ペットのお世話に大活躍!コスパに優れた「赤ちゃん用おしり拭き」

5358.jpg

このレシピを実行して

200貯まる!
<材料>

・赤ちゃん用おしり拭き

・ペットの日用品

<How to>

1ペットの日用品を調べる

2ペット用ウェットティッシュの代わりに赤ちゃん用おしり拭きを使用する

※Amazon価格
・ペット用のおしり拭き(ジョイペットウェットティッシュ):80~90枚入り3パックで500円前後
・赤ちゃんのおしり拭き(水99.9%ふんわりおしり拭き):80~90枚入り3パックで300円前後
・・・200円の節約

新生活を機にペットを飼いだした方、新しいパートナーができて毎日が楽しくなりますね!仕事終わりに家に帰るとペットが待っていてくれるなんて、とっても癒されそうです。

ペットを飼い出して色々とペット用品を準備されているかと思いますが、正直、結構お金がかかります。特に、これからも買い続けるペットの日用品のことを考えると…。少しばかりですが、節約する方法をご紹介します!

ペットを飼うために必要な日用品
今後買っていかなければいけないペットの日用品といえば、トイレシートやウェットシート、洗剤など色々あります。どれもこれも、人用のものより若干高めのお値段なのが痛いところです。でも、可愛い相棒のため。使う量や頻度をケチるわけにはいきません。ただ、節約できるならしたいところですよね。

ペット用じゃなくてもOK!?代用品で節約できる!
ペット用のものがお高めなら、人用のもので代用できるものを探しましょう!ただ、パートナーのペットに何かあっては大変ですから、むやみに代用品を使うことは避けたほうが良いでしょう。そこで今回ご紹介したいのが、手足やおしり、汚れなどを拭き取るペット用ウェットティッシュの代用品。散歩に行ったあと、ちょっと汚してしまったあとなど使用頻度が高いものなので、結構節約になるはず。その代用品とはなんと、「赤ちゃん用のおしり拭き」!これがまた使えるんです。

どうして赤ちゃん用のおしり拭きなの?
赤ちゃんのおしり拭きをオススメする理由、それは、水以外のものは入っていないというところにあります。普通のウェットティッシュだと、アルコールなど水以外のものが含まれていたりするので、ペットの体に使用するには心配です。また、おしり拭きとあってサイズも大きく材質も丈夫。破れにくく、本当に使い勝手が良いんです。さらに注目すべきはそのお値段。ペット用のおしり拭きだと、80~90枚入り3パックで500円前後ですが、赤ちゃんのおしり拭きなら80~90枚入り3パックで300円前後。200円の違いは消耗品だと大きいですよね!これから、ペットに汚れふきはこの「赤ちゃんのおしり拭き」で決まりです!

<関連記事>

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

特集

関連記事

【ペットのおかね】初めてのワンコ!最低でも必要なもの

かわいいワンコを見て「ああいうコと暮らしたい♪」と幸せな夢を抱くこともあるでしょう。恋人や配偶者、子供と違ってペットは自分が決めればラブラブ生活を開始できるのがステキなところです。

ただし!!申し訳ありませんが上のセリフが衝動的に出てきたものだったとしたら、お互い不幸になる可能性がありますのでよーーーっく考えるべきです。考えることは以下の点です。

1:ワンコと暮らすには自分を犠牲にするべきことがいろいろある
2:悲しみがある

なんて書くと、この時点でもう「めんどくさ┐( ̄ヘ ̄)┌」って読む気なくします? もしそう思うならまだ時期じゃないのかも知れませんので、しばらくお預け…じゃなくて、飼うのをお待ちになったほうが後悔しないのではないかと思います。

では上記のポイントを少し詳しく見てみましょう。

1:ワンコと暮らすには自分を犠牲にするべきことがいろいろある
ワンコとの同居ライフでは恋人や配偶者、子供と暮らすのと同様、時間やお金、空間、精神力、体力などを割く覚悟が必要です(表参照:ワンコとの新しい暮らしに必要なリソース例)。

