社会人として誰からも必要とされる人になるための『12のスキル』

5304.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・社会人として求められるスキル

<Point>

1社会人基礎力を構成する3つの能力

2「前に踏み出す力」

3「考え抜く力」

4「チームで働く力」

【社会人基礎力講座】誰からも必要とされる人になるための12のスキル-1話-「社会人基礎力」とは?(総論)

「社会人として仕事をしていく上で、どんな能力が必要だろうか?」

新社会人の皆さんは、今、人生の新しい扉を目の前に、大きな期待と不安が入り混じった複雑な気持ちでしょう。社会に出て働くと、苦労することもたくさんあります。しかし、扉の向こうには、それ以上に充実した刺激的な生活が待っています。働くということは他人や社会の役に立つことでもあります。1日でも早く社会人に必要な能力=「社会人基礎力」を学び、身につけ、デキる社会人を目指しましょう。

【社会人基礎力とは】

では、社会が求める「社会人基礎力」とは具体的にはどのようなものでしょうか。
経済産業省では、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を「社会人基礎力」と名付けています。
さらに

  • 「前に踏み出す力(アクション)」
  • 「考え抜く力(シンキング)」
  • 「チームで働く力(チームワーク)」

の3つの能力と、それを構成するものとして12の能力要素を定義しています。

【3つの能力】

「前に踏み出す力」とは

  • 主体性
  • 働きかけ力
  • 実行力

という3つの能力要素から成ります。
目標に向かって試行錯誤しながら、自ら踏み出そうと行動する力です。
失敗しても他者と協力しながら、粘り強く取り組むことが求められます。

「考え抜く力」とは

  • 課題発見力
  • 計画力
  • 創造力

という3つの能力要素から成ります。
常に問題意識を持ち、既存の方法に拘らず課題の解決に向けてのプロセスを納得いくまで考え抜くことが求められます。

「チームで働く力」とは

  • 発信力
  • 傾聴力
  • 柔軟性
  • 情況把握力
  • 規律性
  • ストレスコントロール力

の6つの能力要素から成ります。
組織としての付加価値の創出や目標達成に向けて多様な人と協働する力のことです。
社会人になると、自分と考えの合わない人や苦手な人と一緒に仕事をすることも多くあります。
そういった人々とも上手く付き合いながら、円滑なコミュニケーションを取り、目標に向け協力することが必要です。

出典:経済産業省HPより

12の能力要素の中には、既に身についていると感じる能力もあるかもしれません。
しかし、企業側が求めているものは本人が認識しているレベルよりももう一段高いレベルにあります。

「社会人基礎力」の12の能力要素を身につけ、その能力を伸ばしていくことによって、仕事が円滑に進み、結果にも繋がっていきます。
それに伴って、周囲からの評価も高まり、社会人としての人生は豊かなものになるでしょう。

このシリーズでは、「社会人基礎力」の12の要素を「12のスキル」として、具体的な事例に基づいて、一つずつ学んでいきます。
この中には、当たり前だと感じることがあるかもしれません。しかし、この当たり前のことをきちんと身につけることができれば、あなたは周囲の誰からも必要とされる人間になれます。

1日でも早く「社会人基礎力」を身につけて、デキる社会人を目指しましょう。

※ このシリーズは、著書『わかる!できる!「社会人基礎力」講座 誰からも必要とされる人になるための12のスキル』(高橋忠寛著・ビジネス教育出版社)を一部改編しながらお伝えしていきます。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

高橋忠寛 (たかはし ただひろ) ファイナンシャル・プランナー (CFP®)

株式会社リンクマネーコンサルティング代表取締役  http://link-money.co.jp/ ファイナンシャル・プランナー(CFP®)・日本証券アナリスト協会検定会員(CMA) 上智大学経済学部経済学科卒業。東京三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)、シティバンク銀行での10年超の銀行勤務を経て、2014年9月に独立。金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。 著書『銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術』(日本実業出版社)

高橋忠寛

関連記事

特集

関連記事

新入社員ほどオトク!?運用30年で差がつく、利益が無税になる「確定拠出年金」

マイナス金利で金利がさらに下がり、銀行預金はもはや巨大な財布になった昨今。

入社したら即チェック!「確定拠出年金」の有無

企業内の積立制度や財形貯蓄に新たな貯蓄の方法として注目が集まっています。その中のひとつに「確定拠出年金」という年金制度があります。これはNISAよりも古い割には、知名度が低く知らない人も多いようです。お勤め先に、この制度があるかどうかは、すぐにチェックしたほうがよいでしょう。

会社の年金、「確定給付型」と「確定拠出型」で何がどう違う?

