ペットと始めるひとり暮らし! ゲージをDIYして、コストと時間をセーブしよう!

5222.jpg

このレシピを実行して

2,500貯まる!
<材料>

・ワイヤーネット

・重り

・結束バンド(ジョイント)

・補助アイテム

<How to>

1愛犬と部屋の大きさを計って、ゲージの大きさを計算する

2100円ショップでそのサイズの「ワイヤーネット」を購入する

3100円ショップで、「重り、結束バンド(ジョイント)、補助アイテム」を購入する

4組み立てて完成

※5,000円のドッグゲージを購入した場合との差額)※100円均一で購入したもの(ワイヤーネット10枚、重り5個、ジョイント5個、補助アイテムなど5個)

社会人となって、憧れのひとり暮らし。ペット好きにとっては、ひとり暮らしになっても、ペットといっしょに過ごしたいですよね?そこで今回は、ペットといっしょに快適に過ごす方法をお伝えします。

意外と高いゲージ! DIYすれは半額以下に
ひとり暮らしの小さな部屋であっても犬にとっては自分の部屋であるゲージが必要です。でもゲージって意外と高いんですよね。最も安いのであれば5,000円以下で購入することもできますが、折り畳みタイプのものだったり、ある程度の大きさなどを求めると1万円~3万円程度かかってしまいます。
そこで、コストを抑えたいなら、ゲージをDIYで挑戦するのはいかがでしょうか?それも100円ショップのアイテムを使うとかなりお安く、手軽にゲージをゲットできます。

100円ショップで購入する3つのマストアイテム
100円ショップでゲージをDIYするには、まず以下のものを購入します。
1.ワイヤーネット
2.結束バンド(ジョイント)
3.補助アイテム

●ワイヤーネット
「ワイヤーネット」ですが、数種類のサイズを使うので、例えば「62×29.5cm」、「54×19cm」程度のサイズのものを購入しましょう。また、実は色やデザインもいろいろありますので、シンプルなモノ、デザイン性のあるものなど趣味に合わせて購入しましょう。なお、ワイヤーネットはメーカーによっては表面がビニールで被服されているケースもあります。犬がかじった際、汚くなってしまうこともありますので、表面がステンレス製のモノがおすすめです。

●結束バンド(ジョイント)
結束バンドも、DIYには必須アイテムです。また、ワイヤーネット同様、長さ・太さ・色など様々ありますので購入の際にはぜひ検討ください。また、結束バンドのほか、ワイヤーネット専用のジョイントと呼ばれるものもあります。内側に溝があり、そこにワイヤーネットを挿入することで丈夫にワイヤーネットの接続をすることができます。

●補助アイテム
また、ワイヤーネットの補助アイテムも売っています。ワイヤーネットをいくつか繋ぎ合わせるとまっすぐにならず、くねくねと曲がってしまうこともありますので、補助アイテムで補強しましょう。ケージの上には毛布などを置くこともあります。そんな時にも補助があれば強度的に安心ですね。

床には、こちらも100円ショップで売っているクッション性のシートなどを置くようにしましょう。また、サイズにもよりますが、カバーを上からかけてあげることで、ペットが安心して眠れる空間を作ることができます。

愛犬のためのゲージは手づくりするれば、デコレーションなどもお好みのスタイルにでき、よりペットとの一体感も強まります。そして浮いたコストは、いっしょにお出かけするときのための貯めておく。それは、ペットと有意義な時間とお金の使い方と言えます。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

吾郎

大学卒業後、新聞社、雑誌社勤務。 現在、フリーランスで執筆活動中。 得意分野はグルメ、金融、経済など。

吾郎

関連記事

特集

関連記事

お金をかけずに作る!ペットのおもちゃと夏の必須アイテム

ペットとの生活で必要なものはたくさんあります。なるべくお金をかけずに用意する方法はあるのでしょうか。この記事では、「ペットのおもちゃ」「ペットの保冷グッズ」の2つをテーマに節約方法をご紹介します。

1. ペットのおもちゃ

ペットのおもちゃにはさまざまなものがあります。犬のおもちゃではボールや噛んで遊ぶタイプのもの。猫のおもちゃでは猫じゃらしやボール、蹴って遊ぶタイプのものなど。おもちゃの一般的な価格は約300~600円程度のものが多く、自動で遊べるおもちゃや電池式のおもちゃなどは約1,000~2,000円程度にもなります。

このように、ペットのおもちゃは比較的価格が高いですよね。ところが、「せっかく市販の高いおもちゃを購入したのに全く使ってくれない」というお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのでは。そこで、「気に入らない」リスクのある高いおもちゃを購入するよりも、身近なもので簡単に手作りできるおもちゃはいかがでしょうか。

たとえばボール。ご自宅にあるアルミホイルを長めにちぎって、くしゃくしゃと軽く丸めるだけで作ることができます。「ついで」に使うだけなので費用は0円。猫じゃらしは、割り箸などの棒に糸をつけて、先端に綿棒をくくりつけるだけ。同じく費用は0円です。