愛があれば「犠牲」と思わないかもしれません。けれど、同居のきっかけが「可愛らしさにひとめぼれして」とか、「他の飼い主さんとの幸せそうなようすがうらやましくて」といった場合、その期待が裏切られるとどうなるでしょう。たとえば病気になって毛並みが荒れて可愛らしくなくなったり、相性が悪かったり、しつけに失敗してうるさいとか噛むといった場合、だんだん愛が薄くなり、それらのリソースを提供するのがイヤなこと、ムダなこと=「犠牲」と感じ始める危険があります。

その結果、保護者として十分な責任を果たせず(さず)、かわいかったワンコを悲惨な目にあわせてしまうのが心配です。また、十分なリソースを割かなかった自分を責めたり、他人から責められたりして自分も不幸になり後悔する…といった流れも心配です。
そうならないためにも事前に考える期間を十分取って、毎日の生活の中でワンコに何時間割けるか、毎月いくら割けるかをシミュレーションしてみましょう。

2:悲しみがある
ちょっとしんどいことを書きます。
ワンコは子供のような存在という人もいますが、人間の子とワンコの決定的な違いは寿命の長さです。たいていの人の親は、自分が子の死を見守るとは思っていません。けれどワンコは基本、自分より寿命が短いため、自分の元で死を迎えさせる覚悟が必要です。

病気になれば毛並みが悪くなったり愛想が悪くなったりして可愛気が落ちます。あるいは飼い主の顔を見ると喜び、やせ細り苦しい中でも愛想をふりまく健気さに胸が痛くなることもあります。吐いたりトイレを失敗したりして部屋を汚します。
それでも世話をして自分の手元から命の火が消える日を、悲しみや行き届かない申し訳無さを抱えて耐える覚悟が必要です。

ワンコとの暮らしは、結婚と違って相手が「はい」と言わなくても開始できます。でも、覚悟のレベルは結婚式のキーワード「病める時も健やかなる時も…」のレベルが不可欠です。

ワンコを初めて迎えるための「お金」のことを書く予定だったのですが、軽い気持ちで飼い始めるのは絶対に避けて欲しいので、今回はリソースの項目と内容の例に絞りました。
次回は、同居始めに必要な物とお金について。

ペットと始めるひとり暮らし! ゲージをDIYして、コストと時間をセーブしよう!

社会人となって、憧れのひとり暮らし。ペット好きにとっては、ひとり暮らしになっても、ペットといっしょに過ごしたいですよね?そこで今回は、ペットといっしょに快適に過ごす方法をお伝えします。

意外と高いゲージ! DIYすれは半額以下に
ひとり暮らしの小さな部屋であっても犬にとっては自分の部屋であるゲージが必要です。でもゲージって意外と高いんですよね。最も安いのであれば5,000円以下で購入することもできますが、折り畳みタイプのものだったり、ある程度の大きさなどを求めると1万円~3万円程度かかってしまいます。
そこで、コストを抑えたいなら、ゲージをDIYで挑戦するのはいかがでしょうか?それも100円ショップのアイテムを使うとかなりお安く、手軽にゲージをゲットできます。

100円ショップで購入する3つのマストアイテム
100円ショップでゲージをDIYするには、まず以下のものを購入します。
1.ワイヤーネット
2.結束バンド(ジョイント)
3.補助アイテム

●ワイヤーネット
「ワイヤーネット」ですが、数種類のサイズを使うので、例えば「62×29.5cm」、「54×19cm」程度のサイズのものを購入しましょう。また、実は色やデザインもいろいろありますので、シンプルなモノ、デザイン性のあるものなど趣味に合わせて購入しましょう。なお、ワイヤーネットはメーカーによっては表面がビニールで被服されているケースもあります。犬がかじった際、汚くなってしまうこともありますので、表面がステンレス製のモノがおすすめです。

