あなたも株で大損する?経営が黒字なのに倒産する企業とは!

5443.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・黒字倒産

<Point>

1経営が黒字でも倒産する

2決算書は普通の会計感覚とは異なる

3企業のキャッシュフローを見る

株式投資をする中で、企業の経営状況を見るために決算報告を確認する人も多いでしょう。会社の決算報告を見るとおおよその経営状態を見ることができます。決算報告の見方がわかっていると株式投資でも大きな武器となるのです。

「数年分の決算報告書を見た限りでは経営は黒字で、株価が上がりそうだから投資しよう!」

おそらく多くの人は“経営が黒字”ということで投資しようと考えるでしょう。しかし、このような人は今後要注意と言えます。というのも最近、黒字倒産という言葉にもあるように経営が黒字であるにも関わらず、倒産をする企業が少なくないのです。

黒字なのに倒産する意味がわからない!と思われる人は必ずこの記事に目を通してください。それでは黒字倒産についてお話しします。

まず、倒産とは何か?ということですが、おおよそ返済しなければならないお金を返済できない状況にあることを指します。例えば、私たちでもクレジット決済すれば、1ヶ月後にお金を返さなければなりません。

企業も銀行からお金を借りて事業投資しているので、お金を返さなければならない時期が決まっています。その返済時期を1ヶ月後とします。

経営が黒字であれば、当然その返済金を払えるように感じます。しかし、ここに私たちの考えと実際の決算書にはギャップが存在します。

というのも決算書には取引上利益を上げた取引を記載します。もっと簡単に言うと実際にお金をもらっていなくても取引が書類上成立していれば、全て決算書に書いてしまうのです。

例えば商品を取引先に納品したものの、お金は後払いだとします。このような場合でも決算書には取引が完了し、利益として受け取っていないお金も書いてしまうのです。

そうなると決算書には利益を書いているので、見た目の経営は黒字に見えます。しかし、実際のお金は企業に入っておらず、1ヶ月後の支払いに対応できない状況ができてしまうのです。

こうして経営は黒字であるのに、返済金が用意できず倒産してしまう企業が存在するのです。

このような状況にならないためにも株を買うときはしっかりと経営状況を吟味する必要があります。また、吟味の方法は別の記事に書かせてもらうのでチェックしてみてください!

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

年に4回も株主優待がもらえる!今注目したい人気の優待株とは

株主優待という制度を知っている人が最近増えてきています。株主優待とは株主に対して、企業株を持っているお礼として、様々な企業商品や商品券といったものを還元する制度です。

株主優待は企業により様々で、実施している会社もあれば、株主優待を用意しない企業も数多く存在します。一般的に株主優待を用意している企業も年に1度、株価の1〜2%前後の金品相当のものを配布する企業が多いです。

そのような中で、なんと年に4回も株主優待を実施している企業があるというので驚きです。企業からすると、個人投資家に株を持ってもらうことは株価の安定にもつながるため、株主優待に力を入れる企業が多いです。

しかし、株主優待を豪華にすると、当然企業の支出は大きくなります。支出が大きいということは、それだけ利益が削られるので、年に4回も優待を出せないという企業が多いことは誰でも想像できるでしょう。

そのような中でも年に4回も株主優待を実施している注目企業をぜひチェックしてみて下さい。

コロワイド
コロワイドは和洋中の全てのジャンルで全国的にチェーン展開をしている企業です。代表的なお店であれば、焼肉店の「牛角」や居酒屋の「甘太郎」といった店舗があります。

株主優待には年に4回、1万円の優待ポイント(合計4万円分)がもらえるため、家族連れの人にも非常に人気の優待となっています。優待をもらうためには500株の保有が必要とかなりハードルは高いですが、それに負けないくらい豪華な優待なので試してみる価値はありそうです。

東洋ビジネスエンジニアリング
続いて紹介する東洋ビジネスエンジニアリングは製造業の顧客を中心に、システムの管理や構築、運用・保守まで一貫して行っている企業です。

優待としては年に4回クオカードがもらえます。クオカードなら財布に入れてさえおけば、使う機会は多いでしょうし、重宝する優待となりそうですね。投資金額が上記のコロワイドに比べて圧倒的に少ないのも魅力の一つです。

