家計を直撃する4月1日値上げラッシュ!庶民生活はどうなる?

5249.jpg

4月1日。新年度が始まりました。

東京では桜が満開になり、気分はウキウキ春爛漫ですが、家計は決して穏やかではないです。というのも。今日から値上げする商品やサービスがたくさんあります。まさに春の値上げラッシュ。1月のマイナス金利で心理的なダメージを受けていたのに、春の訪れとともに、値上げのオンパレードは、実際の家計をモロに直撃します。
どんなものが値上げするのでしょうか?食品を中心に見てましょう。

塩、砂糖、納豆、アイスクリーム、ウイスキー続々値上げ
「食卓塩」が24年ぶりに3割値上げされるのをはじめ、三井製糖の「砂糖」も2年ぶりに2%の値上げ。他にも、朝食のお供のくめの「納豆」168円→185円や、クノールコーンクリームスープ450円→490円、料理には欠かせないカゴメの「トマトソース」シリーズが4~9%アップ、ボンカレーでおなじみの大塚食品のレトルト食品シリーズが7~14%値上げされました。お花見でお酒は欠かせませんが、サントリーは、ハイボール人気で需要が一気に伸びた「角瓶」をはじめ、「オールド」「ローヤル」「リザーブ」「響」などウイスキー9ブランド33種類を値上げします。32年ぶりの値上げになる角瓶700mlは1414円→1590円になり、値上げ幅はじつに12.4%になります。

食品値上げは昨年からジワジワと始まっていた!
ところが冷静に考えると、値上げラッシュは昨年より始まっていました。2014年に消費税が8%に上がり、定価据え置きで容量を減らして、実質値上げの措置で対応していたメーカーが、昨年春ごろからジワジワと値上げに転じていました。サントリーは2015年4月に「山崎」「白州」など6ブランド33種を値上げ、11月にも輸入品の一部をすでに値上げしています。2015年7月に「味の素」が7年ぶりに12%値上げ、ロッテや明治もチョコレートを8~10%値上げし、菓子やパン業界を筆頭に食品値上げは拡大していました。その波が、さらに拡大しているのが、この春の値上げラッシュなのです。
「物価が高くなり、家計が苦しい」というのは、家計を預かる主婦の間では、昨年よりずっと言われて続けています。実際、政府調査でも、2015年の「家計が苦しい」という人が62%で過去最高になりました。

家計の格差が広がる
新春特集に登場した、経済ジャーナリストの荻原博子さんの「2016年、庶民生活はどうなる?」予想によると、「2015年続き、今年は家計の貧富の格差が広がり」、前半は選挙がらみで「アメ」政策の嵐です。たしかに、マイナス金利も住宅ローンの借り換えや超低金利によって、お金を借りやすくなったのは事実です。さらに消費税値上げのさらなる延期のウルトラCというのも、ここにきてにわかに現実味を帯びてきました。荻原さんの予想的中です。選挙後の後半は、一転して配偶者控除の廃止や酒税、タバコ税など一気に増税メニューの「ムチ」がこれでもか!とビュンビュン飛んでくることになると予想しています。

家計のダウンサイジングを!
では、値上げラッシュで、わたしたち庶民の家計はどうなるのでしょうか?
苦しいと嘆いていても始まりません。新年度のこの機会に家計を見直して、全体にダウンサイジングすることをオススメします。夫と妻が協力して、家計全体の無駄がないかを見える化して把握することです。家計はいわば、国家の「財政」と同じ。予算を組んで家計(お金)を無駄使いしないように、チェックするのです。

具体的には、「電力自由化」に注目です。電力メニューの検討と同時に、消費電力を見える化して、使い方の無駄を省くことで、節電とコストダウンが同時にできるはずです。また、原油が大幅に値下がりして、ガソリンやサーチャージは値下げされてます。それらも上手に利用すれば、ガソリン代などはかなりコストダウンできます。

値上げラッシュに負けずに、家計を見直しでダウンサイジングをはかり、貯蓄に回すことができれば、明るい将来も見えてくるはずです。

※上記商品価格:マネーゴーランド編集部調べ

<関連記事>

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

2016年 庶民生活はどうなる? ~家計大予想~

2016年の家計を全般的に見ると、2015年に引き続いて家計の貧富の格差が開きそうです。

前半は選挙睨みで明るい”アメ”ムード。後半は反動でツライ”ムチ”の嵐!?