●結束バンド(ジョイント)
結束バンドも、DIYには必須アイテムです。また、ワイヤーネット同様、長さ・太さ・色など様々ありますので購入の際にはぜひ検討ください。また、結束バンドのほか、ワイヤーネット専用のジョイントと呼ばれるものもあります。内側に溝があり、そこにワイヤーネットを挿入することで丈夫にワイヤーネットの接続をすることができます。

●補助アイテム
また、ワイヤーネットの補助アイテムも売っています。ワイヤーネットをいくつか繋ぎ合わせるとまっすぐにならず、くねくねと曲がってしまうこともありますので、補助アイテムで補強しましょう。ケージの上には毛布などを置くこともあります。そんな時にも補助があれば強度的に安心ですね。

床には、こちらも100円ショップで売っているクッション性のシートなどを置くようにしましょう。また、サイズにもよりますが、カバーを上からかけてあげることで、ペットが安心して眠れる空間を作ることができます。

愛犬のためのゲージは手づくりするれば、デコレーションなどもお好みのスタイルにでき、よりペットとの一体感も強まります。そして浮いたコストは、いっしょにお出かけするときのための貯めておく。それは、ペットと有意義な時間とお金の使い方と言えます。

気になるペットのにおい…お金をかけずにきれいさっぱりにおいを消す方法!

日ごろの疲れを癒してくれたり、安らぎを与えてくれるペット。

一人暮らしの寂しさもペットがいることで紛れたりしますね。でも、ペットを買うのにもお金はかかるもの。お食事やお風呂。一緒に生活する家族と思えば気にならないかもしれないけれど、ペットの臭いも実は気になるもの。ペットの臭いを消すために、消臭剤を定期的に購入している方も多いのでは。今回はそんなペットの気になる臭いを、お金をかけずに消す方法をご紹介したいと思います。

1. お部屋の換気を小まめにして、空気の流れを作る
お部屋の中で一緒にペットと暮らしている方で、ペットのおトイレやカーペットやカーテンに染み込んだ臭いが気になるという方も多いと思います。ペット専用の消臭グッズも多いので、購入されている方は多いと思いますが、やっぱり臭いのもとから抑えておきたいものです。

ペットの臭いのもとは、体の表面で雑菌が繁殖することが原因です。そのため、日ごろのシャンプーで雑菌の繁殖を防ぐことは欠かせませんが、お部屋に充満した雑菌を換気して外に出すことも大切です。そのため、なるべくお部屋を換気して空気を入れ替えることで、雑菌を外に出しておくことをおススメします。

2. 重曹を使ってお金をかけずにお部屋の臭いをとる
ペットの臭いがしみこんでしまったカーペットやカーテンの消臭は、家にある重曹を使うことで安く済ませることができます。直接重曹を振りかけてこすって、1時間くらいたったら掃除機で吸い取ると、消臭剤と同じように消臭効果があります。また、空き瓶などに重曹を入れておくことで、お部屋に充満した臭いをとる効果もあるので、お出かけなどで家を留守にするときなど、換気ができないときなどは、重曹を消臭剤代わりに使って節約することをおススメします。加えて、ペットのおトイレの臭いにも重曹は効果を発揮します。ペットシーツに重曹を振りかけておいたり、猫用の猫砂に重曹を混ぜておくだけで効果があるので、ペットトイレの消臭にもおススメです。

新しい家族の一員!節約しながらペットを迎え入れる方法

犬や猫などのペットは、家族の一員という方も多いのでは。言葉が直接通じない分、人間同士とはまたちがったコミュニケーションをとれることもあります。ただ、血統書付の純血種は高い!数十万円することもざらです。

今回は、おうちにペットを迎え入れる際の節約ワザを紹介します。

■ちょっと大きくなった子を狙う

ペットショップでは、やはりかわいい盛りの赤ちゃん猫や赤ちゃん犬のほうが高く売れるようで、少し育った子は同じ種類でも値引きされていることがあります。小さすぎる子は病気のリスクも高いので、こういう子を狙うのも手でしょう。また、売れ残って育ちすぎた子は殺処分されるという話もあるようです。