株を利用して株主は様々なメリットが受けられます。その中でも株主優待に惹かれる人は少なくないでしょう。楽しく投資し、優待生活を満喫してもらえたらと思います。

配当金と株主優待はどっちがお得?株主優待は本当に株主のためになっているの

最近株をもっているだけで優待品がもらえる株主優待が人気を集めています。

多くの場合、株主優待には自社の商品や割引券がもらえ、株主はその企業の商品をお得に受け取ることができるのです。
一方で、企業が出した利益を株主に還元する配当金もあります。配当金は1株あたりにいくらというように株主優待と違って1株でも配当金を受け取ることができるのです。
このように株主が受けられるメリットには株主優待と配当金の2種類があり、どちらをもらうとお得か?という議論に関しては意見が分かれるところです。今回は株主優待と配当金はどちらがお得か?ということについてお話していきます。

安定性
株主からすると配当金も株主優待も、現金か商品かという違いしかありません。株を買う一つの指標として、株主優待と配当金の合計利回りを見る人も少なくないでしょう。
株主から見ると商品か現金かという違いしかありませんが、企業側からすれば配当金と株主優待は大きく異なります。というのも配当金が現金なので、配当金が1万円であれば1万円支払わなければいけません。しかし、自社製品1万円分だと企業側の実質的負担は、3000円程度で済むこともあります。

このように株主優待は企業側からすると、小さい負担で済む=株主優待は続けやすいということになります。ですから、株主優待の方がより安定して受け取れると考えられるのではないでしょうか。

株価
株主優待株は株価が安定しやすい。そんな話を聞いたことはないでしょうか。実際のところ比較的業績が不安だと考えられている企業でも、人気の株主優待株は株価が安定する傾向にあります。
持っている株価が下がらないか不安だと感じる株式投資初心者も多いと思いますが、株価が下がりにくいというのは大きなポイントになるのではないでしょうか。

税金の話
配当金には所得税と住民税という2つの税金が、配当金を受け取るときには差し引かれています。既に差し引かれているので、それほど意識することはないかもしれませんが、10%の税金がかかっていると考えると、その税金も実感できるかと思われます。
株主優待はその点雑所得という扱いなので、20万円分を超えなければ特に課税はされません。税金という面で見ても株主優待が優れていると言えそうですね。

わずか10株で株主優待!?5月の注目株主優待はこれだ!

株主優待を始めようとする人は毎日のように増えています。

乗り遅れないためにも近いうちに優待品がもらえる株主優待株に投資したいと考える人も少なくないのではないでしょうか。
しかし、株主優待の内容によっては先手を取っておかないと、後で株価が高騰し、後悔したということにもなりかねません。そこで今回は5月の定番優待銘柄を紹介します。

ハニーズ
5月の優待で最もおすすめする優待株の一つがハニーズです。ハニーズといえば比較的若い人向けの服飾雑貨を販売している企業で、トレンドの早さには光るものがあります。
ハニーズの優待でおすすめする理由はなんといっても株を1単元で買わなくてもいい点。わずか10株、1万円ちょっとで株主優待が受け取れるのです。家族に若い人がいれば、おすすめの優待と言えるでしょう。

銚子丸
続いて紹介するのが回転寿し「すし銚子丸」を経営している銚子丸です。その魅力はなんといっても優待が年に2回もらえるということです。1皿の値段がほとんど固定されている回転寿しではめずらしく、1皿100円台から500円台までと幅広い価格に応じた新鮮なネタを食べられるのも嬉しいですね。
家族連れの方から一人暮らしをしている人まで、万人受けする株主優待ではないでしょうか。

アイケイ
最後に紹介するアイケイは主に通信販売の代行業をしている会社です。アイケイの株主優待は毎年のようにころころと変わるため、何が届くかわからないという楽しみもあります。
過去には和風だしや化粧品といったものが優待品として送られてきたようです。優待利回りはそれほど悪くないので、何が来るか分からない楽しみを感じたいという人は試してみてはいかがでしょうか。

いかがだったでしょうか。4月に引き続き、少し5月の株主優待も物足りないと感じられる人も多いかもしれません。しかし、その中でも楽しめる人こそ株主優待族に近づくと思って、楽しんでみてはいかがでしょうか。

株主優待を有効活用できていますか?もう一度気をつけたいたった一つのポイントとは

株主優待を知っている人がずいぶんと増えてきたように感じます。株主優待とはある企業株を一定数持っている人に対して、企業からのお礼ということで自社の商品や商品券などがもらえる制度です。

株主優待には飲食系からクオカードやお米券といった商品券、その他様々な割引券などと種類も豊富です。その豊富な株主優待に惹かれて株に手を出したという人も少なくないと思われます。このように株主優待は多くの人に魅力を感じさせる非常にお得な制度なのです。

しかし、株主優待にも気をつけるべきポイントがあります。お得感を感じるために株主優待利回り(株主優待の実質金額÷一単元株)だけを考えて投資してはいけません。

そのような投資をした場合、あなたが大きな後悔をすることは目に見えています。もし、株主優待利回りをメインで考えていた場合、あなたは思ったほどのお得感が得られないでしょう。

