返済不要「給付型」奨学金まとめ…大学・企業・財団・自治体<2016年最新版>

5423.jpg

 日本学生支援機構によると奨学金をもらいながら大学などに通う奨学生は実に2.6人に1人の割合にのぼり、生徒・学生の学ぶ意欲を後押しする奨学金制度がどれだけ求められているかが表れている。

 奨学金制度には返還の必要のない「給付型」と返還が必要な「貸与型」がある。「給付型」には運営者別に「学校」「企業」「記念財団」「自治体」と4種類に分けられ、複数組み合わせて利用できるものもあり、進学の可能性を広げる制度となっている。内部生へ向けて学校独自に行っている制度も多く、自分に合ったものを選べるメリットもある。

 ここでは、募集人数が多いものを中心に、返済不要の給付型奨学金を紹介しよう。

◆学校
【早稲田大学】
・めざせ!都の西北奨学金
対象:首都圏以外の出身者で父母の収入が800万未満、一般入試・センター試験を経て入学する学生
内容:年額40万円を4年間継続支給する。ただし、学年ごとに家計状況・学業成績など継続判定がある。採用候補者数は約1,200人で、出願前または出願中に申し込む予約採用制度を採る。

【明治大学】
・給費奨学金
対象:学業成績が良好で給与世帯の上限が841万未満の学生
内容:年額20~40万円を単年度で給付する。募集人数は1,440人。希望者は入学後に申し込む。
※入学試験成績優秀者に給付する「特別給費奨学金」と、入学試験と同時に出願できる「入学時貸費奨学金」もある。

【立教大学】
・自由の学府奨学金
対象:首都圏以外の高校出身者で経済的理由により入学が困難な生徒
内容:年額50~70万円を毎年の申請・審査により継続受給可能で、募集人数は約500人。希望者は大学への出願期間に申請する。

 ほかには慶應義塾大の「学問のすゝめ奨学金」「慶應義塾維持会奨学金」や、青山学院大学の「地の塩、世の光奨学金」などがある。

◆企業
【公益財団法人がんの子どもを守る会】
・アフラックがん遺児奨学金(高校生向け)
対象:主たる生計維持者を「がん」で失った遺児で経済的な理由により援助を必要としていて直近の学習成績が評定平均値3.5以上の高校生
内容:年額30万(月額25,000円)を在学中の期間受けることができ、募集人数は1年生60人、2年生30人、3年生30人の合計120人。毎年11月~2月に応募、申請する。

【一般財団法人ジェイティ奨学財団】
・JT国内大学奨学金
対象:財団が指定する国公立大学1年次への進学希望者・進学者で経済的援助を必要としている生徒・学生
内容:入学金相当額30万円、期間内の授業料相当年額54万円のほか、月額奨学金として自宅生月額5万円、自宅外生月額10万円(23区在住者は12万円)、また高校推薦での内定者や自宅外生には入学一時金として30万円を給付する。募集人数は高校推薦40人、大学推薦10人の合計50人。高校推薦は6月、大学は4月にそれぞれ申請する。

 そのほか旭硝子奨学会、青井奨学会、三菱UFJ信託奨学財団なども行っている。

◆記念財団
【公益財団法人明光教育研究所】
・給付奨学金
対象:ひとり親や里親家庭、児童養護施設などに在籍しているか、保護者が病気などで就労困難な状況にある生徒
内容:1家族最大年額50万円(兄弟同時申込可)で毎年再審査のうえ、継続することができる。使用目的と希望金額を記入することで給付金額が決まる同奨学金は、使用目的に沿った領収書等の提出が義務付けられている。12月~1月末までの期間に申込む。

【公益財団法人電通育英会】
・大学給付奨学制度
対象:財団が対象とする公立高校3年生で、学業・人物ともに優秀で、経済的理由で援助を必要としており、さらに指定する大学に・学問領域に進学を希望する生徒
内容:年額72万円(月額6万)を最長4年間、加えて入学一時金として20万円を給付する。全国に150校ある対象高校から1人の推薦を募り、55人程度採用予定で、例年6月ごろに申し込む。

