【初心者大歓迎】知識をお金に変える方法!初心者にライター仕事をおすすめ

5310.jpg

このレシピを実行して

貯まる!
<材料>

・記事の執筆をおすすめする理由

<Point>

1文章は誰でも書ける

2上手い下手だけではなく個性が大事

なにかお金を稼ぐいい方法はないものだろうか。学生であれば今のアルバイトを辞めたいと感じる人もいるでしょうし、社会人であれば将来のために貯金や稼げるスキルを身につけたいと考える人もいるでしょう。

しかし、なかなか上手くはいかないもので時間や報酬を考えると自分の望んでいるほどの仕事には辿り着けない人が多いのではないでしょうか。そのような人には知識をお金に変える方法、つまり、自分の持っている知識を記事に書く仕事をおすすめします。

でも、記事を執筆した経験がないから難しいと考える人もいるでしょう。今回はそんなあなたのために、なぜライターという仕事をおすすめするのか、その理由についてお話したいと思います。

文章執筆経験は誰にでもある
生まれてからこれまで一度も文章を書いたことがないという人はいないでしょう。小学校のときの読書感想文、夏休みの日記など誰しも文章を作った経験があります。

ですから、文章を書くことが苦にならないという人にとっては、文章力が向上することもあり、報酬ももらえ、一石二鳥の仕事になりうるのです。でも、そんなライターとして仕事をもらえるほどではない!と不安に思う人は次の理由も合わせて読んでみて下さい。

文章の書き方は人それぞれ
今まで記事の執筆でお金を稼いだ経験のない人は、本当に記事の執筆でお金を稼げるのか?と不安に思われる人が多いです。しかし、記事の執筆ではスキルの高い専門的な文章を書くことよりも、読み手を引き込む文章を書ける人が重宝されます。

例えば、話し言葉で記事を書くことも一つの方法でしょう。自分の個性があふれ出す文章が書ければ、十分ライターとして活動することができます。そして、個性を出すことはそれほど難しいことではなく、記事を何度も書くことで自ずと現れてきます。難しく考えずに記事を書いてみるのも一つの手かもしれません。

時間対費用が高い
そしてこれは非常に重要な要素になります。やはり報酬が少ないとやる気も起きませんが、記事の執筆であれば人によっては時給3000円を超えることもあります。専門的な内容であれば、さらに報酬アップも望めますし、ライターとして勉強をしてみるのも一つの手ではないでしょうか。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

クラウドソーシングはフリーランスへの架け橋となれるのか?

最近ではインターネットを通して仕事をもらうクラウドソーシングで働く人が増えています。

クラウドソーシングはまさしく自由な時間と場所で働くにはもってこいであり、フリーランスになるにも一つの架け橋になる。そんな理想を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。
では、実際のところフリーランスで働くことを考えたときに、クラウドソーシングは有効であるのか?と疑問に思う人は少なくないでしょう。
そこで今回はそのような疑問を解決するために、データを見ながらクラウドソーシングとフリーランスの関係についてお話ししていきます。

クラウドソーシングで最も有名なサイトの一つとしてクラウドワークスというサイトがあります。クラウドソーシングを利用している人にはかなり有名なサイトで、アンケートやライターといった案件からアプリ開発などのプログラミング業務まで幅広い案件が存在します。
果たしてクラウドワークスのみで、どれほどの人が生活できるくらい稼いでいるのでしょうか。
クラウドワークスが2月に公開した資料によると月収20万円に到達している人は111人とのことです。
これを多いと捉えるか少ないと捉えるかは意見が分かれるところでしょう。わずかな賃金で1日8時間を超える勤務をしている人から見れば羨ましいと感じますし、世間でホワイトと言われている企業の社員から見ればひどいと感じるかもしれません。
しかし、クラウドワークスの登録者は80万人ということを考えると、クラウドワークスだけで生活できる人がごくごくわずかであることは否定できません。
もちろん登録者の中にはクラウドワークスだけで生活しようと考える人が少数派であることは間違いないでしょう。学生や主婦といった、少しの小遣いが稼げればいいと考える人も少なくありません。
しかし、それらを踏まえた上でもクラウドソーシングだけで生活することはまだまだ難しいと考えるのが一般的な考えではないでしょうか。
フリーランスで働くのであれば、自分で仕事を獲得することも必要なスキルと言えそうです。

