ポイントはどこへ消えた?web家計簿でポイントを守ろう!

5370.jpg

このレシピを実行して

1,000貯まる!
<材料>

・クレジットカード

・ポイントカード

・各種ポイント制度

・web会計簿

<How to>

1ポイントの有効期限はきっちり把握

2web家計簿との連携で、ポイントを失うことなく有効活用する

※リクルートカード入会キャンペーン期限制約つきのポイントを獲得した場合
新規加入で1,000ポイント獲得。期限はポイント受取り日の翌月末。
期限を把握せずポイントが失効してしまうと1,000円分の損失。
(期限を把握し使い切ると1,000円分お得。)

クレジットカードやweb予約サイト、毎日のお買い物などでコツコツ貯めているポイント。そのポイント、しっかり有効活用できていますか?

貯めることに必死になりすぎて、使うことを考えていないという人、意外に多いのでは?使うことをしっかり考えておかないと、もしかしたら、ある日突然ポイントが消えてなくなってしまうという恐ろしいことが起こるかも…。

ポイントの有効期限、把握できていますか?
コツコツ貯め続けているポイント。あれ?使ってないのに減ってる?といった摩訶不思議な経験をしたこと、ありませんか?それはおそらく、「ポイントの有効期限切れ」が原因。無期限有効のポイントももちろんありますが、有限のポイントもあるのです。例えば、1,000ポイントプレゼント!といわれて「やったー!貯めておこう。」とずっと使わずにとっておくと、いつの間にかその1,000ポイントが消えてしまっている…有効期限が切れてしまったためです。せっかく1,000ポイント使えたのに、もったいないなどの理由でそのままにしてしまい、結局使えなくなるとは、1,000円無駄にしたようなもの。有効期限はきっちり把握しておかないと損なのです。

でも、ポイントってたくさん種類があるから覚えられない!
そう、貯めているポイントは1種類だけではありませんよね。有名どころでも、楽天やTポイント、ポンタにマルイ、ぐるなびなんかもありますね。それぞれがバラバラ動いているので、ポイントが付与されても何がなんだかわかりません。キャンペーンでなくとも、通常貯めているポイントで失効するものもあるので気が抜けません。これらを自力で管理して有効的に使っていくのは至難の業。というよりも、ほぼ不可能でしょう。いちいちメモしていくのも大変です。

救世主!web家計簿がすべて管理してくれる
そこでおすすめしたいのが、web家計簿。今や、マネーフォワードやZaim、Moneytreeなど、サービスの種類は豊富。自分に合ったサービスをまずは見つけましょう。これらweb家計簿は、なんとポイントの残高や有効期限の管理を一括して行ってくれるんです。各ポイントのアカウント情報や、カード番号から連携してくれるので、正確なポイント数や期限の把握が可能になります。いちいち有効期限を入力して管理するのではなく、家計簿自体が情報を取ってきてくれるわけです。この家計簿の多くが、口座やクレジットカードなどとも連携できるので、収支算出はもちろん、レシートを撮影するだけで項目分けの家計簿を自動的に作成してくれるといったとっても便利な機能もついています。これだけ機能が揃えば、ポイントが失効してしまって損をするなんてことは防げるはず!さらにお得な生活が待っています。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

特集

関連記事

毎日の“すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピがあります!?

日々の通勤通学などの移動時間、ランチタイム、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

多くのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見ているのだと思います。その“すき間時間”をお小遣いに換えられる!と聞いたらいかがですか?そんな魅力的な“サービスが『サーチーズ』です!

この『サーチーズ』とは、配信されるアンケートに回答することでポイントが貯まるサービス。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもできるのです。マネーゴーランドでは、みなさんが興味・関心を持っているお金にまつモノ・コトをもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。

今回はサーチーズのアンケートに答えて手に入れたポイントをAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年4月末までの限定コードとなります。

3.好きなアンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.手に入れたポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

Tポイント・楽天・Pontaなどの共通ポイント、1つに絞るなら?

 ジャストシステムは21日、『共通ポイントに関するアンケート』の結果を発表した。調査期間は6月19日~22日で、アンケートサービス「Fastask」モニタの、20代~60代の全国男女500名から回答を得た。

 それによると、まず「何らかの共通ポイントを利用している」とした人は、全体の87%(435人)。具体的なサービスでは、「Tポイント」「楽天スーパーポイント」「Pontaポイント」の3種が7割台の利用者となっている。「nanaco」「WAON」の利用者は4割台で、楽天・Tポイント・Pontaが大手3サービスといえる状況だ。

 「共通ポイントを選ぶ際、一番に重視すること」では、38.4%が「使える店舗やサービスの多さ」をあげた。また「ポイントの還元率の高さ」28.3%、「ボーナスポイントなどのキャンペーンの多さ」11.3%がそれに続いてた。

 また、「ポイント提携しているかによって来店が左右される」としたユーザーは46.9%。「ポイントが貯まる商品かで購入が左右される」46.5%、「商品購入時にポイント加算額を計算する」42.6%など、4割台は商品そのものだけでなく、ポイントの状況で購買行動が左右されていた。

 「Tポイント」「楽天スーパーポイント」「Pontaポイント」のいずれかの利用者に、「共通ポイントを1つに絞るとしたらどれか」を聞いたところ、「楽天スーパーポイント」42.2%がトップ。以下「Tポイント」37.3%、「Pontaポイント」15.8%の順になった。

