新入社員のための、お金が貯まる給与明細の見方

5070.jpg

手取額さえ分かればいい?
社会人になり、初めて受け取る給料には特別感がありますよね。

給料日が来たらアレを買おう、両親へプレゼントをしようと考えている人もいるかもしれません。給与は銀行口座へ振り込まれるのが一般的になり、銀行へ行けば手取額は分かるから給与明細は見ないという声も聞かれますが、それはとてももったいないこと。給与明細書にはお金を増やすヒントが詰まっていますから、ぜひチェックしてください。

「給与明細書」は、印刷された紙を受け取る場合もあれば、最近では電子配布され自分のパソコンからアクセスする場合もあります。様式も会社ごとに異なるのですが、大きくは次の3つの情報が書かれています。出欠日数や残業時間など「勤務の状況(勤怠)」、基本給や各種手当など「支払われるお金(支給)」、健康保険や厚生年金といった社会保険料や税金など「差し引かれるお金(控除)」です。

出勤日数や残業時間などを確認
「勤務の状況(勤怠)」の欄には、働いた日数や時間が記載されています。入社したばかりの頃は残業や休日出勤も少ないかもしれませんが、徐々に増えてくる可能性があるので控えを作っておくと安心です。1か月あたりの残業時間は体調のバロメーターにもなります。過労死などの健康障害のリスクは、時間外・休日労働時間が100時間/月または2~6か月平均で月80時間を超えると高まるとされています。健康は何より大切な財産ですから、自分自信でしっかり管理しましょう。

基本給だけで暮らせるように
「支払われるお金(支給)」欄には、基本給のほかさまざまな手当、交通費などが記載されています。
なかでも基本給は、勤続年数などで決まることが多く、ボーナスや残業手当のように大きく変動することはありません。そのため、この範囲内で毎月のやりくりができるようにしておけば、不景気にも強い家計になります。

役職手当や資格手当など仕事上の手当は、より責任のある役職に就いたり、業務に役立つ資格を取得したりすることで給料がアップするだけでなく自身のキャリアアップにもつながるので積極的にチャレンジしてみましょう。

必要なときにもらえるお金を知っておこう
「差し引かれるお金(控除)」の欄には、健康保険料や厚生年金保険料、税金など給料から差し引かれる金額が記載されています。これらのお金は自動的に引かれてしまうので、お金を増やすという面では関係がないように思われがちですが、イザというときにお金をもらうための“保険料”も含まれています。

例えば、健康保険には、病気やけがで働けなくなったときに現金を受け取ることができる「傷病手当金」や出産にかかわる費用が助成される「出産育児一時金」といった頼れるしくみもあります。厚生年金は、高齢になり働けなくなっても給料の代わりに年金を受け取ることができる(「老齢年金」)制度ですし、身体に障害を負ったり死亡したりしたときにも本人や家族が年金を受け取れます。雇用保険は、雇用されて働く人のための制度で、失業してしまったとき(「基本手当」)やキャリアアップのための講座を受けたとき(「教育訓練給付」)、育児休業を取得したとき(「育児休業給付」)などに現金を受け取ることができます。

こうした点に注目して、ぜひ定期的に給与明細書をチェックしてみてください。ちなみに1年間に受け取った給料や支払った税・社会保険料などの合計は、11月~12月に会社から受け取る「源泉徴収票」で確認することができます。

<関連記事>

画像一覧

  • 給与明細書イメージ
  • 時間外・休日労働時間と健康障害のリスクの図

執筆者

國場弥生

早稲田大学院ファイナンス研究科修了。証券会社勤務時に個人向けの資産運用プラン作りを行う。FP転身後は、個人相談、セミナー、書籍や雑誌・Webサイト上での執筆活動を幅広く行っている。『「外貨預金しようかな」と思ったら読む本(中経出版)』など著書多数。株式会社プラチナ・コンシェルジュ取締役http://www.pt-con.jp/

國場弥生

関連記事

特集

関連記事

マイナス金利で注目?! 外貨預金キャンペーンはお得なの?