報酬はスキルに依存しない!?クラウドソーシングで高収入を得る方法とは

ネットビジネスに比べるとクラウドソーシングは初心者が最も簡単かつノーリスクで月に数万円の報酬を狙える副業でしょう。
しかし、ほとんどのクラウドソーシングで得られる仕事は報酬が少ないと言われています。

毎日オフィスでパソコンと向かいながら作業を進め、上司にペコペコと頭を下げて疲れ切った状態で仕事を進めているのに、月の報酬が微々たるものだと救われないでしょう。
逆に報酬が高いものはアプリ開発やwebデザインなど、全くの初心者がやるには少しハードルが高いです。
ですから初心者でもできる仕事となると、受注者過多になり、報酬が安くなる傾向にあるのです。企業側としても初心者が相手だからと仕事を相場よりもずいぶんと安く発注しているように感じます。
そのような企業が増えれば、その安い報酬が相場になります。相場は簡単には変わらないので、あなたが目にする8割は本来の相場よりも安い価格であるといっても過言ではありません。
そのような中でもあなたが本来の報酬、つまり、安い価格で仕事をしないための方法についてお話しします。
この方法はスキルに100%依存するわけではありません。例え少しスキルが低くても、企業はあなたを重宝するでしょう。企業に重宝されれば報酬も上がりますし、継続的に仕事をもらうことができます。
将来のために、貯蓄を作りたい!そのような願いを叶えてくれる方法と言えます。ですから、しっかりこの方法を実践してみてください。
それは、礼儀を守るということです。

当たり前のことだと思われましたか?しかし、クラウドソーシングでは、この当たり前を守れていない人が非常に多いのです。
というのも基本的に仕事の受注者は一般のサラリーマンや学生が多いです。交渉なんてもちろん慣れていませんし、企業からのメールを返さない、返事が遅いなんてことはザラにあります。
そのような中で、言葉遣いが丁寧であり、企業への連絡をきちんと行い、きちんと仕事の期限を守る人が企業に重宝されるのです。
当たり前のことを当たり前にこなし、仕事を共にするパートナーとして信頼を構築していきましょう。

必ず稼げる!クラウドソーシングで月に5万円稼ぐために今あなたがすべきこととは?

クラウドソーシングを利用した副業で月5万円稼げるとしたら、あなたはやってみたいと思うでしょうか。

おそらく多くの人はやってみたい!と考えるでしょうし、今すぐにでも紹介してくれ!と言うもいるでしょう。
しかし、実際にクラウドソーシングで月に5万円もの金額を稼ぎ出している人は多くありません。クラウドソーシングで仕事をしている人のほとんどが、少ない収入で割に合わない仕事をこなしているのが現実です。
ですから、月に5万円稼ぐなんて専門的知識を持っていない限り難しい!と考える人が多いのではないでしょうか。

確かに専門的知識があれば月に5万円稼ぐのは容易でしょう。しかし、専門的知識がなくても月に5万円程度なら稼ぐことは十分に可能です。今回はクラウドソーシングで月に5万円稼ぐための方法についてお話しします。
この方法を実践すると、あなたの副業収入は見る見る伸びていくでしょう。今の報酬が2倍になることも普通にありえます。
それだけでなく、スキルや時間にあった仕事ができます。必死に作業をこなして雀の涙程度の報酬しかもらえない現状から抜け出すのです。
そうすれば学生の人は現在のアルバイトを辞めることもできますし、社会人であれば飲み会や同僚とのランチを心置きなく楽しむことができます。
ですから、この方法をしっかり実践してください。

それは、自分のやりたい仕事をやりたい条件で探すということです。
これだけ聞くと、わがままなやつだと思われるかもしれません。しかし、クラウドソーシングなどの在宅ワークは本来働く人にとってメリットがなければなりません。
ですから、ある程度は働き手が報酬と仕事の種類を選ぶことができるはずです。
ところが、最近のクラウドソーシングマッチングサイトなどを見ていると、企業が労働力を安く買い叩いているようにも見えます。
つまり、少ない報酬で多大な労働力を得ようとしている企業が大半なのです。全ての企業がそういうわけではありませんが、そのような企業には気をつけなければなりません。

