配当金と株主優待はどっちがお得?株主優待は本当に株主のためになっているの

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・株主優待と配当金

<Point>

1配当金には税金がかかる

2配当と株主優待では企業の負担が全く異なる

3株主優待株は株価が安定しやすい

5128.jpg

最近株をもっているだけで優待品がもらえる株主優待が人気を集めています。

多くの場合、株主優待には自社の商品や割引券がもらえ、株主はその企業の商品をお得に受け取ることができるのです。
一方で、企業が出した利益を株主に還元する配当金もあります。配当金は1株あたりにいくらというように株主優待と違って1株でも配当金を受け取ることができるのです。
このように株主が受けられるメリットには株主優待と配当金の2種類があり、どちらをもらうとお得か?という議論に関しては意見が分かれるところです。今回は株主優待と配当金はどちらがお得か?ということについてお話していきます。

安定性
株主からすると配当金も株主優待も、現金か商品かという違いしかありません。株を買う一つの指標として、株主優待と配当金の合計利回りを見る人も少なくないでしょう。
株主から見ると商品か現金かという違いしかありませんが、企業側からすれば配当金と株主優待は大きく異なります。というのも配当金が現金なので、配当金が1万円であれば1万円支払わなければいけません。しかし、自社製品1万円分だと企業側の実質的負担は、3000円程度で済むこともあります。

このように株主優待は企業側からすると、小さい負担で済む=株主優待は続けやすいということになります。ですから、株主優待の方がより安定して受け取れると考えられるのではないでしょうか。

株価
株主優待株は株価が安定しやすい。そんな話を聞いたことはないでしょうか。実際のところ比較的業績が不安だと考えられている企業でも、人気の株主優待株は株価が安定する傾向にあります。
持っている株価が下がらないか不安だと感じる株式投資初心者も多いと思いますが、株価が下がりにくいというのは大きなポイントになるのではないでしょうか。

税金の話
配当金には所得税と住民税という2つの税金が、配当金を受け取るときには差し引かれています。既に差し引かれているので、それほど意識することはないかもしれませんが、10%の税金がかかっていると考えると、その税金も実感できるかと思われます。
株主優待はその点雑所得という扱いなので、20万円分を超えなければ特に課税はされません。税金という面で見ても株主優待が優れていると言えそうですね。

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

関連記事

初心者投資家の大きな勘違い!?株で資金を増やし続ける正しい方法とは

最近はずいぶんと投資のハードルが下がってきたこともあり、株を最近始めたという人も少なくないのではないでしょうか。

将来に向けて今あるお金を増やしたい!と考えるのはもちろん自然な流れです。特に30代の人は、老後に年金がもらえるのかどうかわからないとも言われています。
そのような事情もあり、最近自分の力でお金を稼ぎたいと考える人が少なくないようです。今ではネットビジネスや投資、その他様々な方法で個人でも稼ぐことができます。
しかし、どのような方法で稼ぐとしても、自分の力で稼ぎ出すためには正しい知識を身につける必要があります。今回はそのようなあなたのために、株式投資初心者によくある勘違いについてお話しします。
この情報を知っておくことは、堅実なあなたの資産運用を手助けするでしょう。株式投資をすることで、月に数万円のお小遣いを生み出すためには欠かせない考え方になります。
将来、株式投資で数万円、数十万円を稼げるようになるか、孤独な老後で1日1食の食事とボロボロの服を着て生活することになるか。
この知識をつけておくだけで、ずいぶんと結果が変わるように感じます。ですから、株式投資で安定した余裕のある生活を送りたいと考えている方は必ず目を通してください。

それは、株式投資は思っているよりも儲からないということです。

もっと言うとネットや雑誌であるような株で資金が2倍、3倍というのはほとんど夢物語だと考えてください。
というのも株は1回のトレードで資金を2倍にするようなものではありません。どちらかと言うと1度のトレードでは1.1倍を目指して、トレードを何回も繰り返すことで資金を増やすことを考えます。
株式投資初心者の方は、おそらくそれほど資金が多くないでしょう。もちろん資金が少なくても投資はできるのですが、相応にリターンも少なくなります。

ですから、このようにトレードで資金を増やしたいと考えている人は一度で大儲けを狙うのではなく、細かな利益を何度も重ねてもらえたらと思います。

株主優待を有効活用できていますか?もう一度気をつけたいたった一つのポイントとは

株主優待を知っている人がずいぶんと増えてきたように感じます。株主優待とはある企業株を一定数持っている人に対して、企業からのお礼ということで自社の商品や商品券などがもらえる制度です。

株主優待には飲食系からクオカードやお米券といった商品券、その他様々な割引券などと種類も豊富です。その豊富な株主優待に惹かれて株に手を出したという人も少なくないと思われます。このように株主優待は多くの人に魅力を感じさせる非常にお得な制度なのです。

しかし、株主優待にも気をつけるべきポイントがあります。お得感を感じるために株主優待利回り(株主優待の実質金額÷一単元株)だけを考えて投資してはいけません。

そのような投資をした場合、あなたが大きな後悔をすることは目に見えています。もし、株主優待利回りをメインで考えていた場合、あなたは思ったほどのお得感が得られないでしょう。

賢く資産運用をしたつもりが、実は自分の資産を着実に減らしていたという現実に直面することにもなりかねません。ですから、株主優待の失敗ポイントについても学んでもらえたらと思います。

それは、生活で株主優待を利用するか考えるということです。よくあるパターンとしては、それほど頻繁に行くことはないけれど優待券があれば行くだろうと甘い考えをするパターンです。

牛丼屋には年に1~2度行くくらいなのに、年間で5,000円、6,000円もの優待をもらっても使い切る可能性は低いと言えます。有効期限の切れた株主優待をじっと見つめて、仕方ないかとゴミ箱に投げ入れることになるのです。それよりかは例え年間で2,000円分しかもらえない飲み物の優待でも、自分が飲みきればお得感を感じることができます。

株主優待は使って初めてお得な制度だと声を大にして言うことができるのです。優待利回りがいくら高くても使わなければお得にはなりません。ですから、株主優待利回りばかりに気を取られるのではなく、実際の生活にも目を向けてもらえたらと思います。

信用取引と現物取引、私に向いている取引はどっち?