日本銀行によるマイナス金利の影響は、私たち個人が銀行へお金を預けるときに適用される金利にも及んでいます。

さすがにマイナスにはなりませんが、もともとの低金利がさらに引き下げられて、限りなくゼロに近い水準に。もう預ける意味がないから引き出してしまおうと考える人もいるかもしれません。

そんな状況の中、預金者が逃げてしまうのを防ぐという目的もあってか、円預金の代わりに外貨預金に注目してもらうためのキャンペーンを実施する銀行が増加しています。例えば、ジャパンネット銀行ではアメリカ・ドル預金他(2カ月定期)10%、楽天銀行ではニュージーランド・ドル預金(1カ月定期)8%、静岡銀行インターネット支店ではアメリカ・ドル預金(1カ月定期)20%、といった金利上乗せキャンペーンを行っています。また、東京スター銀行やジャパンネット銀行では、日本円と外貨を交換するときに生じる為替手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。


*2016年2月22日作成

こうしたキャンペーンは、外貨預金を検討している人の背中を押してくれますが、上手に利用するための注意点もあります。例えば、20%や10%といった一見高そうな表示は“年”利率なのですが、それが適用されるのは数週間~数カ月という条件になっている場合が多いのは以前からよく指摘されるポイント。1000ドルを金利10%の1カ月定期に預けると、満期に得られる利息は100ドル(11,500円*)ではなく、その1/12の約8.3ドル(約958円*)なのです。さらに、外貨預金は預けるときと引き出すときに為替手数料がかかるので、短期間に得られる利息からこうした手数料を差し引くと、マイナスになってしまう可能性も少なくありません。

また、為替手数料が無料になるというキャンペーンについても、預けるときだけが対象で、解約して円に戻すときには支払う必要がある場合がほとんど。ちょっぴり残念ではありますが、こうした実情を踏まえてキャンペーンは”オマケ”程度と考えた方が無難でしょう。キャンペーンが終わった後もじっくり腰を据えるつもりでスタートすることをおすすめします。

*1ドル=115円として。利息にかかる税金は考慮していません。

身近になった“婚活”への意識と費用

友人の紹介や、仲人、結婚相談所といった従来からある方法に加えて、ネットを利用した婚活や自治体の婚活イベントなど新しいサービスも登場したことで、結婚相手と出会うための選択肢はぐんと広がったようです。

“婚活”という言葉の認知度が高まるとともに「私、婚活中なの!」と明るくオープンにしやすい雰囲気も作られつつあります。メディアでも「婚活の場で第一印象を高めるポイントは、ヘアは“ゆる“、顔回りにアクセサリーで”きら“、スカートで”“ふわ”」などと紹介されていたりするほど。
そんな身近になった“婚活“ですが、費用の方はどの位かかるのか…というのも正直、気になるところ。仲人、結婚相談所、ネット婚活、自治体の婚活イベント(パーティー)の相場を比較しました。

仲人は、結婚したい男女をうまく引き合わせ、結婚の準備を手伝ってくれる人のことですが、協会や連合会などの組織は、そうした全国の仲人をネットワークすることで、サービスを均一化したり引き合わせる男女の範囲の広げたりしています。お見合いをセッティングしてもらうと1回いくらと費用が生じたり、めでたく結婚が決まると費用が生じたりします。

結婚相談所は、自社の抱える会員の中から相性のよい相手を探してくれます。入会金や活動費は比較的高額ですが、サービスの内容は会社ごとに異なりますし、同じ会社であっても「シンプル」「プレミアム」などと複数の料金設定をしている場合もあります。

インターネット上で入会や登録が可能なサービスを、ここではネット婚活としています。月会費は3千円程度~と低額で、その分プロフィールの登録や自身のPR、相手を検索したり連絡を取ったりするのも基本的に自力で行うことになります。また、ネット婚活は、いわゆる“出会い系”との差別化が重要で、信頼のある会社が運営しているか、プロフィールを証明する書類の提出があるかなど注意すべき点もあります。

自治体でも、人口減少を食い止めるためや少子化対策として結婚支援を行うことが増えています。婚活パーティを開いたり、地元のPRを兼ねた農業体験や観光など内容もさまざま。自治体主催ということで補助が出るケースもあり、参加費用1千円程度~とリーズナブルな料金設定が多いようです。

*2016年1月現在、会費は月額料金

費用の低いものから高いものまでさまざまな“婚活”があり、自分の本気度やプロのアドバイスが欲しいかなどの希望と予算を考慮して選ぶこともできそうです。

オリンピックや大統領選など、ビッグイベントと為替レートの関係は?