 そのほかアイザワ記念育英財団、石澤奨学金、岩垂育英会などさまざまな記念財団が行う奨学金制度がある。

◆自治体
 国や都道府県、地方自治体では基本的に貸与型が主となっているが、実質給付型になるものもある。
【東京都】
・東京都地域医療医師特別貸与奨学金
対象:順天堂大学・杏林大学・東京慈恵会医科大学のいずれかで「東京都地域枠入学試験」に合格した学生
内容:当該大学の修学費(全額)と生活費月額10万円を貸与するもので、順天堂大学では計2,800万円、杏林大学では計4,420万円、東京慈恵会医科大学では計2,970万円が貸付される。募集人数は順天堂大学10人、杏林大学10人、東京慈恵会医科大学5人。卒業後2年以内に国家試験に合格し、都内付属病院に臨床研修を開始するとともに、東京都が指定する医療機関に奨学金貸与期間の1.5倍の期間、従事すると返還が免除される。

【江戸川区】
・木全・手嶋育英資金
対象:本人が引き続き1年以上居住し、4年制以上の大学へ進学して学業も優れているが経済的理由で就学が困難であり、かつ同種の給付を他から受けていない学生
内容:年額35万円のほか入学金20万円を給付する。ただし、募集人数は5人と少ない。

 千葉県や茨城県なども東京都同様、私大医学部向けの奨学金制度を用意しているほか、国立大学でも同様の制度がある。経済的な困難を抱えている学生には、「学びたい」という学習意欲を後押しする制度がこのように多くの形で存在していることをぜひ知ってもらいたい。

<関連記事>

画像一覧

  • 画像はイメージです
  • 早稲田大学ホームページ
  • JTホームページ

提供元

関連記事

特集

関連記事

「奨学金」で変わる、天国と地獄

皆さんは自分が学生の時、もしくは自分の子どもに「奨学金制度」を利用したことはあるでしょうか。

最近の奨学金の話題といえば、話題になった保育園問題に対し、子育て支援事業を行うJPホールディングスが最大120万円の給付型奨学金制度を始め、
また、日本学生支援機構(JASSO)は今月、奨学金の返済が滞っている人の率(未返済率)を、大学や専門学校など学校別に公表することを発表しましたね。
どちらをみても、奨学金が大きな社会問題になっていることが分かります。

今回はそんな奨学金について、現状の説明と、返済不要の「給付型奨学金」制度を行っている大学を一部紹介します。

基本知識!奨学金のおさらい
そもそもですが、奨学金制度には2種類のタイプが存在します。
1つは「貸与型奨学金」です。
これは、独立行政法人日本学生支援機構やあしなが育英会といった公的な組織が行っているもので、学業を修了するまで月額数万円を「貸して」くれるものです。そのため、学業が修了し社会に出て就職すると、返済を求められます。しかし、利子を付けて返済する必要がないため(無利子返済)、借りた分だけ返せばよいということになります。
2つ目は「給付型奨学金」です。
これは、大学や企業が独自に行っているもので、月額数万円から十数万円まであります。学業を修了するまで「いただける」ものなので、返済義務は一切ありません。また、「給付を受けるから必ずこの進路に進め」という制約もありません。

貸与型奨学金の実情
平成24年文科省統計によれば、平均貸与月額は無利子5.9万円、有利子7.3万円。平均貸与総額は、学部生299万円、大学院生378万円です。
また、前述のJASSOによると、奨学金を返還する必要がある374万1000人のうち、3か月以上滞納している「延滞者」は約17万3000人(4.6%)。14年度末までの全体の滞納額は計898億円にも及んでいます。
さらに、JASSOの調査によると、奨学金延滞者の37.6%が申し込み手続きを終えた後も返還の義務を知らず、延滞督促を受けてから返還義務があることを知ったという人も9.8%いた。返還期限を猶予する救済措置についても、延滞者の35.7%が「知らない」と答えていたそうです。

大学を卒業した途端300万円近くの返済人生が始まると考えると、自分で借りたとはいえ生活が厳しくなるのは当然でしょう。
当然ですが、貸与型奨学金制度を利用する前にはしっかりと制度について把握しておかないと、自分で将来の自分の首を締めることになるかもしれません。

