【新小1の就きたい職業ランキング】1位は男女18年連続不動のあの職業に!

6150.jpg

 クラレが毎年恒例となっている新小学1年生を対象とした「将来就きたい職業」および、親を対象とした「就かせたい職業」調査の結果を公表した。新1年生の就きたい職業1位は、調査開始以来18年連続で男の子「スポーツ選手」、女の子「ケーキ屋・パン屋」であった。

 ランドセル素材「クラリーノ」を製造・販売するクラレは1999年の調査開始以降、毎年入学式のこの時期に新小学1年生を対象とした「就きたい職業」調査を実施している。18回目となる今回も、クラリーノ製ランドセルを購入した2016年に小学校に入学する子どもとその親を対象に、アンケートを実施。子ども4,000人(男女各2,000人)とその親4,000人の有効回答を得た。なお、保護者を対象とした調査は1992年の調査開始から今回で25回目となる。

 男の子の「将来就きたい職業」は、1位「スポーツ選手」24.2%、2位「警察官」12.5%、3位「運転士・運転手」8.6%、4位「TV・アニメキャラクター」6.5%、5位「消防・レスキュー隊」6.1%。「スポーツ選手」は調査開始以来18年連続トップとなり、内訳は「サッカー」58.8%、「野球」21.3%と2大競技に人気が集中。その差は前年に比べわずかに縮まった。ランクインした上位5職種は前年と変わらないものの、「警察官」「消防・レスキュー」の割合が上昇。守る・助ける系の職業への人気が高まっている傾向が見られた。

 女の子の「将来就きたい職業」は、1位「ケーキ屋・パン屋」32.6%、2位「芸能人・歌手・モデル」12.7%、3位「花屋」5.5%、4位「教員」4.9%、5位「看護師」4.2%。男の子と同じく、1位の「ケーキ屋・パン屋」は調査開始以来18年連続でトップとなった。内訳としては「パン屋」が6.0%で残りは「パティシエ・ケーキ屋」「スイーツ系」。2位の内訳では「アイドル」が65.7%と人気を集めたが、具体的なグループ名をあげた子どもはおらず、近年女の子の間でブームとなっているアイドルを育てるゲームなどの影響かバーチャルな憧れも垣間見える結果となった。

 男の子の親が「将来就かせたい職業」は、1位「公務員」18.1%、2位「スポーツ選手」11.8%、3位「医師」7.2%。トップ3は、過去25年間変わらぬ職業のラインアップとなった。親の結果を見ても、「警察官」5位、「運転士・運転手」8位が過去最高順位に。運転士の86.1%は「電車の運転士」となっており、子どもに夢を託す鉄道ファンの親が少なくないと思われる。

 女の子の親が「将来就かせたい職業」は、1位「看護師」15.0%、2位「ケーキ屋・パン屋」10.9%、3位「公務員」8.6%。「看護師」は調査開始以降根強い人気で1位をキープしているが、今回は「ケーキ屋・パン屋」がランクアップした。そのほか、医療系、教師・保育系がトップ10にランクインしており、女の子の親は「医療関係」「資格系」に就かせたいという気持ちが見られる結果となった。

画像一覧

  • 新小学1年生・男の子「就きたい職業」トップ20
  • 新小学1年生・女の子「就きたい職業」トップ20
  • 男の子の親の「就かせたい職業」トップ10
  • 女の子の親の「就かせたい職業」トップ10

提供元

関連記事

関連記事

【学研・講談社調査】読書量の多い子は将来展望が明確という結果に

 本を多く読む子どもほど、将来就きたい職業や将来展望を明確に持っていることが、学研ホールディングスと講談社の調査より明らかになった。また、習い事の数が多い子どもほど、読書量が多い傾向にあるという。

 子どもが将来どのような職業に就きたいかを聞いた結果と読書量との関係を見ると、読書量が「0冊」のグループのうち就きたい職業名を具体的に回答した子どもは52.31%だったのに対し、「1~2冊」のグループでは57.52%、「3~5冊」のグループでは65.59%、「6冊以上」のグループでは75.69%と、読書量が多いほど、将来就きたい職業を意識しているという傾向が見られた。