仕事やプライベートでも、予定を立てたり、見通しを持つって大切ですよね。外貨投資の場合、国内外のさまざまな出来事を把握して見通すのは簡単ではありませんが、2016年の大きなイベントは押さえておいて損はありません。

2016年のビックイベントとしては、5月の伊勢志摩サミット、8月のリオオリンピック、11月のアメリカ大統領選挙などがあります。

サミットは、日、米、英、仏、独、伊、加の首脳が世界経済や地球規模の課題について話し合う場。議論のテーマによっては、ダイレクトに為替レートが動くこともありますし、サミットを開催する国(議長国)として準備や進行の手腕やリーダーシップは世界中から注目されます。また、開催地にもスポットが当てられるので、観光地として自然や文化をPRするまたとない機会にもなります。世界から注目されることやアジアのリーダーとして存在感を示すこと、観光地としての魅力を世界にPRすることなどは、“日本円”の価値に影響を与える可能性があります。

ブラジルでは、2014年のワールドカップに続き2016年8月にオリンピックが開催されます。立て続けに国際的なイベント招致に成功する要因は、新興国の中でも目覚ましい経済発展ですが、ここ数年経済は厳しい状況下に。ブラジルの通貨レアルも下落基調にあり、オリンピックイヤーだというのに盛り下がり感は否めません。でも、期待値が低いからこそ、オリンピックを成功させる意味は大きいといえそう。

アメリカ大統領選挙も2016年のビックイベント。すでに事実上の選挙戦はスタートしていて、今後さらにヒートアップすることが予想されます。現職のオバマ大統領は2期8年の任期を終えるため、新しい大統領が誕生することに。大国アメリカで絶大なる権限を持つことになる大統領選挙の行方も米ドルの動きと密接に関わります。

また、為替レートと関係が深いので気にしておきたいのが、それぞれの国の中央銀行が金利などを決める金融政策。通常は、金融政策を決める会議がいつ行われるかは公表されています。日本銀行の場合は、2016年1月、3月、4月、6月、7月、9月、10月、12月の予定です。

見通しが大切とはいえ、現実には、予想できないイベントが為替レートを大きく動かすことも少なくありません。突発的な天災やテロなどの悪いニュースは、第一報でその国の通貨を瞬時に、大きく下落させ、その後状況が正確に伝わることによって徐々に安定するという動きになることが多いようです。

【マネーゴーランド意識調査】2日休めば10連休!!今年のGWを有効活用せよ

2016年のカレンダーを見て気づかれた方も多いかもしれませんが、今年のゴールデンウィークはその名の通り“黄金週間”になりそうな予感。

5月2日(月)と6日(金)を休みにすれば、最大で10連休という超特大サイズの休暇が訪れます。そこでマネーゴーランド編集部では、ゴールデンウィークの過ごし方についての意識調査を独自に実施しました。

その結果によると、すでに予約済みという方は4.3%、検討をはじめている方は17.7%、旅行の予定はなしという方は42.6%、その他が35.4%という結果に。それらをふまえてさらにアンケートを進めたのが以下の内容です。予定を決めている方もそうでない方も、こちらを参考にして有意義なGWを過ごしてみてはいかがでしょうか。

●(アンケート分析1)10連休でも国内強し!
「今年のGWに行きたい(行く予定の)場所を教えてください」という設問では、国内と答えた方が76.1%もいました。有効回答数の4分の3を占める圧倒的な割合です。逆にいえば、国内は混雑、海外は狙い目とも言えるでしょう。10 連休というめったにない休暇だからこそ、海外を選ぶのもおすすめです。

●(アンケート分析2)憧れのヨーロッパ旅行を実現
今度は海外/国内それぞれの行きたい(行く予定の)地域を具体的にうかがってみました。海外とお答えいただいた方ではハワイが一番人気で、全体の約3割を占めています。次いでヨーロッパ、グアム・サイパンという結果に。なかなか行けないヨーロッパも今年のGWならいける!!と思い切った方も多いようです。

●(アンケート分析3)国内ドライブもおすすめ
行きたい地域の傾向がバランス良く分かれた海外に対し、国内での行きたい地域はみなさんバラバラ。北海道がトップの14.2%、次いで東京、沖縄と続きましたが、それ以降は全国各地の地名が並んでいます。これは日本各地にインフラが整い、電車でも車でも自由に出かけられる証なのかもしれません。国内旅行は、目的地に向かうまでのルートも醍醐味のひとつ。北海道にはいくつもの断崖をトンネルで走り抜ける追分ソーランライン(国道228号)や、これぞ北海道!! といえる景色が広がる美瑛の国道237号線などがあり、沖縄には両サイドに真っ青な海と珊瑚礁が見える全長1960mの古宇利大橋があったりと、国内の絶景ドライブルートを満喫するのもおすすめです。

●(結論)数字から見えてくること
GWを有意義に過ごすためには、他人の動向も気にしておきたいところ。国内が混んでいるならいっそ海外へ、ハワイが人気なら東南アジアのビーチリゾートへと、アンケート結果の数字から自分なりのGWの過ごし方が見つかります。目的地を決めるだけではなく、そこにたどり着くまでの過程を楽しむドライブなど、工夫次第でGWはいくらでも楽しめるのではないでしょうか。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数2,500名)

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

ランキング