女子会は休日昼にセット!だってデイタイムがお得なんです!

このレシピを実行して

1,000貯まる!
<材料>

・レストランのランチプラン

・カラオケのデイタイム価格

<How to>

1女子会はランチタイムにする

2カラオケに行くならデイタイムを利用

※レストランDining DEUX MIL/東京ドームホテルの場合(OZmallで調べた最安値プランより)
・ランチプラン
【OZ限定3,800円★スパークリングワインなど選べるドリンク付き】
ホテルレストランでデザートワゴン付き全4皿ランチ(土日祝)
・ディナープラン
【OZ限定4,800円★スパークリングワインなど選べるドリンク付き】
東京ドームのライトアップを眺めながら 全6皿のフレンチコース
結果、1,000円節約に。

5324.jpg

新年度が始まり、歓迎会や懇親会と何かと集まりの多いこの時期。

平日は仕事や付き合いなどでクタクタ…。せっかくの休日ぐらいは、友人と楽しくゆったり過ごしたいですよね。しかし金曜日の夜に飲みに出かけたり、カラオケに行ったり、シメにラーメンなんか食べちゃったりすると、出費がとんでもないことになんて経験ありませんか? そこでオススメなのが、ハナ金はぐっと我慢して、休日のお昼間に楽しめば、出費をかなり抑えることができます。

休日は夜よりも昼に集まろう!女子会はランチタイムに!
仲の良い女友達と近況報告をしたり、恋バナをしたりとっても楽しい女子会。夜におしゃれなダイニングで、なんてことが多いと思いますが、思い切ってランチやティータイムに開催してみてはいかがでしょう? 「でも、やっぱりお酒も飲みたいじゃない?」という場合も大丈夫です。ランチタイムにお酒を提供しているお店は、意外と多いんです。1~2杯のアルコールドリンクがついた女子会向けコースなどがあり、価格はおよそ3,000円前後。しかも居酒屋ではなくホテルやおしゃれなフレンチレストランなどで飲めちゃいます!ディナータイムだと、同様のものでも5,000円前後の価格帯になってしまうので、ランチが絶対お得です。

カラオケに行くならデイタイムに
カラオケで熱唱してスッキリしたい!友人とわいわい楽しみたい!そんな方は、デイタイムにカラオケに行きましょう。なんと、ナイトタイムの半額以下で楽しめるお店もあるんです!フリータイム+飲み放題付きプランでも、デイタイムならナイトタイムの半額程の価格が設定されています。さらに、ナイトタイムよりデイタイムの方が、混雑が少なくスムーズに入店できる確率が高いです。カラオケに行きたいのに、満室で何店舗も回るなんて、時間がもったいないですものね。

時間を変えるだけで半額以下になることも!
何かと集まりの機会というのはとかく夜が多いものですが、お昼間にするだけでこんなに費用が節約できて、かつ楽しめるなんて、もっと早く気が付けば良かった!と思いませんか?デイタイムの会合が終わると、そのあとの時間も活用できてこれまた良いことづくしです。
今度の女子会や友人との遊びは、ぜひお昼の時間帯を提案してみましょう!

画像一覧

執筆者

みなみめぐみ (みなみ めぐみ)

大手雑誌社勤務後、フリーに転身。 旅行の国家資格を持つ。美容、トレンドから旅行、観光関係まで幅広くカバー。

みなみめぐみ

関連記事

関連記事

ランチタイム割引やシーズンオフ割引も!ビアガーデンを安く楽しむ

夏といえばビアガーデン! ビールは一年中おいしいものですが、屋外で飲むと、蒸し暑いはずなのになぜかよりおいしく感じるものです。

でも、ビアガーデンって、飲み放題&食べ物で、けっこう高くついてしまう……と思う方もいるかもしれません。今回は夏のビアガーデンを楽しむ節約ワザを紹介します。

1.ランチタイムを利用する!
ビアガーデンに行くというと、仕事終わりや週末の夜というシチュエーションが多いかもしれません。なので、「昼からビアガーデン?!」と不思議に思うかもしれませんが、実はランチタイムに飲み放題を実施しているビアガーデン、けっこうあるんです。

夜であれば飲み放題3000円~のところ、ランチタイムであれば2000円~と、1000円安く楽しめます。また、休日限定で、ランチのコアタイムをはずして、飲み放題&ブッフェとして安く提供しているところもあるようです。
平日昼のビールは、サラリーマンにはなかなかハードルがきついですが、週末や休みのときなら楽しめるかも?