私立大学は給付型奨学金が充実している
「給付型奨学金」は親の収入要件や成績要件などを満たしていれば、4年間毎年数十万円などの給付を返済不要で受けられるので家計はとても楽になりますよね。
2016年度の受験は既に終わっているかと思いますが、2017年度に向けて志望校を選ぶ際、「給付型奨学金」があるかどうかも判断基準の一つとして持っておくのもよいでしょう。

給付型奨学金は各自治体や企業でも行っているものがありますが、今回は私立大学の2016年度向けに行っている給付型奨学金制度をいくつか紹介します。気になる制度があったら是非各大学のHP等で詳細を確認してみてください。

<慶應義塾大学「学問のすゝめ奨学金」>
要件:首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)以外の国内高等学校出身者、父母の収入・所得金額合算が1000万円未満、家族が東京・神奈川・埼玉・千葉以外に住んでいて自宅外通学の予定であること、高校の教員から推薦が得られる者 等
支給額: 60万円/年(医学部は90万円/年、薬学部薬学科は80万円/年)
      入学後1年間給付(成績や要件の審査に通れば継続給付が可能)
新規採用人数:全国合計で107名(出身地別に上限人数が定められています)

<早稲田大学「めざせ!都の西北奨学金」>
要件:首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)以外の国内高等学校出身者、父母の収入・所得合算が800万円未満 等
支給額:40万円/年 4年間継続給付(各学年で継続判定あり)
採用候補者数:約1200名

<立教大学「自由の学府奨学金」>
要件:首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)以外の国内高等学校出身者、主たる家計支持者の収入・所得金額が800万円未満、高校における全教科の評定平均値3.5以上 等
支給額:50万円/年(理学部は70万円/年) 原則4年間継続給付(各学年で継続判定あり)
人数:約500名

<青山学院大学「地の塩、世の光奨学金」>
要件:首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)以外の国内高等学校出身者、父母の収入・所得合算金額が800万円未満、自宅外通学予定、高校における全教科の評定平均値3.5以上 等
支給額:50万円/年 4年間継続給付(各学年で継続判定あり)
人数:約350名予定

<中央大学「中央大学予約奨学金」>
要件:首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)以外の国内高等学校出身者、父母の収入・所得合算金額が700万円以下、自宅外通学予定、高校における全教科の評定平均値4.1以上 等
支給額:授業料相当額半額 4年間継続給付(各学年で継続判定あり)
人数:約100名

<東京女子大学「挑戦する知性」奨学金>
要件:国内高等学校出身者、父母の収入・所得合算金額が805万円以下、自宅外通学予定、高校における全教科の評定平均値4.3以上、高校から推薦が得られる者
支給額:学納金相当額および学寮経費相当額 原則4年間継続給付(各学年で継続判定あり)
人数:約10名

奨学金制度はうまく利用すればとても便利な制度ですが、計画的に返済のことを考えないと大変な20代、30代を過ごすことになってしまいます。
将来のことを考えた上での利用や、給付型奨学金を利用するなど、賢く奨学金と付き合っていきましょう。

返済不要!難関私立大学の奨学金制度を知っていますか?

進学などで環境が新しくなる季節がやってきましたね。今はまだ関係がなくても、将来の自分の子どもの進学先について今から考えている方もいらっしゃるかと思います。

特に大学は将来の就職先にも係わってきますので、希望の大学に入れてあげたいと思うのが親心…ですが、学費の負担が大変ですよね。

かかる費用は国立か私立かで変わってきますが、例えば私立の文系に進学した場合、4年間で約1000万円近くかかります。

そんな時に強い味方なのが奨学金です。しかし、昔のように終身雇用・賃金右肩上がりではなくなってきていますので、卒業後に返さなければならない奨学金を借りるのはリスクでもありますよね。
そこで今日は、卒業後に返さなくてもよい大学独自の奨学金についてお話したいと思います。

皆さんは返さなくてもよい、給付型の奨学金の存在をご存知ですか?実は、全国からたくさんの学生が集まってくる有名難関私大では、この給付型の奨学金が充実しているのです。

特に早稲田大学にはたくさんの奨学金があります。奨学課のHPをのぞいてみると、'およそ100種類の学内奨学金はその全てが返済不要'との記述があります。なかでも「めざせ!都の西北奨学金」という制度は、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)以外の高校出身者が対象で、年間40万円の支給なのですが、採用候補者数はなんと1200人です。