企業年金は、会社の退職金制度の一部で、年金形式で受け取りが選択できるものです。本人が希望すれば一時金でまとめて受け取ることもできます。
この企業年金には、将来受け取る額があらかじめ決まっている「確定給付型」と、決まっていない「確定拠出型」があります。このように言うと、将来受け取る額が決まっている「確定給付型」のほうがいいと考える人がいるかもしれません。

「確定給付型」とは

確かに、「確定給付型」は会社が積み立てて運用をしてくれるため、会社まかせで楽かもしれません。ただ、制度が変更され、将来約束された額が引き下げられることもあります。また、万一会社が破たんした場合は、約束通りに受け取ることができないということもあるのです。会社に入社して定年を迎えるまでの長い間、何が起こるかわかりません。「確定給付型」は、必ずしも安心できる制度とはいえないのです。

「確定拠出型」とは

一方、「確定拠出型」は、会社は運用の責任を負いません。毎月一定の約束した掛け金を従業員に支払うことが会社の責任です。あとは従業員が、その掛け金を運用して積み上げていくという年金制度です。ということは、自分でしっかり運用するということが必要になるため、負担に感じる人も多いようです。

お金の管理は、信託銀行が行いますので、会社に万一何かあっても積立金が減るということはありません。その意味では、安心できるかもしれません。ただ、どのように運用するかで、老後に受け取る額が大きく違ってくるため、「自己責任型の年金制度」と言われています。

運用する商品は、あらかじめ会社で決められているので、その中から好きなものを選択するという仕組みになっています。そして個人ごとに口座が管理されているため、いつでもいくらたまっているかを見ることができます。もちろん運用状況も確認できるので、目標とする運用利回りを決めて、定期的にチェックすることが重要です。

「確定拠出年金」の魅力とは?

「確定拠出年金」の最大の魅力は、税制にあります。運用でもうけたお金に税金がかかりません。ですから利息が利息を生むという「複利の効果」で、長い期間運用できる若い人ほど有利に運用できます。会社でせっかく運用する機会を与えてもらったのであれば、積極的に取り組みたいものです。

最後に、この「確定拠出型」の企業年金を採用する会社は、今では約2万社に。そして加入者も500万人を突破しています。これからは、お勤めをされている方にとっては、より身近な存在になっていくかもしれません。

社会人になったら、生命保険に入ろう!

春到来。桜も開花し、フレッシュな季節となりました。

4月になるとフレッシュマンが一斉に街にあふれます。社会人になって仕事への期待に胸が膨らむ一方で、昨今の日本経済状況をもろに影響を受けるビジネスの最前線に身を置くことになり、ウカウカしていられないと気を引き締めていることでしょう。
社会人として、仕事をして社会に貢献する第一歩を踏み出す。フレッシュマンのみなさんは、そのスタートラインに立ったところです。これからどんな人生が待ち受けているのか、それは本人の努力しだいということになります。
ところで。社会人になり、仕事をするようになったら、生命保険に加入することをオススメします。

今は、フレッシュマンでも、いずれ結婚したり、子どもができると、「何があっても家族を守りたい」という責任を感じる機会が増えるはずです。
子どもに教育を受けさせるにも、家族が安心して暮らせる住宅を手に入れるにもたくさんのお金が必要になります。元気で働いていれば、きっとそれをやりとげるために頑張るに違いありません。しかし、テロや災害などの脅威にさらされている現代において、万一若くして亡くなってしまったり、事故などで障害状態になったりしたら家族はどうなるのでしょうか。
そんなときに自分に代わって家族を守ってくれるのが、生命保険(死亡保障)です。