株式投資を始めたいと考える人は現物取引と信用取引とどちらがいいのか?と悩む方も少なくないでしょう。

現物取引とは自分が持っている資産のみで投資を行うことを指し、信用取引は自分が持っている現金や株を担保として自分の資産以上の金額を動かすことができます。
それぞれメリット、デメリットが存在しますが、どのような人には現物取引が合っているのでしょうか。また、どのような人には信用取引が合っているのでしょうか。それぞれの特徴を見て行きましょう。

・動かせる金額
信用取引の大きな特徴の一つとして、動かせる金額の大きさにあります。自分を信用してもらって現金や株を動かすので、借金のようであまり良いイメージは持てないかもしれません。
しかし、信用取引では、自分の資産の最大3倍の金額を動かすことができるので、トレードが上手く行けば得られるリターンも大きいと言えるでしょう。

・株の売買
現物取引であれば、株を買うしか方法がありませんが、信用取引であれば空売りで利益を出すこともできます。空売りとは自分が持っていない株を一時的に借りて、後で借りた株を買い戻すという方法です。
つまり、株価が高いときに売っておいて、株価が下がったときに買い戻せば、その差額だけ利益を得られるという方法なのです。

・手数料
さて信用取引で考えられる一つのデメリットがこの手数料です。現物取引であれば取引にかかる約定手数料のみですが、信用取引には株や現金を借りている以上金利が発生します。
当然長期的に借りるほど、金利も大きくなるため、長期的に信用取引で借りるのはあまり賢い選択肢とは言えなさそうです。

・リスク
最後にリスクについてです。現物取引は自分の資産以上に現金を失うことはありません。しかし、信用取引は自分の資産の3倍以上の金額を運用しているため、自分の資産以上の損を出すことも考えられます。信用取引においては、リスクヘッジも十分にしておくことを忘れてはいけないと言えるでしょう。

いかがだったでしょうか。これらのことから短期的にトレードを繰り返す人であれば信用取引もいいですが、長期的にインカムゲインを狙う人には信用取引は向かないと言えるでしょう。
それぞれのリスク管理をしながら株式投資してもらえたらと思います。

【マネーゴーランド意識調査】2日休めば10連休!!今年のGWを有効活用せよ

2016年のカレンダーを見て気づかれた方も多いかもしれませんが、今年のゴールデンウィークはその名の通り“黄金週間”になりそうな予感。

5月2日(月)と6日(金)を休みにすれば、最大で10連休という超特大サイズの休暇が訪れます。そこでマネーゴーランド編集部では、ゴールデンウィークの過ごし方についての意識調査を独自に実施しました。

その結果によると、すでに予約済みという方は4.3%、検討をはじめている方は17.7%、旅行の予定はなしという方は42.6%、その他が35.4%という結果に。それらをふまえてさらにアンケートを進めたのが以下の内容です。予定を決めている方もそうでない方も、こちらを参考にして有意義なGWを過ごしてみてはいかがでしょうか。

●(アンケート分析1)10連休でも国内強し!
「今年のGWに行きたい(行く予定の)場所を教えてください」という設問では、国内と答えた方が76.1%もいました。有効回答数の4分の3を占める圧倒的な割合です。逆にいえば、国内は混雑、海外は狙い目とも言えるでしょう。10 連休というめったにない休暇だからこそ、海外を選ぶのもおすすめです。

●(アンケート分析2)憧れのヨーロッパ旅行を実現
今度は海外/国内それぞれの行きたい(行く予定の)地域を具体的にうかがってみました。海外とお答えいただいた方ではハワイが一番人気で、全体の約3割を占めています。次いでヨーロッパ、グアム・サイパンという結果に。なかなか行けないヨーロッパも今年のGWならいける!!と思い切った方も多いようです。

●(アンケート分析3)国内ドライブもおすすめ
行きたい地域の傾向がバランス良く分かれた海外に対し、国内での行きたい地域はみなさんバラバラ。北海道がトップの14.2%、次いで東京、沖縄と続きましたが、それ以降は全国各地の地名が並んでいます。これは日本各地にインフラが整い、電車でも車でも自由に出かけられる証なのかもしれません。国内旅行は、目的地に向かうまでのルートも醍醐味のひとつ。北海道にはいくつもの断崖をトンネルで走り抜ける追分ソーランライン(国道228号)や、これぞ北海道!! といえる景色が広がる美瑛の国道237号線などがあり、沖縄には両サイドに真っ青な海と珊瑚礁が見える全長1960mの古宇利大橋があったりと、国内の絶景ドライブルートを満喫するのもおすすめです。

●(結論)数字から見えてくること
GWを有意義に過ごすためには、他人の動向も気にしておきたいところ。国内が混んでいるならいっそ海外へ、ハワイが人気なら東南アジアのビーチリゾートへと、アンケート結果の数字から自分なりのGWの過ごし方が見つかります。目的地を決めるだけではなく、そこにたどり着くまでの過程を楽しむドライブなど、工夫次第でGWはいくらでも楽しめるのではないでしょうか。

※上記集計は2016年3月にマネーゴーランド編集部が行なったインターネットによるアンケートの集計結果になります。(対象:全国の20代~60代の男女、回答数2,500名)

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

ランキング