毎日の食事で欠かせないお米もふるさと納税でお得に美味しくいただこう!

5129.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・お米のふるさと納税

<Point>

11万円あたり最大25kgのお米がもらえる

2特産品のお米は新米が多い

お得なふるさと納税をもらっても使い切れるかどうか不安。

一人暮らしをしている人にとって、ふるさと納税の豪華な特産品で複雑な思いをしている人も少なくないようです。お得なことを頭では理解していても、もらった特産品を食べきれるのかどうかとジレンマに陥るのです。
そのような人は、豪華な特産品ではなく、毎日食べることになるお米をふるさと納税でもらってはいかがでしょうか。お米であれば、日持ちもしますし、何より毎日の食事で食べることができます。
今回はお米で選ぶふるさと納税のおすすめ地域を紹介していきます。

・長野県阿南町
最初に紹介するのが長野県阿南町のブレンド米です。ふるさと納税の中にあるお米の特産品では最も有名といっていいほど有名です。お米の特徴としては阿南町で取れたお米をブレンドし、しっかりと甘みを感じることができるという特徴があります。
阿南町のふるさと納税では3万円の寄付で60kgのお米がもらえます。発送方法は1回の郵送で10kgずつ、最大6回分けて配送してくれるというので常に美味しいお米を食べたいという人にはぴったりですね。

・茨城県稲敷市
続いて紹介するのが茨城県稲敷市の特産品です。1万円の寄付でもらえるお米は25kgと費用対量の多さではピカイチです。ただ欠点としてはあまりにも人気過ぎて、なかなか申し込めないということ。
ふるさと納税には魅力的な面もありますが、このように申し込みが殺到する特産品に関しては申し込みができたらラッキーくらいの気持ちで取り組むといいでしょう。

・岡山県総社市
最後に紹介するのが岡山県総社市の特産品です。こちらも1万円ごとに20kgの新米がもらえるとあって非常に人気の特産品となっています。
こちらのふるさと納税では上記2つのふるさと納税と異なり、ふるさとチョイス経由でクレジットカード決済が可能です。普段からクレジットで主に生活しているという人は実践する価値も大きいのではないでしょうか。

いかがだったでしょうか。私たちの生活に欠かせないお米もこれだけ多くのふるさと納税の特産品で受け取ることができます。ぜひご自身でもお米のふるさと納税を探してもらえたらと思います。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

【海鮮】ふるさと納税のおすすめ自治体を紹介します

海で上げられたばかりの新鮮な海の幸は誰もが好きです。

白い筋が光に反射してキラキラ光る脂の乗ったサーモン、適度に茹で上げられて真っ赤に染まった身の詰まった蟹、濃厚なタレをたっぷり浸けて焼き上げられた香ばしい香りのするうなぎの蒲焼き。
どのような調理法でも美味しく食べられる魚はまさに日本の伝統食と言っても過言ではありません。
そのような新鮮な海の幸をふるさと納税で手に入れてみませんか?ふるさと納税とは地方の自治体に寄付を行うことですが、最近は地方からのお礼の品として特産品がもらえることにも注目が集まっています。
寄付金も必要書類を送るだけで税金が大きく控除されるため、実質2000円で様々な地域の特産品を手に入れることができるのです。今回はふるさと納税で手に入れられる海の幸を少しだけ紹介します。

・長崎県平戸市
まずは長崎県からの紹介です。この平戸市ではウチワエビやサザエといった様々な種類の貝や甲殻類がお礼として送られてきます。あまりにも人気であるため、現在でも9ヶ月待ちと非常に人気が高いふるさと納税です。
とにかく美味しい地方の特産品を手に入れたい!と考える方は一度考えてみてはいかがでしょうか。

・愛知県碧南市
続いて愛知県からです。碧南市では1万円の寄付で手に入れられるうなぎの炭火焼が人気なようです。愛知県といえばやはりひつまぶしが有名ですよね。つまり、ひつまぶしに使用されるような美味しいうなぎをふるさと納税でもゲットできてしまうのです。
確実に味の保障はできると考えられるので、うなぎ好きな人はぜひ試してみて下さい。

・北海道根室市
最後はやはり北の大地、北海道から紹介します。やはり北海道とだけあって、ふるさと納税でも豊富な種類の海の幸が用意されています。その中でも注目なのがずわいがに、しまえび、いくらのセットがわずか1万円の寄付金額で手に入れられるということ。
日頃なかなか贅沢できない人は、ふるさと納税くらいは贅沢を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税で損をしない!今すぐしたいあなたが取るべき1つの行動とは?