それに、昼から飲むビールってなんか特別感があって、よりおいしく感じませんか?「昼からビアガーデン」にもぜひチャレンジしてみてください。

2.さくっと飲みで利用する
利用時間によって、飲み放題の金額が違うビアガーデンもあります。例えば、3時間の飲み放題と料理付きで2500円のところ、2時間なら1900円など。
ふつうの居酒屋の飲み放題コースなら、2時間というところがほとんどですから、時間の短いコースにしても、「飲み足りない……」ということはほとんどないでしょう。サクッと短期決戦で楽しめれば、節約にもつながります。

3.時期をずらして利用する
ビアガーデンの季節と言えば、暑さがもっとも厳しくなる7・8月というイメージがありますが、節約のためにはあえて時期をずらすという手もあります。
ビアガーデンの中には、オープンしたての5・6月と、シーズン終わりの9月には、繁忙期より安い料金で楽しめるところもあるようです。
シーズンをずらすと、ちょっと肌寒かったりするかもしれませんが、節約のためと割り切って、上着やひざかけを持って参戦してはいかがでしょうか。

本当にお得なの?よく本屋で見かける『ランチパスポート』とは

全国41都道府県で発行されている「ランチパスポート」をご存じですか。

ランチパスポートがあれば、通常700円以上するランチが、ワンコインの500円で楽しめて、とってもおトク。ランチと銘打っていますが、ランチタイム以外や週末の利用が可能な店もあります。

今回は、おトクなランチパスポートを利用して、秋ランチを楽しむワザを紹介します。

1.1冊買って、2〜3回利用すればモトがとれる!
「ランチパスポート」は、出版不況の中でも快進撃を続ける新タイプのグルメ本ということで、注目を集めています。

もともとは、高知のタウン誌出版社が考案したもので、現在ほかの地域で発行する場合は、考案元に使用料を支払うシステムになっています。

仕組みはかんたんで、ランチパスポートの本を1冊1000円程度で購入すると、掲載されている店でランチの割引が受けられるというもの。有効期限は発行から3ヶ月間で、同じ店で使える回数は3回まで。期限ギリギリに購入すると、使い切れない可能性があるので注意。「パスポート」という名称でわかるように、使用は本人に限られ、使い回しはできません。

公式サイトによると、700円以上するランチが500円で食べられると書かれているので、3ヶ月間で2〜3回利用すれば、本を購入した場合のモトがとれてしまいます。かなりおトクだといえるでしょう。

2.ランチパスポートを利用するときの落とし穴に注意!
おトクなランチパスポートですが、利用するときには注意すべき点もあります。たとえば、利用時間。掲載されている店の中には、利用時間を平日限定にしていたり、ランチのピーク時間である12時台を外して、13時すぎから利用可能としている店もあります。また、ランチパスポートの対象となるメニューを数量限定にしていて、せっかく行ってもお目当てのメニューが食べられないということも。とくに、会社やママ友会など複数人でランチに行っても、全員分のメニューが用意できないとなったら気まずいですよね。

既存のランチメニューから、ランチパスポートの対象メニューを決めている店がほとんどのようですが、中には最初から500円専用メニューとして準備したものを提供している店もあり、お得感がぜんぜんなかった……なんてこともあるようです。

ランチパスポートの掲載店のなかには、もともととても美味しくておトクなのに、立地条件が悪くて集客できていなかったという店もあり、「隠れ家」的に利用していた常連さんの中には、「ランチパスポートに掲載されたせいで混んでしまい、利用できなくなった」という不満をもつ人も少なくないようです。

1年の始まりにお得にちょぴり贅沢!美味しいけど高い飲食店はランチで利用!

1. ミシュラン星付きなのに千円台?!人気ランチ

2008年よりミシュラン一つ星のお店となっている人気店「銀座 うち山」。夜の予算は20000円台という高級店です。
でも、人気の鯛茶漬けランチならなんと1500円台。この値段でミシュランで星が付いたお店の料理を楽しめるのはうれしいですよね!!
鯛茶漬けは、新鮮な鯛の切り身にたっぷりと胡麻だれをつけて、それをご飯に乗せていただきます。そのあと、薄めの煎茶をかけて、さらさらとお茶漬けに。濃厚な胡麻だれはさすが本物の味です。