賢く資産運用をしたつもりが、実は自分の資産を着実に減らしていたという現実に直面することにもなりかねません。ですから、株主優待の失敗ポイントについても学んでもらえたらと思います。

それは、生活で株主優待を利用するか考えるということです。よくあるパターンとしては、それほど頻繁に行くことはないけれど優待券があれば行くだろうと甘い考えをするパターンです。

牛丼屋には年に1~2度行くくらいなのに、年間で5,000円、6,000円もの優待をもらっても使い切る可能性は低いと言えます。有効期限の切れた株主優待をじっと見つめて、仕方ないかとゴミ箱に投げ入れることになるのです。それよりかは例え年間で2,000円分しかもらえない飲み物の優待でも、自分が飲みきればお得感を感じることができます。

株主優待は使って初めてお得な制度だと声を大にして言うことができるのです。優待利回りがいくら高くても使わなければお得にはなりません。ですから、株主優待利回りばかりに気を取られるのではなく、実際の生活にも目を向けてもらえたらと思います。

マイナス金利の今、「株主優待」は、超高齢社会を生き抜くサバイバル術!

マイナス金利の影響で、銀行預金が絶望的な状況です。

このような状況下では、自己防衛策のひとつとして、投資を真剣に考えなければならない時期にきています。これまで、「投資」というと、余剰資金を「株」や「金」に注ぎ込んで運用するという、潤沢な資金を持った富裕層のための方法で、とても庶民には関係ないシロモノというイメージでした。ところが、マイナス金利の昨今ではそうもいってられなくなりました。今後、銀行に置いておくほうが、目減りするリスクが発生するとも限りません。

そこで、にわかに注目されているのが、「株主優待」です。株主優待とは、簡単に言えば、株を発行している企業が株を持っている株主に感謝の気持ちをこめておくる「お礼」といえます。食品メーカーであれば、自社ブランドの商品やレストランの招待券だったり、サービスの無料券だったりします。一般消費者向け企業でなくても、図書カードだったり、商品券、それに見合う金品が届きます。株を保有しているだけで、保有期間中ずっと株主優待は保障されるのです。それは、銀行預金でATMを使用のたびに、残高がマイナスになっていくよりもよほど魅力的だとは思いませんか?

確かに、初心者にとっては最初はハードルが高いのは事実ですが、正しい知識をもって、臨めばそれほど大きなリスクはありません。むしろ、安定した企業の株を買えば、企業が株主優待をやめない限り株主優待をもらうことができます。長期にわたって株主優待を受けつつ、配当金ももらえることになり、企業を応援しつつ、自分も恩恵を受けられる双方にとってハッピーな関係になると考えられます。

では、どうしたら株主優待を受けられるのでしょうか?

それは、株主優待を受けたい、企業の株を買うことです。つまり、株を一定数保有して、「株主」になることに他なりません。一定数は企業によって異なります。50株のところもあれば、100株必要なところもあります。また、同じ企業の株でも保有数によって、受けられる優待の内容が違ってくる場合もありますので、内容を事前に調べておく必要があります。たいていの場合、企業の最終決算月の最終営業日に決められた株数により、受けられる優待内容が決まります。

株主優待のメリットとデメリットは?
メリットは、企業から株主への感謝のプレゼントですから、無料で商品券や地方の特産物やサービスを受け取ることができることです。かなりの価値を持つものも多いので、日常生活で贅沢な気分を味わうことができるのも特典です。さらに、当然、株は売ることもできるので、買った金額よりも株価が上がっていたら、そのときに売ればお小遣いを稼ぐこともできます。

デメリットは、株を保有するということは、株価の変動によって影響を受けるということです。株価が買ったときより下がる可能性も当然あります。長期保有で株主優待しかチェックしていないと、株主優待のメリットを受ける以上の損をすることにもなりかねません。株価の上がり方、下がり方には、それぞれ特徴があります。特徴を把握することで、リスクを最小限にとどめることもできます。

何よりも、何もやらずに手をこまねいて、資産を減らすよりも、やってみることで知力と体力を鍛えることこそが、加速する超高齢社会の日本を生き抜くためのサバイバル術といえるのではないでしょうか?

株主優待のはじめの一歩 はこちらから
働かなくても毎年、無料で豪華な商品が手に入ります

無料で届くものは食べ物がいいですか?商品券がいいですか?


これだけでいいの?株主優待の受け取り方やメリット、デメリット

ランキング