ふるさと納税は地域に寄付を行うことで、特産品がもらえる非常にお得な制度と言えます。今ではふるさと納税セミナーというのも開催されるほど、注目を集め、実践している人も増えています。

しかし、ふるさと納税で全ての人がメリットを受けられるのか?と聞かれればイエスと答えることはできません。というのもメリットばかりが強調されるふるさと納税にも、デメリットが存在するからです。
そこで今回はふるさと納税で失敗したくないあなたのために必ず確認しておきたいふるさと納税のデメリットについてお話します。
この話を知っておくとふるさと納税で最大限メリットを受けられるのは言うまでもありません。
彼を知り己を知れば百戦殆うからずとの言葉にもあるように、メリットとデメリットの両方を把握した上で、ふるさと納税を実践すれば余計な心配をする必要がなくなります。
後は淡々と手続きを終えれば、あなたはふるさと納税で大きなメリットを受けられるのです。
ですからふるさと納税のデメリットもしっかりと把握してください。

それは、低所得者にはふるさと納税のメリットがそれほど大きくないということです。
なぜ低所得者にはメリットがあまりないのか?と思われたかもしれません。というのもふるさと納税は税金の控除が成り立って始めてお得と言える制度になります。
しかし、元々国に収めている税金額が小さければ小さいほど、ふるさと納税による控除も小さくなるのです。もちろん年収だけでなく家族構成にも依存します。
子どもがいる家庭ほど支払う税金は少ないので、当然ふるさと納税による控除額も小さくなります。控除額が小さくなるということは寄付金額が小さくなるため、ふるさと納税を行える地域数も少なくなります。
ですから損をしないためにも、実際にふるさと納税で控除される税金額について事前に調べておかなければならないのです。今やふるさと納税の上限額シミュレータはネットにいくらでもあります。
ぜひ一度シミュレータで自分の上限額を調べてもらえたらと思います。

結局ふるさと納税って何がお得なの?ふるさと納税3つのメリットをおさらいします

今や節約上手な主婦であれば、ふるさと納税は聞いたことがないという人はほとんどいないでしょう。

総務省のデータによると、寄付金の総額は年々増えており、26年度では14億円もの寄付金がありました。
これはふるさと納税を利用する人が増加しており、ふるさと納税の魅力を感じる人が多数いることを表しているとも言えます。
今回はさらなるふるさと納税の魅力を知ってもらうために、3つのメリットをご紹介します。

・地方の特産品がもらえる
ふるさと納税とは、そもそも地方に寄付することを言います。どうして寄付をしただけで、特産品がもらえるの?と思われる方もいるかもしれません。
それは、寄付を受けた地方がふるさと納税をしてくれた人に対するお礼として特産品を送ってくれるからです。
このお礼の品が非常に豪華であり、普段のスーパーで買わないような高級肉や海の幸、さらにはパソコンまでもらうことができる地域も存在します。
寄付をしただけで、豪華なお礼がもらえるということが一つの大きなメリットと言えるでしょう。

・税金が控除される
地方に寄付を行った場合、その寄付金額に応じて税金が控除されます。この控除額が非常に大きく、寄付金額−控除額=実質負担が2000円で上のような豪華な特産品がもらえるのです。
控除される税金の金額は収入によっても大きく変わるので、一度税金控除の目安を見ておくとよいでしょう。

