格安スマホで注目の「イオンスマホ」の月次明細を公開します!

5534.jpg

 格安スマホ「イオンスマホ」に変えてから1ヵ月が経過し、請求額が決定したようだ。

 イオンスマホ購入の時に、筆者は端末料金を24回払いにしている。よって、2,016円の請求がイオンからやってくる。この他に、SIMのプランを提供しているBiglobeからコース料金プラス通話料が発生する。通話はめったにしないので気にならないが、こちらは1,870円。端末分割料金と合わせて合計で3,886円だ。

 ちなみに1,870円の内訳は以下のようになっている。

3月
ベーシックコース 月額基本料金 200円
BIGLOBE LTE・3G ライトSプラン 月額利用料 1250円
BIGLOBE LTE・3G 月額利用料値引き -500円
BIGLOBE LTE・3G ユニバーサルサービス料 2円
2月
BIGLOBE LTE・3G 音声通話料(国内宛て) 80円

 一方、これまでのNTTドコモの請求額は以下の通り

2015年12月 8256円
2015年11月 8105円

 これをある月の内訳で見てみると

基本使用料 743円
パケット定額料など 5700円
その他ご利用料金など 1082円
消費税相当額 602円
合計 8127円

 大体8100円かかっていることが多いようだ。もし、イオンスマホは端末料金を先に全額支払っていれば、月々1,870円しかかからないことになるのだろうか?圧倒的な金額の違いである。

 なお、筆者の契約しているイオンのプランはライトSプランで通信速度制限は6GB(最大12GB)までかからない。多い日で447MBで、前月繰り越しデータ量と合わせて4月は12GBとなっている。

画像一覧

  • 格安スマホサービスを展開するイオン
  • WAONアプリが入っている
  • 【レポート】格安スマホ「イオンスマホ」の明細公開

提供元

関連記事

関連記事

スマホユーザーは今こそSIMフリーに踏み出すべきか

先週はスマホ料金について大きな動きがありました。

一つは、ソフトバンクがいち早く「2年縛り」の撤廃の正式発表。3年目以降、契約解除料のかからない新料金プランを提供することを発表した。そして17日、KDDIと沖縄セルラーも、契約から3年目(25か月目)以降、契約解除料(9,500円)が発生しない「新2年契約」プランを発表しました。

二つ目は、ワイヤレスゲートによるSIMカード「ワイヤレスゲートSIM FON Premium Wi-Fi」の発表。今回発表された商品は、LTE通信は全プランが通信容量制限を設けない“使い放題”で提供され、価格についても業界最安値水準をうたった点が特徴。月額利用料金については、音声付プランが2,980円、SMS付のWi-Fiデータ通信専用プランが1,880円、SMSなしのプランが1,680円になるそうです。

日ごろから携帯料金に対して関心を持っていた方だけではなく、今回の発表により「SIMフリー」に興味を持ったり、その存在を知り、自身のスマホ料金を見直してみようかと考えた方も多いのではないでしょうか。

MMD研究所の調査によると、大手3社の利用者の平均支払額は月額7,433円、格安SIMのユーザー平均支払額は月額2,067円と、大手キャリアは格安SIMユーザーの3.5倍もの金額となっているのです。毎月にかかる差額がおよそ51,000円違うわけですから、年間で6万円、キャリアの契約が終わる2年間では12万円もの差があります。

ここで分かるように、おそらくキャリアからSIMを変えるとおそらく殆どの人が月々のスマホ代を安くできることとなり、「とにかくスマホ代を安くしたい!」という方は格安SIMを利用するのがお得という判断になると思います。

SIM変更による安さの理由は、安価な料金プランを提供する通信会社の、いわゆる「格安SIM」が使える為。端末はそのまま、携帯電話会社の制約を受けることなく、より安い他社に乗り換えられるわけです。

SIMカード販売には、今回のワイヤレスゲート以外にもOCNやIIJといった情報通信大手はもちろん、楽天やDMM.com、イオンなど大手企業も次々に参入して、価格競争も激しくなっています。現在1,500円前後〜のプランが主流ですが、中には月額利用料0円のプラン(注2)もあり、必要な容量や通信速度に合わせて多様なプランから選ぶことができます。