また、猫のおもちゃとしては100円均一等で購入できる長めの「モール」を利用するのもおすすめ。ドアの隙間などから出し入れすると喜んで使ってくれるでしょう。100円で数十本入っているので、1本あたりの価格は5円以下で済むでしょう。

これらの方法をすべて試してみた場合、おもちゃを3つ購入した場合とくらべて約1,500円程度の節約になります。

2. ペットの保冷グッズ

熱中症対策として、ペットのための「保冷グッズ」購入をご検討なさる方も多いのではないでしょうか。ですが、一般的に売られている保冷グッズ(冷感マットなど)は1,000~2,000円とやや高めです。実はこの保冷グッズも、自宅にあるもので簡単に作ることができます。

ついつい余りがちなケーキなどの保冷剤。これに手ぬぐいやタオルなどを巻き、さらに上からバスタオルなどをかけておくだけ。簡単に用意することができます。

ただし、素材に「ひんやり感」が付加されている冷感マットと異なり、時間が経てば溶けてしまうので長時間の利用にはあまり向いていません。市販のマットを買った場合と比べると約1,000円の節約になるでしょう。

ペットのストレス発散は「節約」「手作り」がキーワード!

ペットのストレス発散といえばお散歩。

でも、毎日お散歩に連れて行けないという方も多くいらっしゃいます。もちろん、お散歩でストレス発散してもらいたいけれど、どうしても無理な分、ペット用のおもちゃで少しストレスを紛らわせたり。最近はペット用のおもちゃもペットショップでたくさんの種類がありますし、購入して愛用させている方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、購入するにはお金がかかるものです。そこで今回は、お金をかけずにペット一緒に遊べるおもちゃを自作してちゃっかり節約する方法をご紹介したいと思います。

1. 気になるペットのストレスをチェックしよう
ペットのストレスって、一緒に住んでいれば、意外にわかったりするもの。でもついつい、放置しちゃったりしているなんてことありませんか。ワンちゃんの場合だと、無駄吠えのように分かりやすい症状意外にも、同じ場所をうろうろ歩き続けたり、しっぽをずーっと見続けたり、同じ場所をずーっとなめ続けているなんてこともストレスサインの特徴といわれています。万が一こんな症状が見受けられたときは、ストレスを解消してあげましょう。

2. 捨てればゴミだけどちょっとの工夫でお金をかけずに一緒に遊べる手作りおもちゃに
手作りおもちゃと聞くとなんだか難しそうだなって思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外にカンタンにできちゃうものです。

たとえば、空になったペットボトルだって、ワンちゃんにとってはおもちゃになっちゃいます。ペットボトルは柔らかいから噛ませても心配ないし、(飲み込まないように注意してあげてください)噛んだり触っただけでも音が出るので、ワンちゃんは興味を示します。さらに、ビー玉を入れて音を大きく出したり、ビー玉の代わりに、ペットボトルの中におやつを忍ばせておくと、おやつ欲しさにさらに熱中して遊んでくれたり。

あとは牛乳パックに折り紙を貼ってお絵かきして、お友達を作ってあげるなんてこともできちゃいます。どんな家庭でも出てしまうゴミでも、工夫次第でペットのおもちゃに変えられるので、ぜひトライしてみてください。

この春は”すのこ女子”!?新生活準備は簡単おしゃれなすのこDIY家具!

春からの新生活。心機一転、新しい土地で暮らすという方もいらっしゃるのでは。

新生活を始めるとなるとお金がかかるものです。引越し費用はもちろんのこと、お家を借りる家賃や新しい家具が必要になったり。少しでも節約して新しい生活の負担を減らしたいものですね。そこで今回は、すのこを使った家具を作って、家具の購入費用を節約するコツをご紹介したいと思います。うすくて軽いすのこを使えば、男子だけでなく女子でも気軽に持ち運びや作業ができちゃうので、すのこはとってもおススメなアイテムですよ。

1. 100円ショップでお手軽にすのごをゲット!
すのこは、薄い板でできているため軽量なので、女の子でもお手軽に持ち帰りが可能です。そのため、100円ショップでも大人気の商品のひとつ。すのこを組み合わせることで、いろんな家具が作れちゃうので、DIY好きにはもってこいのアイテムなのです。

2. 机・テーブル、収納家具、何でもすのこで作れちゃう!
お手軽に手に入れてきたすのこ。接着剤で脚をつけるとあっという間にテーブルができちゃいます。しかも軽いすのこでできているから、持ち運びもしやすいし、大きさもすこのを購入する際に選べるから、必要な大きさのものを購入すれば大丈夫。あまり重いものはおけないけれど、ノートパソコンを置いて作業したり、観葉植物を並べて置いて鑑賞したりもできるので、わざわざ新しい作業机やテーブルを買う手間もお金も省くことができちゃいます。また、すのこならではの通気性を生かした収納家具もカンタンに作れちゃいます。すのこを2セットと箱を用意して、すのこの間に箱を設置するだけでOK。通気性があるから洋服を置いておくのもいいし、玄関において、靴箱として使用するのにもおススメです。場所をとらないで済むというのもすのこのいいところ。台所が狭くても、壁にかけるように設置しておいてキッチン器具を引っ掛けるようにしておけば、キッチンの収納スペースにも余裕ができて、気持ちよく自炊ができちゃいます。これら以外にも工夫次第でいろんなDIYが楽しめちゃうすのこは、新生活を始める前に要チェックです!