他にも「大隈記念奨学金…70〜100万円/年を104名に給付」や、「小野梓記念奨学金…40万円/年を481名に給付」「校友会給付一般奨学金…40万円/年を35名に給付」など、本当にたくさんあります。

次に慶応義塾大ですが、「学問のすゝめ奨学金…首都圏以外の高校出身者に60~90万円/年を給付」、「慶應義塾維持会奨学金…50~80万円/年を給付」、「慶應義塾大学給費奨学金…20万円/年を給付」など、こちらも様々な奨学金があります。

その他には、「明治大学給費奨学金…20~40万円/年または授業料年額1/2の給付・募集人数1,440人以内」「立教大学 自由の学府奨学金…50~70万円/年・採用候補者数500人」「青山学院大学 地の塩、世の光奨学金…50万円/年・採用候補者数350人」などが有名です。

家庭の経済状況で希望の大学を諦める前に、このような返済不要の奨学金制度を一度調べてみると良いですね。なお、これらの奨学金を受給するには成績や家庭の経済状況・出身都道府県など様々な条件がありますので、興味のある方は大学HPなどをチェックしてみて下さい。

奨学金という「借金」で破綻!20年間返済可能か考えて!

 「奨学金」は、学生が勉学に励めるよう経済的に支援する大切な制度。しかし、最近は、奨学金の「滞納」や「ブラックリスト入り」といった社会問題が起きている。似たような制度として「教育ローン」もあるが、こういった制度を利用するためには、まず制度の概要や注意点をしっかり把握しておくことが大切だ。

 家庭の問題はもちろん、教育トラブルにも詳しいアディーレ法律事務所の篠田恵里香弁護士に奨学金を利用するにあたり留意したい点について聞いた。

–私立の学校に進学するに当たり、奨学金か教育ローンを借りる予定。奨学金は誰でも借り入れできますか。

 奨学金も教育ローンも、学生が就学する際の「貸与金」ということになります。ただ、「奨学金」は、(1)学生本人が、(2)毎月一定額を借入れ、(3)卒業後に、(4)本人が返済していく一方、「教育ローン」は通常、(1)学生の親が、(2)一括で全額借り入れをし、(3)就学中から、(4)親自身が返済していく、という違いがあります。

 奨学金は、日本学生支援機構のものが有名ですが、「経済的条件」や「成績」などの条件をクリアしないと利用できないという制限があります。教育ローンの場合は、「経済的条件」をクリアすれば借り入れができます。奨学金は、金利がゼロから3%程度ですが、国の教育ローンでは2~3%程度、銀行などの金融機関の教育ローンでは3%を上回る金利が通常です。将来の返済を考えると、金利の比較はとても重要となってきます。

 月々10万円の奨学金を4年間借りると、合計480万円となります。これを2%の金利で20年間返済するとなると、返済総額は約587万円となり、月額返済額も約2万4,500円と決して低くありません。借りている当初は、「多額の借金」という認識は薄いかもしれませんが、いざ返済するとなると相当な高額となっており、「滞納問題」が社会問題となっているのもうなずけます。

–子どもが将来、自分自身で返していく予定だが、払いきれなくなった場合はどうなるのか。

 実際に何十年も一定額の返済を続けるのは容易ではありません。余裕をもった返済計画を立てないと、「今月は出費が重なった」となった途端、「返済できない」状況に陥ります。

 仮に、滞納が続き返済不可能となった場合、ブラックリスト(信用情報機関の事故情報)にも当然のりますし、遅延損害金(延滞利息)も付与されます。裁判を起こされたり、「自己破産」という方法を選択せざるを得なくなったりするケースも増えています。

 自己破産すると、その後しばらくローンが組めなかったりカードが作れなかったりと、お子さま自身の生活にも大きな影響が出ます。奨学金といえども、この点は通常の「借金」と同じという意識を忘れないようにしましょう。

–万が一払えなくなってしまった場合、救済措置などはありますか。

 奨学金の返済が困難な場合は、「返還期限の猶予」を願い出る方法や、「返済金を半額に減額する」方法が用意されています。災害、傷病、経済的困窮等により奨学金の返還が困難等の要件が必要ですが、猶予や減額等の方法で支払いを継続することも視野に入ります。