格安SIMは、必要な通信容量に合わせたプランを選びやすいので、無駄にしがちな定額プランの容量や無料通話に払っていたぶん、節約できるのです。ただし、いわゆる「2年縛り」の契約が残っている端末には解約金が必要な場合もあり、SIMロック解除によって補償内容が変わる場合もあるので、事前に今の契約内容をよく確認しましょう。

しかし、これほど毎月の金額差があるのであれば断然格安SIMに切り替える方がいいではないか!と言われると一概にイエスとは答えられないようです。それは通信速度や、キャリア契約ではできていたことがいくつかできなくなる場合があるなど、自身の用途に合わせて判断する必要があるからなのです。

そしてもちろん、まだまだ今のままで十分、スペックも問題ないという方は無理に今急いで買い換えない方がよいかもしれません。この春から、引き続き大きな料金体系の見直しがあることとが予想されるため、その内容を待って、自分の中での優先度を決め各社のサービスを比較して選ぶのがよいのはないでしょうか。

【毎月のスマホ代が高いと思う方へ】格安らくらく「SIMフリー」のすすめ

■スマホ代の「負の連鎖」を断ち切れ!
どーも、スマホ捨てたい歴6年目のザ・アナログ人間、キタマチです。黒電話と手紙だけで生活するのが老後の夢です。

…とも言っていられないのが、現代人の悲しいさだめ。スマホ、いつの間にやら必需品になっちゃいましたねぇ。

さて、スマートフォンといえば、何より頭が痛いのが毎月の利用料金ですね。複雑な料金プラン説明で「まあ安くなってる、のか…?」と思いきや、どっこい請求書が来るたび「こんなに使ったっけ…」と天を見上げるばかり。機種変のたびに「今度こそ安くなるはず」と思いきや、また請求書を見ては憂鬱になる、を繰り返したものでした。

2年前までは。

実は2年前、頭痛の種だったスマホ料金が大幅ダウン。思い切ってSIMフリーのスマホに変更したのです。
たとえば先月の私のスマホ代は、なんと800円(注1)。この金額、私が全くスマホを利用しなかったわけではなく、「格安SIM」の利用料金は1,000円〜3,000円程度に収まるプランがほとんどで、利用状況によっては0円でOKというプランまであるのです。

■そもそも「SIM」とは?
「SIM」とは「SIMカード」の略称。スマートフォン端末の機械に入っている通信用のICカードで、電話番号や契約情報が記録されてるちっちゃーい部品。SDカードと同じく、ユーザでも取り外し可能です。
しかし、携帯電話を契約するとSIMカードを入れ替えできないようロックしてあるのが一般的。これが「SIMロック」の状態です。

■「SIMフリー」とは?
さて、その「SIMロック」が解除された状態を「SIMフリー」といいます。実は現在、一部の端末を除けば、ショップに行けば、3,000円程度の手数料でSIMロックを解除してもらえる場合がほとんど。むろん合法ですので、ご安心を。
iPhoneのように初めから「SIMフリー」のモデルが販売されていることもありまますし、中古市場も充実してます。
この「SIMフリー」状態の端末なら「高っかいなー」と思ってたこれまでの契約プランを解除して、古いSIMを取り外し、新たに購入した他社のSIMに差し替られるわけですね。
入れ替え作業はSDカードや電池の交換みたいなもので、簡単楽チン。キタマチのような機械オンチでもらくらくできました。

■SIMを変えるとなぜ安くなる?
SIM変更による安さの理由は、安価な料金プランを提供する通信会社の、いわゆる「格安SIM」が使えるから。端末はそのまま、携帯電話会社の制約を受けることなく、より安い他社に乗り換えられるわけです。
SIMカード販売には、OCNやIIJといった情報通信大手はもちろん、楽天やDMM.com、イオンなど大手企業も次々に参入して、価格競争も激しくなっています。
1,500円前後〜のプランが主流ですが、中には月額利用料0円のプラン(注2)もあり、必要な容量や通信速度に合わせて多様なプランから選ぶことができます。
格安SIMは、必要な通信容量に合わせたプランを選びやすいので、無駄にしがちな定額プランの容量や無料通話に払っていたぶん、節約できるわけですね。めでたしめでたし。