・手続きが簡単
最後のふるさと納税の魅力として、ふるさと納税の手続きが簡単であるということが言えるでしょう。
というのも必要な書類は個人を証明する書類やワンストップ特例制度という、確定申告が不要で済む書類などを自治体に発送するだけ。
以前は確定申告が必須となっておりハードルが高かったですが、そのハードルもワンストップ特例制度によってずいぶんと下げられました。

このように豪華な特産品がもらえて、税金が控除されて、手続きも簡単なふるさと納税をぜひ試してみましょう。

【マネーギャグアニメ動画】紙幣でケツを拭く!?意外と知らないお札の寿命

人気シリーズ鷹の爪団を生んだDLEによるマネーゴーランドオリジナルアニメ「わんわんわんコイン」。

第8話は…金男くんからぞんざいな扱いを受けるわんわんわんコイン。そんなわんわんわんコインに与えられた究極の選択が、誰もがうらやむ紙幣に進化するか、端金(はしたがね)500円のままでいるのか…。しかし、そのためにはお金にまつわる難問クイズに答えなければならないのです!オー・マイ・キャッシュ!
続きはこちら!

犬でコインな「わんわんわんコイン」は飼い主の「金田金男」くんが大好き!! …が、金男くんは500円なんて端金(はしたがね)とばかりに、わんわんわんコインをすぐにお金として使おうとするよ! この“すれ違い劇”の先に待つのは、絶望か!? 悲劇か!? …それとも愛か!?

好評連載!【マネーギャグアニメ】わんわんわんコイン バックナンバー!
第1話「忘年会で得するフェイクって!?」
第2話「クリスマスのラブホの相場!?」
第3話「仕事で貯まったポイントって誰もの!?」
第4話「ワイドショーでよく聞く保釈金のつかい道!?」
第5話「バレンタイン、実は損してる!?」
第6話「マイレージを侮るなかれ!獲得マイルでどこまでいける!?」
第7話「ドキッ!大好きな彼氏でも見切りをつける年収って!?」

最新作の第8話はこちら!

【ネットショッピング】♂♂ほぼ夫婦「明日は明日の風が吹く」vol.6

こんにちは、作家・まんが家の歌川たいじです。

みなさまは、どのくらいネットショップを利用されておいででしょうか。
ワタクシが暮らしております粗末な家は、新宿駅から遠くはなく、ビックカメラも紀伊國屋書店も伊勢丹もドンキホーテも散歩がてらに行けるところにあります。なのに、ついつい買い物となるとAmazonでポチッてしまう体たらく。

健康のために歩きなさいとよく言われるのですが、歩くのがきらいなわけではありません。実際、よく歩いているのです。ただ、荷物を持って歩くのが大きらい。ポケットに入らないものは持ち歩きたくないのです。そんなワタクシに、ネットショップは強い味方なのでした。
最近ではネットショップの価格競争により配送会社ほかのステークホルダが儲けられず、青息吐息であるとか。課題はまだまだたくさんありますね。ですが、ネット注文による流通がますます成長していくであろう事は、疑いようがありません。

今後の課題としてぜひ、ネットショップのみなさんに検討していただきたいのが、「レコメンド商品表示の洗練」です。過去に買ったものの傾向から表示されるレコメンドによる事故は、マイノリティにとって恐ろしいものでして、会社でたまたま開いてしまったAmazonのレコメンド表示で腐女子なのがバレてしまった友人が数人おります。友人の腐女子達は、萌えようもない男性の同僚が抱き合うのを見せられ「どうだ、萌えるのか」とからかわれて、「おまえなんかに萌えるかッ」と怒りに震える日々を過ごしているそうです。レコメンド表示は、おしゃべりな商店街のオバサン的なキャラとなっているのかもしれません。

そして、ワタクシから個人的にAmazonさんにお願いです。私の著書を私にレコメンドするのは、やめていただけないでしょうか。どうか、他の人に薦めてほしいのです。

※これまでのハナシ
Vol.1【プロローグ】
Vol.2【ポイントカード】
Vol.3【アイデアを金に変える】
Vol.4【小さな倹約】
Vol.5【ふるさと納税】

ランキング