1回の保険料で満額受け取れる
日本では、一家の大黒柱が亡くなった際に、公的年金制度から「遺族年金」が支給されます。また、会社員の場合は、遺された家族に「死亡退職金」が支払われます。しかしその額は今の生活水準を保ったり、子どもに十分な教育を受けさせるには十分なものとはいえません。
生命保険は、あらかじめ、“万一の時にいくらもらえる”という金額(保険金額)を決めて加入し、年齢や性別などによって決められた保険料を支払っていきます。年齢が若いほど、毎回の保険料が低く設定されています。
保険のスゴイところは、仮に加入したばかりで保険料を1回しか払っていない段階で亡くなった場合でも、3,000万円など保険金を満額受け取ることができる点です。保険に加入している人みんなで支え合う仕組みだからこその保険の強みと言えるでしょう。

貯蓄がない人ほど貯められる
自分がいなくなった後、家族が安心して暮らしていけるだけの大金を、貯蓄で用意するのはたやすいことではありません。たとえば3,000万円用意しようとしたら、毎月5万円ずつ貯めたとしても50年かかってしまいます。一方、保険の場合は、自分の健康状態を告げて保険会社が認めれば、月々7千円程度の保険料を支払うだけでOKです(30歳男性、期間30年)。不謹慎な言い方ではありますが、極端な話、加入してすぐに死亡した場合、最大2,999万円もGETできるわけです。
ただし、「60歳まで」のように期間が決められた保険(定期保険)では、その間無事に過ごすと、支払った保険料(上記の例では総額250万円程度)は原則として戻ってきません。そのため、「保険は一生で住宅の次に高い買い物」とも言われます。家族を守るためには必須なものですが、保険金額をきっちり計算したり、将来、貯蓄が増えたら保険金額を減らしたりすることで、ムダな保険料を抑えることもできます。

ほんの十数年前までは、生保のセールスレディが会社内で保険の勧誘活動を行っていた時代がありました。今はありませんが、代わりにセールスレディ以上に、オンラインで情報を収集することができます。社会人になったら、自分で情報を収集し、生命保険を選択、加入することで、金融リテラシー(*)をアップすることにもつながるのです。

(*)金融に関する知識や情報を正しく理解し、自らが主体的に判断することのできる能力であり、社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送っていく上で欠かせない生活スキル。(日本証券業協会用語集より)

社会人になったら投資を始めよう!まずは経済ニュースやマーケット情報に慣れよ!

社会人になって、はじめてのお給料から投資をはじめてみようと思っているフレッシュマンのみなさんも多いかもしれません。

マイナス金利の現代では、ただ銀行にお金を預けているだけでは、いっこうにお金は増えません。むしろインフレが進み、物価が上がり続けると実質目減りしてしまう恐れもあります。
投資を始めるのは、早ければ早いほうがいいのはもちろんですが、そのためには、経済や金融マーケットの勉強も必要です。そこで、今回は投資を始める人のための、経済や金融マーケット情報への上手な接し方や勉強の進め方を紹介します。

経済情報に慣れる
「習うより慣れろ」とはよく言いますが、経済情報も同じ。まずは「慣れる」ことから始めましょう。テレビ、ネット、雑誌などから入ってくる経済情報に意識を向けることが第一歩。例えば、「株安円高」、「タックス・ヘブン」、「2大商社赤字」などのニュース。他にも日銀総裁の記者会見など、様々な情報が流れていますので、つまみ食い感覚でよいので意識して触れるようにします。

始めは専門用語などが難しいかもしれませんが、あまり気にしないこと。“情報と情報がつながりそうだな”と感じることが大事です。例えば、アベノミクスで上昇した株価が年初より下落傾向にあると円高が進むこと!この2つが何となく結びつくかな?と感じられてきます。

実は、株価と円(為替)の動きは、とても連動性(相関性)が高い関係にあります。基本的には円高が原因で株価下落が結果になる関係ですが、押さえておきたい知識です。他にも、さまざまな原因と結果の関係がありますので、「慣れる」なかで各種情報が結びついてくれば、経済や投資への興味も出てくるでしょう。