 「覚えている本のタイトル」を最大5つまで自由記述方式で回答する質問では、「0冊」~「6冊以上」のいずれのグループでも、就きたい職業を具体的に回答した子どものほうが、就きたい職業に「わからない」と回答した子どもよりも、より多くの本のタイトルを覚えている傾向にあったという。「読んだ本のタイトルと覚えている」ことを「より記憶に残るような読み方をしている(読書の質の指標)」と考えると、将来就きたい職業に対する意識は読書の質とも関係があると考えることができると分析している。

 また、習い事の数と読書量との関係を見ると、読書量がもっとも多かったのは、習い事を「3つ以上」しているグループの平均4.43冊。習い事が「2つ」のグループでは平均4.22冊、「1つ」では平均2.83冊、「習い事をしていない」では平均2.35冊と、習い事の数が多いグループほど、読書量が多い子どもの割合が高かった。習い事が多く忙しいであろう子どもほど、読書量が多いことになる。

 読書実態に関する調査は、小学4年生~中学3年生に対して保護者付添いのもとでインターネットにより実施。各学年男女100名ずつ、計1,200名から回答を得た。調査期間は、2015年3月13日~15日。2015年7月には調査の第1報として「親子のコミュニケーションと読書」に関する調査結果を公表している。学研と講談社では、2016年3月を目途に、インターネットで調査結果の全容を公開する予定だという。

一石二鳥!節税しながら教育費を貯められる方法とは?

4月、新入学シーズンです。

桜吹雪の舞う中での入学式には、親子で勝ち抜いたお受験のことを思うと、喜びもひとしおです。最近の入学式には、両親だけでなく、元気な祖父母の姿も珍しくない光景となりました。
親にとってこどもに残せる唯一で最高の財産は、教育です。こどもがひとりの人間として独立して歩めるようになるまで、慈しみをもって育てることが何よりもかけがえのないものであることは言うまでもありません。そして、こどもにとっても、幼少のときの躾や小学校で学んだ教育が一生を左右する人間の基本になるということもまた真実です。
そこで、親にとって気になるのが教育費の問題です。国公立の学校でも費用は年々上がっています。こどもに十分な教育を受けさせたいと考えたとき、教育費はできるだけ確保しておきたいもの。学資保険やジュニアNISAなど、複数の方法で貯めておくのはモチロンですが、今回は、親の相続税を減額しつつ、教育費を貯められる方法を紹介します。

暦年課税による贈与を利用
親が高齢になると、いやでも相続のことが頭をよぎります。相続税の心配があれば、その財産を減らしておきたいとも考えるでしょう。このようなときに利用しやすいのは、暦年課税(れきねんかぜい)による贈与です。

暦年課税なら、1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額が110万円を超えなければ、贈与税はかかりません。税務署への申告もいらないので楽です。上手に使えば、贈与税を払わないで親の財産を減らせます。相続税も減らせます。

でも、暦年課税を利用してもらったはずの財産に、相続税がかかることがあります。これは、「相続開始前3年以内の贈与財産は、相続財産に加算する」というルールによるものです。知らないと、相続税を減らすことに失敗するかもしれません。

たとえば、こどもが2人いる場合、親の財産を、2人のこどもが相続します。財産を7,000万円とすると、基礎控除額4,200万円(3,000万円+600万円×2人=4,200万円)を超える2,800万円(7,000万円-4,200万円=2,800万円)に相続税がかかります。その額は320万円です。

少しでも税金を減らしたいので、こども2人が110万円ずつもらっておくことにします。親の財産が220万円(110万円×2人)減ると、相続税も減って287万円です。30万円以上の節税に成功です。

相続税の対象外の孫に贈与
ところが、3年を未満に親が亡くなったら、計画が狂います。2人のこどもがもらった220万円は、相続財産に加算されるので、相続税は320万円。30万円以上も節税できるはずだったのに、1円も減りません。

