〜ふるさと納税とは?〜

ふるさと納税とは、納税という名称ですが、地方自治体に寄付をする制度です。寄付をするとお礼の品がもらえて、その分一定の税金が軽減されるという仕組みとなっています。寄付金額から2000円を引いた額の税軽減が受けられます。つまり、2000円の負担で地方の特産品がもらえるということになります。

ふるさと、というのは特に出身地でなくてはいけないということではありません。どこの地域に対しても寄付をすることはできますので、多くの方は目当ての特産品がもらえる自治体を選んで寄付している状況です。

いくらまで寄付できるかというのが、非常にわかりにくい部分ではありますが、年収や家族の構成によって変わってきます。例えば年収400万円の方であると、だいたい4万円前後まで寄付をすることができます。

昨年、制度が一部改正をされています。
改正内容としては、寄付する限度額が2倍に拡大されましたし、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」によって、これまで確定申告をしないと軽減が受けられなかったものが、一定の条件を満たすと確定申告を不要にすることができるようになりました。これにより、非常に使いやすくなりました。

ふるさと納税だけじゃない!サラリーマンでもできる税金の控除方法3選

国民であれば誰もが払わなければならないのが税金ですよね。最近、ふるさと納税などで節税できるという方法がテレビでよく紹介されますが、節税方法は他にもあることをご存知でしょうか。

上手に節税することができれば、あなたの収入が横ばいであったとしても支出を抑えることができます。支出を抑えることができれば、それだけ貯蓄に回すこともできますし、投資に回して増やす選択肢もあります。
誰もが支払わなければならないからこそ、今すぐにでも考えるべき問題なのです。しかし、現状節税方法をよく知らないという人は少なくありません。そこで今回はサラリーマンでもできる節税方法を紹介していきます。

扶養控除
扶養控除とは扶養している親族1人あたり38万円を所得から控除できる制度です。一見家庭を持ち、妻と子どもを扶養家族にしている人にとってはあまり関係ないと思われるかもしれません。
しかし、扶養控除が適用される範囲は非常に広く、6等親以内の血族、または3等親以内の姻族を扶養家族とすることができるのです。つまり、自分の親や親の兄弟が65歳以上であり、年金生活をしている場合、年金の収入が年間158万円以内だったら扶養家族にしてしまえるのです。
一度扶養範囲の親族を見直してみてはいかがでしょうか。

医療費控除
医療費控除とはそのままの意味で、高額な医療費がかかった場合、税金が控除されます。適用範囲は年間10万円を超える場合であり、超えた金額分だけ所得から差し引くことができます。
誰しも一生のうちに一度も入院しないということはないので、覚えておくといい節税方法になるでしょう。

副業の赤字を使った節税
最後に紹介するのは副業の赤字による節税です。インターネットの普及により、ネットビジネスや株式投資といった様々な副業が誰でもできるようになりました。
しかし、中には赤字が伴う副業も少なくありません。投資の失敗などはわかりやすいですし、ネットビジネスでツールやパソコンを購入した場合も考えられます。あらかじめ個人事業主として開業届を出すことと、3月に確定申告を行うことと条件がありますが、副業をしているという人は実践してみてはいかがでしょうか。

ランキング