ただし、生後半年の犬や猫というと、人間では幼稚園児くらい。ある程度しつけや性格も形成されているので、人になつきにくかったり、トイレなどを覚えさせるのに手がかかったりすることもあるようです。

■欠点は愛嬌と割り切る

純血種の犬や猫には、柄の出方や顔つきなどに一定の決まり事があり、それを外れると少し安くなることがあります。ちょっと鼻がつぶれている、目が離れている、柄がきれいじゃない……など、理想通りの姿じゃなくても、かわいい子猫や子犬であることに変わりはありません。繁殖用に購入するのでなく、単に家庭内の一員としてかわいがるのであれば、ちょっとブサイクでも、欠点は愛嬌だと割り切れれば、そういう子を手に入れるのも一つの方法です。

ただ、あまりに安すぎたり、悪質なペットショップから購入したりすると、ワクチン接種がされてなかったり、遺伝性の病気や手足に障害をもっていることもあるようです。気を付けましょう。

■愛護センターや保健所から引き取る

血統にこだわらないのであれば、この方法が一番安くペットを引き取る方法です。人間の都合で殺処分されるかわいそうな子を減らすためにも、ぜひおすすめしますが、団体によっては飼い主に独自の基準を設けており、一人暮らしやマンション住まいでは譲り受けられないこともあるようです。

じつは結構水を使うペット。節水の工夫をしよう!

ペット関連の節約術で実はあまり関心を寄せられないのが、実は、水道料金
です。ペットを飼うと、実はお風呂やお食事、洗濯するものが増えたりなど、
いろいろなところで水の料金がかさんでくるのです。

 そもそも、国土交通省の調べによれば、家庭用水の使い方は、トイレ(28%)、風呂(約24%)、炊事(約23%)、洗濯(約16%)といった洗浄目的が大半を占めていおり、汚れを伴うペットとの生活で水道料金が増えることはある種必然といえるでしょう。しかしこれらをうまく節水できれば、水道費の節約になるとともに、地球環境にも優しい生活が送れるのです。

1.「節水コマ」「シャワーヘッド」を利用する

 初めにお勧めするのは、「節水コマ」です。これは、蛇口内部に取り付ける
ゴム製などのパーツで、取り付けることで、蛇口の半開時に、水の流出量を5~10%程度、開度によっては、最大で約50%の節水効果があります。ペットと
の生活では、ついつい蛇口が半開時になってしまうことがありますので、そう
いったことを回避するために使いましょう。

 前述の国土交通省によれば、一人一日平均水道使用量は約250リットルです。これが半分になれば、1リットルあたりの単価を0.24円とした場合、一日30円の節約。一月にすれば、900円の節約につながります。節水コマは、主にホームセンターなどで100円程度から入手できます。また、東京都水道局の営業窓口などでは、無料で配布していますので、積極的に利用しましょう。

 また、通常のシャワーヘッドを、「節水シャワーヘッド」に取り替えれば、
お風呂場でも節水コマと同様の効果を得ることができます。ペットのお風呂で
シャワーを10分使った場合、約100リットルの水を消費することになります。

2.大事なのは普段の心がけ

 もちろん、こうした道具を使って節水することも大事なのですが、一番大事なのは普段からペットと暮らしつつ、節水に対する心がけをもつことです。
 犬のお風呂ひとつとっても、30秒間水を流しっぱなしにしただけで、6リットルもの水を消費することになります。こまめに止めたり、コップを利用するだけで、50%以上の水を節約できます。

 また、ペットのお風呂のために、人間のお風呂の残り湯の再利用なども行え
ば、一月の水の使用量をかなり減らすことができ、結果水道料を大きく節約す
ることができます。

2015.5.13更新

ランキング