保険料をクレジットカード払いにして、ポイントを貯めよう

毎月や年1回口座から引き落とされるさまざまな保険料。生命保険や医療保険、自動車保険、住宅の保険などまで入れると、年間でかなりの金額を払っている人も多いでしょう。

これをクレジットカード払いにするだけで、年間数万~数十万円程度のカード利用料が増えて、その分のポイントがたまります。クレジットカード払いは、一部を除いて、多くの保険会社で対応できるようになってきました(表参照)。すでに加入済の保険でも、途中からの変更できる契約もあります。まずは加入している保険会社のカスタマーセンターに電話して、クレジットカード払いにしたいことを伝え、利用できるカードの種類や手続きの方法を確認しましょう。インターネットの契約者専用サイトから必要書類を取り寄せられるケースもあります。

いずれにしても、保険の「証券番号」が必要です。証券番号は、保険証券や毎年届く「契約内容のご確認」または、「口座振替のお知らせ」などに記載されています。カード払いができる保険会社でも、一部の商品のみを対象としているケースや、カード払いできる金額を制限している会社もありますので、よく確認しましょう。また、クレジットカードの有効期限を過ぎて、新たな期限が設定された場合、手続きが必要な会社と、不要な会社がありますので、これも合わせて確認しておくといいでしょう。

口座振替なら配偶者の銀行口座から引き落とすことも可能ですが、カード払いで利用できるのは契約者本人名義のカードのみです。自分名義のカードがなければできませんので、この点には注意しましょう。

利用店舗拡大中!電子マネーをうまく使って、ポイントをコツコツ貯めよう!

コンビニのレジで財布から小銭をジャラジャラ。意外と見る光景です。そこはやはり「サッと電子マネーで支払完了」、がスマートですよね。

しかも、電子マネーを使うことでよりお得にポイントがもらえてしまうならば、使わない手はないのではないでしょうか。そんなお得な電子マネーのポイントをご紹介します。

1. 電子マネーのメリットは?

プリペイド型電子マネーは残高がなくなる前にチャージは必要ですが、とにかく簡単でスピーディーに買い物ができます。なかにはクレジットカードと連携してオートチャージができるものもあります。それに加えてお得なポイントも貯まるとなれば、利用しない手はありません。メジャーなところだと以下のような種類があります。

・Edy(楽天)
・SUICA(JR東日本)
・PASMO(パスモ)
・nanaco(セブン&アイHD)
・WAON(イオン)

また、利用可能店舗も楽天Edyなどは40万店に迫る勢いで増えています。また、ポイント還元は、それぞれ100円で1ポイントと決まっているものから、カードや利用店舗によって異なるなど変動タイプもあります。それぞれの電子マネーの特徴を調べ、身近なコンビニやスーパーなど、まずはご自身のライフスタイルに合った電子マネーを選んでみてはいかがでしょうか。

2. 電子マネーでポイントを貯める!

普段の買い物でポイントがつく、という電子マネーのメリットを最大限に生かすにはどうしたら良いでしょうか。もしかすると電子マネー各社の特徴を理解し、自身のライフスタイルに照らし合わせてみることで、何倍も効率よくお得なポイントが獲得できるかもしれません。
多くの人が利用するコンビニやスーパー、駅ですが環境や好みによって様々なパターンが存在するかと思います。
たとえば、通勤時の買い物はSUICA、セブンイレブンをよく利用する方はnanaco
を作る、週末の買い物はイオンで、という方はWAONも作る、など。
何枚も電子マネーを持つのは手間かもしれませんが、それに見合った見返りとして各社とも還元率の高いポイント付与が待っています。
さらに、ボーナスポイントの付く日を狙って買い物をする、チャージの際にクレジットカードを利用するなどでさらにお得なポイントがつくなど、日常生活のなかでコツコツ貯めることができるのが電子マネーのポイントのメリットです。

あるデータによると、男性の23%がほぼ毎日コンビニエンスストアを利用するそうです。

また、1回の買い物額で最も多い価格帯は600円弱とのこと。単純に考えて月額およそ17,000円コンビニで買い物する人は、たとえばnanacoを利用すると170円得をすることになります。もちろん、コンビニ以外でもコツコツたまっていきますので、知らないうちにへそくりが!なんてこともあるかもしれません。

【ポイントカード】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.2

みなさま、こんにちは。作家・まんが家の歌川たいじです。
みなさまは、さまざまなお店から発行されるポイントカードを活用されてますでしょうか。面倒くさがり屋のワタクシは、ポイントカードを蛇蝎のごとく嫌っております。

個人情報を書かされるコスト、多数のカードでサツマイモみたいに膨らんだ財布を持ち運びさせられるコスト、ポイントを貯めてる店まで足を運ばなきゃならないコスト、店頭でカードを探さなきゃならないコスト…さまざまなコストを考えたら、スタンプ30個で300円オトクみたいなしょぼい特典じゃ、まったく割に合わないと思ってしまうのです。

相方のツレちゃんは、ワタクシとは正反対。財布とは別にポイントカード用のポーチを常に持ち歩き、「うたちゃんはほんとに大雑把にしか暮らせない人だよね」とダメ出しをかましてきます。

先日、ツレちゃんのカード用ポーチの中身を見てしまったのですが、夥しい数のカードの中には、すでに閉店してしまった店のカードも多数入れっぱなしになってまして、病院の診察券、ネットバンキングの暗証番号カード、印鑑登録証カードまで入っておりました。

「大雑把はどっちだッ」と、心の中で叫んだワタクシだったのでした。

ランキング