お気に入りの情報ソースを見つける
続いて、慣れてきたらテレビや雑誌などからお気に入りの情報ソースを探し、「継続」して接することです。筆者の場合、あるテレビ局の経済番組を毎朝見ていますし、好みのマネー雑誌を購読しています。「継続」することで、経済や投資の仕組みなども理解できるようになります。必要な知識も貯まっていくことが期待されます。

ただ、忙しい中でテレビを見ることは大変。録画やWebでの再放送など、フル活用します。「継続は力なり」と言いますが、続けていけば投資の判断にも自信が持てるようになります。

関心のある分野を深堀りする
さらにその先、もっと知りたいといった欲求も高まることでしょう。ネットが便利に使える時代なので、自分の手で調べて解決することは難しいことではありません。経済や投資に関するブログやサイトもたくさんありますので、それらを読んで聞けば、関心分野をどんどん「深掘り」することもできます。

投資は情報が命。その情報に馴れること、継続すること、そして深掘りすること。自分のペースで構わないのでじっくりと取り組んでいきましょう。

新社会人から投資の一歩を始めて、着実にお金を増やしていくこと。これは現代社会を生き抜く社会人の新常識といえそうです。

新社会人、給料をもらったらどう管理する?

真新しいスーツに身を包んだ新社会人をあちこちで見かけるようになりました。

初めて会社から給料をもらった時(といっても、銀行に振り込まれるんですけどね・・・)のうれしさ、よく覚えているという人も多いでしょう。私自身は最初の給料をもらった時に、今までのお礼として両親に1万円ずつ封筒に入れて渡した記憶があります。

「先取り貯蓄」という言葉も知らなかった社会人になりたての頃、食費として親に毎月2万円を渡し、残りは全部使いきるという生活を送っていた私でしたが、周囲の先輩方が社内預金や持株会にいそしんでいる姿を見て「このままではマズイ・・・」という気分に。とはいえ、何から始めていいのかまったく分からない状態でした。

今回は、当時の私のように「給料をもらってもどう管理したらいいのかわからない…」という人のために、給料を上手に管理する方法をご紹介しましょう。

●給料が振り込まれたらすぐにお金を振り分けよう
会社から振り込まれた給料は「生活費など今使うお金」「将来のための貯蓄」「その他緊急用」に分けます。「その他緊急用」とは、病気や冠婚葬祭のなど急な出費に備えておくものです。すぐに使ってしまわないように「生活費」とは別の口座で管理するようにするようにしましょう。

●毎月決まった額を貯蓄〜手取り月収の20%程度を目安に
確実にお金を貯めるにはなんといっても先取りで貯蓄すること。勤務先に財形の制度があればぜひ利用しましょう。給与天引きや銀行の自動積立などもいいですね。とはいえ、奨学金の返済がある人、一人暮らしを始めたばかりの人など、取り巻く状況はさまざま。まずは1か月の収支を確認し、無理のない範囲で始めましょう。

●お金を貯めるための目標を持とう
お金を貯める目的が老後のための資金・・・では、モチベーションはアップしませんよね。20代〜30代ならその時期にしかできないこともたくさんあります。長期の目標だけでなく、海外旅行に行く、資格を取る、一人暮らしをする・・といった近い将来のための目標があるとお金を貯めようという気になると思います。

マイナス金利の今、高い金利を期待することはあまりできませんが、ATM手数料や振込手数料の優遇がある銀行などを選ぶのもお金を貯めるための大きなポイントとなるでしょう。給料をもらったら最初に使い道を決めることで将来の備えができる上、無駄も省け、自分への投資も可能になります。

非公開: どんな自分になりたいか?憧れを見つけよう

 やりたいことがわからない、またはどんな企業が自分に合うのかわからないといった人は本当にたくさんいます。中でもまさにこれから就活を始める、といった人はまだどんな業界があるかも、またその業界がどんな仕事をしているのかもつかめていないのではないでしょうか。

 そこで、私がオススメするのは、自分の「ロールモデル」になるような大人と出会う、ということです。「ロールモデル」とは自分の憧れの対象になるような人を指します。「この人、すごくかっこいいなぁ~!」と思う人と出会うことができると、自分がどういった方向に進みたいかを考える大きなヒントになるからです。

◆自分にとってかっこいい社会人はどんな人か

 さて、あなたにとってかっこいい社会人とはどんな人でしょうか?まだそういった大人にうまく出会えてない人もとても良い機会なので立ち止まって考えてみましょう。

 「あなたにとってかっこいい社会人」、という言葉を聞いたとき、どんなことが頭に浮かびますか?