プチプラDIYで部屋をおしゃれにするための3つの工夫

「おしゃれな部屋に住んでみたい」。そうお思いの方は多いのではないでしょうか。しかし、おしゃれな家具は高くて中々買えない。そんな時はプチプラ雑貨を利用して簡単なDIYをしてみましょう。節約と美観を兼ね備えた方法です。

・インテリア雑誌などで「理想の部屋」のイメージを固めておく

基本的なことですが、スタート地点は「理想の部屋」のイメージをしっかりと固めておくことです。

少なくとも、「テイスト」「カラー」「予算」の3つはしっかりと決めておきましょう。

何も考えずに「これは素敵だな、使ってみよう」と購入していくと、途中で自分の好みが違うテイストだったことに気づいたり、思っていたものと違うものが出来上がったりして、また買い直すことになってしまいます。

そうなってしまうと、節約のためのDIYが意味をなさなくなってしまいます。

・プチプラ雑貨を利用して節約

DIY初心者であれば、古材や道具をしっかり揃えてから取りかかるというのはおすすめできません。

使いこなせるかどうか定かではないものを購入するよりも、「DAISO」「natural Kitchen」「3COINS」などプチプライスで雑貨を購入できるショップを利用した方が結果的には節約に繋がります。

すでに出来上がったものを、色々な使い道で取り入れていくことで、少ない出費で済むのです。

・DIYに使える意外な素材を探してみる

では、DIYに使えるものにはどのようなものがあるのでしょうか? ここでは3つの素材をご紹介します。

1つ目は「すのこ」です。「DAISO」などで購入できます。このすのこを組み合わせるだけでも簡単な棚を作ることが可能です。

2つ目は「マスキングテープ」です。貼り付けるという用途にも使えますし、カッティングシートの代わりに利用したり、複数を組み合わせて塗らずに色を変えることもできます。

3つ目は「お菓子の型」です。「Kitchen Kitchen」などで購入できるケーキ型やマドレーヌ型など、お菓子の型を使うと、工夫次第でアンティーク風雑貨や収納が完成します。

2015.6.15更新

引越しを機にオトクなDIYをはじめよう!参考にしたいサイトまとめ

年末年始は、心機一転して新居で迎えたいという方も多いのでは。お部屋を自分好みにするために、最近人気なのがDIYです。

昔は「日曜大工」なんていいましたが、最近は“DIY女子”なる言葉も流行しているようです。おしゃれなインテリアグッズをお店で探すのも楽しいですが、自分の思い通りのインテリア家具をDIYするのはまた別の楽しみがあります。それほどおおげさなことをせずとも、オトクに楽しくお部屋の模様替えを楽しめるのもDIYのいいところ。
今回は、DIYをはじめるにあたって参考にしたいサイトを紹介します。

1.DIY初心者の方におすすめ!:DIYオタクが伝える「金曜大工」
http://kinyo-daiku.com/
DIYに役立つ情報から、住まいをオシャレにするインテリアアイテム・インテリアコーディネートの紹介など、部屋で快適に過すための情報をオリジナルで発信しているサイトです。
編集スタッフは全員、「業務に追われ、忙しくなればなるほど、木が切りたくなったりする」DIYオタク(!)というだけあって、楽しさにあふれたサイトです。
作り方だけでなく、使った材料や道具も紹介されているので、初心者におすすめ。
とくに、賃貸に住んでいてもおうちをDIYできるアイディアはすぐにマネできそうなものばかりです。

2.女子好みのDIY情報が満載:フェリシモ女子DIY部
http://www.felissimo.co.jp/kraso/act/diy/
フェリシモ女子DIY部は、力仕事が苦手だったり、工具の使い方がわからなかったりする初心者や女性でもDIYを楽しめるアイディアを提供しています。「女子」と付くくらいなので、女子が好きそうなデザインだったり、女子が好みそうなアイテムをDIYする方法が載っていたりします。
フェリシモDIYのいいところは、手づくりの醍醐味をおうちで気軽に楽しめるレッスンプログラムを提供しており、どのプログラムも専用道具や材料などがセットになっているので届いたその日から始められるというところ。
例えば、家庭用のオーブンで焼く陶器づくりプログラムや、カット済みの木材から毎日使いたくなるとっておきのカトラリーを作るプログラムなど、女子の手作り心をくすぐるアイテムが満載です。

ランキング