一握りの人にとっては収入が増えるうれしい年になるでしょうが、大部分の人にとっては、今年に引き続き、「なんとなく苦しい」という状況が続くことでしょう。一握りの人とは、株や不動産などの資産をたくさん持っている人や大企業にお勤めの方なとどです。
それでも、年の前半は多少なりとも明るいムードがただよいそうです。というのも、7月の参院選挙があるので、財布に辛い増税などの話は引っ込み、景気の良さそうなバラまきの話などが先行する可能性があるからです。特に、衆参同時選挙ということになったら、自民党が勝つためには、なり振りかまわず消費税増税のさらなる先送りなどというウルトラCが出てくるかもしれません。
ただ、税も社会保障も、選挙に勝つために痛みを先送りするので、その反動は、選挙後に何倍にもなって出てくる可能性があります。選挙で勝つために後回しにした配偶者控除の廃止や酒税、タバコ税などの増税メニューが、年の後半にはいっきに出てくるでしょう。また、社会保障についても、医療費負担を軽減するための高額療養費制度の限度額を上げるなど、財布に痛い政策が次々と打ち出されてくる可能性があります。
つまり、来年前半は、選挙のための“アメ”のオンパレードですが、後半は選挙に大勝したことをいいことに、“ムチ”がビュンビュン飛んでくるということになりそうです。
それでも、給料が増えればいいのですが、全般的には手取り給与の増加はあまり見込めなさそうです。

給料はなかなか上がりそうにない。

給料は、人手不足になっている業種では多少上がることも予想されますが、そうでないところは横ばいかもしくは下がる可能性もあります。給料は横ばいでも、税金や社会保険料負担が増えていますから、手取りは減るかもしれません。
給料が上がらない最も大きな要因は、消費の低迷です。2014年の消費税の引き上げ以降、消費は低迷し続けています。日銀は、2年でデフレを脱却すると宣言しましたがうまくいかずに、3年に伸ばしました。けれど、それでもデフレ脱却は難しいかもしれません。モノが売れないから、企業も人を雇ったり給料を上げたりできない。給料が上がらないから、消費が増えない。こうした、悪循環に対して、政府は有効な手を打てないままでしょう。

国内の消費の停滞に加えて、海外でのテロや中国の景気減速など、先の読めない不確定要素が増えています。そのため、企業は、積極的に投資などに打って出るというよりも、守りに入って様子を見るという状況になっています。
実際に、12月に発表された日銀短観でも、現状の景気は横ばいですが、3ヶ月先の景気については、ほとんどの企業が悪化すると予測しています。
3ヶ月先と言えば春闘の時期ですから、景気が悪化すると予想している企業が春闘で給料を大幅アップするとは考えにくいでしょう。
しかも、中小、零細企業にとっては、さらに深刻な問題が加わります。1月からスタートするマイナンバー制度に対応するために、それなりの人やお金をさかなくてはならないことです。
マイナンバー制度のスタートで、今まで使っていた源泉徴収票などかなりの帳票類が使えなくなるので刷新しなくてはならず、その経費がかかります。また、マイナンバーにはセキュリティー保護が義務づけられるので、管理者ポストを新設置したりシステムを外部委託するなどで経費がかかることが予想されます。これは、企業にとっては何か生み出すための投資でも将来につながるものでもなく、負担だけを負うということになりますから、そのぶん、給料の値上がりも見込めないということです。
ちなみに、この冬の大企業の冬のボーナスは、平均で3%ほど上がりました。けれど、そもそも夏と冬のボーナスは、多くの企業が今年の春の労使交渉で決めています。2015年の春先までは、まだ、景気の先行きは明るかったので、この冬のボーナスも比較的良かったのですが、2016年になると、大企業でもそんなに給料の大盤振る舞いはできなくなるので、夏、冬とも、ボーナスもそれほど期待できないかもしれません。

【4月1日の価格改定】えっ、こんなものまで?知らないと損する値上げ商品!

皆さんこんにちは!
4月1日を中心に、この春はあらゆるものが値上げされますね。エイプリルフールの嘘であってほしいですが、全て本当のことなのです。

「塩」など既に大きく報道されているものもありますが、マネーゴーランドではあまり知られていないものを中心に、いくつかピックアップしてご紹介していきます。

■食料品は塩だけじゃない!あの定番アイスも値上げ
食料品のなかでは半世紀ぶりに値上げする「塩」が話題をさらっている印象がありますが、塩だけでなく「砂糖」(三井製糖)も今回値上げします。
また、夏に向け多くの方が食べるであろう「ガリガリ君」(赤城乳業)や「あずきバー」(井村屋)も10円(税抜き)値上げします。
子どもを筆頭に多くの方に愛されているアイス界の2大巨頭。これまでが低価格だったというのもありますが、子ども達はこの夏を乗りきれるのでしょうか。

■あの夢の国も?テーマパークは軒並み値上げ
今年のGWも多くの方が各地のテーマパークに足を運ぶことでしょう。しかし、テーマパークも値上げしますので行く前に必ず料金を確認しましょう。