2. 中華の高級食材2つを1500円で味わう!「全聚徳」銀座店のランチ
中華の高級料理の代表といえば、ふかひれと北京ダックです。これを1500円台でおトクに味わえる高級中華料理店のランチがあるんです。
1864年に中国北京で創業した北京ダックの名店、全聚徳の銀座店では、ふかひれそばと北京ダックがついたランチセットを平日1500円、休日は水餃子つきで1900円で提供しています。
また、中華の一品料理2品が選べるランチセットも1500円。この値段で、本場の北京ダックや中華料理がゴージャスな内装の店内で味わえます。

3. オバマ大統領も舌鼓!ミシュラン3つ星のすし店ランチ
オバマ大統領が来日時に来店したことでも知られる銀座のすしの名店「すきやばし次郎」。その名声は海外にまで響き渡り、アメリカで「Jiro Dreams of sushi」というドキュメンタリー映画が作られるほどです。ミシュラン3つ星だけあって、ディナーは3万円からという超高級店ですが、この店からのれん分けを許されたのが「すきやばし次郎 豊洲店」です。「すきやばし次郎」で10年以上修業したご主人が経営しています。この豊洲店では、ランチは25食限定で、1.5人前1300円というメニューがあるんです。
玉子やガリが市販だったり、それ以外もサービスメニューならではの要素がいろいろあったりと、もちろん本店の味とまったく同じとはいかないでしょうが、名店のエッセンスを味わいたい!という方にはおすすめです。

贅沢なランチは1,200円以上!〜みんなのお金に関する境界線 Vol.2〜

世の中の人のお金への接し方を明らかにする企画「みんなのお金に関する境界線」、第2弾のテーマは「身近な食」ということで3つの質問と結果を用意しました。

〜これまでのシリーズ〜
Vol.1「相手に気を使わせないプレゼントの値段は、5,000円以下!

あなたがコンビニエンスストアのお弁当で”高い”と思う金額を教えてください。

コンビニ、正式名称「コンビニエンスストア」、「便利なお店」という名の通り、24時間営業、しかもなんでも揃うということで多くの人に利用されていることから、これでもかと新しいコンビニが立ち上がっていますよね。

そのうち髪を切ったり、バーベキューができたり、下手したら専門医がいたり、行政機関も入ったり、など全てが集約されてしまいそうなくらいの勢いがありますね。もうちょっとした町ですよね、そんなコンビニ。弁当にも力を入れていて、「当店で作ってます!」だったり「超有名シェフ監修」など、もう宝箱状態、いつかはコンビニくらい引き出しのある人間になりたいと思っています。

1位は「500円以上~600円未満」で35%、2位は「500円以上~600円未満」、続いて「400円以上~500円未満」という結果になりました。400円〜600円でおよそ72%となっております。

と考えると、もし奥さんに「弁当買ってきて!」と言われたら、600円以上のものを買って帰ると、「うちの旦那さん素敵!」となるかもしれませんね。

気になる贅沢なランチの値段は?(次ページ)

おどろき倹約術も…大学生のランチ代は月6千円

 就職ジャーナルは大学生に1か月の昼食にかかる費用を聞いたところ、平均額は6,247円となった。また、女子学生より男子学生のほうが約1,500円高いことがわかった。倹約をするために弁当を持参したり、安い店に行くなどの工夫もあるようだ。

 就職ジャーナルは、「社会人デビュー」のための情報を発信するサイト。毎週テーマを決めてさまざまな調査を行っている。今回は1か月の「ランチ代」について、大学1年生179人を対象に聞いた。

 ランチ代でもっとも多かったのは、10,000円~19,999円で20.1%、ついで多かったのが2,000円~3,999円で17.9%、4,000円~5,999円が15.6%だった。全体でみると約7割が10,000円以内になっており、0円と回答した大学生は8.4%いた。また、20,000円以上と回答した大学生は7.3%いた。

 属性別にみると、女子学生の5,629円に対し男子学生は7,086円と高くなっている。また、理系学生の5,644円に対し、文系学生は約1,000円高い6,600円となった。

 学生は、「学食が安くなる曜日を必ず利用する」「家からおにぎりを持参してコンビニエンスストアで買うのはパン1個にする」「ごはんを大量に炊いて弁当用に1回分ずつ冷凍する」などの倹約を心がけているようだ。なかには、学食でライスと大根おろしのみを注文し、無料の天かすとノリをかけ、無料のみそ汁と一緒に天丼気分を味わうという女子学生もいた。

ランキング