 「お金を持っている社会人」
 「仕事が出来る社会人」
 「家族を大切にしている社会人」
 「子供がいてもバリバリ仕事をしている社会人」
 「とにかく人のために一生懸命働く社会人」
 「おしゃれな社会人」
 「趣味を謳歌している社会人」

 いろんな「かっこいい社会人」が浮かぶのではないでしょうか。まずは頭で考えるだけでいいのであなたのイメージしているかっこいい社会人を言葉にしてみましょう。

◆実際に会いに行ってみよう

 頭で考えることも大変重要ですが、百聞は一見にしかず。実際に会ってみることのインパクトほど大切なことはありません。初めから自分がかっこいいなあと思う人とすぐに会えるとも限りませんので、ここは根気強くいきましょう。

 一番てっとり早い方法は、自分の人間関係の中で「尊敬できるなこの人」という人にこんな質問をしてみることです。

 「あなたの身近にいて尊敬できる社会人の人って誰かいる?」

 もし答えが「YES」なら、自分の人生の方向性を模索しているんだ、と正直に伝えて一緒に会えないかもちかけてみましょう。もし仮に社会人の知り合いがいなかったとしてもそその人が紹介してくれる人に会ってみることをおすすめします。

 そして、実際に「うおー!この人かっこいいー!」と思う人と出会うことができたら、必ず出会ったあとに「この人のどこがかっこいいと感じるんだろう?自分は。」というように自分がどこに反応しているのかを必ず振り返るようにしてください。この作業がとても大切です。

 そして、その要素が明確になったら、あなた自身もその要素を持てるようなキャリアを考えてみればいいわけです。つまり、該当するロールモデルになる社会人が多ければ多いほどあなたの向かいたい方向性やなりたい自分像は明確になります。

◆「かっこ悪い社会人」と出会ったときは大チャンス

 中には、全然かっこいいと思う社会人と会えずに「この人、ちょっと失礼だけどかっこいいとは言い難いな」という社会人の人と会うこともあるかもしれません。そんな時は大チャンス!上記と同じように「なぜ自分は、この人をかっこ悪いと感じるんだろう?」と自問自答してみてください。

 そこには、あなたの「なりたくない自分像」があるはずです。例えば、

「年収が低い」
「仕事のモチベーションがない」
「家族を大切にしていない」
「利益重視でお客さんのことを考えてない」
「上司の悪口ばかり言っている」
「通勤が遠くてしんどそう」

 こんな具合にあなたが反応する「やだなぁポイント」があるはずです。かっこいい人と出会ったときと同じように必ず何かしらあなたが感情的に反応しているところがあります。そこを明確にしましょう。

 次にやる作業はもう簡単。その逆を考えてみることです。「年収が低いってやっぱりカッコ悪いなぁ」と思うのであればあなたにとってどれくらい収入があるかというのが重要な価値観の一つなわけですし、「全然お客さんのこと考えてないなぁ・・・」と思うのであればユーザーの満足度が高いサービスを作っている企業をしっかり探すべきです。

◆とにかく会って会って会いまくる

 つまり、どちらに転んでもあなたが意識してさえいれば社会人との出会いは宝の山。たくさんの気づきをぜひあなたのキャリアに活かして下さい。そのためにはとにかく選り好みせずに会って会って会いまくることが重要。熱意と礼儀のある学生と出会うことは社会人にとっても刺激をもらえるいい時間ですから、たっぷり甘えて刺激をたくさんもらいましょう。

ランキング