「東京ディズニーランド&東京ディズニーシー」(オリエンタルランド)は入園料を小人から大人まで全て値上げ。大人では1デーパスポートが6,900円から7,400円へ。
またディズニーランドほどではないですが、「USJ」や「ハウステンボス」も値上げします。1人分数百円の値上げとはいえ、家族みんなのチケットを買う親の方々は辛いでしょう。
しかしこれだけではありません!なんとあの「劇団四季」も値上げするのです!2008年に一度した劇団四季。やはり今の値段ではあの感動を届け続けるのは厳しかったのかもしれませんね。

■値上げする道路もあれば値下げする道路もあり
4月1日から値上げするのは首都高だけではありません。東京~横浜間を結ぶ「第三京浜」も4月からは値上げするのです。
しかし、そんな中大きく値下げとなるのは1キロ当たり44円で「日本一高い道路」といわれる横浜横須賀道路です。狩場IC(横浜市)から馬堀海岸IC(横須賀市)までの約33キロが1,440円だったのが4月から950円と値下げになります。
また、これは編集部の予想ですが値上げする高速道路を利用する引越しなどには注意が必要かもしれません。以前ご紹介したインタビュー記事で語られていますが、中小の引越し業者の中には高速代をしっかりと引越し料金に入れてくるので、高速代が上がったことを理由に、引越し料金も以前より高くなることが考えられます。

また、高速以外では軽自動車税なども値上げします。昨年4月以降の購入車で10,800円(現行7,200円)になります。ドライバーの方は自分の地域、車に対してどのくらい値上げが影響するかを確認しましょう。

■えっ、こんなものも値上げ?
最後に、あまり取り上げれていませんが値上げするものをご紹介します。
ギターが趣味の方なら知らない人はいない「Fender」のギター。なんとこちらも4月から値上げになります。どうやら原材料である「木」の高騰が理由のようです。
また、「海老名市の小学校給食費」も値上げします。現状の月額3,700円から4,000円に値上げされるようです。
その他国民年金の保険料は月額16,260円と、670円高くなります。医療費では、紹介状を持たずに大病院で受診すると、初診時に5000円以上の追加料金が必要に。処方箋を貰う際には「調剤報酬」が改訂され、おくすり手帳をもっていないと会計時に10〜40円値上がりすることになりました。

4月からあらゆるものが値上げしますね。
この値上げビッグウェーブに乗って、お給料も上がればいいのになぁ・・。

※上記商品価格:マネーゴーランド編集部調べ

家計を直撃!首都圏高速料金一斉値上げ、2016年を4月

気になるニュース・気になる内幕—今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2015年9月11日付

●鬼怒川決壊12人不明、茨城・常総住宅多数流される(読売・1面)

●首都圏の高速料金統一、1キロ36円首都高値上げも(読売・9面)

●中国新車販売3%減、8月景気減速感強まる(読売・9面)

●中国、日産合弁会社に罰金(朝日・6面)

●TPP日米協議再開、自動車「原産地規制」詰め(毎日・7面)

●自動車輸入組合理事長BMW日本社長(産経・10面)

●エコカー燃費改善するターボ、IHI、米中韓で増産(日経・1面)

●「ななつ星」新ルートへJR九州、来春から他社線乗り入れ(日経・3面)

●インド新車販売5%増8月スズキなど新モデル効果(日経・9面)

●自動運転車で提携交渉、グーグルの研究部門日本メーカーと(日経・12面)

ひとくちコメント

消費税が10%に引き上げる際に、マイナンバーカードを使えば酒類を除く飲食料品については「2%分」が還付される案が検討されているそうだ。「還付」といえば聞こえがいいが、現行の「8%」を据え置くだけである。

消費増税とよく似た話が高速道路料金の見直しである。 国土交通省が、都心の渋滞を緩和するため、首都圏の高速道路の距離当たりの料金を同水準に統一するという。その基本方針についてはすでに年初に公表されていたが、きょうの読売が「来年4月から導入する」と具体案を改めて取り上げている。

それによると、「割安な首都高速道路については料金の上限を引き上げる一方、割高な首都圏中央連絡自動車道(圏央道)などの料金を引き下げる」としている。

例えば、東名の厚木インターチェンジから東北道の久喜インターチェンジに行く場合、圏央道経由なら3770円かかるが、首都高経由なら3180円ですむという。それだから首都高は「割安」で圏央道は「割高」という理屈からだ。だが、「1キロ当たり36円」と、そもそも日本の高速道路が「バカ高い」という料金体系を無視した議論でもある。

ちなみに、「割安な首都高については現在930円の料金上限を1300円程度に引き上げる方向で調整しているほか、第三京浜や京葉道路についても値上げする」(読売)そうだ。首都高などが値上げすれば都心部に車を呼び込むこともなく、渋滞が緩和されるという狙いがある。以前にも指摘したが、迂回するために東名高速の出入り口の環状8号線など無料の一般道のさらなる混雑ぶりは避けられないだろう。