ただし!いわゆる「2年縛り」の契約が残っている端末には解約金が必要な場合もあり、SIMロック解除によって補償内容が変わる場合もあるので、事前に今の契約内容をよーく確認するのをお忘れなく。

スマホを持つ以上、当然毎月支払いが発生しますからね。貯蓄や節約を考えるのであれば、まずは毎月のスマホ代の見直しから始めるのがいいかもしれません。
春の新作モデルチェックもいいですが、今年は「SIM」の賢い利用法を覚えて、料金見直しにも踏み切ってみちゃいかがでしょーか。

以上、現場よりキタマチでした。…はー、スマホ捨てたいなぁ(ぼそっ)。

====
注1 ファミリーシェアプランのSIM1枚分の料金+通話料として(基本料を除く)
注2 So-net「0SIM」
※参照は記事執筆時のもの

格安SIMなら毎月の使用料が5000円安い!?キャリアのスマホはなぜそれほど高いのか

毎月いくらスマホ代に払っていますか?

15歳以上のスマートフォンユーザーにそのような質問をしてみたところ驚きの返事が返ってきました。
MMD研究所の調査によると、大手3社の平均支払額は月額7433円、格安SIMのユーザー平均支払額は月額2067円と、大手キャリアは格安SIMユーザーの3.5倍もの金額となっているのです。
毎月にかかる差額がおよそ5000円違うわけですから、年間で6万円、キャリアの契約が終わる2年間では12万円もの差があります。
では、これほど毎月の金額差があるのであれば格安SIMに切り替える方がいいのか?と言われると一概にイエスとは答えられないようです。
そこで今回は、キャリアユーザーと格安SIMユーザーの毎月の支払額にはなぜこれほど差があるのかということを少し考えてみたいと思います。

・端末代が残っている
キャリアのスマホの中には一括0円や実質0円といった端末代が0円のサービスを利用しているから私には関係ないと考える人もいるかもしれません。
しかし、毎月の使用額が安いままで、このようなサービスをしていると会社は当然赤字続きになってしまいます。
また、格安SIMを利用している人は比較的端末を最初に買いきっている人が多く、月々に端末代を支払わなくてもいいという人が多いです。
このような月の通信費だけでなく、分割で支払っている端末代にも目を向けるべきではないでしょうか。

・格安SIMは通信品質が悪い
これには賛否両論、会社によっても様々です。しかし、やはりキャリアの最大の強みとしては通信が安定していることでしょう。
格安SIMを利用すると、キャリアの回線を借りているため、ユーザーが増えると回線が圧迫されることが考えられます。
つまり、格安SIMは通信が遅いとか、繋がらないといった問題が発生しやすいのです。
もちろん格安SIMの会社によっても感じ方は様々で、格安SIMに変えたところ、通信が速くなったと感じている人もいるようです。安定感はキャリアの3社には敵わないものの、格安SIMの性能も上がっていると考えていいのではないでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットをしっかり見ることで賢くスマホを選びましょう。

毎日の“すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピがあります!?

日々の通勤通学などの移動時間、ランチタイム、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

多くのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見ているのだと思います。その“すき間時間”をお小遣いに換えられる!と聞いたらいかがですか?そんな魅力的な“サービスが『サーチーズ』です!

この『サーチーズ』とは、配信されるアンケートに回答することでポイントが貯まるサービス。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもできるのです。マネーゴーランドでは、みなさんが興味・関心を持っているお金にまつモノ・コトをもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。

今回はサーチーズのアンケートに答えて手に入れたポイントをAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年4月末までの限定コードとなります。

3.好きなアンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.手に入れたポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

【マネーギャグアニメ動画】火遊び厳禁!取られる現金!不倫の慰謝料の相場

わんわんコインと金男くんが繰り広げるマネーギャグアニメ。「わんわんわんコイン」。

第9話は…小学生社長の金男くんが同僚女性に対して大胆な行動に…。飼い主で持ち主の金男くんを愛してやまないわんわんわんコインは、クイズを出して金男くんの行動を阻止しようと立ち上がった!その結末はいかに!続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!鷹の爪を生んだDLEによるオリジナルのマネーギャグアニメ『わんわんわんコイン』 バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」
第8話「紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命」

最新作の第9話はこちら!

ランキング