相続はいつ起きるかわからない。こう考えると、暦年課税は使いにくいかもしれません。しかし、ここで、工夫の余地があります。実はこれ、相続などで財産をもらった人に適用されるルール。だから、財産をもらう予定のない人へ贈与をしておけば、贈与ずみの財産にまで、相続税がかかるなんていうことにはなりません。こどもたちに各2人のこども(孫)がいる場合、4人の孫に55万ずつ、計220万円を贈与すると、30万円以上の節税に成功できます。そして、55万円は孫たちの教育資金として貯めておくことができます。

教育資金はいくらあっても困ることはありません。資金を多く貯めることができれば、留学してグローバルな見聞を広めたり、医学や芸術の道など費用のかかるコースも自由に選択することができ、こどもの可能性の翼を広げてあげることができます。

同時に、相続対策に早すぎはありません。親が元気なうちには実感がなくてつい疎かになりがちですが、気づいたときには「後の祭り」になっています。そうならないためにも、「そのうち考えよう」はやめて、1日でも早く向き合ってみることです。「まさかこんなに早く」や、「あと1年早く考えておけば」は、誰にでも起きうることなのですから。

この春、こどもの進学のタイミングで、祖父母といっしょに考えてみましょう。

※税計算において、記載のない条件は考慮していません。

1世帯の「教育」に関する支出は平均10,995円…家計調査報告2015年速報

 総務省は2月16日、家計調査報告「家計収支編」の2015年平均速報を公表した。2人以上の世帯の消費支出は28万7,373円と、2014年に比べ実質2.3%の減少。教育支出は10,995円で、実質1.1%の減少となった。

 2015年の二人以上の世帯(平均世帯人員3.02人、世帯主の平均年齢58.8歳)の消費支出は、1世帯当たり1か月平均28万7,373円で、2014年に比べ名目1.3%の減少となった。また、物価変動の影響を除いた実質では2.3%の減少となり、2014年に続き2年連続で減少となった。

 1世帯の「教育」に関する支出は平均10,995円で、名目0.5%の増加、実質では1.1%の減少となった。内訳は、「授業料など」8,199円、「教科書・学習参考教材」220円、「補修教育」2,577円となっており、授業料や教材費などは2014年に比べ名目、実質ともに増加したが、補習教育が実質6.0%の減少となり、教育支出を押し下げた。

 世帯主の年齢別に教育費負担をみると、もっとも支出が多いのは40~49歳で27,545円。50~59歳が22,265円、40歳未満が12,490円、60~69歳が1,962円、70歳以上が530円と続いている。

 2人以上の世帯での「教育」以外の消費支出を費目別にみると、交際費などの「その他の消費支出」「教養娯楽」「交通・通信」「被服および履物」「家具・家事用品」「保健医療」「食料」「住居」の8費目で実質減少となった。10大費目のうち「光熱・水道」のみ実質0.1%増加した。

 統計局Webサイトおよび政府統計の総合窓口(e-Stat)では、家計調査報告の速報や統計データの詳細を公開している。

子どもが小さいなら、教育資金は投資信託も活用

「教育資金を貯めたい」というパパママの多くは、学資保険(子ども保険)を検討することと思います。教育費積立の定番ですからね。でも、教育費に関する驚愕の事実をご存知ですか?

現在、国公立大学の初年度納付金は、80万円強。現在の大学受験生の親御さんが受験生だった頃は、40万円程度でした。30年ほどで倍増です。

その間、日本が「失われた20年」と言われた時期を含み、バブル崩壊、リーマンショックなどを経ています。デフレ時代真っただ中の倍増です。一般的な物価は下がり、パパのお給料もほとんど伸びない中、教育費は増える一方。金利は低く、預貯金や学資保険などで貯めるのも大変だったことでしょう。

一般に、教育資金の元本割れは困るので、リスク性のある金融商品は適さないと言われます。しかし、あの驚愕の事実を知ると、本当にそれで良いのかという疑問がわきませんか?