電力自由化で家計がラクに?価格競争が始まる4月を見逃さないために知っておくべきこととは

2016年4月から「電力自由化」が始まります。しかし、今まで地方の電力会社から電気を買っており、突然電力自由化と言われても一体何が変わるのかわからない!という人も多いと思います。

そこで、今回はそのようなあなたのために電力自由化によって、あなたの生活はどのように変化するのか?ということについてお話したいと思います。
面倒だと感じているかもしれませんが、電力自由化について正しく知識をつけておいて損はありません。というのも、場合によってはあなたの毎月支払っている電気代を安く抑えることができるからです。
それでは電力自由化で、なぜ料金が安くなるのかを見てみましょう。

これまで、電気は東京電力や関西電力といった地方の電力会社が私たちに販売していました。しかし、4月からはこのような電力会社だけでなく、ケータイ会社やガス会社、さらには航空会社までもが電力を販売することができるのです。
つまり、簡単に言えば、“誰もが電力を売ることができる”ということが電力自由化なのです。電気を販売する企業が増えれば、私たちはどこの企業から電気を買うことができるのか選ぶことができます。
例えば、月の電気代が安くなる会社を選ぶのも良し、ガスとのセットプランで安く電気を買うのも良し、原子力発電などのないエコな発電を行っている企業から電気を買うことも可能なのです。
このような電力自由化によって、私たちの生活には様々な影響が考えられます。
その中でもやはり最大のメリットとして考えられるのが、毎月の電気代が安くなることでしょう。
特に、電力自由化を始めたばかりの4月は各企業がギリギリの価格競争を行うことが考えられます。1円でも他の企業よりも安くしようと考える企業が増えるため、この4月に電力会社をどこにするのかを決めることは非常に重要であると考えられます。

毎月の支出を見直すと、場合によっては年間で5000円程度の節約をすることも可能です。この電力自由化の機会を逃すことなく、賢く電力会社を選びましょう。

今が旬!の春キャベツをつかった節約レシピ!89円で「春キャベツと厚揚げのうまうま炒め」

こんにちは!
節約アドバイザー 武田真由美です。

4月は、より安い・早い・うまいの3拍子揃ったおかずをご紹介いたします。

4月のテーマは、【春キャベツを使ったお弁当レシピ】です。

  • メインおかず:春キャベツと厚揚げのうまうま炒め
  • サブおかず(1):厚焼き玉子
  • サブおかず(2):ウインナーのソテー
  • 添え野菜:リーフレタス・ミニトマト

春キャベツを使ったお弁当

詰め方の順番ですが、
まずお弁当の半分はごはんを詰めます。
仕切りのリーフレタスを入れ、残りの半分のスペースの1/2をメインおかず、残り1/2のスペースに厚焼き玉子とウインナーのソテーを入れます。隙間にミニトマトを詰めます。

では、さっそく作ってみましょう♪

メインおかず“春キャベツと厚揚げのうまうま炒め”のレシピご紹介♪

■材料(2人分)

  • 春キャベツ…3枚
  • 厚揚げ…小2枚
  • ごま油…小さじ1
  • 焼き肉のたれ…大さじ3

■作り方

1.キャベツは芯をとってざく切りにし、芯は斜めに薄く切る。厚揚げはペーパーで油分をとり、一口大に切る。

作り方

作り方

作り方

2.フライパンにごま油を熱し、厚揚げ→キャベツを順に入れ、酢をかけて炒める。

作り方

作り方

⇒ポイント お弁当おかずは、日持ちの工夫をすることも大切です。殺菌効果のある『酢』を少し入れておくことで、傷みにくい工夫ができます。

3.焼き肉のたれを加え、汁気を飛ばすように炒める。

作り方

お弁当おかずに「厚揚げ」?!と驚きの方も多いかもしれませんね。
厚揚げは、豆腐と違って水切り不要なので、手間がかかりません。
また、お肉よりもリーズナブルな食材です。意外とお弁当おかずにも使える食材ですよ。

作り方は3ステップ!

お弁当以外に、晩ごはんのおかずにもオススメです。
ぜひお試しくださいね。

春キャベツを使った節約お弁当レシピ

春は新生活スタートの季節です。
「4月からお弁当毎日作らなきゃ~」という方も多いでしょう。
ぜひ、ご参考にしていただけると嬉しいです。


■材料費リスト

●メインおかず2人分93円⇒1人分47円
春キャベツ…3枚15円
厚揚げ…小2枚78円

●ウインナーソテー⇒1人分32円
ウインナー…1本16円

●厚焼き玉子2人分20円⇒1人分10円
たまご…1個10円

※調味料・米・添え野菜の金額は除いて計算を出しています。


ランキング