自分の仕事は自分で探して欲しいだけの報酬を勝ち取れるように交渉していきましょう。

自由な働き方を目指して!クラウドソーシングで副業する3つのメリットとは

今やサラリーマンの5人に1人が、自分の本業以外の仕事である副業をしていると言われています。

副業の種類は週末だけのアルバイトからネットビジネスまで、幅広い副業をしているようです。その中で、最近では仕事のマッチングサイトの増加に伴って、クラウドソーシングという副業の選択肢も見えてきました。

クラウドソーシングとは簡単に言うと、ネットのマッチングサイトなどでアンケートや記事作成の仕事を引き受けて稼ぐ方法です。
以前はこのような働き方はあまり一般的ではありませんでした。しかし、その仕事の豊富さもあり、クラウドソーシングに参戦する人が徐々に増えているようです。

そこで、今回はサラリーマンがクラウドソーシングで仕事を受注する3つの理由についてお話しします。

自由な時間にできる
まず、この理由が最も大きな原因の一つとも言えるのではないでしょうか。毎日出勤するサラリーマンにとって、時間を問わずに仕事ができるということは非常に魅力的です。
仕事に行くまでの電車の中でスマホを使って仕事をする、そんな働き方も可能なのです。

どこでも仕事ができる
上記の理由と少し被るところはあるのですが、クラウドソーシングの仕事は時間だけでなく、場所も問いません。
家事の合間にやることも、通勤の途中でやることもできます。仕事内容にもよりますが、必要なのはスマホやPCなどのデバイスが一台あれば十分なのです。
そのような自由な働き方に憧れてクラウドソーシングで副業をするという人も少なくないようです。

独立のきっかけになる
今の時代、終身雇用が当たり前というわけではありません。いつ会社をクビになるかわからない、そんな思いから独立を目指す人も少なくないようです。
そのような人はいきなり独立というわけではなく、まずはクラウドソーシングなどを使って、実際に自分1人で仕事を受けてみるという人が多いのです。

将来、自分の力でお金を稼ぎたいと考える人はクラウドソーシングから始めてみてはいかがでしょうか。

クラウドソーシングで稼ぐ、良質な記事を書くポイント

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

一度やってみたいと思っていたという人から、全く聞いたことがないという人まで、知っている人も知らない人も多いのではないでしょうか。クラウドソーシングとは簡単に言うと、インターネットなどの媒体を利用することで、不特定多数の人に対して仕事をもらうことを指します。
クラウドソーシングの中には在宅ワークだけでも様々な種類の仕事があります。アプリ開発やwebデザイン、記事の執筆からアンケートまで、スキルの高い人から初心者の人まで、誰でも取り組めるのが特徴です。今回はその中でもクラウドソーシングの記事の執筆という仕事についてお話します。

クラウドソーシングの記事には金融や生活の知恵、他にもいろいろと種類がありますが、全ての記事の執筆において押さえるポイントがあるのです。このポイントが押さえられていれば、あなたには記事の執筆依頼がどんどんと舞い込むでしょう。
あなたにぜひ執筆してほしいと相手から高単価のオファーがあり、あなたは数多ある案件の中から自分の気に入った案件のみを引き受けることができます。在宅ワークという、稼げている人が少ない中でも短時間、高収入を実現することができるのです。

ですから必ず記事の執筆にあたってこのポイントを意識して書いてください。
それは、1記事に1つだけ読み手に伝えたい内容を盛り込むということです。
つまり、1記事に2つも3つも伝えたい内容を盛り込んでは行けません。読み手に伝える内容が多ければ記事として厚みが増すのではないか?と思われるかもしれませんが実は違うのです。以下の例を見てみましょう。

1. 記事の執筆は1時間以内で終わらせるべきだ。なぜならそれ以上時間をかけると自分が何を伝えたいのかわからなくなり、結果的に記事の質も下げてしまう。記事の執筆は時間をかけすぎない方がいい記事が書ける。

2. 記事の執筆は1時間以内で終わらせるべきだ。しかし、記事のスキルアップをするなら2時間書くべきだ。場合によっては3回見直すのがいいだろう。

1と2の文章はどちらがわかりやすいですか?
おそらく多くの人は1がわかりやすいのではないでしょうか。1には記事の執筆が1時間で終わらせるべきという項目しかありませんが、2には記事の執筆は1時間以内、スキルアップには2時間、見直しは3回という3つの項目が入っていて、読み手はどの情報が一番重要なのかわかりません。

1つの記事には1つだけ、その1つの内容以外については話さないようにしましょう。

ランキング