もちろん、投資信託での運用は元本割れのリスクがあり、教育資金すべてを投資信託で運用するのはお勧めできません。けれど、確定利回りだけで貯めるのはインフレリスクを負うのです。
そこで、教育資金準備に、投資信託を預貯金や学資保険などと併用してみましょう。

『投資信託でよく聞く言葉「分散投資」ってナニ?』の記事で運用資産の分散を説明しました。現在乳幼児のお子さんが大学受験をするまでには、15年以上あります。小学校低学年のお子さんなら、10年間は運用できます。この程度の期間があれば、運用資産の山あり谷ありを経て、価格変動リスクも軽減できるでしょう。

運用期間中、経済環境などを見据えながら、投資信託が予想以上に値上がりすれば時期を問わず解約し、また、受験年齢に近づくにつれて早い時期から徐々に解約をして預貯金に移動させる……といった運用を取り入れても良いのではないでしょうか。

現在、国公立大学の4年間在学中にかかる授業料や施設設備費などは、約250万円。なお、国公立大学の法人化が進む今後、大学ごとに金額が異なることが予想されます。あくまでもこれは国公立大学の現状です。私立は言わずもがな。また、少子化を背景に、学習塾やスポーツ系の習い事などの教育ビジネスも高額になっています。

このような教育支出の背景を考えれば、投資信託の積立は、確定利回りの金融商品と併用して、教育資金の準備に取り入れる必要性もあると思います。

毎日の“すき間時間”をお小遣いに換える、お金レシピがあります!?

日々の通勤通学などの移動時間、ランチタイム、休日のちょっとした“すき間時間”、みなさんは何をしていますか?

多くのみなさんがスマートフォンでSNSやニュースサイトを見ているのだと思います。その“すき間時間”をお小遣いに換えられる!と聞いたらいかがですか?そんな魅力的な“サービスが『サーチーズ』です!

この『サーチーズ』とは、配信されるアンケートに回答することでポイントが貯まるサービス。貯めたポイントは、様々な賞品に交換可能で、豪華賞品が当たる懸賞にも応募することもできるのです。マネーゴーランドでは、みなさんが興味・関心を持っているお金にまつモノ・コトをもっと知りたいと思い、『サーチーズ』というアンケートサービスと提携しています。

今回はサーチーズのアンケートに答えて手に入れたポイントをAmazonギフトコードに交換する方法をご紹介します。

1.下記のURLよりサーチーズアプリをダウンロード
iPhoneの方はコチラ
Androidの方はコチラ

2.紹介コードの入力
ダウンロードが完了したら、マネーゴーランド専用の下記の紹介コードを新規登録時に入力してください。

 紹介コード:manego10

紹介コードを入力すると初回のみボーナスポイントが100pt付与されます。
※本紹介コードは2016年4月末までの限定コードとなります。

3.好きなアンケートに答える
あとは配信されてくるアンケートに答えるだけ。回答したくなければ答えなくてもOK!
※アンケートの内容ごとに獲得できるポイントが変わります。

4.手に入れたポイントを交換してみる
サーチーズのポイントが500pt以上貯まるとポイント交換が可能になります。今回は例として、500ptをAmazonギフトコードに交換してみましょう。

1.アプリの左上メニューをクリック

2.メニューのポイント交換をクリックしてポイント交換・応募を表示

3.Amazonギフト500円分を選択

4.Amazonギフトコードを受け取る
メールでAmazonギフトコードが届きます。

5.届いたAmazonギフトコードを利用!
Amazonでお買い物の際、Amazonギフトコードを入力すると500円分のお買い物ができます!

みなさんも“すき間時間”を利用してお小遣いを貯めてみてくださいね。

■サーチーズについて
・アンケートに答えることでポイントを貯めることができるサービスです。
・登録無料で氏名、住所の入力の必要はありません。
(※不正防止のためにスマートフォンの個体認識番号を取得します。)
・貯まったポイントは、様々な商品に交換したり豪華賞品が当たる懸賞に応募することもできます。
・運営:株式会社ビジネス・アーキテクツ サーチーズ運営事務局

ランキング