 奨学金の滞納トラブルは、年々増加しているようです。もちろん、頑張っているのに返済できないというケースもありますが、「奨学金の返済」を軽視して安易な滞納に陥っているケースも少なくないようです。奨学金も法的には「借金」であり、返済義務もあります。返済計画はしっかりと余裕をもって立て、完済するように努めましょう。

 卒業後返済される奨学金は、後輩の奨学金として再び活用されます。借入れの際も、返済の側面でも、そのことを忘れず、人生設計、生活設計、返済計画を常に念頭に置いて、慎重に利用・返済するようにしましょう。ただ、計画通りにいかないのも人生です。もしも、ご自身で解決するのが難しいという場合は、弁護士に早めに相談すると良いでしょう。

篠田恵里香(弁護士)
 東京弁護士会所属。外資系ホテル勤務を経て、新司法試験に合格。債務整理をはじめ、男女トラブル、交通事故問題などを得意分野として多く扱う。夫婦カウンセラー(JADP認定)資格保有。独自に考案した勉強法をまとめた「ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた夢がかなう勉強法」(あさ出版)の執筆ほか、「Kis-My-Ft2 presentsOLくらぶ」(テレビ朝日)などメディア出演も多い。

海外留学のための奨学金~前編~

4月になりましたね。今年、新入生として大学に進学し、これからの大学生活で何をしようかと夢や希望に胸をふくらませている方もたくさんいらっしゃることと思います。

さて、今回の記事は留学のための奨学金について書きたいと思います。新入生の中には、大学生の間に留学をしたいと考えている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。もちろん社会人になってからも留学はできますが、やはり長期間の留学は難しくなることも確か。留学は、たくさんの時間があって、勉強に集中できる大学生のうちに行っておきたいと思う方も多いと思います。語学が習得できれば、就職にも役立つかもしれませんしね。

 しかし、留学にはお金がかかります。かと言って留学のためにアルバイトに精を出しすぎて学業が疎かになっては本末転倒とも言えます。

 そんな時に大きな味方をしてくれるのが‘返済不要’の奨学金の存在です。実はこの返済不要の奨学金、いろいろな団体が行っていてたくさんの種類があります。そこで、2回に渡って記事にしたいと思います。
 前編である今回は、学生の奨学金といえばここ!の日本学生支援機構(JASSO)が行っている奨学金についてご紹介します。

<1>海外留学支援制度(協定派遣)
日本の大学等が、協定を結んでいる外国の大学等に学生を派遣(留学)させる場合に申し込むことのできる奨学金です。留学期間は協定内容に基づく8日以上~1年以内で、月額6~10万円の支給となります。応募要件には成績優秀であることや経済的困難などがありますが、各在籍校(日本の大学等)にて審査があります。

<2>官民協働留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN
こちらは現在の目玉の奨学制度で、グローバル人材を育成するため、2020年までに1万人の大学生・高校生をこのプログラムで留学させることを目標に官民協働で行っている事業です。「学生が自ら定めた明確な目的と意欲的な目標に基づき立案した実践活動の含まれる 留学計画を支援する」とし、“産業界を中心に社会で求められる人材”、“世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”を育成するという観点で審査されます。費用は奨学金(10~20万円/月)、渡航費の一部(10~20万円)、学費(最大60万円)とかなり手厚くなっています。留学プランの策定が重要になってくるので、早めに準備を始めると良いですね。次回の応募期間は2016年7月~10月です。

毎日の“すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピがあります!?

日々の通勤通学などの移動時間、ランチタイム、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

多くのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見ているのだと思います。その“すき間時間”をお小遣いに換えられる!と聞いたらいかがですか?そんな魅力的な“サービスが『サーチーズ』です!

この『サーチーズ』とは、配信されるアンケートに回答することでポイントが貯まるサービス。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもできるのです。マネーゴーランドでは、みなさんが興味・関心を持っているお金にまつモノ・コトをもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。

今回はサーチーズのアンケートに答えて手に入れたポイントをAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年4月末までの限定コードとなります。

3.好きなアンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.手に入れたポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

ランキング